OB訪問後のお礼メールは鉄則マナー。その作法をご紹介

OB訪問後のお礼メールは鉄則マナー。その作法をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・OBOG訪問は、企業研究に大きく役立つ

    ・大学の先輩に限らず、友人の兄や姉、親戚等にお願いする方法もある

    ・OBOG訪問のお礼メールは、当日中に送るのがマナー

    ・メールを送る時間帯に気をつける

    ・メールは、二度三度見直してから送信する

志望業界や企業に勤務している先輩を訪ね、直接話しを聞くことを「OB(OG)訪問」といいます。先輩を探し出し、アポを取って実際に会う、というのはハードルが高いように感じるかもしれません。しかし、現場にいる人の声は、企業研究をするうえで大変役に立ちます。ぜひ先輩へ連絡を取り、実際に訪問してみてください。きっと有意義な時間が過ごせると思います。

また、その後の対応も社会人を目指す者として非常に重要です。貴重な時間を提供してくれた先輩へ、必ずお礼のメールを送りましょう。その際、適切なタイミングで送ることや、ビジネスマナーを踏まえた文章であることが大切です。より良い就活にするため、具体的に考察していきましょう。

◆お礼メールを送るタイミング

OBOGの方は忙しい中、全くの善意で後輩のために時間を割いてくれています。その善意に対して、きちんとお礼のメールを送ることが大切です。
では、ビジネスマナーを踏まえた正しいメール送信方法を順序立てて見ていきましょう。

【メールを送るタイミング】

お礼のメールは、訪問した当日の就業時間内に送信しましょう。あまり遅くなると、相手に感謝の気持ちが伝わりにくくなります。遅くとも翌日の午前中には送信を済ませてください。

ただ、当日の夜中や翌日の早朝に送るのは控えたほうがいいでしょう。なるべく相手の就業時間内に届くよう、送る時間帯には配慮が必要です。

他人の家に電話をする場合、夜中や早朝は極力避ける方が多いと思われます。メールの送信も同様です。電話と違い音が鳴り響くことはありませんが、送信した時間帯は明確に記録として残ります。あまりにも遅い時間や早い時間は、常識に欠けていると思われそうです。

【相手がどんな人でも送る】

場合によっては、OBOGの方が親しい先輩ということがあるかもしれません。OBOGに限らず友人の兄や姉、親戚のツテなどで訪問することもあるでしょう。

その場合、気が置けない関係なので慌ててお礼メールを送らなくてもよい、という判断はよろしくありません。相手がどのような方でも、社会人としては先輩です。もし就職が叶った場合、お互いに気持ちよく顔を合わせられるように、早めにお礼メールを送りましょう。

【件名は分かりやすくシンプルに】

メールの件名は、下記の例のように分かりやすいものがいいでしょう。

メール件名:「OB訪問のお礼」(〇〇大学 4年 山田太郎)

味気ないと感じる就活生がいるかもしれませんが、ビジネスの世界ではこのようなシンプルな件名が適しています。社会人には、毎日多くのメールが届きます。中には迷惑メールが含まれていることもあるでしょう。
そんな中で、あなたのお礼メールが見落とされないためには、内容がひと目で分かるタイトルがよいのです。

◆お礼メールに盛り込む内容

お礼メールは長々と書く必要はありません。ビジネスの世界では、長文メールは敬遠されがちなので気をつけてください。
メールには、以下のような内容を簡潔に織り込むとよいでしょう。

・自分の名乗り
・時間をつくってくださったことへのお礼(ごちそうになった場合はそのお礼も述べます)
・OBOG訪問で聞いた話から感じたこと、印象に残ったこと
・入社意欲が高まった、というようなこと
・今後について
⇒全力で就職活動に取り組みたい、〇〇な社会人を目指したい、また相談することがあるかもしれませんが、よろしくお願いします等。(今後お世話になる機会があるかもしれないので、次につながるような文言を入れておくと良い)
・改めてお礼の言葉

相手がどのような関係の方でも、くだけた調子にならないよう気をつけてください。敬語や丁寧語を適宜用いながら、整った文章に仕上げましょう。

◆お礼メールを送る前にチェック!

送信ボタンをクリックする前に、下記の項目を再度見直しましょう。

・OBOGの名前や会社名に間違いはないか?(もらった名刺を見て確認)
・敬語や言葉遣いのミスはないか
・署名が抜けていないか

ビジネスメールでの誤りは、信頼を損なうこともあります。まだ学生だから・・・という甘い考えは捨てて、厳しい目でチェックをすることが大切です。

◆お礼メールの例文

件名: OB訪問のお礼(〇〇大学 経済学部 4年 山田太郎)

株式会社◇◇◇
□□事業部
△△様

お世話になっております。〇〇大学 4年 山田太郎です。
本日は大変お忙しい中、OB訪問に貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

△△様の実体感がこもったお話をお聴きすることで、貴社の魅力に一層惹きつけられ、是が非でも入社したいという意欲が強まりました。
また、現場の雰囲気、どのような方が活躍されているかなど、貴重な情報をいただけたこと、心より感謝しております。

いよいよ、就職活動が本格化してまいります。
△△様からいただいたアドバイスをもとに、全力で就職活動に取り組む所存です。
今後また相談することがあるかもしれませんが、どうぞご指導くださいますようお願いいたします。

重ねてにはなりますが、本日はお時間をいただき、誠にありがとうございました。
△△様の益々のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。

〇〇大学 経済学部 4年 山田太郎

郵便番号:
住所:
携帯電話:
Mail:

◆就活の相談はハタラクティブへ!

OBOG訪問が効果的なのは分かっていても、なかなか勇気がいるものだと思われます。しかし、このチャンスを逃す手はありません。迷っている就活生は、ぜひ「ハタラクティブ」へご相談ください。
スムーズにOBOG訪問へ漕ぎ着けられるよう、経験豊かなエージェントがしっかりとアドバイスします。もちろん、その後の対応についても細やかにサポートしますので安心です。


▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION