働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ入社した会社を半年で退職、22歳で再び正社員の道を選んだ理由とは?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 体験談TOP
  4. >
  5. 働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ

2019/04/23

氏名:Sさん 年齢:22歳 性別:女性

就職前

職種
販売職(アルバイト)

短大卒業後、新卒で入った会社を早期退職。違う仕事が知りたいと考え、フリーターとして薬局、100円ショップの販売に。同世代が就活を始めているのを見て、再び正社員への転職を決意。

就職後

職種
販売職(正社員)

アルバイトをする中で医薬品に興味を持ち、調剤併設型ドラッグストアの販売職に転職。将来は販売の経験を活かし、商品企画の道へ進みたい。

他の仕事を知りたい気持ちから新卒で入社した会社を半年で退職 

-2017年に新卒で食品の物流会社に入社されたそうですが、就活はどのように進めましたか?

2016年の10月頃に留学してたので周りの人よりも就活が遅れてしまって…。
合同説明会に参加して、いろいろな中小企業を見に行ったくらいです。その中で声をかけてもらったところが新卒で入った会社でした。

 

-その時は希望のお仕事や業界について決めていましたか?

何をしたら良いのか本当に分からなくて、迷走していたと思います。

 

小さい頃、ケーキ屋さんに憧れていた事もあって販売や接客に興味があるのはなんとなく感じていたんですけど、明確には決められなかったです。だから正直何でもいいやと思って。

 

受けたのはホテルとか、接客業のところが多かったと思います。

-新卒で入られた会社ではどのようなお仕事をされていましたか?

配達とお客様からの注文書の回収、あとは電話対応などをやっていました。事務系の仕事に近い業務内容です。

 

-そうだったのですね。その後半年で退職されてますが、きっかけはあったのでしょうか。

就活をきちんとしてから入社…というわけではなかったので、自分の目で確かめてから仕事を決めたい、という気持ちが出てきたんだと思います。

 

後は、会社の女性のパートさんに仕事について相談したら「他にもSさんに合う会社があるかもよ」「若くていろいろ挑戦できるし転職もありだと思うよ」って声をかけてもらえて。
その言葉に背中を押されました。

 

ドラッグストアのアルバイトで自分の新たな道を発見! 

-その後、約1年ほど100円ショップとドラッグストアの販売職を掛け持ちしてたそうですね。そこからもう一度就活をしようと思った理由は何ですか?

私は短大出身なのですが、4年制の大学生はちょうど就活が始まる時期だったんです。

 

アルバイト先のスタッフが同じ世代ということもあり、まわりが自分の進路を決めてるのを目の当たりにして、刺激を受けたのがきっかけかなと思います。

 

あと、今まで留学や奨学金のことで、親にいっぱい苦労かけたんで、それなりのところに勤めてしっかり返せるようにしたいっていうか。それが一番ですね私にとって

 

-2回目の就活では、どのような仕事を考えていましたか?

ドラッグストアで働く中で、医薬品に興味が湧いて。

一緒に働いていた薬剤師の方が、風邪引いた時に知識をいろいろ教えてくれるんですけど、手に職がついている…という感じでとてもかっこよく見えたんです。


一つひとつの知識を聞いているとすごく楽しいんですよね。もっといろいろな話を聞いてみたいな…という思いがあって、薬剤師さんのアシスタント的な仕事を考えるようになりました。

 

就活を再スタート!面接では本音を伝えた回答で好印象

-就活はどのように進めましたか?

フリーター未経験からでも挑戦できるところ、という条件で薬局・調剤・事務を中心に仕事を探しました。ただ、自分で探して何件か薬局を受けてダメだったんで、以前登録したハタラクティブにお願いすることにしたんです。

 

実は、最初にハタラクティブに登録した時って、登録のみで就活自体はしてないんです。就活しなきゃという思いはあったものの、ちょっと働く事に疲れちゃって。
何がしたいか分からないから、休憩がてらアルバイトからやり直そうと考えてたんです。


それに、アルバイトも始めたばかりだったので、すぐに辞めるわけにもいかず、登録だけして就活は一旦止めることにしました。

 

-それでまた改めて利用されたんですね。もう一度ハタラクティブを選んだ決め手はありましたか?

フリーターに対するフォローが手厚いっていうところに惹かれました。

 

実は予約した後、相談に行くのを面倒に感じてキャンセルも考えたんですけど、お金がなくなってきたから本当にやらなきゃと思って。一度ちゃんと就活しようと思って、相談に行きました。


アドバイザーの方には、薬や調剤、医療関連の求人を紹介してもらって、その中で一番自分の希望に合いそうな会社を選んで受けました。具体的には、調剤薬局併設のドラッグストアを展開している企業です。

 

-就活で何か苦労したことってありましたか?

職務経歴書を作る時に、どうやって自分をアピールしたら良いのか分からなくて苦労しました。私は今までの職務経験があまりないから履歴書も空白が多くて…。
それを踏まえて、どうすれば自分を良く見せられるのかなっていうのが悩みでした。


最終的にはアドバイザーの方にSNSチャットで意見を聞いたり、実際に同じ業界を受けてる人や未経験者のフォーマットを参考にしたりして作りました。

ハタラクティブでいただいた職務経歴書のフォーマットが、私と同じフリーター経験者のものだったので書きやすかったです。

 

アドバイザーの方からは「飾らなくて良いから、素直に自分が今までやってきたことをアピールしてもらえれば良い」と助言をいただいて。だからかっこつけなくて良いなって思えました。
アルバイトの中でしてきた経験をそのまま書いて、仕上げた感じです。

 

-面接は緊張されましたか?

すごく緊張しました!でも、アドバイザーの方が、実際に面接で聞かれることをリサーチしてくださって、それを基にした面接の練習がすごく役立ちました。

当日は、突っ込んだ聞き方をされる方が面接官で。例えば「それならうちでなくても良いのでは」というような感じです。

普段なら受け答えに困るんですけど、対策したことを思い出しながら、雰囲気に押されないように頑張りました。

 

後、印象に残ってることは、会社を選んだ理由について聞かれた時。「社宅があるからです」って伝えたらなぜか良い印象を持ってもらえて。

「フリーターという立場から社会的に自立したい。だから社宅に憧れて応募しました」って言ったら、意外に話を聞いてもらえたんです。本音を隠さずに伝えたのが良かったのかも。

 

後半は質問の内容がガラッと変わって、うまく答えられなくてまずいかな…と思って自信なかったんですけど、内定をいただくことができました。

 

将来的には店舗を支える企画職の道を目指したい

-晴れて新しいスタートを切るわけですが、率直な感想を聞かせてください。

同じ歳の子と一緒に新社会人になれたのがとても嬉しいです。


仕事中に内定の連絡をいただいたんですが、「本当ですか?やった~!」という感じで喜びを隠せませんでしたね。アルバイト先の子たちに報告したら一緒に喜んでくれました。

 

-入社後にやってみたいことは何かありますか?

将来的には、お店を裏側から支える人になりたいです。

そのためには、店舗で商品企画や販促などの経験を積む必要があると思いました。

 

今までスタッフとして働いてきたので、店舗を支える仕事をこれから徐々に知っていけたら嬉しいです。

 

-では最後に、Sさんのようにフリーターから正社員を目指す方に向けて何かメッセージをいただけますか?

フリーターだから…って就活に躊躇することはないと思います。始めようという気持ちと、一人で抱え込まないことが大事かなって。
まず相談だけでもするのは、すごく良いことだと思うんですよ。私みたいに悩んでいる人もたくさんいますし。

 

フリーターから正社員を目指す時ってプレッシャーを感じるんですよね。
やっぱり周りの人に「正社員になった方が良い」「自立した方が良い」って言われるんですよ。社会ではフリーターって認められてない面もあるから。

 

ただ、正社員が偉いというわけではなくて、目的を持って正社員を目指すことが大切かなって、今回の経験を通して感じました。

フリーターって生計が立てづらい部分のほかにも、仕事が単調になりがちで、やりがいに欠ける部分ってあると思うんです。
もちろんそれで良い人は良いと思うんですけど、私はずっとその部分をつまんないなと思ってきたので。正社員になったらいろんなことに挑戦したいなと思っています。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ