専門卒者の就職は厳しい?後悔することはある?就活を成功させるコツを紹介

専門卒者の就職は厳しい?後悔することはある?就活を成功させるコツを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 専門卒者の就職率は、毎年高い水準を保っている
  • 専門卒者の就職活動では、「目的がないまま進学したこと」を後悔する人が多い
  • 専門卒で就職が決まらないと、正社員採用のハードルは上がる可能性がある
  • 就職を成功させたい専門卒者には、就職支援サービスの活用がおすすめ

「専門卒で就職したいけど、採用状況が厳しそう…」と不安に思っている人は多いでしょう。専門卒者の就職率は高い水準を保っていますが、大卒者と比べると不利になってしまう場合もあるのが実情です。このコラムでは、専門卒者の就職状況を解説。就職が決まらない場合に考えられる将来のリスクや、成功のために必要な事前準備についてもまとめました。専門卒者として自信をもって選考に臨むための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

専門卒者の就職状況は厳しい?

専門卒者の就職状況は決して厳しい訳ではありません。ただし、大卒者と比較すると就職が難しくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

専門卒者の就職率は高い

文部科学省の「令和2年度大学等卒業者の就職状況調査(令和3年4月1日現在)」によると、専門卒の就職率は91.2%。また、就職率の推移は以下のとおりです。

卒業年度 就職率
2018年3月卒 94.7%
2019年3月卒 96.6%
2020年3月卒 96.8%
2021年3月卒 91.2%

引用元:文部科学省「令和2年度大学等卒業者の就職状況調査(令和3年4月1日現在)『就職(内定)率の推移 (専修学校専門課程)』(6p)

2021年3月卒の専門学生の就職率は前年に比べて5.6ポイント低下していますが、依然として90%を超えています。専門卒者が持つ実践的なスキルを重視する企業は多いため、就職率も高水準を保っているといえるでしょう。

▼参照元
▼文部科学省
令和2年度大学等卒業者の就職状況調査(4月1日現在)

大卒者と比べると就職が難しい場合もある

就職率が高い専門卒者でも、大卒者と比べると就職が難しくなる場合があります。たとえば、「大卒以上」の学歴を応募資格として設定している企業に、専門卒者が応募することはできません。また、専門卒者の場合、学校で学んだ分野以外への就職が難しい傾向もあるようです。
専門卒者の就職先が決まらない理由は「専門卒で就職が決まらない理由は?対処法を知って成功につなげよう」でも解説していますので、ご一読ください。

専門卒者が就職活動で後悔することとは?

専門卒者が就職活動で後悔することとしては、「目的がないまま進学した」「専門的なスキルを身につけられなかった」「大卒者と比較されやすい」の3点が挙げられるようです。以下で解説しているので、参考にしてみてください。

1.目的がないまま進学した

目的がないまま専門学校に進学したことを、就職する際に後悔する人は多くいます。先述のとおり、専門卒者は専門領域以外に就職するのが難しい傾向にあるからです。もし、専門領域以外の就職先を選ぶ場合は、「専門分野の業界を選ばない理由」を、面接官が納得するように伝えなくてはなりません。就職活動をなるべくスムーズに進めたい方は、卒業後のビジョンを明確にしたうえで通う専門学校を選びましょう。

2.専門的なスキルを身につけられなかった

専門学校で、期待していたほど専門性の高いスキルを身につけられず、「就活で活かせなかった」と後悔する人も。専門学校の2年間で即戦力になり得るような技術や知識を身につけるのは難しく、実際は基礎レベル程度にとどまってしまうのが実情です。専門卒の経歴を十分に活かして就職したい人は、学校の授業にプラスして、独学でスキルの習得に励むといった積極性が必要でしょう。

3.大卒者と比較されやすい

就職における大卒者との違いを目の当たりにして、そもそも専門卒であること自体を後悔してしまう人も少なくありません。たとえば、初任給は学歴ごとに決まっていることが多く、大卒者と同じポジションでも給料面で差がついてしまう場合があります。また、入社後の昇格スピードで差がつくこともあるようです。

専門卒で就職が決まらないと将来どうなる?

専門卒で就職が決まらなければ、生活費を得るためにフリーターになる未来が考えられるでしょう。フリーターとして非正規雇用で働きながら就活を続けるという方法もあるものの、難易度は高め。就職を成功させるためには、早めに行動する必要があります。

収入を得るためにフリーターになる必要がある

専門卒で就職できない状況が続くと、収入を得るためにフリーターになる必要が出てきます。フリーターを続けながら正社員を目指すことも可能ですが、時間や年齢の制約を受けやすいので注意が必要です。

就職活動の時間が十分に確保できない恐れがある

フリーターの生活では、就職活動の時間が十分に確保できない恐れがあります。パートやアルバイトはシフト勤務が主で、生活が不規則になりやすいからです。中には深夜勤務に入って完全に昼夜逆転の生活を送っている人もいるでしょう。就職活動の質が落ちてしまえば就職先も決まりにくくなり、フリーターの期間が長期化してしまいます。
また、フリーター期間の長期化に伴って、任される仕事の責任が重くなる場合も。フリーターとしての仕事を優先させることが増えた結果、専門卒の経歴を活かして就職する意欲が低下してしまう恐れがあります。

フリーター期間が長引くと就職は難しくなる

フリーター期間が長引くほど、就職のハードルは上がります。フリーター期間の長さから、正社員として就職する意欲の低さを懸念されやすくなってしまうからです。また、年齢を重ねた人材ほど正社員就職では即戦力を期待されるため、フリーターのままではスキル不足と判断されてしまうことも。専門卒のフリーターが就職するためには、早めに就職活動を始めることが大切です。

専門卒のフリーターが就職するための注意点や方法は「専門卒フリーターの就職は厳しい?注意点や就活のポイントを解説」で解説しているので、ご一読ください。

専門卒で就職するメリット

専門卒で就職するのには、下記のようなメリットもあります。

・分野に特化した知識を活かして就職できる
・大卒者よりも早く社会人経験が積める

専門分野に特化した就職先を選択すれば、スキルを活かせるので、大卒者よりも有利に就職活動を進められるでしょう。また、2年制の専門卒者は4年制の大卒者よりも早く社会に出られるため、若いうちに多くの経験を積めるというメリットも。「『専門学校が就職に有利』、それってホントなの?」では、専門卒で就職するメリットを詳しく紹介していますので、ご覧ください。

専門卒者の就職を成功させるための事前準備

専門卒者の就職を成功させるためには、就職先の希望を明確にすることや、志望する業界・企業の情報を集めることが大切です。志望企業がある程度絞り込めたら、インターンシップに参加してみるのも良いでしょう。以下で3つの事前準備の方法を解説しているので、参考にしてみてください。

1.就職先の希望を明確にする

まずは、就職先の希望を明確にすることから始めます。専門卒の場合、学校で学んだ知識を活かせる仕事に就くか、もしくは別の分野での就職を目指すかという点から考えてみると良いでしょう。専門学校で学んだからといって、専門分野の仕事に必ず就かなければならないという決まりはありません。専門卒という経歴にとらわれることなく、自分が「どのような仕事をしたいか」をしっかりと考えることが大切です。

就業するのに資格が必要な職業もある

専門卒者の就職先の中には、就業するのに資格が必要な職業もあります。例として挙げられるのは、看護師や保育士、調理師などです。「専門卒者の就職先とは?主な選択肢と職種ごとの特徴を解説」では、専門卒者の就職先として考えられる3つの選択肢を紹介しているので、ご一読ください。

2.志望する業界や企業の情報を集める

志望する業界や企業が決まったら、自分の希望と合致するかを確認するために、情報を集めましょう。企業のWebサイトや求人サイトを閲覧して、事業内容や社風、募集要項などを細かく調べます。専門卒の経歴が十分に活かせる企業であれば、面接で効果的なアピールがしやすく、就職後のミスマッチ防止にもつながるでしょう。

志望企業以外の情報収集も大事!

専門卒者は、志望企業についてだけでなく、業界や他社に関する情報も事前に集めておくことが大切です。業界の中での立ち位置や他社にはない強みを知ることで、「志望企業でなければならない理由」がより明確になります。志望意欲を採用担当者に確実に伝えるためにも、事前の情報収集はしっかり行うことが大切です。

3.インターンシップでスキルを身につける

志望する企業の情報収集ができたら、インターンシップへの参加を検討してみましょう。インターンシップとは、就職前に実際の業務や職場環境を経験できる職場体験のこと。1日単位の職場訪問レベルのものから、数ヶ月にわたって実施される長期のものまでさまざまあり、中には時給や日給が発生する場合もあります。

インターンシップに参加するメリットとは?

インターンシップに参加するメリットは、入社前に基礎的なスキルを身につけられることです。実際の業務に携わることで、専門学校では得られないような知識や技術を習得できるでしょう。さらに、インターンシップ中の成果が認められれば、その後の選考で有利になる可能性も期待できます。専門卒の就職成功のために、志望企業のインターンシップの実施状況や採用条件を調べて、積極的に応募してみましょう。インターンシップの種類や参加するメリットは「インターンシップとは何?意味や目的を把握しておこう」で解説しているので、ご一読ください。

専門卒者の就職を成功させるコツ

専門卒者の就職を成功させるコツは、「広い視野で情報収集を行うこと」と「就職支援サービスを活用すること」の2点です。以下で解説しているので、参考にしてみてください。

広い視野で情報収集を行う

専門卒者が就職先を探す際は、自分の専門分野にとらわれることなく、広い視野で情報収集を行うことを意識してみましょう。世の中にはどのような仕事があって、どういった人材が求められているのかを知ることで、選択肢の幅も広がります。一見すると畑違いに思える仕事でも、専門学校で学んだ知識を間接的に活かせる場合もあるでしょう。インターネットを使えば手軽に情報収集ができるので、興味を持った仕事や業界があればすぐに調べる癖をつけておくことが大切です。

就職支援サービスを活用する

専門卒の就職活動では、就職支援サービスを活用してみるのもおすすめ。就職支援サービスを利用すれば、アドバイザーによる就職相談や求人紹介などのサポートが受けられます。代表的な就職支援サービスとして挙げられるのは、「ハローワーク」と「就職エージェント」の2つです。

ハローワーク

ハローワークとは、厚生労働省が全国に設置する公共職業安定所のことです。窓口での職業相談や求人紹介のほかに、応募書類の確認や面接指導などのサービスを無料で実施しています。専門卒での就職活動に不安を感じている人も、安心して利用できるでしょう。また、ハローワークでは正社員だけでなく派遣社員やパート、アルバイトなどのさまざまな雇用形態の求人が閲覧可能。地元企業の求人を多く取り扱っているのも特徴の一つです。

新卒応援ハローワークの利用もおすすめ

専門卒者は、新卒応援ハローワークを利用してみるのも良いでしょう。新卒応援ハローワークは、大学や短大、専門学校の学生や卒業生の支援に特化したサービスのこと。担当のジョブサポーターによる個別の就職支援や、就職活動に役立つセミナーなどのサポートを受けられます。新卒応援ハローワークについて詳しく知りたい方は、「若者の就活を支援!若年層に特化した2つのハローワーク」をご一読ください。

就職エージェント

就職エージェントとは、民間企業が提供する就職支援サービスのこと。求人紹介から内定獲得までを専任のアドバイザーが一貫して支援するので、より質の高いサポートが期待できます。就職エージェントは、運営する企業によって対象者や扱っている求人が異なるのが特徴です。専門卒者の支援を積極的に行っているエージェントを利用すれば、就職の成功率も高まるでしょう。

就職活動で就職エージェントの利用を検討している専門卒者は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒、専門卒などの若年層を対象とする就職エージェント。専任のアドバイザーが求人紹介や面接対策、内定獲得後のケアまで一貫したサポートを行います。また、企業とのやり取りもアドバイザーが代行するので、不慣れな就職活動でも安心です。就職活動をスムーズに進めるためにも、ぜひハタラクティブをご利用ください。

関連タグ