既卒の就活方法は?職歴の書き方やおすすめの支援サービスをご紹介!

既卒の就活方法は?職歴の書き方やおすすめの支援サービスをご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 既卒就活の良い方法は、未経験歓迎の求人を探しつつ少しでも多くの企業を受けること
  • 既卒者の就活方法として、自分の強みや仕事への適性を知れる適性検査もおすすめ
  • 就活の面接では、既卒になった理由を踏まえ空白期間から得たものをアピールする
  • 既卒の職務経歴書は空欄にせず、仕事に活かせそうなアルバイト経験を書く
  • 既卒就活のおすすめな方法は、ハローワークや就職エージェントを利用すること

「既卒就活の方法を知りたい」「効率の良い就活方法が分からない」という方もいるでしょう。既卒就活は、応募時期を考慮して積極的に動くことで、効率良く行うことが可能です。なかには、既卒としての応募が可能な新卒枠を設けている企業もあります。
このコラムでは、既卒の就活のコツや進め方、選考対策をご紹介。既卒の就職活動のポイントを押さえ、内定を獲得しましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

【既卒の就活方法】何から始めるのが良い?

【既卒の就活方法】何から始めるのが良い?の画像


既卒の就活方法では、本格的に動き出すため事前に準備すべきことがあります。ここでは、「どのような仕事があるか知る」「適性検査を受ける」というように、就職のために何から取り掛かれば良いかを詳しく解説します。

どのような仕事があるか調べてみる

就職活動を始める前に「自分の強みを活かせるのはなにか」「どのようなことに興味がもてそうか」という視点で、自分が知らない仕事を探してみましょう。世の中には多くの仕事がありますが、「現在の自分が知っている仕事はほんの一部だけ」という可能性があります。Webサイトを活用したり周囲の人がどのような仕事をしているのかを聞いたりして、気になった仕事をいくつか書き出してみてください。

それらの共通点から「自分が仕事に求めているもの」を見出せれば、就職活動の軸が定まるでしょう。既卒は新卒よりも応募できる求人が少ないため、「内定を獲得したい」という焦りから妥協して自分に合わない求人に応募したり、内定承諾したりしてしまうことも。就職活動の軸が決まれば、そのようなズレを防ぎやすくなります。

世の中にどのような仕事があるのか知りたい方は、ハタラクティブの「職種図鑑」も参考にしてみてください。

Webサイトを利用して適性検査を受ける

自己分析の参考として、就職支援サイトの適性検査を受けるのも就活方法としておすすめです。適性検査とは、Webサイト上で質問に回答することで自分の強みや向いている仕事が結果として表示されるサービスのこと。

自分では気づかなかった長所や短所、適性が分かり、自己分析が深まるでしょう。Web上で受けられる適性検査はあくまでも参考程度に留めるのが良いですが、自分を客観視する助けになり得ます。

自己分析で仕事の適性を見つける

就職活動において、自分の適性を知る方法である「自己分析」は重要です。前述のとおり、既卒というだけで企業からマイナスイメージを抱かれたり、「即戦力にならない」と思われたりするので、選考で効果的なアピールをする必要があります。

また、転職者と違って業務経験がないため、求人を選ぶ前に自己分析を行って適性を見極めることが大事です。

自己分析のやり方

自己分析を行う際は過去の経験を振り返り、人から感謝された出来事や、やりがいを感じた瞬間を書き出します。書き出した内容の共通点を整理すると、自分が「できること」や「やりたいこと」が明確になるでしょう。

また、過去に取り組んだ活動があれば、興味をもった理由や課題に対する向き合い方を振り返ることで、行動・思考パターンが浮き彫りになります。自分の行動・思考パターンを理解するのは、仕事への適性を把握する有効な方法です。「どのような場面でモチベーションが上がるか」を振り返ったり、小さなころの夢や憧れを思い出してみたりするのも、自己分析のヒントになるでしょう。

第三者に意見を求めるのも就活に有効

自分で適性を判断するのが難しいと感じる既卒は、家族や友人といった第三者に意見を求めるのもおすすめです。第三者の意見を聞くことで、自分では気づけなかった長所や短所を指摘してもらえる可能性があります。「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」のコラムでは自己分析のやり方を紹介しているので、参考にしてみてください。

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

既卒とは?

既卒とは?の画像

既卒とは、「内定がないまま学校を卒業し、その後正社員就職をしていない人」を指します。働いていないニートや、アルバイトで生計を立てているフリーターも既卒に該当します。

既卒になる理由は、「卒業までに内定がもらえなかった」「内定をもらった企業に納得できなかった」という理由があるようです。また、休学したり、公務員試験に落ちてしまったりして既卒になる場合も。

厚生労働省の「令和5年3月大学等卒業予定者の就職内定状況(2月1日現在)を公表します ~大学生の就職内定率は90.9%と、前年同期を1.2ポイント上回る~」によると、大学・短期大学・高等専門学校の就職希望率と就職内定率は下記のようになっています。

区分就職希望率就職内定率
大学76.6%90.9%
短期大学82.9%86.8%
高等専門学校59.3%97.5%

引用:厚生労働省「令和4年度大学・短期大学・高等専門学校及び専修学校卒業予定者の就職内定状況調査(2月1日現在)について(p.3)

大卒の場合、就職を希望する約8割のうち9割弱が内定をもらえているようです。しかし、就職を希望したものの内定が獲得できず、既卒となる場合も一定数あることが分かります。

卒業後3年以内が目安

既卒の枠は卒業後およそ3年以内が目安ですが、どこまでを既卒として扱うかは企業によって方針が異なるようです。前述したように、卒業後は就職せずフリーターとして働いていた場合も、卒業後およそ3年以内であれば既卒としての就職になります。

第二新卒との違い

第二新卒は、「新卒で入社した会社に就職後3年以内に離職した人」を指す言葉です。社会人経験があるため、第二新卒が就活する際は既卒と異なり、中途採用枠に応募することになります。

既卒と第二新卒の就活方法については「既卒と第二新卒の違いとは?どちらが有利?定義やメリット・デメリットを解説」のコラムでも詳しく比較していますので、参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
令和5年3月大学等卒業者の就職状況(4月1日現在)を公表します~大学生の就職率は前年同期差1.5ポイントの増加~

既卒の就活方法にはどんなものがある?

既卒からの就活は、新卒と同じように応募できる企業を探しましょう。企業によっては、既卒も新卒枠として応募できることがあり、積極的に採用を行っている場合も。

また、条件を絞り過ぎず幅広く応募することや、既卒歓迎の求人を探すのも有効的な就活方法です。以下で詳細を説明するので、確認してみてください。

新卒枠で応募できる企業を探す

既卒から応募できる新卒枠を探す方法もあります。厚生労働省は、2010年に「3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!! ~『青少年雇用機会確保指針』が改正されました~」と通達を出し、卒業後3年以内の既卒者を中途ではなく新卒として扱うよう企業に求めました。そのため、すべての企業ではありませんが、既卒者も新卒枠で応募できる可能性があることを覚えておくと良いでしょう。

既卒応募可の企業は全体の約69%

厚生労働省の「労働経済動向調査(令和5年8月)の概況 Ⅳ 結果の概要 (3)既卒者の応募可否及び採用状況(p.14)」によると、令和4年度の新卒募集の際に「既卒応募可」とした企業は全体の約69%に上ります。

新卒の採用枠で正社員を応募した際の既卒者の採用状況(令和4年度新規学卒者)
産業応募可能採用した採用しなかった応募不可
調査産業計69%38%62%30%
建設業72%34%66%27%
製造業60%32%68%40%
情報通信業74%40%60%26%
運輸業、郵便業59%40%60%35%
卸売業、小売業69%33%67%30%
金融業、保険業76%28%72%21%
不動産業、物品賃貸業58%42%58%42%
学術研究、専門・技術サービス業64%34%66%35%
宿泊業、飲食サービス業73%45%55%27%
生活関連サービス業、娯楽業84%40%60%14%
医療、福祉86%47%53%13%

引用:厚生労働省「労働経済動向調査(令和5年8月)の概況 Ⅳ 結果の概要 (3)既卒者の応募可否及び採用状況 表14 新規学卒者の採用枠で正社員を募集した際の既卒者の応募の可否及び採用状況別事業所割合 (令和3年度新規学卒者)(p.14)

そのうち、採用に至ったのは約38%という結果でしたが、新卒枠での既卒の採用に多くの企業が積極的であることが分かるでしょう。

「既卒3年以内は応募可能」の記載がある求人を見つけよう

既卒が新卒枠で応募したい場合は、「既卒3年以内は応募可能」と記載されている求人を就活サイトで探してみてください。また、就活を進めるうえで選考を受けたい求人があれば、既卒も受けられるかどうか、個別に問い合わせるのも良い方法です。

「既卒歓迎」や「未経験者歓迎」の求人を探す

既卒の就活は、Webサイトに「既卒歓迎」や「未経験者歓迎」と記載している求人を探すのも方法の一つ。既卒歓迎の求人なら、既卒について言及がない求人に応募するよりも採用されやすい可能性があります。

また、中途採用であっても「未経験者歓迎」の記載がある求人は、知識や経験よりポテンシャルを重視していることが多いでしょう。未経験者を歓迎する企業は、人材を一から教育する姿勢で採用活動をしている場合が多いので、既卒者も受け入れられやすいといえます。

幅広い求人に応募する

内定をもらえる確率を上げるため、既卒の就活では少しでも多くの求人に応募しましょう。最初から条件を絞り過ぎず、視野を広げて求人を探すのがポイントです。就活サイトやハローワークも利用し、できるだけ多くの企業に目を向けてみてください。

また、多くの選考を受けることで次第に履歴書作成や面接に慣れ、リラックスした状態で選考に臨めるようになるでしょう。既卒の就活方法のポイントは「既卒1年目の就活は厳しい?就職を成功させるポイントを解説!」のコラムでも詳しく扱っていますので、ぜひご一読ください。

参照元
厚生労働省
労働経済動向調査(令和5年8月)の概況

就活をする前に把握すべき既卒のメリット

既卒として就活する際のメリットとして、「挫折を経験している」「すぐに入社して業務経験を積める」などの強みが挙げられます。既卒になった理由がネガティブなものであっても、それを乗り越えて就活をしているという経験は新卒にはないという場合が多いでしょう。ここでは、空白期間があったからこそ得られた強みや経験を採用選考でアピールする方法についてご紹介します。

1.挫折経験が強みになる

既卒の就活は、挫折を経験していることが強みとなり得るでしょう。前述のとおり、既卒者は「新卒時に内定がもらえなかった」「休学のため就活できなかった」などの挫折を経験していることが多いもの。そのような挫折を乗り越えて前向きに就活している姿勢は「仕事でも失敗を乗り越えられる」「失敗を反省する素直さがある」といった強みをアピールできます。

2.空白期間の経験が仕事に活きることもある

空白期間があると、就職活動で不利になりやすいのは事実です。しかし、空白期間に経験したことが応募先企業の仕事に活かせることを伝えられれば、プラス評価につなげられるでしょう。たとえば、アルバイトでのリーダー経験や、趣味を活かしたECサイトの立ち上げ経験などがあれば、「リーダーシップ」「行動力」「専門性」などをアピールできます。

3.すぐに入社して業務経験を積める

既卒から採用が決まれば、すぐに入社して業務経験を積めるのがメリットの一つです。新卒は、採用が決まってから入社までに数ヶ月~1年程度掛かるのに対し、既卒は内定後すぐに入社することが可能です。そのため、人手不足の企業では、新卒より既卒を採用して人材を確保する方法を選ぶことも。すぐに入社して早くスキルを身につけられることは、企業にとっての大きなメリットです。

就活方法を知る前に把握すべき既卒のデメリット

既卒は、新卒や転職者に比べて就活におけるデメリットが多いといわれています。既卒に対してマイナスイメージがあったり、一括採用ではないため求人数が少なかったりするのが原因です。

1.新卒の就活で努力しなかったと思われる

なかには、既卒就活に対してマイナスイメージをもつ採用担当者もいます。「就職への意欲が低いのではないか」「内定をもらえない理由が何かあるのでは」というように、本人に問題があるという懸念を抱く場合もあるからです。そのため、就職活動では既卒になった理由をどのように説明するかが採用に影響するといえます。

2.新卒に比べて求人数が少ない

新卒の一括採用に比べると、既卒の求人数は少ないのが実態です。企業が既卒を募集するのは「新卒で人材確保ができなかった」という点が理由として挙げられることも。つまり、新卒で人材が確保できれば中途採用はしない企業もあるため、既卒が応募できる求人数が常に多くあるとはいえないのです。

3.即戦力では転職者が選ばれる可能性が高い

既卒から中途採用枠に応募して内定を得るのは、難しい可能性が高いといえます。自分よりもスキルや経験が豊富な中途の転職者がいれば、就活の選考で不利になることが考えられるでしょう。

特に、人手不足の企業では即戦力を求めることが多いため、実務経験のない既卒として採用されるのは難しいといえます。即戦力を求める企業に応募するのは、既卒の就活方法としておすすめとはいえません。

既卒の就活は厳しい?

既卒の就活は新卒に比べると厳しい傾向にありますが、就職が不可能というわけではありません。就活に向けた準備を整え、ほかの既卒者と差をつければ、内定を獲得することは十分可能といえるでしょう。既卒が就職を成功させる就活方法について詳しく知りたい方は、「既卒の就活は厳しい?就職は無理?内定獲得のためにすべきことをご紹介」のコラムもご覧ください。

既卒の就活にはどんな対策方法が必要?

既卒の就活にはどんな対策方法が必要?の画像

既卒の就活方法では、志望動機や面接、一般常識を問う試験などに対して、新卒とは違う対策が必要です。以下では、それぞれのポイントをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1.履歴書の「職歴」の対策を徹底する

既卒者には職歴がありませんが、履歴書や職務経歴書の職歴欄を空欄のまま提出すると、選考の対象から外される可能性があります。既卒の就職活動では、職歴欄にはアルバイトの経験を書くのがおすすめです。一般的にアルバイトは職歴として認められませんが、正社員の経験がない既卒者にとって、採用でアピールできる経験・実績はアルバイトが有効といえます。

部活動やサークル活動をアピールする方法はありますが、アルバイト経験のほうが仕事内容に直結しやすいでしょう。特に、リーダー経験や売上実績などは採用担当者に評価される可能性があります。

2.面接では既卒になった理由を説明できるようにする

既卒者が就活を行う場合、採用担当者から「既卒になった理由」と「卒業してからの空白期間」について聞かれる可能性が高いため、有効的な回答方法をしっかり講じておきましょう。ポイントは、「嘘をつかないこと」と「アルバイトや資格の勉強など、空白期間にしていた経験に重きを置いて話すこと」の2つです。

空白期間の経験は、どのようなアピールにつなげたいかを考えながら説明を組み立てるのがコツ。学生時代の経験からではなく、空白期間の経験から自己PRができると良いでしょう。応募先企業で仕事をしたいという熱意につなげられれば、説得力をもたせられます。

3.志望動機では説得力をもたせる

志望動機では、「なぜ応募先企業でなくてはいけないのか」を説明するのが重要です。他社でも使い回せる志望動機は、業界・企業研究がきちんとできていないと判断され、採用担当者に評価されにくい可能性があります。

前述したように、既卒は選べる求人が新卒より少ない傾向にあるため、企業側に「どこでも良いから入社したいのでは」という印象を与えて内定につながりにくいこともあるようです。そのため、既卒の就職活動では、業界・企業研究を念入りに行い、自分の強みと企業の特徴を照らし合わせ、応募先企業だからこそ自分が活躍できる点、やりたいことが実現できる点など、第三者が納得する根拠を示するのが重要です。

既卒者は転職者ほどスキルや経験が豊富ではないため、就職活動では熱意や意欲を示すのがポイント。入社意欲や入社後のキャリアプランを具体的に伝え、長期的に活躍できる姿勢をアピールしましょう。

業界・企業研究は公式のWebサイトを見れば良い?

業界・企業研究は、企業のWebサイトのみを見ただけでは情報を収集しきれないことがほとんど。専門誌で業界の立ち位置を調べ、他社にはない取り組みや社会貢献活動を知ったうえで、志望動機を語れると説得力が増すでしょう。企業の理念・姿勢に共感していることが伝わり、「この会社でなければならない」という本気度をアピールしやすくなります。

4.筆記試験への対策をする

企業によって書類選考や採用面接のほかに、筆記試験を実施する場合も。筆記試験を受けるのを想定して試験対策をしておくのが、おすすめの就活方法です。

就職活動で行われる筆記試験の種類は、学力や一般常識を測る「能力検査」と、仕事への適性や人柄、価値観を測る「性格診断」の2つ。筆記試験によく利用される主流なテスト形式には「SPI」と「玉手箱」があり、どちらも能力検査と性格検査がセットになった試験です。以下、それぞれの対策方法について解説します。

能力検査

能力検査は、国語的思考を問う言語分野と、数学的思考を問う非言語分野の2つ。仕事で必要となる基礎的な能力が評価される傾向があります。能力検査は、SPIや玉手箱の問題集が販売されているので、利用してみてください。既卒の就活でも、試験に慣れるため過去問に取り組んでおきましょう。

「苦手な分野を重点的に練習する」「本番と同様に時間を意識して問題を解く」の2点を押さえることが、試験対策として効果的です。

性格診断

性格検査は人柄や適性、企業との相性などを調べるもので、数百の質問を通して結果を導きます。新卒や既卒の就活だけでなく、中途採用で利用されることも。性格検査には表現の異なる似たような設問が紛れており、嘘をつくと回答を進めるうちに矛盾が生じるので注意が必要です。

性格診断で自分を偽って入社しても、企業との相性が悪ければ、早期離職につながってしまいます。性格検査は一貫性のある回答ができるよう、正直に答えるのが良いでしょう。性格適性検査については、「適性検査の対策はどうすればいい?種類や注意点もあわせて解説」のコラムで紹介しているので、ぜひご一読ください。

既卒向け!就活方法の注意点

既卒が就活方法で注意すべき点は、「就活に掛かる費用を用意しておく」「選考に要する時間を把握しておく」などです。以下で詳しく解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

就活に掛かる費用を用意しておく

既卒が就活を始める前には、就活に掛かる費用を用意しておきましょう。具体的に就活に掛かる費用は以下のとおりです。

・交通費
・通信費
・証明写真
・履歴書
・スーツ、鞄、靴

もし就活が長期化した場合には就活期間中の生活費も必要になるので、費用を多めに見積もって用意しておくことをおすすめします。具体的な費用については「就活貯金はしておくべき?必要になる費用とあわせて解説!」をご覧ください。

選考に要する時間を把握しておく

既卒から就活を始める際は、選考に掛かる期間を把握しておきましょう。
企業に応募してから採用されるまでには、早くても1~2ヶ月程度掛かるのが一般的。しかし、複数の企業に応募すると同時進行で選考を進められるため、さらに長引く可能性があります。選考に要する時間を事前に把握しておき、逆算して就活準備を進めていくことが大切です。

受ける企業をある程度増やしておく

既卒の就活では、応募する企業を絞り過ぎないようにしましょう。ほかの日程と被らないように1社ずつ選考を受けると、かなり時間が掛かります。だからといって闇雲に応募数を増やすと、準備に時間を要し、就活が長引く可能性も。応募する企業数は、多くて20社、少なくて5社以上を目安にしておくと良いでしょう。

既卒の就活で大手企業への就職は可能?

ここでは、既卒就活で大手企業への就職が可能かを詳しく解説します。大手企業への就職を考えている既卒の方は、以下をチェックしてみましょう。

大手企業への就職は難易度が高め

既卒から大手企業への難易度は、高めといえます。独立行政法人 労働政策研究・研修機構の「調査シリーズNo.179 企業の多様な採用に関する調査 Ⅱ.調査結果の概要」によると、「新規学卒採用に重点を置いている」と回答した企業は約33.2%。「中途採用に重点を置いている」と回答した企業は約27.4%、「ほぼ同じ程度に重点を置いている」と回答した企業は約32.0%という調査結果になっています。

 新規学卒採用に重点を置いている中途採用に重点を置いているほぼ同じ程度に重点を置いている
100人未満22.0%38.4%29.8%
100~299人32.0%27.1%34.4%
300~999人43.0%16.4%35.5%
1000人以上58.0%7.4%31.0%
合計33.2%27.4%32.0%

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「調査シリーズNo.179 企業の多様な採用に関する調査 Ⅱ.調査結果の概要 図表1-1 新規学卒採用と中途採用とのどちらに重点を置いているか(企業規模別、単位:%)(p.6)

上記の調査結果から分かるように、規模の大きい企業ほど新規学卒採用に重点を置いている傾向があります。既卒が大手企業で内定を獲得するには、新卒者以上に就活に取り組む必要があるでしょう。

大手企業で活かせるスキルを磨こう

既卒者が就活で大手企業に就職するには、自分が目指す業界や企業に求められるスキルを磨くのがおすすめ。たとえば、資格取得に向けて勉強するのも一つの手。スキルを磨くために取り組んでいる姿勢を評価される可能性もあるでしょう。

長期的なキャリアプランを考えよう

既卒から大手企業を目指すなら、長期的なキャリアプランを考えることが大事です。すぐに大手企業に就職しなくても、一度中小企業に就職し、経験を積んでから大手企業を目指す選択肢もあります。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
調査シリーズNo.179 企業の多様な採用に関する調査

既卒の就活に成功する方法には時期も関係ある?

既卒の就活に成功する方法には時期も関係ある?の画像

既卒の就活は基本的に通年採用なので、そこまで気にすることはありませんが、空白期間を短くするためにも、すぐに就活を始めるのがおすすめです。

しかし、1~4月と10~11月では、求人の多さや内定のもらいやすさに違いがあるといわれているため、就活方法を考える際に採用されやすい時期を意識してスケジュール調整をしてみても良いでしょう。

1月~4月の就職活動

一般的に、1月から4月にかけて求人が多くなるといわれています。そのため、既卒者はこの時期に集中して就職活動を行うのも手です。特に、年度末の3月は転勤や異動で人材が減りやすい時期。新年度を前に、「3月までに内定者を確保したい」と考える企業も多いので、1月には就活を始め、3月には内定をもらえるよう想定しておくのも良いでしょう。

10~11月の就職活動

1年で求人が多くなるのは、10~11月ともいわれています。夏のボーナス後に退職者が出ることにより、企業がその補充として10月ごろに人材募集を開始することが多いため、中途採用の求人が多い可能性が高いですが、なかには未経験でも応募可能な求人もあるため狙い目です。

就活の日程がこの時期に重なりそうであれば、万全の状態で自信をもって選考に臨めるよう、3ヶ月前の7月には準備を始めるのがおすすめ。また、確実に内定を得るために、4月ごろから早めにスタートを切るのも良い就活方法でしょう。既卒の就職活動の実態については、「既卒就活を成功させるには?プロがおすすめする就活のやり方や体験談を紹介」のコラムもぜひご参照ください。

既卒の就活におすすめの就職支援サービスの活用方法

既卒の就活方法としては、就活サイトの利用だけでなく、就職支援サービスも積極的に利用するのがおすすめです。ここでは、一般的な就職支援サービスであるハローワークと就職エージェントの2つを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1.就活サイトは既卒向け以外にも登録しておく

就活サイトには、新卒向けや中途・転職者向けなどがあり、それぞれ特徴が異なります。既卒の就職活動では、既卒を対象にしている既卒就活サイトはもちろん、幅広く求人を探すため、新卒向けや中途・転職者向けの就活サイトにも登録しておくのが良い方法です。

就活サイトは、空き時間を使って手軽に利用できますが、自分で企業とのやり取りを行うので、人によっては手間を感じる可能性があります。しかし、未経験者歓迎の求人が多く、ポテンシャル重視で採用したいという企業に出会える確率が高いのでおすすめです。

新卒向けや中途・転職者向けの就活サイトも、既卒応募可の求人が含まれていることがあります。既卒向け以外の就活サイトもチェックすることで、自分に合った就職先に出会える可能性を高められるでしょう。

2.ハローワークで中途採用の求人を探す

ハローワークは、厚生労働省が管轄する公的な就職支援サービス。厚生労働省の「ハローワーク」によると、全国500ヶ所以上に所在しています。ハローワークの特徴は、求人数の多さと管轄地域の求人に強いという点です。

ハローワークはアルバイトやパートの求人も多く、正社員以外の働き方をしたい方にもおすすめ。幅広い層に向けて就職支援を行っているため中途採用向けの求人も多く、「既卒応募可」の求人も見つけやすいでしょう。また、ハローワークでは履歴書の書き方や面接を突破するためのセミナーを無料で行っているので、就活方法でお困りの場合は利用してみてください。

3.既卒を対象にした就職エージェントを選ぶ

就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスです。就職エージェントの特徴は、企業ごとに、対象者や扱う業界と職種が異なること。大手エージェントは幅広い業界、職種を総合的に扱う傾向がある一方、中小エージェントは特定の分野に特化している傾向があります。就職エージェントを利用すれば必ずしも就職できるとは限りませんが、就職成功率は上がりやすいでしょう。

既卒の就活方法としては、若手が対象の「未経験可」「ポテンシャル重視」などの求人を中心に扱うエージェントを選ぶのがおすすめです。「既卒向け」と銘打っているエージェントなら、既卒者の就職を成功させるノウハウが豊富なため、効果的な就活方法を教えてもらえるでしょう。

一人ひとりに担当の就活アドバイザーがつき、求人選びから選考対策、内定獲得まで全面的にサポートしてくれるのも大きな特徴です。そのため、一人で就活を進めなくてはならない既卒者にとって、就職エージェントの利用はおすすめの方法といえます。

「既卒の就活方法が分からない」「就職は無理」とお悩みの方は、若年層の既卒向け就活エージェントのハタラクティブにぜひご相談ください。ハタラクティブは、業務経験の浅い方、未経験の方に向けた求人紹介を積極的に行っているのが特徴。扱っている求人は、人柄や若さなどといったポテンシャルを重視する企業が多いため、経歴に自信のない方でも安心してご応募いただけます。

履歴書・職務経歴書の書き方や、既卒である理由を面接で説明する方法について、プロのキャリアアドバイザーが個別にアドバイス。サービスのご利用はすべて無料なので、どうぞお気軽にご登録ください。

参照元
厚生労働省
トップページ

既卒の就活方法に関するお悩みQ&A

既卒の就活方法で悩んでいる方もいるでしょう。ここでは、想定される既卒の就活に関するお悩みをQ&A方式で解決します。

求人サイトの使い方を教えてください

求人サイトでは、まず希望条件を登録します。
最初から多くの条件を設定してしまうと該当する求人が少なくなってしまうので、自分の希望条件に優先順位をつけて絞るのがおすすめ。既卒の場合は「未経験者歓迎」や「既卒応募可」の条件も設定しましょう。求人サイトの使い方は「求人情報の見方を確認!給与や賞与など見るべきポイントは?」のコラムで詳しくご紹介しています。

中途採用枠で応募するときのコツはありますか?

中途の就活では、仕事に活かせそうな経験やスキルをアピールするのがコツです。
中途採用枠では転職者がライバルになるため、職歴がない既卒者は就活で不利になりがち。たとえば、営業職に応募するならアルバイトでの接客経験、事務職への応募ならIT系の保有資格などをアピールしましょう。中途採用の面接については「中途採用面接の結果が遅いときは不合格?連絡が来ない場合の対処法を解説」のコラムを参考にしてみてください。

面接で既卒について聞かれるのが不安です

模擬面接を繰り返し行うのがおすすめです。
企業側が重視するのは、「既卒になったことをどう考えているのか」「就職への意欲はあるか」など。就活前に練習しておけば、思ったことを堂々と答えられるようになります。既卒の面接対策は「既卒の面接でよく聞かれる質問は何?成功させるポイントもご紹介します」のコラムもチェックしてみてください。

既卒の就活は厳しいですか?

既卒でもしっかりと対策を行うことで、就活を成功させることは十分可能といえます。
就活を成功させるには、自己分析や企業研究、面接対策など万全に行うことが大事です。1人での就活に不安を感じている場合は、プロの手を借りるのも有効的な方法の一つ。20代の若者に特化した就職エージェントのハタラクティブなら、既卒になった理由の説明方法もアドバイス可能です。性格から分かる所要時間1分程度の適職診断もありますので、既卒就活を成功させたい方は、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ