既卒者の就活、成功のためのコツ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 既卒就職TOP
  4. >
  5. 既卒就活

既卒者が正社員就職を目指す場合、就職活動ではどんなことに気をつけたらいいでしょうか?ここでは「既卒者の就活の特徴」「既卒者が面接を受ける時のコツ」「既卒者が取ると便利な資格」「既卒向けの求人」「既卒者の履歴書の書き方」「正社員になったら」という6つの視点で、既卒からの就活を成功させるために押さえておきたいポイントを、効果的な仕事選びの方法と共に紹介します。既卒という履歴のメリット、デメリットを踏まえた上で正社員採用を勝ち取り、やりがいのある仕事を見つけてみませんか?

【このページのまとめ】

  • ・既卒が就活する際に最低限押さえておきたいポイントは6つ
  • ・既卒の就活は、特徴やアピールポイント、履歴書の書き方に気をつけよう
  • ・学歴が気になる方は、転職支援サービスを利用するのがおすすめ

「そろそろフリーター生活をやめて正社員として就職したい」「仕事をしていないブランク期間が長すぎて、就活のやり方がわからない」「既卒OKの求人をどこで探せばよいのかわからない」「全然採用されない」など、悩みを持っている方も多いと思います。しかし、たとえ新卒での採用が叶えられなかったとしても、既卒での就職のチャンスはたくさんあります。いきなり正社員として働くことはできなくても、契約社員から正社員としてステップアップしていく例もたくさんあります。大切なのは、学生の期間、既卒の期間に何をやってきたのか。アルバイトで頑張っていたり、趣味に没頭していた経験があれば、大きな強みにすることができるでしょう。また、いったん就職してしまえば、学歴や既卒かどうかなどは特に気にされない職場も多いです。自分の経歴に引け目を感じたりせずに、自身を持って就職活動を行いたいところです。そこで、既卒からの就職活動には、ぜひ転職エージェントのハタラクティブをご活用ください。豊富な求人情報の中からあなたにぴったりのお仕事をご紹介すると共に、履歴書のコツや面接対策など、プロの就活アドバイザーが就職活動をしっかりサポートします。正社員採用に繋げるためにも、転職エージェントをご活用ください。

かんたん30秒登録

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ0120-979-185年中無休 24時間対応

既卒から就職するコツは、面接対策をしっかりすることです。企業側からすると、採用選考は大変なため、出来る限り効率的に求職者を捌きたいという心理が働きます。そのため、採用の対象を経歴でふるいにかけ新卒のみに絞っている企業もあります。既卒の方は既卒というだけで採用選考で省かれてしまう可能性も。ただ、ここで大切なのが、面接時に経歴に関係なく企業で活躍できる人間かどうかを企業側に示すことです。面接の対策を十二分にしておくと、面接官に良い印象を与えることができます。内定・採用にもつながりやすくなるでしょう。志望理由を明確にし、自分が既卒として就活をしている理由などもはっきりと答えられるようにしておきましょう。自分のアピールポイントや強みを自覚し、聞かれた際に面接官に訴求できると内定に繋げやすくなります。

既卒から正社員として就職したい方は、何か1つのスキルを伸ばしてみるのも手です。就活までの期間中に、プログラミングなどの専門的なスキルを磨いたり、人との関わりを増やしコミュニケーションスキルを上げたりしておけば、就活時に役立つ可能性があります。面接時のアピールポイントとしても使えます。面接対策をしっかりと行っても、スキルを伸ばしても、それでもまだやり方がわからず不安な方は転職エージェントのハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。努力を採用・内定に結びつけるサービスが利用できるのがハタラクティブの特徴です。

そもそも既卒に該当するのはどのような人でしょうか。既卒になる理由はさまざまありますが、既卒者とは基本的に中学校や高校、大学を卒業して職についていない人のことを言います。既卒者にはファーストキャリアがフリーターの人や職歴がない人が多く、既卒フリーターのまま20代を過ごした、という人も少なくありません。既卒から就職するのは厳しい面もありますが、もちろん可能です。では、どのようにして就活を進めていけば良いのでしょうか。やり方をこれから見ていきましょう。まず、既卒就活を有利に進めるためには、新卒と中途の就活の特徴を把握する必要があります。新卒の場合のやり方は、1つの企業に応募が殺到することが多く、それに比例してライバルが増えます。新卒で人気のある企業もある程度決まっています。中途の場合は、新卒ほど応募が集中するわけではありませんが、経験者が多く集まります。そのため、経験の有無が就活の成功を左右することも。既卒者は新卒やキャリアのある中途に比べ、不利な状況に置かれることもあります。既卒に大切なのは、新卒やキャリアとの競合を避けることです。競合の多い企業を避け、なるべく中小企業を受けるようにしましょう。中小企業だと競合が少なく、既卒者にもチャンスが広がっています。また、既卒からの就活の成功率をアップさせる方法として、転職エージェントを利用すると良いでしょう。ハタラクティブのような転職エージェントでは、ハローワークとは異なり、キャリア相談や面接対策、求人紹介などを行っています。専門のアドバイザーが内定まで相談に乗ってくれるので、自分の方向性が明確になったり、悩みが解決したりします。面接対策では、より実践的な対策ができるので、本番に通用する力が養えます。さらに、非公開求人の紹介なども行っているので、自分に合った企業を見つけられる可能性が高くなります。既卒での就活に悩まれている方、就活のやり方がわからない方、内定が出なくて不安な方は、転職エージェントのハタラクティブを利用しましょう。

既卒とは、中学校から大学までの学校を卒業したものの、就職していない人のことを指します。既卒になる原因はいくつかあります。一番多い原因としては、新卒での就活の失敗でしょう。自分が入りたい企業に入れなかった、複数受けて全て落ちた、などなど新卒で失敗した人の多くがこれに当たります。他には学業に集中しすぎるあまり就活を疎かにしてしまった人、大学院入試に落ちた人なども既卒になります。理由は人それぞれですが、既卒としての就活は難しい場合も多いです。既卒になると、企業によっては新卒枠で応募できなくなり、キャリアがある人が集まる中途採用枠で戦わなくてはいけなくなる可能性があります。既卒のデメリットを考えると、既卒になるのは得策ではありません。既卒として就活を成功させるポイントは、第二新卒枠で応募することです。第二新卒は、職歴があるものの、基本的には既卒者と変わらないことが多いです。そのため、同じようなスキルや経験の人たちと戦えるため、採用されるチャンスが広がります。入りたい企業に第二新卒枠があるか調べるようにしましょう。また、既卒からの就活を成功させる手段として、転職エージェントのハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。転職エージェントのハタラクティブには、多くの既卒者を正社員就職に導いてきた実績があります。実績とノウハウを武器に一人ひとりに合った求人を紹介することが可能です。転職エージェントのハタラクティブの豊富なサービスを無料で利用して、是非内定を貰えるように就活に活かしてください。

ページトップへ

Leverages

© 2013-2017 Leverages Co., Ltd.