ウェディングプランナーになるには?資格は必要?

ウェディングプランナーになるには?資格は必要?の画像

この記事のまとめ

  • ウェディングプランナーになるには、特別な資格や学歴は必要ない
  • ウェディングプランナーになるには、専門学校や大学で知識を身につけておくと良い
  • ウェディングプランナーの仕事内容は、お客さまにブライダルプランを企画提案すること
  • ウェディングプランナーになるには「サービス精神」「接客マナー」などが必要
  • ウェディングプランナーの関連資格や接客経験があると就活で有利になることもある

「ウェディングプランナーになるにはどうすれば良いの?」とお悩みの方もいるでしょう。企業にもよりますが、基本的にウェディングプランナーになるのに資格や学歴は不要です。ただし、専門知識や関連資格を持っていれば、就活で有利になる可能性があります。このコラムでは、ウェディングプランナーのなり方や仕事内容について解説。ウェディングプランナーに必要な能力や役立つ資格も紹介しているので、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ウェディングプランナーになるには?

ウェディングプランナーになるために特別な資格は必要ありません。学歴も必須ではありませんが、企業によっては、高卒や大卒を応募条件としていることもあるため注意が必要です。また、ウェディングプランナーについて専門的に学んでいるほうが就職で有利になる場合もあるでしょう。「ウェディングプランナーになるには?」と考えている方は、以下の方法を参考にしてみてください。

ウェディングプランナーになる方法

ウェディングプランナーになるには、「専門学校や大学で学ぶ」「養成スクールで学ぶ」「未経験から就職する」などの方法があります。それぞれの詳細をチェックし、自分に合ったウェディングプランナーのなり方を検討しましょう。

専門学校で学んでから就職

ウェディングプランナーになるには、専門学校で学ぶ方法があります。
ブライダル業界に特化した専門学校では、結婚式の知識を基礎から習得可能です。企業と提携していることが多いので、就職先を仲介してもらえることも。また、実践的な実習や研修が充実しており、専門学校で学んでから就職すれば、即戦力として現場で活躍できるでしょう。

短期大学・四年制大学で学んでから就職

ウェディングプランナーになるには、ブライダル業界について学べる学科・講義を設けている短期大学や四年制大学で学ぶ手段もあります。大学ではブライダル関連以外にも、心理学や経営学などさまざまな分野の学問を学べるため、ウェディングプランナー以外でも役立つスキルが獲得できるでしょう。また、大卒以上の採用条件をクリアできるので、応募可能な求人が豊富といえます。

養成スクールで学んでから就職

ウェディングプランナーになるには、民間の養成スクールで学ぶのも一つの方法です。民間スクールは現役の学生や社会人を対象としているため、夜間コースがあることも多く、ウェディングプランナーへの転職を考えている方に合った方法といえるでしょう。学費も専門学校や大学と比較して、安めに設定されているのがメリットです。スクールにもよりますが、一般的には3ヶ月から半年間という短期間で全カリキュラムを修了できます。

未経験から就職

全くの未経験からウェディングプランナーになることも可能です。ウェディングプランナーになるには、対人スキルが必須。そのため、業界未経験でも接客や営業といったお客さま対応の職業経験があれば、就職で有利になる可能性が高いでしょう。ほかにも、ホテルや式場などでのホールスタッフ経験がある場合も、就職活動で積極的にアピールすると効果的です。
ウェディングプランナーへの就職や転職を検討している方は、「高卒でウェディングプランナーになるには?」もあわせてご覧ください。

ウェディングプランナーになるのに資格は必要?

冒頭でも述べたように、ウェディングプランナーとして働くにあたって資格は必要ありません。ただし、近年では専門学校などで接客やウェディングについて学ぶ人が増えているようです。業界未経験でも就職は可能ですが、事前に観光やホテルの専門学校などで接客技術やウェディング関連の知識を身に着けてからのほうが、スムーズに業務に取り組めるでしょう。

ウェディングプランナーに役立つ資格

ウエディングプランナーの資格として代表的なのは、ブライダルコーディネート技能検定。そのほか、カラーコーディネートや美容といった分野の資格も役立ちます。
また、ウエディングプランナーは打ち合わせや契約などでパソコンを使用する機会も多いため、PCスキルや事務系の資格も役立つでしょう。

ウェディングプランナーとは

ウェディングプランナーとは、結婚式場やホテルで結婚式のプランニングをする仕事です。ブライダルコーディネーターやウェディングプロデューサーなどと呼ばれることも。ウェディングプランナーの仕事は営業実績が売上に直結するため、高い接客能力と企画提案力が必要でしょう。

ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーの基本的な仕事内容は、お客さまにブライダルプランの企画提案をすることです。結婚式の企画から当日までを担当するウェディングプランナーには、大きく分けて3つの業務があります。「ウェディングプランナーになるには?」と就職方法を模索している方は、ウェディングプランナーの大まかな業務内容についても以下で把握していきましょう。

新規顧客獲得のための営業・契約

ウェディングプランナーにとって、お客さまである新郎・新婦に「ここで結婚式を挙げたい」と思ってもらうべく、営業を行うことは重要な仕事です。
ウェディングプランナーとして働くにあたり、ブライダルプランの企画提案をする以前に、まずは新規顧客を獲得する必要があると理解しておきましょう。多くの結婚式会場では、イベントを開催して会場を案内したり試食会を行ったりして集客を図っています。

打ち合わせ業務などの事前準備

契約完了から結婚式当日までの間に打ち合わせを繰り返し行い、新郎新婦と意見をすり合わせるのもウェディングプランナーの業務です。具体的には、スケジュール確認や招待客の選定、招待状作成のアドバイス、料理や衣装、演出といった結婚式の詳細を決めていきます。ウェディングプランナーになるには、これら多岐にわたる業務をこなす必要があるでしょう。

結婚式当日の運営業務

ウェディングプランナーは結婚式当日の運営業務にも携わるのが一般的です。就職先の結婚式会場にもよりますが、自分が受け持つお客さまの結婚式当日は、担当プランナーとして付き添うことがほとんどでしょう。結婚式の進行が滞っていないか、アクシデントはないかなどをウェディングプランナーとしてチェックする必要があります。
「ウェディングプランナーの仕事内容って?」「ウェディングプランナーになるには?」という疑問をお持ちの方は、「ウェディングプランナーの仕事」もぜひチェックしてみてください。

ウェディングプランナーとして働くやりがい

ウェディングプランナーには、人と関わるなかで見出せるやりがいがあります。「ウェディングプランナーになるには?」と考える人へ向けて、ウェディングプランナーとして働く主なやりがいを以下に挙げてみました。

・人生の転機といえるビッグイベントに関われる
・感謝されることが多い
・対人能力が身につく

結婚式は人生の転機ともいえる大事なイベントの一つ。そのような貴重な場のサポート役として関われることに、ウェディングプランナーのやりがいを見出す人は多いようです。
また、結婚式が無事成功すれば、新郎・新婦やその家族、関係者から感謝され、人の幸せや喜びに触れられます。それが仕事を続けるモチベーションにつながることもあるでしょう。ほかにも、ウェディングプランナーは接客ありきの仕事なため、対人スキルやビジネスマナーといった働くうえで欠かせない能力が身につきます。
「ウェディングプランナーになるには?」と気になっている方は、ウェディングプランナーとして働くやりがいも踏まえつつ、就職を検討してみてください。

ウェディングプランナーとして働くうえで大変なこと

華やかでやりがいのあるウェディングプランナーの仕事ですが、大変なこともあります。以下のウェディングプランナーとして働くうえで大変なことをご紹介。「ウェディングプランナーになるには?」と気になっている人は、働くうえで大変な面も把握しておきましょう。

基本的に土日休みではなくなる

結婚式は参列者のことを考慮して世間が休みの日に行うことが多く、顧客も多くが土日祝休みのため、土日祝は基本的に出勤です。そのため、ウェディングプランナーも土日祝に出勤することが求められるようです。自分のプライベートや生活に影響を与える可能性が高い出勤形態になることを理解しておきましょう。

年収や給与を上げる方法が少ない

ウェディングプランナーは、短期的に年収や給与を上げる方法が少ない傾向の仕事といわれています。ウェディングプランナーは、役職や地位が上がっていくことで昇給することが多いため、早期に昇給を望む人は大変さを感じる可能性があるでしょう。

繁忙期は激務になる可能性がある

結婚式が増えるのは、一般的に10月や11月、3月~5月。結婚式を挙げるためには数ヶ月をかけて準備をすることも珍しくないため、この時期は常に忙しくなることもあるでしょう。
ウェディングプランナーの仕事は、結婚式当日のみならず打ち合わせやスケジュールや計画の作成、手配など。結婚式が多く執り行われることになれば、仕事が重なる可能性もあります。

ウェディングプランナーに求められる5つの能力

ウェディングプランナーにはサービス精神や忍耐力、接客マナーなどが求められます。「ウェディングプランナーになるには?」と疑問を持っている方は、ウェディングプランナーに必要な素養についても把握しておきましょう。

1.サービス精神が豊富

ウェディングプランナーになるには、より良い結婚式にすべく前向きに助力できるサービス精神が必要です。お客さまが結婚式のプランについて悩んでいるときに、「このようにしたらいかがでしょうか?」と積極的に提案できる方や、式の新しい演出を考えられるクリエイティブな方が向いています。

2.流行や情報への感度が高い

流行や情報への感度を高めておき、時代に合った結婚式をプランニングするのも、ウェディングプランナーに必要な能力です。結婚式の方法や演出は、時とともに変化します。ウェディングプランナーになるには、新郎・新婦のニーズに応えられるよう、結婚式の知識や最新情報の引き出しをできるだけ多く用意しておくことが大切です。

3.忍耐強く物事に取り組める

ウェディングプランナーになるには、忍耐強く物事に取り組める力も欠かせません。一般的に、1組のお客さまのブライダルプランが決まるまでには、およそ半年ほど掛かるとされています。人によっては、それ以上の年月を掛けて結婚式を計画する方もいるでしょう。そのため、ウェディングプランナーには、新郎・新婦と根気よくやり取りができ、会場スタッフとまめに情報共有を図れるような方が求められます。

4.業務の処理能力が高い

ウェディングプランナーは一遍に何組ものお客さまを担当することがあるため、同時に複数の業務をこなせる処理能力も問われます。規模や新郎・新婦の要望にもよりますが、結婚式を挙げる際には料理や演出の決定、招待状の発送、衣装決めなどやるべきことが多いもの。ウェディングプランナーになるには、それらすべてのスケジュールを管理する力が必須です。そのうえで、業務の優先度を把握しながら、仕事を遂行しなければなりません。

5.ビジネスマナーを心得ている

ウェディングプランナーになるには、ビジネスマナーや礼儀作法を心得ていることも重要です。結婚式は高額な費用が掛かるため、それに見合ったレベルの高いサービスを求められます。また、結婚式のゲストには、多様な世代や立場の人が集まるもの。ウェディングプランナーには、誰が相手でも不快感を与えない振る舞いや言葉遣いが必要になります。

ウェディングプランナーに向いている人

ウェディングプランナーはビジネスマナーやウェディングに関する知識だけでなく、接客力や人間力も重視される仕事です。顧客のことをしっかり考え、希望を叶えようと全力を尽くせる人は、ウェディングプランナーに向いているでしょう。

ウェディングプランナーのキャリアパス

ウェディングプランナーになるには、下積み期間を経るのが一般的なようです。初めは受注受付やウェディングプランナーの補佐役からスタート。知識や経験をある程度身につけてから、ウェディングプランナー職に就く場合が多いでしょう。その後のキャリアプランとしては、管理職になり人材育成に携わる、フリーランスのウェディングプランナーになるなどが挙げられます。
ウェディングプランナー以外のブライダル分野の仕事を紹介している「ブライダル業界の仕事」読むと、ブライダル分野の仕事を知ることができます。キャリアパスを進んでいく中で、将来的に業界を支える存在になりたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

ウェディングプランナーになると活躍できる場は?

結婚式の多様化により、ウェディングプランナーの活躍の場は広がっています。働く場所は挙式会場やホテルだけではありません。「ウェディングプランナーになるには?」と考えている方は、自身の就職先を検討する際の参考にしてみてください。

挙式会場・専門式場

挙式会場や専門式場は、ウェディングプランナーが活躍できる場として代表的です。施設の設備が整っているので、多様なブライダルプランに対応できます。就職先として志望する人も多く、ウェディングプランナーとして正社員になるには狭き門といえるでしょう。

ゲストハウス

ゲストハウスは一軒家風の施設を指し、挙式専門会場と同等に多くのウェディングプランナーが活躍しています。西洋風の屋敷や邸宅をイメージして作られたゲストハウスは、ガーデンで式を挙げたり貸し切りで利用できたりと自由度が高く、式場として人気の施設です。ゲストハウスでは個性的なプランを希望する人が多く、ウェディングプランナーになるには演出アイデアの発想力が必要でしょう。

ホテル

ホテルでウェディングプランナーになるには、宴会担当部署に配属される場合が多いでしょう。あくまでホテルの従業員のため、ブライダル業務にくわえて、ほかの業務も行う必要があります。入社してからブライダル担当の部署に配属され、ウェディングプランナーとして実際に働けるようになるまでには、時間が掛かることもあるようです。

レストラン

近年、少人数結婚式での重要度が高まっているのがレストランウェディングです。場所がレストランだけあって、料理にこだわりたい新郎・新婦や、カジュアルな式を挙げたい新郎・新婦から人気があります。レストランのウェディングプランナーになるには、提供するお酒の種類や料理に精通し、レストランならではの演出アイデアを提案できるようにしておく必要があるでしょう。

ブライダル会社

ブライダル会社では、企画演出や式場の場所、当日まで一貫したプロディースを行っています。規模は小規模なものから大規模なものまで、新郎・新婦の希望に沿ったプランを提案。「今までにないウェディングを演出したい」と考えているウェディングプランナー志望の方におすすめです。
結婚式の自由度が上がっている現代において、ブライダル会社の需要は高まる可能性があるでしょう。ブライダル会社で活躍できるウェディングプランナーになるには、オリジナリティあふれる結婚式を企画できる力が必要です。

海外

ウェディングプランナーの活躍する場は日本に留まらず、海外にもあります。結婚式を挙げる場所として人気なのは、ハワイやグアム、ヨーロッパなど。一生の思い出として海外での挙式を望む新郎・新婦も多くいます。ウェディングプランナーとして海外で働く場合、日系のウェディング企業に就職する、フリーランスとして働くなどが主な方法です。日系企業に就職したとしても、ある程度の言語能力は求められるでしょう。海外で活躍するウェディングプランナーになるには、ブライダル知識だけでなく語学も学んでおくことが不可欠といえます。

多様化するニーズへの適応力が問われる

ウェディングプランナーになるには、多様化する結婚式のニーズに対する適応力を身につけることが重要といえます。上記のように、結婚式の形式や場所はさまざまです。新郎・新婦によっても結婚式への要望は異なるでしょう。ウェディングプランナーには、お客さまそれぞれが求める結婚式に応じた柔軟なプランニング力が問われます。

「ウェディングプランナーになるには?」「ウェディングプランナーの職場って?」と就職・転職を検討している方は、就職・転職エージェントを活用がおすすめです。エージェントを活用することで、自分に合った求人を紹介してもらうことが可能です。手厚いサポートを受けられるので、効率良く就職・転職活動を進められます。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、既卒や第二新卒、フリーターなどの若年層を対象として就職・転職支援を実施。プロのアドバイザーが、あなたの希望や適性に合ったお仕事をご紹介します。応募書類に添削から面接対策の実施、入社後のフォローまで一貫したサポートをご提供します。「ウェディングプランナーになる方法が分からない」「仕事が忙しくて転職活動が上手く進まない…」といった方でも安心です。
サービスの利用はすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

ウェディングプランナーへの就職に関するお悩みQ&A

ここからは、ウェディングプランナーになるための質問にお答えしていきます。

ウェディングプランナーってどんな仕事?

ウェディングプランナーの主な仕事は、結婚式のプランニングを行うことです。それに付随して、新規顧客への営業や新郎・新婦との打ち合わせ、式当日の進行業務などがあります。「第二新卒で目指すウェディングプランナー」でも詳細を解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

ウェディングプランナーになるにはどうすれば良い?

ウェディングプランナーになるには、ブライダル関連の専門学校で学んでから就職する、未経験から就職するなどの方法があります。基本的にウェディングプランナーになるために必須の資格や学歴はないため、自分に合った就職方法を検討しましょう。ウェディングプランナー職に興味がある方は、「大学中退で目指すウェディングプランナー」もぜひご覧ください。

ウェディングプランナーに求められる人材は?

ウェディングプランナーに求められるのは、サービス力やコミュニケーション力、ビジネスマナーなどがあることです。また、ブライダルに関する知識があることも求められます。特に重視される要素は、お客さまのことを考え、喜んでもらうために努力できるか。精神的にも体力的にも厳しい仕事ではありますが、そんな環境の中でも人を喜ばせることに幸せを感じられる人は、ウェディングプランナーの仕事に向いているといえます。

この記事に関連するタグ