優良中小企業に就職・転職するメリット|企業の見分け方も解説

優良中小企業に就職・転職するメリット|企業の見分け方も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・優良中小企業とは、会社の規模が一定以下で、働きやすさなどの待遇が良い企業
  • ・優良中小企業に就職するメリットは、幅広い仕事ができること
  • ・優良中小企業に就職するデメリットは、人間関係に変化がないこと
  • ・業界の動向や企業の強みから優良中小企業を見分ける
  • ・優良中小企業は大々的に求人を公開していないこともあるので、探し方にはコツが必要

優良中小企業に就職したい方に向けて、就職のメリットとデメリットをお伝えします。
中小企業に就職するメリットは、仕事の幅が広いことやアットホームな環境で働けること。一方、専門性を磨きにくいことなどは大企業に比べたデメリットとなります。
コラムでは、詳しいメリット・デメリットのほかに、優良中小企業の見分け方と求人の探し方を解説していきます。これから就職・転職活動を始める方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

優良中小企業とは

優良中小企業に明確な定義はありませんが、一般的には中小企業の中でも「働きやすさ」「成長率・技術力」「財務状況の健全さ」などを評価されている企業を指しています。

中小企業の定義

中小企業の定義は、中小企業基本法によって決められています。

製造業、その他業種:資本金額または出資総額3億円以下の会社。もしくは従業員数300人以下の会社・個人
卸売業:資本金額または出資総額1億円以下の会社。もしくは従業員数100人以下の会社・個人
小売業:資本金額または出資総額5,000万円以下の会社。もしくは従業員数50人以下の会社・個人
サービス業:資本金額または出資総額5,000円以下の会社。もしくは従業員数100人以下の会社・個人

出典
中小企業庁
中小企業基本法

ただし上記の内容は、中小企業政策において基本的な政策対象範囲を定めるための「原則」です。法律・制度によって、中小企業の範囲が異なる場合があります。

優良企業の定義

優良企業は明確な定義がなく、社員や顧客のほか、株主など第三者からの評価によってその概念は異なる傾向があります。一般的には、下記のような事柄で評価されるようです。

社員の視点

・残業が少ない
・休みが多い
・各種休暇が取りやすい
・福利厚生が充実している
・給与が高い
・安定性がある

顧客の視点

・商品と価格が見合った商品、サービス展開をしている
・アフターケアが万全である
・社員の対応が良い

第三者評価の視点

・利益率、成長率が高い
・技術力が高い

社員が働きやすく、顧客に対して質の良い商品・サービスを提供し、将来性がある企業は、優良企業と判断できるでしょう。

優良中小企業に就職する4つのメリット

中小企業は、大企業と比べると知名度が低く、規模も小さいという特徴はありますが、優良中小企業にはメリットも数多くあります。
ここでは、優良中小企業に就職するメリットを4つご紹介します。

1.大企業より入社難易度が低い

優良中小企業は、大企業と比べて比較的入社のハードルが低いことがメリットです。大手と変わらない待遇であっても、中小企業は認知度の低さから採用に苦戦している場合があるでしょう。そのため、大企業と比べて選考の倍率が低く、比較的採用されやすい可能性があります。

2.幅広い仕事を任せてもらえる

中小企業では、大企業よりも幅広い仕事を任せてもらえるのがメリットです。
大企業では、職位が上がるまでなかなか決裁権を持たせてもらえないことが多いですが、中小企業では早い段階から幅広い仕事を任せてもらいやすいです。
また、優良中小企業は社員の成長に期待して人材育成に注力している場合が多くあります。会社のサポートを受けながらいろいろな仕事を経験し、スキルアップしていけるでしょう。

3.会社の成長を実感しやすい

会社の成長を実感しやすいことも、優良中小企業に就職するメリットです。中小企業はまだ発展段階である場合も多いため、会社の成長を身近に感じられます。自分の業務での成果が直接会社の成長に結びつくことで、モチベーションを高く保って仕事に取り組めるでしょう。

4.社員同士の仲が良い

優良中小企業は、社員同士の仲が良いことがメリットです。社員同士の距離が近く、顔と名前が一致しやすいため、関係性が良好な会社が多いです。プライベートでも社員同士で遊びに行くなど、仕事を超えた関係を築ける可能性も高いでしょう。

このほかの中小企業に就職するメリットを知りたい方は、「中小企業に就職するメリットは?どんな利点がある?」のコラムもご覧ください。

優良中小企業に就職する3つのデメリット

優良中小企業に就職することには、デメリットもあります。就職した後に後悔することのないよう、大企業と比べたデメリットも認識しておきましょう。

1.仕事の幅が広く専門性が高まらない

中小企業は社員数が少ないため、一人の社員がさまざまな仕事を兼任する可能性があります。そのため、一般的に仕事の幅が広くなることが多いです。
捉えようによってはメリットとであるともいえますが、広く浅く仕事をこなす職場では、専門性を高めにくいのがデメリットです。

2.大きな規模の仕事ができない

中小企業では、どうしても事業の規模が小さく、扱える金額も小さい場合があります。そのため、サービスの提供範囲が地元に限られるなど、大規模な仕事がしづらい可能性が高いです。「日本中の人が知っている商品に携わりたい」「世の中に大きな影響を与える仕事がしたい」という人にとっては、物足りなく感じる恐れがあります。

3.人間関係が悪くても部署移動ができない

中小企業は人間関係が狭く、部署の数も少ないため、人間関係でトラブルがあった場合でも、それを回避することが難しいのがデメリットです。
大企業の場合は、部署や転勤などの人間関係をリセットする手段があります。一方、中小企業ではそういった手段を取ることは難しく、人間関係が固定されたまま仕事を続けなくてはならない場合が多いので注意が必要です。優良中小企業であっても、職場の人間関係にストレスを感じながら働き続けるのは難しいでしょう。

自分に合った企業を探すには、中小企業・大企業という区分に囚われ過ぎず、自分が求める条件を明確にすることも重要です。「企業選びの軸の見つけ方!人柄や社風から探すべき?企業へはどう伝える?」では後悔しない企業選びの方法をお伝えしています。

優良中小企業を見分ける7つのポイント

中小企業は大企業と比べて知名度が低い場合が多いので、情報を収集するのに苦労する可能性があります。そこで、ここでは優良中小企業を見分ける7つのポイントを紹介していきます。

1.業界・業種の動向

流行や社会情勢などから、今後ニーズが上昇する見込みのある業界をチェックしてみましょう。注目したい業界の基準は、「ニーズが高く安定している」「世界的に見るとシェアトップクラス」「オートメーション化が難しいサービスを担っている」などが例として挙げられます。
この基準を参考にしてみると、企業の認知度だけが将来性を示すものではないと分かるでしょう。先入観にとらわれず、より多くの業界について知ることが、優良中小企業を見つける鍵となります。
業界の情報を収集するやり方は、「業界研究のやり方がわからない?就職・転職に役立つノートづくり」を参考にしてください。

2.ブランド力や企業の強み

興味のある企業をいくつかピックアップしたら、商品・サービスのブランド力や強みを新聞や業界誌などで調べるのがおすすめです。
「流行に関係なく、長く愛されるものを作っている」など、「今後の成長や根強い人気が期待できる商品・サービス展開をしているか」という視点でチェックすると良いでしょう。

3.福利厚生を確認

福利厚生についても、あらかじめ確認しておくことが大切です。給与の額は低くても、福利厚生が充実していれば可処分所得が多くなる、ということもあります。
中小企業では独自の福利厚生制度を提供している場合もある一方で、大企業と比べて制度が充実していない場合もあるので、事前に確認することが必要です。

4.経営者の理念と創業年数

経営者の経歴や、どのような想いで経営しているかを確認しましょう。たとえば、情熱をもって事業を展開している、顧客のためになるサービスを提供している、といった情報は企業を選ぶ上で判断材料になるのではないでしょうか。
また、創業年数が長いことは、時代の流れに左右されずに経営してきた証拠です。創業年数は、安定性を判断する際の1つの基準になるでしょう。

5.企業説明会に参加する

企業説明会は人事担当者や現場の声を聞けるチャンスです。直接話をすることで、具体的な業務内容や職場環境のほか、どのような人が活躍しているのかも知ることができるでしょう。
情報はインターネットや書籍である程度集められますが、実際に肌で感じた印象も大切にすると、より自分に合った企業を見つけられます。

6.口コミ

会社側が開示している情報だけではなく、口コミを確認することも大切です。就活口コミサイトや、社員の人を紹介してもらうなど、何らかの方法で生の声を聞いてみることをおすすめします。人間関係や風通しの良さ、実際の忙しさや昇給の様子など、働いている人にしかわからない情報をチェックしましょう。

7.人材確保への熱意や教育体制を確認

人材確保や社員のスキルアップのためにコストをかけている企業は、人材に投資できる利益があるということ。社員を大切にしていて、将来の成長が見込める会社ともいえます。
人材確保に積極的な企業は、求人サイトなどに求人を掲載している可能性があるため、求人情報をこまめにチェックしてみましょう。

優良中小企業を探す方法

中小企業は、大企業のように大々的に求人を公開していない場合があります。そのため、優良中小企業の求人を見つけるにはコツが必要となります。
優良中小企業を探すための具体的な方法を紹介するので、参考にしてください。

1.地方の求人情報雑誌を活用する

地域に根ざした優良中小企業を探す場合は、地方の求人情報雑誌を活用するのもおすすめです。
地域密着型の企業は、インターネット上の求人サイトなどには情報公開せず、地方の求人情報雑誌にだけ求人を掲載している場合があります。一見アナログに見える方法ですが、掘り出し物の求人情報を見つけられるかもしれません。

2.ハローワークを活用する

ハローワークを活用すると、職員のサポートを受けながら就職活動を進められるので、自分に合った中小企業の情報を得られる可能性が高まります。
ハローワークは地方の求人も充実しているので、地元の求人を探したい場合にもおすすめです。

3.転職求人サイトを活用する

優良中小企業の求人を探すためにも、転職求人サイトを活用することは有効です。転職求人サイトによっても特性があるため、中小企業の求人数が多いサイトを利用するのがおすすめです。

4.転職イベントに参加する

地元の商工会議所や、転職サービス会社が開催しているような転職イベントに参加するのもおすすめです。
業種を問わずさまざまな企業が集まっており、企業の採用担当者と直接話すこともできます。企業の雰囲気や社風を直に感じられるため、優良中小企業かどうかだけでなく、自分に合った企業か判断しやすくなるでしょう。

5.ビジネス誌や新聞を活用する

求人サイトなどのWeb情報だけではなく、ビジネス誌や新聞を活用するのもおすすめです。
特にローカルな求人情報などは、そのような媒体に掲載されていることも多いです。ただし、中小企業より規模が小さい零細企業の情報も含めて幅広く掲載されているため、情報はきちんと精査するようにしましょう。

6.転職エージェントを活用する

転職エージェントに登録し、優良中小企業の求人を紹介してもらうこともおすすめです。
転職エージェントは、転職者の希望をヒアリングし、求人紹介を通して内定獲得をサポートをしてくれます。優良中小企業に就職したい希望を伝えることで、条件に合う求人の紹介を受けたり、採用に至るためのアドバイスをもらえたりするでしょう。

7.ダイレクト・リクルーティングを活用する

ダイレクト・リクルーティングとは、就職希望者が自分の情報をサイトに登録し、企業側がそれを閲覧してコンタクトをとるという形の就職サイトです。
優良中小企業の中には、大々的に求人情報を公開していない企業も多くあります。そのような企業へにアプローチするには、ダイレクト・リクルーティングが有効に働く場合があります。

8.口コミサイトを活用する

口コミサイトを活用すると、さまざまな優良中小企業の情報を得られます。
口コミサイトには、現役社員や元社員のリアルな口コミが載っているだけではなく、スコアによるランキングから優良な企業を探すこともできます。口コミサイトで優良中小企業を見つけて、求人情報を探すという方法も有効です。

9.紹介してもらう

知人や友人に企業を紹介してもらうのもおすすめです。
中小企業によっては、求人を公開するよりも社員の紹介による採用を重視している場合があります。そのような企業を探すには、知人から紹介を受けることが近道となります。

優良中小企業で働きいたい方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください
ハタラクティブでは、仕事内容の詳細や社風、その企業で働くメリット・デメリットを事前に紹介。面接対策や応募書類のアドバイスなどを行い、内定獲得までをサポートしています。サービスはすべて無料で利用できるので、ぜひお気軽にご登録ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION