企業選びの軸の見つけ方!人柄や社風から探すべき?企業へはどう伝える?

企業選びの軸の見つけ方!人柄や社風から探すべき?企業へはどう伝える?の画像

【このページのまとめ】

  • ・企業選びの軸とは、企業を選ぶ際に自分が譲れない条件や判断基準のこと
  • ・就活をスムーズに進めるためには、企業選びの軸をしっかりと定めておくことが大切
  • ・企業選びの軸は自己分析や企業研究をするなどして見つけるのがおすすめ
  • ・面接で企業選びの軸を聞かれる理由は、応募者の意欲や企業との相性を見極めるため
  • ・企業選びの軸は結論から伝え、具体的なエピソードや企業の特徴とからめて話すと良い

企業選びの軸は就職・転職活動を進めるうえで重要です。しかし、企業選びの軸がなかなか決められずに悩む方もいるでしょう。
このコラムでは、企業選びの軸を見つける方法や、好印象を与えやすい企業選びの軸の例を紹介します。また、面接で企業選びの軸について聞かれた際の伝え方のポイントも解説。具体的な回答例も載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

企業選びの軸とは?

企業選びの軸とは、「企業を選ぶ際に自分が譲れない条件や判断基準」のことです。
企業選びの軸を定めることは、就活をスムーズに進めるために欠かせません。就活で仕事探しをすると、想像以上に多くの企業があることに気づくでしょう。それら企業の一つひとつに事業内容や社風があり、一つとして同じ企業はありません。数多くある企業の中から自分にマッチする企業を見つけ、スムーズに就活を進めるためにも企業選びの軸をしっかりと決めておくことは重要です。

「就活の軸」との違い

就活の軸とは、「仕事選びをする際の自分なりの判断基準」のこと。ここでいう「仕事」には、業界や業種、働き方など仕事に関するすべてが含まれます。
企業選びの軸と就活の軸は混同されがちですが、「企業選びの軸=どんな企業で働きたいかを考える判断基準」「就活の軸=どんな業界でどんな職種に就きたいか、どんな働き方がしたいかを考える判断基準」と理解しておくと良いでしょう。
就活の軸については、「就活の軸とは?決め方と効果的な伝え方」でも詳しく紹介しているのでぜひご覧ください。

好印象を与えやすい「企業選びの軸」一覧

ここでは、好印象を与えやすい「企業選びの軸」の例を紹介します。自分の企業選びの軸がまだ定まっていない人は参考にしてみてください。

・若い内から裁量のある仕事を任される
・成長できる環境がある
・挑戦することが評価される風土がある
・公共性が高い仕事でやりがいを感じられる
・社会への貢献度が高い
・社員の人柄が良い
・多様性に富んだ社風
・大きな目標に対してチームで挑戦できる

企業選びの軸は一つである必要はありません。むしろ複数の軸がある方が、企業を選ぶ際に幅が広がり就職のチャンスも増えます。
また、社風や仕事の進め方などは企業ごとに異なるため、面接で企業選びの軸を質問された場合は、自分が定めた複数の企業選びの軸の中から、応募先企業に合うものを選んで答えると好印象を与えやすくなります。

企業選びの軸を見つける3つの方法

企業選びの軸の見つけ方は、自己分析や企業・業界研究をしたり、ほかの人の企業選びの軸を参考にしたりするのがおすすめです。それぞれの方法について以下で詳しく説明します。

1.自己分析をする

企業選びの軸を考える際には、自己分析をすると良いでしょう。自己分析で自分の特性や価値観について深く知れば、自分が企業選びで譲れない判断基準が見えてくるはずです。
自己分析は、自分史を作り、特に印象に残るエピソードや自分に影響を与えた経験を掘り下げていく方法や、Web上にある自己分析ツールを利用する方法などさまざまあります。自己分析の詳しいやり方については「効果的な自己分析のやり方とは?」のコラムでも紹介しているので、併せて参考にしてください。

2.企業研究・業界研究をする

企業選びの軸を見つける方法として、企業研究や業界研究をするのもおすすめです。できるだけ多くの企業や業界についての情報に触れることで、それぞれの特徴や違いがわかり、自分が企業求めることも明確になってきます。気になる業界や企業で働く人が身近にいるようであれば、話を聞いてみるのも良いでしょう。実際に働く人でなければ知り得ない、社内の雰囲気や仕事のやりがいなども知ることができます。企業研究については「企業研究は転職を成功させるカギ!ポイントと方法を解説」もぜひチェックしてください。

3.ほかの人の企業選びの軸を参考にする

ほかの人の企業選びの軸を参考にするのも一つの方法です。自分と同じように就活をしている人や過去に就活を経験し、現在は企業で働いている人など、さまざまな人に何を軸として企業選びをしたのか聞いてみましょう。自分とは異なる視点や価値観を持って、企業選びをしていることも少なくないはずです。ほかの人の自分なりの企業選びの軸を参考にすることで、より広い視野を持って企業選びの軸を考えられるようになるでしょう。

面接で「企業選びの軸」を聞かれる理由

企業が面接で、企業選びの軸を聞く理由は、応募者の意欲や自社との相性を見極めるためです。
企業選びの軸は面接で聞かれる定番の質問の一つ。面接官を納得させる回答をするためにも、質問の意図をしっかりと理解しておきましょう。

意欲を見るため

企業は、企業選びの軸を聞くことで、応募者が自社のどんな点に惹かれて入社を希望したのかを知り、入社意欲を判断します。返答する際には、企業選びの軸に加え、入社後に挑戦したいことや、どのように貢献したいかについても伝えるのがおすすめです。入社後に活躍する姿をイメージしてもらいやすくなり、好印象を与えられるでしょう。
企業選びの軸について上手く答えられなかった場合、「自社でなくても良いのでは」「なんとなく応募したのでは」と思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。

企業との相性をみるため

応募者の価値観や特性を知り、自社との相性を見極めるのも、企業が、企業選びの軸を質問する理由の一つ。どんなに優秀な人材でも、企業と相性が合わなければ早期退職に繋がってしまうこともあります。そのようなリスクを避け、自社で長く活躍してもらうためにも、応募者の価値観や特性を把握できる企業選びの軸についての質問は、企業にとって大切なのです。

企業選びの軸を聞かれたときの回答ポイント

企業選びの軸を聞かれたときには、「結論から話す」「具体的なエピソードを加える」「企業の特徴とからめる」といった3つのポイントを意識して回答することが大切です。各ポイントについて、以下で詳しく解説します。

結論から話す

企業選びの軸を回答する際には、結論から話しましょう。最初に「私の企業選びの軸は◯◯です」と簡潔に述べることで、聞く側がその後の内容を理解しやすくなります。結論から伝えるのは、企業選びの軸の回答に限らず、志望動機や自己PRなどを話すときにも使えるコツなので、頭に入れておくと良いでしょう。

具体的なエピソードを加える

冒頭で企業選びの軸を簡潔に伝えた後に、「なぜそれを企業選びの軸としたのか」を具体的なエピソードを用いて説明しましょう。エピソードを交えて説明することでイメージしてもらいやすくなり、説得力も増します。ここでの説明も冒頭の結論部分と同様、あくまで簡潔に、要点を押さえた内容にすることが大切です。

企業の特徴とからめる

企業選びの軸について答えるときは、応募先企業の特徴とからめた内容になるように意識しましょう。関連性が見当たらない企業選びの軸を説明しても、「自社とはマッチしない」と判断される可能性があります。応募先企業について事前にしっかりと調べたうえで、自分の企業選びの軸と応募先企業の特徴をリンクさせて説明するようにしましょう。

面接で「企業選びの軸」を聞かれたときの回答例

ここでは、面接で「企業選びの軸」を聞かれたときの回答例を紹介します。参考にして、自分なりの回答を用意しておきましょう。

回答例1

私の企業選びの軸は、「社会への貢献度が高い仕事であること」です。
なぜなら、私が一番やりがいを感じるのは、人の役に立っていると実感できたときだからです。
そう思うようになったきっかけは、2年前に隣人が足が不自由で、日々の買い物に困っていると知ったことです。自分が買い物に行く際に「必要なものはないか」と声を掛け、隣人の分も買ってくると大変感謝されました。ついでと思ってしたことでしたが、自分が人の役に立っていることに喜びとやりがいを感じ、それ以来、自分が買い物に行く際には隣人にも声を掛けるのが習慣になりました。この経験から、「人や社会への貢献度が高い仕事をする企業」が私の企業選びの軸となりました。
社会生活に不自由を抱えている人々をサポートする事業を行う御社で、大きなやりがいを持って仕事に取り組みたいと考えています。

回答例2

私の企業選びの軸は「人の成長を手助けできる仕事であること」です。
高校時代、自分の殻にこもりがちで友人がなかなかできず、勉強にも身が入らない時期がありました。そんな私の姿を見かねたクラスの一人が、グループ活動をするときやテスト勉強をするときに、さりげなく誘ってくれるようになりました。彼の助けがあり、私は徐々にクラスに馴染み友人が増え、勉強にも前向きに取り組めるようになりました。この経験から、自分も彼のように人の背中を押し、成長の手助けをする仕事をしたいと考えるようになりました。
御社が行う学習支援サービス事業で、多くの人の学びによる成長の手助けをしたい所存です。

「企業選びの軸」で待遇面や興味を答えるのはNG?
「待遇がよい」「興味が持てる」といったことを企業選びの軸として答えるのはおすすめしません。
企業からは、「待遇が良ければほかの会社でも良いのでは」「興味はあっても自社の仕事について本当に理解できているのか」と不安視されてしまう可能性が考えられます。
「待遇」や「興味」が自分にとって譲れない企業選びの軸である場合は、企業側もメリットを感じられるような説明を加えて伝えることが大切です。

企業選びの軸を決められない…

先述した「企業選びの軸を見つける3つの方法」を試しても、どうしても企業選びの軸を決められない場合は、ハローワークや就職エージェントなどで相談するのもおすすめです。多くの就職・転職者の支援をしてきた相談員が、企業選びの軸を考えるところからサポートしてくれます。軸を定められず、就活を上手く進められないという人は利用してみると良いでしょう。

就職エージェントには、新卒向け、キャリアを積んだ方向けなどさまざまな種類があります。ハタラクティブは若年層に特化し、フリーターや既卒といった正社員経験がない方や、社会人経験が浅い第二新卒者に選ばれているサービスです。
「企業選びの軸を決められず応募先企業を絞れない…」「そもそも何を企業選びの軸にしたら良いかわからない…」
そんな風にお悩みの方は、ハタラクティブのアドバイザーにご相談ください。専任のアドバイザーがあなたの価値観や性格、適性をみながら一緒に企業選びの軸を考え、あなたにぴったりの求人をご提案します。ご紹介するのは実際に取材した企業の求人に限られるので、「応募してみたらイメージと違った…」ということもなく安心です。事前に仕事内容や職場の雰囲気といった詳しい情報を知ったうえで、納得した企業に応募できます。

企業選びの軸に関するお悩みQ&A

ここでは、企業選びの軸についてのお悩みをQ&A方式で解決していきます。

知名度を企業選びの軸にするのはNG?

企業の知名度を企業選びの軸にするのは避けるのが無難です。「知名度が高い企業=自分にマッチする企業」とは限りません。やりがいを感じながら長く働ける企業に就職したいと考えるなら、自分の価値観や将来のビジョンから企業選びの軸を考えるのがおすすめです。「知名度で判断するのはNG?隠れ優良企業の見つけ方」もチェックしてみてください。
 

企業選びの軸がないと就職できないの?

企業選びの軸がなくても就職は可能です。しかし、企業選びの軸をしっかりと定めておけば、応募する企業をスムーズに選択でき、入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。「『どこでもいいから就職したい』を今すぐやめるべき理由!内定のコツも紹介」のコラムも参考にして企業選びの軸を考えてみることをおすすめします。
 

企業選びの軸以前に自分の軸がわからない

まずは自己分析をしっかりと行いましょう。自己分析とは過去の経験や行動を分析して、自分についての理解を深める作業のこと。自分の価値観や特性を知れば、自分の軸も見えてくるはずです。詳しくは「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」もご覧ください。
 

企業選びの軸はどう伝えたら良い?

企業選びの軸は「簡潔な結論」「根拠となる具体的なエピソード」の順で伝えましょう。また、応募先の企業の特徴とリンクする内容の企業選びの軸を伝えることも大切なポイントです。企業選びの軸の伝え方については「企業選びの軸を聞かれたときの回答ポイント」で詳しく解説しているのでご参照ください。
 

やりたいことがなく企業選びの軸も定まらない

過去にやりがいを感じたことや得意なことを思い返してみましょう。やりたいことが見つかり、企業選びの軸も見えてくる可能性があります。「自分にできる仕事がわからない原因は?適職を見つける方法を徹底解説」も参考にしてみてください。「ハタラクティブ」で転職のプロに相談するのもおすすめです。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION