フリーターから大手企業への就職は可能?おすすめの仕事もご紹介

フリーターから大手企業への就職は可能?おすすめの仕事もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • フリーターが大手企業へ就職できる可能性はある
  • 雇用や収入の安定から、大手企業を目指すフリーターが多い
  • IT業界や営業職はフリーターが目指しやすい大手企業の仕事である
  • 企業規模に囚われず、仕事選びをすることが大事

フリーターから正社員を目指す場合に、大手企業への就職を考える人もいるでしょう。フリーターでも大手企業に就職することは可能です。ただし、大手企業は新卒採用枠が多く、フリーターは応募できない場合も。競争率が高いので、狭き門となることも考えられます。このコラムでは、大手企業へ就職を目指すフリーターに向けて、おすすめの仕事をご紹介。また、正社員就職を成功させるためのコツもまとめています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

フリーターでも大手企業を狙うことは可能

フリーターが大手企業に就職できる可能性はあります。しかし、新卒や第二新卒に比べると困難な傾向に。次項では、フリーターが大手企業を目指すのが難しいといわれる理由をご紹介します。

フリーターが大手を目指すのが難しいといわれる理由

フリーターが大手企業を目指すのが難しいといわれるのには、「新卒採用枠が多い」「経験やスキルがない」といった理由があるためです。以下で詳しく解説していくので、大手企業を目指すフリーターはご覧ください。

新卒採用枠が多い

大手企業には新卒採用枠が多く、フリーターが応募できないことが場合があります。経験者採用枠を設けている企業もありますが、職歴がない場合は応募できないことに。応募できる求人数が少ないので、フリーターが大手企業を目指すのは不利といわれるようです

経験やスキルが少ない

経験やスキルがないフリーターも、大手企業への就職は難しい傾向にあります。先述のとおり、経験者採用枠を設けている大手企業もありますが、経験やスキルがないと応募自体できません。大手企業の中には、未経験採用枠を設けている場合もありますが、基本的にはないのが現状です。

フリーターが大手企業に就職したい理由

フリーターが大手企業に就職したい理由として、以下のものが挙げられます。

・雇用を安定させたい
・充実した福利厚生を受けたい
・高収入を得たい
・働きやすい労働環境の中で仕事に臨みたい

上記のように、雇用や収入面での安定を求め、大手企業に就職したいと考えるフリーターは多いようです

フリーターが目指しやすい大手企業の仕事

フリーターが目指しやすい大手企業の仕事はIT業界や営業職です。以下でそれぞれの仕事に関して詳しくご紹介していくので、チェックしてみましょう。

IT業界

フリーターが大手企業に就職しやすい仕事として、IT業界が挙げられます。IT業界は実力主義であることが多く、スキルが高いほど有利になる傾向に。実力が重視される業界であることから、フリーターから大手のIT企業を狙える可能性があります

営業職

営業職も、フリーターから大手企業を目指しやすい仕事です。営業職は経験が重視される傾向がありますが、未経験から始められる企業も。実力次第では、収入アップも可能です。営業職はどのような業界でも必要とされているので、フリーターから大手企業に就職できる可能性があります。

フリーターが大手企業に入ることが安定とは限らない

大手企業に入ることが安定につながるとは限りません。大手企業でも、業績が悪化すれば、リストラや給料・ボーナスの減額、人員削減などを行うこともあります。最悪の場合、会社が倒産する恐れも。そうすると、社員一人ひとりの雇用は不安定な状態になります。
そのため、大手企業に入れば安定が約束されるというわけではないことを念頭に置いておきましょう。

中小企業にも優良企業はある

中小企業にも、働きやすい労働環境で安定している優良企業は多く存在しています。企業によっては、「フリーターが大手企業に就職したい理由」でご紹介したような希望を実現できる可能性もあるでしょう。大手企業に比べると劣ってしまう可能性もありますが、中小企業でも安定した収入や充実した福利厚生を受けることはできるはずです。
優良中小企業について詳しく知りたいフリーターは「優良中小企業に就職・転職するメリット|企業の見分け方も解説」のコラムをご覧ください。優良中小企業の見分け方を解説しています。

安定を求めるフリーターには中小企業がおすすめ

フリーターが中小企業に就職することで、スキルや経験を積むことができます。大手企業だけにこだわらず、中小企業にも目を向けてみると良いでしょう。フリーターに中小企業がおすすめの理由を以下に解説していきます。

仕事を通じてスキルを磨ける

中小企業は大手企業に比べ、仕事を通じてスキルを磨きやすい傾向があります。中小企業は社員数が少ない場合があり、1人の社員が複数の業務を掛け持ちすることも。大手企業よりもさまざまな業務に携わる機会が多いので、仕事を通じてスキルを磨きやすいといえます。

責任のある仕事を任せてもらえる

中小企業は、若いうちから重要な仕事を任せられる可能性が高く、実力を示すチャンスが多いといえるでしょう。一つひとつの重要な仕事を成功させていくことで、社内での評価を上げることが可能です。そのため、モチベーションを高く保ちながら働けるでしょう。

中小企業への就職を考えているフリーターは「中小企業に就職するメリットは?どんな利点がある?」のコラムも参考にしてみてください。中小企業に就職することのメリットを詳しくご紹介しています。

企業選びに不安を感じているなら、就職エージェントの利用がおすすめです。就職エージェントを利用することによって、あなたに合った求人を紹介してもらえるでしょう。

就職・転職支援サービスのハタラクティブでは、フリーターや既卒といった若年層を中心に求人紹介から内定獲得後のフォローまで一貫してサポート。プロのアドバイザーが丁寧にカウンセリングを行ったうえで、あなたにぴったりの求人をご紹介します。
人柄重視の求人を多数取り扱っているので、経歴に自信のないフリーターも安心です。ほかにも、面接対策や応募書類の添削などのサポートも行っているので、効率良く就活を進められます。
安定した企業へ就職したいと考えているフリーターは、まずはお気軽にご相談ください。

フリーターと大手企業に関するよくある質問

ここでは、フリーターと大手企業に関するよくある質問にQ&A方式で回答します。フリーターで就活を行っている人や今後就活を行う予定の人は、参考にしてみてください。

大手企業と中小企業の違いは?

大手企業と中小企業の違いは、資本金や出資の総額、社員数です。中小企業は「中小企業基本法」によって定義されてることに対して、大手企業には明確な定義がありません。中小企業の基準を上回る企業が大手企業と判断されることが多いようです。詳しくは「大手企業とは?基準や定義を紹介!大企業や中小企業との違いも解説」のコラムで解説しています。

フリーターが大手企業に就職するメリットは?

大手企業に就職するメリットは、「人材の育成体制が整っている」「福利厚生が充実している」「社会的信用度が高い」などです。昇給や賞与の制度も充実していることから、中小企業に比べると年収が高いこともメリットとして挙げられます。フリーターが大手企業に就職するメリットは、詳しくは「大企業と中小企業の違いは?両者に就職するメリット・デメリットもご紹介」のコラムでも解説しているのでご覧ください。

大手企業の中途採用に高卒で受かるのは難しい?

高卒のフリーターでも、大手企業の中途採用枠で受かる可能性はあります。大手企業でも、IT業界や製造業など職種によっては、学歴よりも実力を重視する場合があるので、高卒フリーターでも就職することは十分可能です。高卒から正社員を目指すフリーターは、「高卒フリーターが正社員になるには?就活のコツやおすすめの仕事を解説!​​」も参考にしてみてください。

フリーターはどんなことを軸に企業選びをするべき?

フリーターが企業選びをする際は、大手企業であるかといった企業規模ではなく、業界を見ることが大事です。将来性や自分との適性を元に業界を定めて、自分のキャリア形成が想像できるかに注目しましょう。 企業選びに悩んでいる人は、ハタラクティブにお問い合わせください。あなたの適性に合った求人するだけでなく、面接対策や応募書類の添削といったサポートも行っています

この記事に関連するタグ