専門卒だけど就職がなかなか決まらない…理由と対処法を解説!

専門卒だけど就職がなかなか決まらない…理由と対処法を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・専門学校卒でフリーターになった場合、就活に時間を割けず就活の質が落ちてしまいがち
    ・専門学校卒で就職が決まらない理由の一つは、受けられる企業が大卒より少ないため
    ・就職が決まらない専門学校卒は、大卒者が集中しない中小企業を選ぶのもおすすめ
    ・専門学校卒は、実習で学んだことを活かし即戦力をアピールしてみよう
    ・就職先が決まらない専門学校卒は、専門外の業種・職種も受けてみよう

就職が決まらないまま専門学校を卒業したり、卒業を控えていたりすることに、不安や焦りを感じる方もいるのではないでしょうか。このコラムでは、就職をしづらい理由や就職成功のコツをご紹介します。専門卒であるメリットの活かし方や、フリーターになった後からでも正社員を目指す方法なども解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

専門学校卒は就職に不利?

専門学校卒の有利・不利は目指す職業によります。
しかし、大卒を採用条件にする企業が多く、大学卒に比べて専門学校卒が応募できる求人の選択肢が狭くなってしまうのも事実です。
一方で、専門学校生の持つ実践的なスキルを求めて採用をしている企業もあります。学歴ではなく求職者の人柄やポテンシャルなどを重視する企業も増えてきていますので、自分のスキルなどに合わせた企業探しをしてみましょう。

専門学校卒でフリーターになったら

就職できない状況が続くと、収入を得るためにフリーターになる必要が出てきます。そうなると今度は、就職活動に十分な時間を割けなくなり、就活の質が落ちてしまいがち。その結果、就職が決まりにくくなり、フリーターをしながら就職活動をする期間が長期化してしまいます。
また、フリーター期間が長くなると任される仕事のレベルが上がり、責任が重くなる恐れも。そのため、フリーターとしての仕事のことを考える時間が多くなり、就職して正社員になる意欲がいつの間にか低下するという悪循環に陥ることもあります。

専門学校卒で就職が決まらない3つの理由

専門学校卒で就職が決まらない理由は、「専門分野に特化している」「選考に参加できる企業が少ない」「採用条件に見合わない」が考えられるでしょう。以下、詳しくご紹介します。

 

1.専門分野以外の業界に就職しづらい

専門学校卒の場合、それぞれの分野に特化した知識があるというメリットは、それ以外の分野に就職しづらいというデメリットに置き換えられます。
さらに、就職先となる業界や職種が専門的なものになるため、そもそもの求人数が少なく、そこにほかの専門学校卒の応募が集中して求人の取り合いになることも。就職を優先した結果、専門外への就職を視野に入れる人もいるでしょう。
しかし、それに対して企業は「専門職への未練があってすぐ辞めてしまわないか」「専門職に落ちたときの保険では」と考えることも。「その企業へ入社したい」という気持ちをしっかりアピールできていないと、そうした考えを払拭できず、就職に結びつかないことがあります。

 

2.受けられる企業が大卒より少ない

先述のように、正社員求人の応募資格に「四年制大学卒業の方」「四大卒者」と記載されていれば、専門卒は応募ができません。そのため、大学卒に比べて応募できる求人の選択肢が狭くなり、就職がなかなか決まらないという結果になることもあるようです。

 

3.「大卒以上」を条件とする資格がある

資格がないと就業できない仕事で、さらにその資格が「大卒以上」という条件を満たす必要がある、という場合もあります。たとえば、医師であれば医師免許資格を取得するのに大卒が必須。有利・不利以前の問題で、事実上目指すことができない職業が存在します。

専門学校卒で就職を成功させるための4つのポイント

専門卒が就職を成功させるには、仕事や就職に対して明確な目標を持ち、選択肢の幅を広げることが大切。そのほか注意すべきポイントをご紹介します。

 

1.大卒と就職を争わない

大手企業では、専門知識が必要な管理職、総合職には大卒を優先して採用する企業もあります。そのため大卒者が集中しない、地域に密着した中小企業などを選ぶことで、大卒と応募先が被りにくくなり、就職しやすくなります。
さらに、求人内容で専門的なスキルや資格の保持が条件となっている企業であれば、一層競争率を下げられるでしょう。

 

2.明確な目標を持つ

就活をするにあたって、明確な目標を持つことが大切です。
選考書類や面接の場では、必ずといって良いほど「なぜこの業界で働こうと思ったか」と聞かれます。専門学校を出たから流れでその専門職に、という気持ちでいては、採用担当者の目には止まりません。専門学校に入る前に思い描いていたことや、就職してどのような仕事をしていきたいのか改めて考え、自己分析をしてみましょう。

 

3.企業の選択肢を広げる

企業選びの際に、選択肢を広げることも大切です。
志望度の高い企業があると、その企業に絞り込んで応募してしまう人がいます。そうすると、多くの企業に応募できなくなってしまいますし、もし採用されなかった場合に燃え尽きてしまう恐れもあります。職種など、自分の譲れないポイントを絞り、あとは視野を広げて複数の企業へ応募するようにしましょう。多くの企業を受けることで面接にも慣れるという効果もあります。

 

4.卒業生がどのような企業に就職しているか知る

自分の在籍していた専門学校の卒業生の進路を調べてみるのも効果的です。同じ立場であった卒業生の就職先であれば、専門学校卒の採用に積極的な企業である可能性が高いと考えられるでしょう。
さらに、場合によってはOB訪問などが可能なこともありますので、専門学校のキャリアセンターに問い合わせてみるのも一つの手です。

専門卒という学歴のメリットを活かすのも一つの方法

専門卒という学歴とともに、在校中に学んだことを応募先の企業でどのように活かせるのかを、しっかり伝えるようにしましょう。専門学校は、就職先での即戦力を養成する点に重点をおいた教育カリキュラムが組まれていることが多く、実習の時間が豊富なことが特徴です。そのため、即戦力をアピールすることがポイントになります。
採用担当者も、出身校だけでは応募者の人間性を知ることはできません。しかし、在校中にどのようなことに興味を持ち、何をしてきたかを知ることで人間性が見え、採用後に活躍できる人材かどうかが判断しやすくなります。
たとえば、機械工学を学んだ専門卒の方は、その専門性を活かしてメーカーや機械を扱う企業にアピールできます。学生時代のバイトでバイトリーダーを経験した方は、マネジメント能力やコミュニケーション能力をアピールできるでしょう。

専門学校卒のフリーターが就職を目指すには?

専門学校を卒業したフリーターが正社員を目指すには、既卒向けの求人を探したり専門外の分野まで視野を広げることがポイントになります。

 

既卒採用の求人を探す

学生が在学中に就職先を見つけられないのと同様に、在学期間の学生を採用できなかったり、内定を出しても辞退をされてしまったりと、新卒採用期間が終わった後でも求人を出している企業はあります。
在学中ではないからと諦めずに、既卒採用の求人も探してみましょう。フリーター期間が長くなればなるほど正社員への採用は難しくなる傾向にありますので、早いうちの行動をおすすめします。

 

専門外の業種・職種も受けてみる

専門学校で学んだ分野での業種で就職が難しい場合、専門外の分野も視野に入れて就活してみましょう。改めて自己分析をしたり、就職したい企業のの条件を整理したりして、自分の中で譲れない条件を洗い出してみてください。そうすることで、自分がどうしたいのか見えてくるはずです。
また、条件を専門卒以上に絞っていた方は、高卒以上の求人でも探すことで幅を広げられます。専門知識がない分野では、「未経験者歓迎」の条件で求人を探してみると良いでしょう。

 

就職活動に役立つ資格を取得する

資格の取得が就職活動で有利に働くこともあります。
資格が必須条件の企業に応募できますし、面接で採用担当者に努力をアピールできるなどメリットも多いです。短期間で取得できる資格もあるので、気になる仕事や興味のある分野がある方は、業務に活かせる資格の取得を目指すと良いでしょう。

 

転職エージェントを利用する

専門卒以上でフリーターをしながら就職活動するときは、就職のプロである就活アドバイザーを積極的に活用することをおすすめします。
ハタラクティブに在籍している就活アドバイザーは、若い人の就職を応援できるノウハウと経験を豊富に持っています。一人で就職の対策を考えるよりも、プロのアドバイスを参考にした方が、より就職は実現しやすくなるでしょう。相談は無料で対応しています。
一人で悩むよりもまずは、気軽に当社の就活アドバイザーを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

専門学校卒業後の就職に関するお悩みQ&A

専門学校を卒業したあとに「就職先が決まらない」とお悩みの方に向けて、就職にまつわる疑問をQ&A方式で解決していきます。

 

専門卒で就職できなかった場合どうなる?

基本的には、フリーターや無職というケースが考えられます。大学の場合は就職留年をして新卒入社を目指すという選択肢もありますが、専門学校では少ないでしょう。卒業後に無職になると経済的に厳しくなりますし、フリーターの場合は就活にかける時間が減ってしまうことが想定できます。専門学校を卒業したあとの就活については、このコラムの「専門学校卒で就職を成功させるための4つのポイント」をご覧ください。

専門学校と関係ない業種に就職できますか?

この「専門卒の選択肢は主に3つ」にあるように、専門学校と関係のない業種や職種に就職することは可能です。ただし、志望動機や自己PRでは、「なぜこの仕事を選んだのか」「自身の強みをどのように活かせるか」といった強いアピールや意志が求められるでしょう。

専門卒と大卒ではどんな差がありますか?

応募条件が「大卒」という企業も多くあり、応募できる求人に差があります。また、就職後の基本給も大卒のが高いのが一般的です。学歴別の初任給については、この「新卒・新入社員の初任給平均金額はどれくらい?」をご覧ください。

専門卒はどのような就活をすると良いの?

就職をしないまま専門学校を卒業した場合、なるべく離職期間は空けずに就活することをおすすめします。働いていない時間が長くなれば、自身のモチベーションが下がってしまうものです。また、企業によっては第二新卒の枠から外れてしまう可能性も。しかし、焦って就職先を決めようとすると、入社後にミスマッチが起きやすいでしょう。そのような事態を防ぐためには、念入りな自己分析や企業研究を行い、納得のいく就活をすることです。ハタラクティブでは、プロのキャリアアドバイザーがあなたのお悩みをヒアリングし、希望に沿った職場を提案します。効率的な就活をしたい方は、ぜひご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談
    新卒内定を断ったのにやりたいことがない…キャリアを重視した21歳の就職成功談

    就職前

    無職

    就職後

    CADオペレーター

    詳細見る

  • 働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ
    働くことに疲れてフリーターに。医薬品への興味からドラッグストアで再び正社員の道へ

    就職前

    販売職(アルバイト)

    就職後

    販売職(正社員)

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る

  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

  • 「インテリアコーディネーター」になる夢を叶えた、24歳呉服店アルバイトの覚悟
    「インテリアコーディネーター」になる夢を叶えた、24歳呉服店アルバイトの覚悟

    就職前

    呉服店 販売員のアルバイト

    就職後

    有名住宅メーカー インテリアコーディネーター

    詳細見る

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • 大切なのは「軸を持つこと」と「熱意」。面接に失敗しながらも切り開いた正社員への道
    大切なのは「軸を持つこと」と「熱意」。面接に失敗しながらも切り開いた正社員への道

    就職前

    中古本・家電 販売・買取チェーン店 アルバイト

    就職後

    小型食品スーパーマーケットチェーン 店長候補

    詳細見る

既卒から正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION