優良中小企業に就職・転職するメリットとは?ホワイト企業の見分け方も解説

優良中小企業に就職・転職するメリットとは?ホワイト企業の見分け方も解説の画像

この記事のまとめ

  • 優良中小企業とは、働きやすかったり成長率が高かったりする一定以下の規模の会社
  • 優良中小企業に就職するメリットは、幅広い仕事ができること
  • 優良中小企業に就職するデメリットは、人間関係に変化が少ないこと
  • 業界の動向や企業の強みから優良中小企業を見分けよう
  • 優良中小企業は大々的に求人を公開していないこともあるので、探し方にはコツが必要

優良中小企業への就職に興味を持っている方は多いのではないでしょうか。優良中小企業に明確な定義はないものの、働きやすく、将来性がある企業を指します。このコラムでは、優良中小企業で働くメリット・デメリットについて紹介。また、ホワイト企業の見分け方や求人の探し方を解説していきます。これから就活を始める方は、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

優良中小企業とは

優良中小企業に明確な定義はありませんが、一般的には中小企業の中でも「働きやすさ」「成長率・技術力」「財務状況の健全さ」などが評価されている企業を指します。

中小企業の定義

中小企業の定義は、中小企業庁の「中小企業基本法」によって下記のとおり決められています。

業種 定義
製造業、その他業種 資本金額または出資総額3億円以下の会社
もしくは従業員数300人以下の会社・個人
卸売業 資本金額または出資総額1億円以下の会社
もしくは従業員数100人以下の会社・個人
サービス業 資本金額または出資総額5,000万円以下の会社
もしくは従業員数100人以下の会社・個人
小売業 資本金額または出資総額5,000万円以下の会社
もしくは従業員数50人以下の会社・個人

ただし上記の内容は、中小企業政策において基本的な政策対象範囲を定めるための「原則」です。法律・制度によって、中小企業の範囲が異なる場合があります。

参照元
中小企業庁
中小企業基本法

優良企業の定義

優良企業は明確な定義がなく、どの立場から考えるかによってその概念は異なる傾向があります。優良企業であるかどうかの一般的な評価基準は下記のとおりです。

視点 評価内容
社員 ・残業が少ない
・休みが多い
・各種休暇が取りやすい
・福利厚生が充実している
・給与が高い
・安定性がある
顧客 ・価格が見合っている商品、サービス展開をしている
・アフターケアが万全である
・社員の対応が良い
第三者(株主など) ・利益率、成長率が高い
・技術力が高い

社員が働きやすく、顧客に対して質の良い商品・サービスを提供し、将来性がある企業は、優良企業と判断できるでしょう。優良企業については「優良企業とはどんな会社のこと?」のコラムでも解説しているので、こちらもあわせてご参考ください。

社員目線から考える優良中小企業の特徴

社員目線から考える優良中小企業の特徴の画像

優良企業は「休日が多い」「残業が少ない」など、勤務環境が整っているという特徴があるようです。ここでは、社員目線から考える優良企業の特徴をまとめました。

離職率が低い

優良中小企業の特徴として離職率の低さが挙げられます。離職率とは、「働いていた人のうち一定期間を経て退職した人」の割合。対象期間に定めはありませんが、期初から期末の1年間で計算するのが一般的なようです。
厚生労働省の「新規学卒就職者の離職状況を公表します」によると、新卒入社後3年以内の離職率は、高卒就職者で36.9%、大卒就業者で31.2%となっています。離職率が高ければ辞める人が多く、低ければその逆なので「退職者が少ない=働きやすい」と捉えることができるでしょう。

参照元
厚生労働省
報道発表資料2021年10月

平均勤続年数の長さも注目

平均勤続年数が長いということは、長く働き続けている従業員が多いということ。長く働ける環境と判断できるので、従業員にとって働きやすい、満足できる職場といえるでしょう。

平均休日数が多い

一般的な年間平均休日数は120日といわれているため、これより休日数が多いと優良企業の可能性が高まるでしょう。なお、「年間休日の最低日数は?労働基準法の内容と平均の休日数」でも説明しているように、労働基準法では年間休日数は定められていませんが、法定労働時間などから計算すると105日が最低ラインとなります。

有給取得率の高さも重要

有給休暇は条件を満たす労働者すべてに与えられ、行使する権利があります。労働者は有給休暇を自由に取得できますが、職場によっては「休むと仕事が回らなくなる」「人手が足りないので休みづらい」「社風として使いにくい」といったことも。希望するときに気兼ねなく有給休暇が取得できるのは、優良企業の特徴といえるでしょう。

福利厚生が充実している

企業が独自に設定する法定外福利厚生が充実していると、「社員が働きやすい環境を整えている」「社員の生活満足度を高める努力をしている」とポジティブな印象に。従業員を大切にする企業と判断できるでしょう。福利厚生については「福利厚生には何がある?用意する目的と対象となる人の説明」のコラムでも詳しくまとめています。

福利厚生の充実した

求人一覧はこちらから

平均残業時間が少ない

残業は「出来ればしたくない」と考えるもの。残業時間が少ない企業は「一人当たりの業務量バランスが取れている」「従業員のワークライフバランスを大切にしている」「業務効率化に積極的」といった印象から、優良企業といえるでしょう。

給与が高い

同業他社に比べて給与が高いのも、優良企業の判断指数になり得ます。ただし、注目するのは「総支給額」ではなく「基本給」。基本給が高ければ、ボーナスや時間外手当も総じて高くなります。詳しくは「基本給とは?手取りとの違いや影響を及ぼす範囲について解説」をご覧ください。

優良中小企業に就職する4つのメリット

優良中小企業に就職する4つのメリットの画像

中小企業は大企業と比べると知名度が低かったり、規模が小さかったりする特徴があるものの、優良中小企業ならではのメリットも数多くあります。ここでは、優良中小企業に就職するメリットを4つまとめました。ぜひ就活時の参考にしてください。

1.大企業より入社難易度が低い

優良中小企業は、大企業と比べて比較的入社のハードルが低いことがメリットです。大手と変わらない待遇であっても、中小企業は認知度の低さから採用に苦戦している場合があるでしょう。そのため、大企業と比べて選考の倍率が低く、採用されやすい可能性があります。

2.幅広い仕事を任せてもらえる

中小企業では、大企業よりも幅広い仕事を任せてもらえるのもメリットの一つ。大企業では、職位が上がるまでなかなか決裁権を持たせてもらえないことが多いですが、中小企業では早い段階から幅広い仕事を任せてもらいやすいようです。また、優良中小企業は社員の成長に期待して、人材育成に注力している場合が多くあります。会社のサポートを受けながらいろいろな仕事を経験し、スキルアップしていけるでしょう。

正社員

総合職(工場勤務スタート)

  • 月給 297万円 ~ 378万円

3.会社の成長を実感しやすい

会社の成長を実感しやすいことも、優良中小企業に就職するメリットです。中小企業はまだ発展段階である場合も多いため、会社の成長を身近に感じられます。自分の業務での成果が直接会社の成長に結びつくことで、モチベーションを高く保って仕事に取り組めるでしょう。

4.職場内の風通しが良い

優良中小企業は、社員同士で意見交換がしやすく、コミュニケーションが取りやすいことがメリットです。社員同士の距離が近く、顔と名前が一致しやすいため、関係性が良好な会社が多いのも特徴。そのため、仕事に対するモチベーションやパフォーマンスなどの向上が期待できるでしょう。

このほかの中小企業に就職するメリットを知りたい方は、「中小企業に就職するメリットは?後悔しない優良企業の探し方をご紹介」のコラムもご覧ください。

優良中小企業に就職する3つのデメリット

優良中小企業に就職する3つのデメリットの画像

優良中小企業に就職することには、デメリットもあります。就職した後に後悔することのないよう、大企業と比べたデメリットも認識しておきましょう。

1.仕事の幅が広く専門性が高まらない

中小企業は社員数が少ないため、一人の社員がさまざまな仕事を兼任する可能性があり仕事の幅が広くなることが多いようです。捉えようによってはメリットともいえますが、広く浅く仕事をこなす職場では、専門性を高めにくいのがデメリットといえます。

2.大きな規模の仕事ができない

中小企業では、どうしても事業の規模や扱える金額が小さくなりがち。そのため、サービスの提供範囲が地元に限られるなど、大規模な仕事がしづらい可能性が高いようです。「日本中の人が知っている商品に携わりたい」「世の中に大きな影響を与える仕事がしたい」という人にとっては、物足りなく感じる恐れがあります。

3.人間関係が悪くても部署移動ができない

中小企業は人間関係が狭く、部署の数も少ないため、人間関係でトラブルがあった場合でも、それを回避することが難しいのがデメリットです。大企業の場合は、部署や転勤などの人間関係をリセットする手段があります。一方、中小企業ではそういった手段を取ることは難しく、人間関係が固定されたまま仕事を続けなくてはならない場合が多いので注意が必要です。優良中小企業であっても、職場の人間関係にストレスを感じながら働き続けるのは難しいでしょう。

就活時、自分に合った企業を探すには、中小企業・大企業という区分に囚われ過ぎず、自分が求める条件を明確にすることも重要です。「企業選びの軸の見つけ方!人柄や社風から探すべき?企業へはどう伝える?」では後悔しない企業選びの方法をお伝えしています。ぜひ就活の参考にしてください。

優良中小企業を見分ける7つのポイント

優良中小企業を見分ける7つのポイントの画像

中小企業は大企業と比べて知名度が低い場合が多いので、就活の際、情報を収集するのに苦労する可能性があります。そこで、ここでは優良中小企業を見分ける7つのポイントを紹介していきます。

1.業界・業種の動向を確認する

流行や社会情勢などから、今後ニーズが上昇する見込みのある業界をチェックしてみましょう。注目したい業界の基準は、「ニーズが高く安定している」「世界的に見るとシェアトップクラス」「オートメーション化が難しいサービスを担っている」などが例として挙げられます。この基準を参考にしてみると、企業の認知度だけが将来性を示すものではないと分かるでしょう。就活時は先入観にとらわれず、より多くの業界について知ることが、優良中小企業を見つける鍵となります。
ホワイト企業が多い業界を知りたい方は「20代でホワイト企業に転職できる?働きやすい会社の特徴と見つけ方」もあわせて参考にしてください。

2.ブランド力や企業の強みを調べる

興味のある企業をいくつかピックアップしたら、商品・サービスのブランド力や強みを新聞や業界誌などで調べるのがおすすめです。「流行に関係なく、長く愛されるものを作っている」「今後の成長や根強い人気が期待できる商品・サービス展開をしているか」という視点でチェックすると良いでしょう。

企業の事業形態を確認する

企業の事業形態を確認しておきましょう。特に、下請けを中心に稼働している中小企業には注意が必要です。大規模な企業から業務の委託を受けている中小企業の場合、元請け企業から依頼がストップしてしまえば経営が厳しくなることも。入社後のリスクを避けるためにも、事前にしっかりと調べておきましょう。

3.福利厚生をチェックする

福利厚生についても、あらかじめ確認しておくことが大切です。給与の額は低くても福利厚生が充実していれば可処分所得が多くなる、ということもあります。中小企業では、独自の福利厚生制度を提供している場合もある一方で、大企業と比べて制度が充実していない場合もあるので、事前に確認することが必要です。

4.経営者の理念と創業年数を調べる

経営者の経歴や、どのような想いで経営しているかを確認しましょう。たとえば、情熱をもって事業を展開している、顧客のためになるサービスを提供している、といった情報は企業を選ぶうえで判断材料になることも。また、創業年数が長いことは、時代の流れに左右されずに経営してきた証拠です。創業年数は、安定性を判断する際の1つの基準になるでしょう。

正社員

発注・積算管理

  • 月給 227万円 ~ 259万円

5.企業説明会に参加する

企業説明会は、就活において人事担当者や現場の声を聞けるチャンスです。直接話をすることで、具体的な業務内容や職場環境のほか、どのような人が活躍しているのかも知ることができるでしょう。情報はインターネットや書籍である程度集められますが、実際に肌で感じた印象も大切にすると、より自分に合った企業を見つけられます。

6.口コミを見る

会社側が開示している情報だけではなく、口コミを確認することも大切です。就活口コミサイトや、社員の人を紹介してもらうなど、何らかの方法で生の声を聞いてみることをおすすめします。人間関係や風通しの良さ、実際の忙しさや昇給の様子など、働いている人にしか分からない情報を口コミでチェックしましょう。

7.人材確保への熱意や教育体制を確認する

人材確保や社員のスキルアップのためにコストをかけている企業は、人材に投資できる利益があるということ。社員を大切にしていて、将来の成長が見込める会社ともいえます。人材確保に積極的な企業は、求人サイトなどに求人を掲載している可能性があるため、求人情報をこまめにチェックしてみましょう。

隠れ優良企業を見つけるコツは?

隠れ優良企業を見つけるには、有名所だけでなく、大手のグループ企業や小さな市場を扱う企業などにも目を向けてみましょう。大手ではないからといって、経営が不安定だったり待遇が悪かったりとは限りません。固定観念に囚われすぎず、幅広い視野をもって探してみてください。「就職は穴場企業もおすすめ!ホワイトな業界や企業の見つけ方を紹介」のコラムでも、ホワイト企業の見つけ方について詳しく解説しています。

優良中小企業の探し方

優良中小企業の探し方の画像

中小企業は、大企業のように大々的に求人を公開していない場合があります。そのため、優良中小企業の求人を見つけるにはコツが必要となるでしょう。優良中小企業を探すための具体的な方法を紹介するので、ホワイト企業を見つける際の参考にしてください。

1.地方の求人情報雑誌を活用する

就活時、地域に根ざした優良中小企業を探す場合は、地方の求人情報雑誌を活用するのもおすすめです。地域密着型の企業は、インターネット上の求人サイトなどには情報公開せず、地方の求人情報雑誌にだけ求人を掲載している場合があります。一見アナログに見える方法ですが、掘り出し物の求人情報を見つけられるかもしれません。

知人から紹介してもらう

知人や友人に企業を紹介してもらうのもおすすめです。中小企業によっては、求人を公開するよりも社員の紹介による採用を重視している場合があります。そのような企業を探すには、知人から紹介を受けることが近道となるでしょう。

2.ハローワークを利用する

ハローワークを活用すると、職員のサポートを受けながら就職活動を進められるので、自分に合った中小企業の情報を得られる可能性が高まります。ハローワークは地方の求人も充実しているので、地元の求人を探したい場合にもおすすめです。

3.転職求人サイトを活用する

優良中小企業の求人を探すためにも、転職求人サイトを活用することは有効です。転職求人サイトによっても特性があるため、中小企業の求人数が多いサイトを利用するのがおすすめです。

ダイレクト・リクルーティングを活用する

ダイレクト・リクルーティングとは、就職希望者が自分の情報をサイトに登録し、企業側がそれを閲覧してコンタクトをとるというかたちの就職サイトです。優良中小企業の中には、大々的に求人情報を公開していない企業も多くあります。そのような企業へにアプローチするには、ダイレクト・リクルーティングが有効に働く場合があります。

4.転職イベントに参加する

地元の商工会議所や、転職サービス会社が開催しているような転職イベントに参加するのもおすすめです。業種を問わずさまざまな企業が集まっており、企業の採用担当者と直接話すこともできます。企業の雰囲気や社風を直に感じられるため、優良中小企業かどうかだけでなく、自分に合った企業か判断しやすくなるでしょう。

5.ビジネス誌や新聞を活用する

求人サイトなどのWeb情報だけではなく、ビジネス誌や新聞を活用するのもおすすめ。特にローカルな求人情報などは、そのような媒体に掲載されていることも多いようです。ただし、中小企業より規模が小さい零細企業の情報も含めて幅広く掲載されているため、ホワイト企業を見分けるためにも情報はきちんと精査するようにしましょう。

6.転職エージェントを利用する

転職エージェントに登録し、優良中小企業の求人を紹介してもらうのも方法の一つ。転職エージェントは、転職者の希望をヒアリングし、求人紹介を通して内定獲得をサポートをしてくれます。転職エージェントに優良中小企業へ就職したい希望を伝えることで、条件に合う求人の紹介を受けたり、採用に至るためのアドバイスをもらえたりするでしょう。効率よく就活をするには、より最適な企業や求人に出会えるよう、求人サイトと転職エージェントの併用もおすすめです。

優良中小企業で働きたい方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、仕事内容の詳細や社風、その企業で働くメリット・デメリットを事前に紹介。面接対策や応募書類のアドバイスなどを行い、内定獲得までをサポートするエージェントです。サービスはすべて無料で利用できるので、就活でお悩みの方はぜひお気軽にご登録ください。

優良中小企業に関するQ&A

ここでは、優良中小企業に関するよくある質問と回答をまとめています。就職や転職を考えている人は、事前に確認して疑問を解決しましょう。

大企業と中小企業の違いは?

企業規模の大きさや担当業務に違いがあります。大企業の定義はないものの、一般的に規模の大きな企業です。企業規模が大きいほどスケールの大きな仕事を担当できたり、給与の規定が明確かつ利益を出しやすいため高年収になりやすかったりします。違いについては「大企業と中小企業の違いは?両者に就職するメリット・デメリットもご紹介」のコラムをご参照ください。

中小企業に就職するメリットは?

裁量権の大きさや幅広い業務に携われる点です。中小企業は企業規模が小さく、従業員も少ないため、一人あたりの裁量権が大きく、担当する業務も多岐に渡る傾向があります。そのため、若いうちから責任を持って業務に取り組めるでしょう。また、「中小企業に就職するメリットは?後悔しない優良企業の探し方をご紹介」でも触れているように、大企業に比べると採用ハードルが低いこともメリットといえます。

どんな企業が「優良企業」ですか?

明確な基準はありませんが、一般的に働きやすい会社や事業が安定している会社を指します。「社員目線から考える優良中小企業の特徴」でも説明しているように、従業員の働きやすさやワークライフバランスを大切にしている企業は、企業規模にかかわらず「優良企業」といえるでしょう。近年では優良企業のことを「ホワイト企業」と呼ぶことも。「ホワイト企業転職希望者必見!見分けるポイントは?」のコラムも参考にしてください。

本当に優良企業か見極める方法は?

就職・企業情報に長けた専門家に話を聞いてみましょう。Webなどの企業情報だけでは、優良かどうかの判断は難しいもの。たとえば、従業員にとって嬉しい制度があっても、実際に運用されていなければ優良企業とはいい切れません。実際の環境や情報を確認するには、プロに相談するのがおすすめです。転職エージェントのハタラクティブでは、実際に足を運び、実態をしっかりと確認した企業をご紹介いたします。

この記事に関連するタグ