接客の仕事に役立つ資格とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 職種図鑑TOP
  4. >
  5. 接客の仕事
  6. >
  7. 接客の仕事に役立つ資格とは

◆接客サービスマナー検定

NPO法人日本サービスマナー協会が実施する、接客サービスの能力を判定する検定。エアラインやホテル、ブライダルといった業界のほか、医療・介護業界などでも役立つ接客の基本やクレーム対応法、ビジネスマナーが身につきます。

検定の構成は3級・2級・準1級・1級の4段階で、準1級と1級のみ実技試験が課されます。問題は基礎問題である電話対応や敬語、席順のほかに、ビジネスマナーや漢字の知識、外国のお客様への対応やサービス全般にかかわる設問があるようです。準1級の実技試験ではグループ面接とシチュエーション実技が、1級では個人面接とシチュエーションにもとづくロールプレイング実技が実施されます。

試験は年4回(2月・5月・8月・11月)行われ、受験資格はないので誰でもチャレンジすることができます。

◆サービス接遇検定

正式名称は「文部科学省後援 サービス接遇実務検定試験」で、サービスに対する考え方や対応のパターンが学べる検定となっています。審査項目はサービス業務への心構えや対人心理の理解、言葉遣いや振る舞いなど。

過去に出題された問題の一例は以下の通りです。

・「ホテルマンに求められる感じのよさとは」(サービススタッフの資質 / 3級)

・「忘れ物に対する対応」(専門知識 / 2級)

・「万引防止のための店内の環境整備」(実務技能 / 1級)

検定の構成は3級・2級・準1級・1級の4段階で、準1級は面接試験のみ。こちらも受験資格はなく誰でも挑戦できる資格です。

なお、出題方式は2級・3級はマークシート、1級は全て記述問題となっています。

◆販売士検定試験

合格者が販売のプロとして「販売士」を名乗ることができる検定試験。小売・流通業界の「定番資格」で、どんな職場でも通用する信頼性の高さが取得のメリットです。級のレベルは3級・2級・1級の三段階で、1級は販売員レベル、2級は売り場管理者レベル、3級は店長・経営者レベルの知識が問われます。受験資格は特になく、誰でもどの級からでも受験が可能です。

試験科目は各級共通で、以下のような構成となっています。

・小売業の類型

・マーチャンダイジング

・ストアオペレーション

・マーケティング

・販売・経営管理

◆レストランサービス技能検定

料飲サービス分野における唯一の国家資格で、1級の取得者には厚生労働大臣の名前で合格証書が発行されます。1・2・3級があり、2・3級の合格者に対しては、日本ホテル・レストランサービス技能協会会長名で合格賞が授与されることになっています。

学科試験では食材、飲料に関する知識や宴会、レストランサービスの種類、食文化の知識や苦情への対応の方法などが問われ、実技試験では、正しい客席案内やテーブルセット、食器の後片付けができているかといった点がチェックされます。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?