1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「好奇心旺盛」は自己PRに有効!説得力をもたせるには?

「好奇心旺盛」は自己PRに有効!説得力をもたせるには?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・好奇心の有無は、じつは採用担当者が見極めようとしている重要ポイントのひとつ
    ・好奇心は、採用の場面で仕事への意欲や、状況の変化に対応できる柔軟性の高さとして評価される
    ・自己PRは、結論、エピソード、今後の貢献の3ステップで組み立てる

採用面接では必ずと言ってよいほど求められる自己PR。一体どんな自己PRを用意すれば、採用担当者の心を掴むことができるのでしょう。今回は、多くの就活生が自己PRで使う「好奇心旺盛」というキーワードについて、組み立て方と説得力のあるアピール方法をご紹介します。

◆自己PRの「好奇心旺盛」、採用担当者はどう評価している?

好奇心のあるなしは、採用担当者が見極めようとしている重要ポイントのひとつ。

【そもそも好奇心とは】

広辞苑によると、そもそも好奇心とは「こうき(好奇)珍しい物事、未知の事柄に強く気持ちが引かれること」という意味。つまり、好奇心旺盛な人とは、だれに強制されるまでもなく自発的に物事を探求しようとする強い衝動を持っている人、ということになります。

主体的に動ける、判断ができる人材を求めている多くの企業に対して、好奇心旺盛な人が持つ物事を突き詰めようとする意欲や知らない事にも積極的に取り組もうとする姿勢は、大きなセールスポイントになり得ます。

【好奇心は採用の場面でどう評価されるのか】

企業側は、好奇心旺盛=知識の吸収が早く新しい仕事にも抵抗なく取り組める、仕事に対する意欲が高い、または時代の変化に対応できる柔軟性を持っていると考えるようです。

AIやIoTなどの技術革新により、新しい物やサービスが次々生み出される時代。就活で好奇心旺盛な性格を自己PRに取り入れるのは理に適っていると言えるでしょう。





◆好奇心旺盛という長所を活かした自己PRの組み立て方

好奇心旺盛は短所として捉えられてしまうこともあるので注意が必要。

【心を掴む自己PRを作るために】

・「好奇心がある」とアピールするだけでは面接官に響かない

好奇心旺盛には、何にでも手を出すけれど飽きっぽい、夢中になると周りが見えなくなる、こどもっぽいなど、マイナスのイメージも。採用担当者の心を掴むためには、好奇心旺盛という強みを仕事の場でどう活かしていくのか具体的にアピールすることが必要です。

・自己PRには必ず根拠となる具体例(エピソード)を盛り込もう

これまで好奇心があるという強みをどう発揮してきたのか、エピソードも混じえて具体的にアピールすれば、企業側は仕事での再現性を想像しやすくなります。面接では、あなたのプレゼン能力も試されていることを忘れずに。説得力のある、わかりやすい自己PRを組み立てましょう。

・話は簡潔に!紹介するエピソードは一つに絞ろう

あれもこれもとエピソードを盛り込むと、何をアピールしたいのか要点が見えにくくなってしまいます。紹介するエピソードは1つに絞っって簡潔に。論理的で明瞭な自己PRを心がけましょう。

・好奇心が入社後の仕事にどう活かせるのか説明しよう

好奇心と入社後の仕事を結びつけて語ることで、仕事への意欲をアピールすることができます。企業の業務内容をきちんと勉強していることが伝われば、好奇心があるというアピールの説得力も増します。





◆説得力のある自己PRをつくろう!

まずは、自己PRの基本的な流れに沿って文章を組み立ててみる。

自己PRの基本的な流れは、以下の3ステップ。まずはこの流れに沿って、自己PRを作ってみましょう。

1、結論:私の強みは~です

2、強みを裏付ける具体例:1つのエピソードに絞って、これまでの経験を語る

3、今後の貢献:自分の強みを仕事でどう活かしていくのかを語る

【例文】

1、私は、気になったらすぐ行動に移すフットワークの軽さが自分の強みだと思っています。昔から好奇心が旺盛で、興味を持ったものはすぐ調べたり、試してみたくなる性分でした。特に身の回りの家具や衣類に興味があり、これまでベッドやワードローブ、本棚をDIYしたり、バッグや古着のリメイクなども行ってきました。実際に作ってみると物の構造がよく理解できて、一見シンプルに見える物にもさまざまな工夫が凝らされていることがわかります。以来、どんな製品でも作り手に感謝して大切に使う習慣が身につきました。4年生になってからは新たな基本インフラとしてのICカードの仕組みと今後の展開にも興味を持ち、就職活動中の気分転換を兼ねて集積回路や半導体工学の文献を読んでいます。仕組みまで理解しなくとも便利な生活を送ることはできますが、自分たちの暮らしを支えるさまざまな工夫や技術についてこれからも学んでいきたいと考えています。このような経験から、製造部品メーカーとして物づくりの根幹を支える御社では、ひとつひとつの製品に対する知識と理解を深めながら、取引先からも信頼される営業マンを目指したいです。

2、私の強みは、好奇心旺盛で興味を持ったことは必ず追求し、求めた結果が出るまでとことん考え抜けることです。私は‌大学に入ってからずっと塾講師のアルバイトをしているのですが、どうしたら生徒たちの力をもっと伸ばせるのか試行錯誤を続けてきました。具体的には、ベテランの先生の授業を定期的に見学させてもらい自分に足りないスキルを確認したり、生徒の反応が鈍かった時は必ず授業内容を見直して気づいたことを改善ノートに記録しました。その結果、昨年は担当していた生徒全員を志望校に合格させることができました。私はこの経験を通して、成果を出すために努力することの面白さを知りました。御社では、成果に繋がるソリューションを粘り強く追求し、クライアントに寄り添い共に行動できるコンサルタントを目指したいです。

3、私の強みは、好奇心が人一倍旺盛なところです。学生時代には友人に誘われ発掘調査のアルバイトをしたのがきっかけで考古学に興味を持ち、他学部の歴史学の授業を聴講したり、長期の休みには京都や青森の発掘調査にも参加しました。発掘調査で世紀の大発見と言われるような遺物が出土することは極めて稀ですが、発掘の現場では考古学者や学芸員、私のような一般のボランティアまで、みんなが歴史上の謎解明のため地道な作業に汗を流していました。じつは私には熱しやすく冷めやすい傾向があるのですが、この経験を通して大きな夢のためには地味な努力の継続こそ必要だということを学びました。プログラミング開発を手掛ける御社では、持ち前の好奇心を活かして貪欲に知識を吸収しながら、発掘調査で培った粘り強さも発揮したいと考えています。





◆自己PRに不安がある方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください

ハタラクティブは、20代を中心とした若者向けの就職・転職支援サービス。
就活生の「面接対策がうまく進まない」「自信の持てる自己PRが作れない」などのお悩みにも、プロの就活アドバイザーがマンツーマンでしっかり対応しています。
客観的な立場からのアドバイスを受けてみたい、今度こそ面接の壁を突破したいという方、ぜひ一度ハタラクティブまでお気軽にご相談ください。


これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    長所と短所の例文まとめ!好印象を与える自己アピール

  • image

    特技は立派な自己PR!例文と効果的な伝え方をご紹介

  • image

    長所は短所に言い換えられるものを選ぼう!自己PRとの違いや書き方例も

  • image

    履歴書には長所+経験談+短所+目標を語るのがポイント

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?