1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 未経験でも企画の仕事がしたい!内容や向いている人を解説

未経験でも企画の仕事がしたい!内容や向いている人を解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・企画の仕事内容には「商品企画」「広報」などがあり、職種の分類は企業ごとに異なる
    ・企画職のやりがいは、アイディアを生み出す面白さや商品がヒットした際の喜びにある
    ・企画職が大変だと感じるのは、企画がなかなか通らないときや良い結果が出ないとき
    ・企画の仕事には、企画力だけでなくリサーチ力やプレゼンテーション力なども必要
    ・未経験から企画の仕事に転職するには、他業種での経験や知識をどう活かせるかが重要

未経験でも企画の仕事がしたい!内容や向いている人を解説の画像

企画の仕事に憧れや興味を持ちながらも「きっと未経験の自分が目指すのは難しい…」と、転職の一歩が踏み出せずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか?
「それでも企画の仕事がしたい!」と諦めきれない人に向けて、未経験から企画職を目指す方法をご紹介します。仕事内容や求められるスキル、向いている人についても詳しく解説するので、企画職への転職を迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

企画系の仕事内容とは

企画の仕事では、新しいものを立案して生み出すという創意工夫が必要です。
職種は企業によって分類が異なることもありますが、主に次のような仕事内容に分けられます。


商品企画・開発

商品企画は、市場調査の結果をもとに会社の商品やサービスをゼロから開発したり、既存の商品を改良したりする仕事です。
商品企画では、コンセプトの決定から価格設定や販売コスト、販売戦略まで幅広い業務に携わります。企画部だけでなく社内のあらゆる部門と関わるため、企画職が各部門の調整役となることも少なくありません。


販売促進

生み出された商品やサービスを、より多くの人に購入・利用してもらうための戦略を考えるのが販売促進です。同じ意味で、セールスプロモーションという言葉もよく使われています。
具体的な業務内容は、店頭用のポスターや販売促進グッズの作成、サンプリングの配布、購入者へのポイント交換システムの導入など。消費者や流通業者の購買意欲を掻き立て、購入するきっかけや購入の決め手となるシーン作りを行います。


広報・PR

広報・PR部門は新しい商品・サービスを世に広めるための企画をします。主な活動は商品をテレビや雑誌などのメディアに取り上げてもらうためのPR。具体的には、プレスリリース記事の作成やローンチイベントの企画・開催などを行っています。
新聞やテレビといったメディア関係者と深く関わることも多いため、各方面との繋がりを強化することも広報・PRの重要な仕事のうちの一つです。


営業企画

営業担当者のよりスムーズな営業活動を支援するために、売上や販売に関する戦略の提案を行うのが営業企画の仕事。たとえば、大規模なキャンペーン企画や、ノベルティ作成などが挙げられます。
会社によっては表彰制度やインセンティブ制など、営業担当者のモチベーションを上げるための施策を考えることも。また、社内へ向けての企画だけでなく、クライアントの課題を見つけ、解決に向けた戦略の企画・提案を行うこともあります。
このように、各企業ごとに担当業務や仕事内容が大きく変わるというのが営業企画の仕事の特徴です。

企画職のやりがい

企画の仕事で働く人が感じるやりがいとして、主に次の3つが挙げられます。


アイディアを生み出す面白さ

自身のアイディアを立案し、形にできるという点が企画職の面白さ。
特に、商品企画では自分が生み出したアイディアが実際に形となって現れることで、大きな達成感を得られるようです。


商品やサービスがヒットした時の喜び

自身が手掛けた商品やサービスがヒットしたり、話題になった時の喜びに勝るものはないようです。自分のアイディアがブームを起こし、世の中に影響を与えたと実感できることが、企画職の大きなやりがいの一つと言えるでしょう。また、さまざまな部署と連携したプロジェクトの成功時には、一丸となって喜びを共有できるのも醍醐味です。


外部と関わるチャンスが多く良い刺激を受けられる

企画職は社外関係者と関わる機会も多く、外部からの刺激を受けやすいポジションでもあります。特にマスコミとの関わりが多い広報などは、普段の生活では見られない業界の裏側や情報を知ることも。最新のマーケット情報や隠されたニーズを知ったり、自身の好奇心がくすぐられたりすることで、新しいアイディアを思いつくこともあるでしょう。

企画職の難しさ

大きなやりがいを感じられる一方で、企画職にはつらい面もあります。
企画職を目指す前に、企画という仕事ならではのつらさや厳しさも知っておきましょう。


企画がなかなか通らない

しっかりマーケティングを行ったうえで生み出したアイディアでも、不採用になる場合があるのが現実です。自信をもって提案した企画が、他部署や上層部の承認が得られず、やり直しになることもあります。企画が通らないことが続くと、やりがいを感じにくくなったり、自信が無くなったりする人もいるようです。


結果が出ないときの焦り

自分が取り組んだ企画でなかなか良い結果が出ないときに、焦りやプレッシャーを感じるようです。
商品が売れなかったり、反応が思わしくなかったりする場合には、周りから「企画がいまいちだった」と判断されることも。結果が出ないことが続くと、モチベーションが低下しやすくなります。


商品や情報を世に送り出す責任の重さ

企画職は商品やサービス、それに付随する情報に責任を持たなければなりません。そのため、問題があった場合は、人一倍責任感を持って対応する必要があります。そのプレッシャーをストレスに感じ、つらいと感じる人もいるようです。

企画職に求められるスキル

企画職に求められる4つのスキルをご紹介します。


リサーチ能力

テレビやインターネット、雑誌、新聞などさまざまな媒体から必要な情報を探し出すリサーチ能力が求められます。
企画を考える際の根幹にあるのは自分のひらめきではなく、世の中のトレンドや消費者の声です。どれほど斬新なアイディアを思いついたとしても、マーケット上の根拠がなければ企画を通すことは難しいでしょう。企画職には、精度の高い情報を集め、論理的にまとめ上げた内容を最大限に活用する力が必要とされます。


コミュニケーション能力

社外の関係者とも多く関わる企画職には、コミュニケーション能力も求められます。
クライアントの依頼で新商品を企画する際には、既にターゲットや企画内容のベースが設定されていることも。このような場合、クライアント側の要望を聞き出し、イメージをより具体化する必要があります。そのためには、相手からの信頼を得て、本音を引き出せる関係性を築くことが大切です。


プレゼンテーション能力

企画を通すには、プレゼンテーション能力が必要です。
素晴らしい企画内容でも、プレゼンで相手を納得させられなければ承認を得るのは難しいでしょう。反対に、採用が難しく感じられる内容であっても、プレゼンの魅せ方次第で企画が通ることも!プレゼンは企画採用の可否に大きく影響する機会です。企画職には、ここぞというプレゼンの場でしっかり結果を出せる力が求められます。


ロジカルシンキング能力

企画職にはロジカルシンキング能力も大事だとされています。
ロジカルシンキングとは論理的思考を意味し、道理や道筋に沿った考え方で結論を導く力のことです。
ロジカルシンキングに基づいた資料を作成すれば、企画・立案の経緯が明確になり、相手が納得しやすいプレゼンを行えます。また、自身の考えを相手にわかりやすく伝える力も身につくため、コミュニケーション面で役立つという利点も。ロジカルシンキングは企画の場だけではなく、さまざまなビジネスシーンで必要とされています。

企画職に向いている人

企画の仕事に向いている人の特徴を具体的に紹介します。
企画と言えばアイディア力を持った人を想像しがちですが、それだけが重要視されるわけではありません。次のような特徴を持った人は、企画職で自分の力を活かせる可能性があります。


地道に情報の収集と分析ができる

企画職に向いているのは、地道な情報集めと分析が得意な人です。
企画職には、新しいアイディアを出す企画力だけでなく、マーケット調査や分析を行う力も求められます。綿密なリサーチを苦に感じない人は、その力を企画の仕事にも活かせるでしょう。


好奇心が強い

新しいものに注目し、もっと深く知りたいと思う好奇心を持っている人も、企画の仕事に向いていると言えるでしょう。
企画職は、普段の生活の中で見聞きするさまざまなものから、世の中の流れや人々のニーズ、注目されている物事を把握する必要があります。そのため、気になったことを放置せず、すぐにその情報を追いかけられる人のほうが、企画職で活躍できる可能性が高いです。


常に新しいことを学ぶ意欲がある

常にインプットを絶やさず、新しい物事を学ぶ姿勢を持つ人は企画職に向いています。
ひらめきやセンスも大切ですが、実際の企画の仕事で役立つのはこれまでの経験や知識。常に複数の企画を提案し続ける企画職では、知識や経験が多ければ多いほどアイディアの引き出しを増やすことができます。たくさんのアウトプットをするためには、より多くのインプットが必要。そのため、企画職には知らないことを学び続ける姿勢が重要です。

企画職で活かせる資格

企画職で活かせる資格にはどんなものがあるのか、いくつか紹介します。
職種に関連する資格を持っていると転職時に役立つことも!気になる資格があれば受験を検討しましょう。


商品プランナー

商品プランナーは「日本商品開発士会」が認定する資格。
各ブランドのターゲット層や価格ランク、ブランドイメージを設定し、市場調査や流行りなどの情報分析に基づいた商品企画を行える人材が商品プランナーです。試験では、商品やサービス企画、マーケティング、プレゼンテーションの基礎などが身についているかどうかを問われます。


商品開発士

商品開発士は「日本商品開発士会」が認定する資格。
試験を受けるには、「事前に商品プランナー資格を取得する」もしくは「併願して受験する」必要があります。商品開発士に求められるのは市場からの視点で商品を評価する力。そして、力を発揮する場は商品開発・改良だけでなく、マーケティングや販売戦略、販売促進の助言・指導など多岐にわたります。商品プランナーと比べて、より実践的な商品開発のアドバイスや指導ができる知識とスキルが必要とされる資格です。


商品開発コーディネーター

商品開発コーディネーターは「日本商品開発士会」が認定する資格。
商品開発コーディネーターは商品開発士よりもランクの高い、プロデューサーとしての視点を身につけた人材のことです。商品企画の現場でアドバイザーとしての能力を発揮し、プロジェクトをリードする能力や知識が求められます。


販路コーディネータ

販路コーディネータは「日本販路コーディネータ協会」が認定する資格。
製品の商品力や経営力の評価、商品や技術のブラッシュアップ、販売チャネルの決定などが販路コーディネータの主な役割です。資格試験では、商品開発や販売企画、販売促進など、企画職の仕事に必要なマーケティング知識や技能が総合的に身についているかどうかを問われます。


ビジネス・キャリア検定

ビジネス・キャリア検定試験は「一般社団法人 中央職業能力開発協会」が実施する検定。
主に、マーケティング業務や企画を行う際に必要とされる専門知識を持っているか確認するための試験です。
受験分野は「人事・人材開発・労務管理」「経理・財務管理」「営業・マーケティング」「生産管理」「企業法務・総務」「ロジスティクス」「経営情報システム」「経営戦略」の8つ。これら8つの分野の中から、自分が目指すものを選んで受けられます。企画職に役立てるならば、「マーケティング」の受験がおすすめ。どの級からでも受験可能ですが、まずは実務経験3年程度のレベルとされている3級を目指すのが良いでしょう。


プレゼンテーション検定

プレゼンテーション検定は「一般社団法人 プレゼンテーション検定協会」が実施する検定。
試験では「伝える力」や「コミュニケーション能力」を有しているかを問われます。準3級から1級までの6つの級が設定されており、準3級から準2級まではネット試験のみで気軽に受けることが可能です。しかし、2級以上になると論文や実技試験も行われ、より実践的なプレゼンテーション能力が試されます。受験者の多くは社会人ですが、学生の受験も年々増加しているようです。


TOEIC700点以上

リスニングとリーディング技能面での実用的な英語能力を評価する試験。テストの結果は合否ではなくスコアで通知されるため、現在の正確なレベルの把握や今後の目標設定がしやすいのが特徴です。外資系企業を目指す場合は700点レベルのスコアを取得しておくと、選考に役立つことがあります。

企画職からのキャリアアップの道

企画職のキャリアプランとしては、全体の進行管理をするプロジェクトマネージャーへの道へ進むことが挙げられます。また、会社の主要商品や新規商品の開発など、重要なプロジェクトへ参画することも選択肢の一つです。
さらに経験を積んでいくと、部署のマネジメントを行う管理職や、マーケティングなどにおけるスペシャリストやアナリストになる道も考えられます。

未経験でも企画職を目指せる

企画職は業界や現場での経験が重視される傾向があり、応募条件のハードルが高い求人が目立ちますが、中には未経験者歓迎のものもあります。しかし、いきなり商品企画をするというよりは、市場調査などの地道な作業からスタートすることが多いでしょう。


新卒で総合職から企画職を目指す

もし、新卒から企画職に就きたいと考えている場合には、「総合職」としてスタートする道もあります。
ただし、総合職として働く場合、必ずしも部署異動の希望が反映されるとは限りません。企画職になれない可能性もあります。
その際は転職を視野に入れましょう。転職を選択する道もあります。


他業種での経験を活かし企画職を目指す

「他業種での経験を役立てて活躍してほしい」という考えから、企画職の中途採用を行っている企業もあります。
企画職を未経験で目指すには、求人に記載されている「求める人材」と自分を照らし合わせ、経験や能力に合わせたアピールをすることが大切です。これまでの経験をどう活かし、将来どのような分野で活躍したいかなど、明確なビジョンを描いておくことで、企業側もあなたの採用後をイメージしやすくなるでしょう。


「他職種から企画職を目指したい」「未経験から目指す場合、まず何をしたらいいかわからない」という人は、就職・転職エージェントのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。


20代を中心に転職サポートを行っているハタラクティブでは、企画職をはじめ、数多くの求人を扱っています。未経験OKの求人も多数保有。また、実際に取材した企業の中からご紹介するため、入社後のミスマッチを防ぐこともできます。


経験豊富なアドバイザーが希望の職種に必要なスキルや詳しい業務内容、雇用条件など詳しくご説明しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる