企画の仕事職種図鑑

企画の仕事内容

人気の職種である企画職ですが、実際にどんな仕事をしているのかと問われると分からない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、企画職の業務内容ややりがいなどをご紹介します。

【業務内容】

企画の仕事と一口に言っても、その業務内容はさまざま。

下記のように分類されるのが一般的なようです。

・商品企画

「企画職」としてよくイメージされるのがこの商品企画。

市場調査やデータの分析を行った上で、新しい商品やサービスを企画して世に送り出す

・営業企画

商品やサービスをどのように販売していくかを考える。

営業部と連携しながら業務を進める必要がある。

・広報企画

自社で広報活動を行うための企画を行う。

イベントや自社メディアでの宣伝などが主。近年ではSNSを用いた広報活動も行われている。

・広告企画

商品やサービスの知名度を上げるため、広告戦略を立てる。テレビコマーシャルやWeb広告、中吊り広告…など、媒体を定めて広告代理店へと発注する。

・経営企画

会社経営に携わる企画職。市場分析や競合他社の調査などを行い、会社経営を企画する仕事です。マーケティングに対する知識や論理的な思考など、高いスキルが必要となります。

自分が提案した企画が通った時、手がけた商品やサービスがヒットしたときにはやりがいを感じることが多いでしょう。実際に商品に触れた人の好意的なレビューを見ると嬉しいという声もあります。

自分の企画の成果が数字として現れやすいこともやりがいにつながるようです。

逆に、市場のニーズに合った企画が思いつかない…というときにはプレッシャーを感じることが多くなります。特に商品企画では、自分がアイデアを出さないと企画そのものが動かないということにもなりがち。

また、企画は一人で動かすものではありません。他部署とのすり合わせや予算との関係など、企画力以外の部分も必要となるのが大変な部分と言えるでしょう。

企画の給与年収待遇

企画職の年収は企業や担当する領域にもよりますが、380~600万円前後が一般的。

市場分析や企画力など総合的な能力が必要とされるため、比較的高水準の年収が保たれている職業です。

人気の商品やサービスを生み出せば昇進・昇給も見込めます。

商品やサービスの企画・開発よりも、経営企画など会社経営の根本に携わる業務のほうが年収が高くなる傾向にあるようです。

企画になるには

人気の高い企画職。どうやったらなれるの?と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

企画職になるまでの流れや就業する上でプラスになるスキルを解説します。

【就業するまでの流れ】

新卒入社後、最初から企画に配属されることはあまりないようです。

顧客の声や現場の空気を知るためにも、営業や開発などを数年間経験し、その後企画職に就任するというパターンがほとんど。

転職者の場合は、同業種の他、営業職や開発職からの転職が多く、前職の経験を活かせる人が有利な傾向にあります。

【プラスになるスキルや素養】

前述の通り、営業経験は企画をする上で大きなプラスとなるでしょう。

その他に必要なのは、プレゼンテーション能力とコミュニケーションスキル。企画の仕事では、自分の考えを他者にわかりやすく伝えることが大切となります。

また、企画といえばアイデアや発想力という印象をお持ちの方も多いですが、それだけではなく、市場を分析する力や顧客のニーズを捉える力なども必須の能力です。

企画の仕事は、これらの能力を総合的に必要とするオールラウンダーと言えるでしょう。

企画の将来性

企画職の将来性はどのようなものだと予測できるでしょうか。

業界・職種のニーズや活躍の場などをもとに解説していきましょう。

【業界や職種のニーズ】

企画の仕事は商品やサービスを提供している企業の多くで存在します。そのため、今後もそのニーズは続くのではないでしょうか。

価値観の多様化から商品やサービスに求められる価値も変わってきているため、顧客のニーズを追い続けられる人は長く活躍することができるでしょう。

【活躍できる場所】

モノとして形に残る商品企画だけではなく、サービス企画、経営企画、広報企画など活躍の場はさまざま。

最初は商品の企画だけ…という状況から、自分でリサーチ、企画、広報…と一通りの業務をこなせるようになる可能性もあります。

働き方次第では、幅広いフィールドで活躍することができる仕事と言えるでしょう。

【キャリアアップするには】

自分の提案した企画で成果を出し続けることがキャリアアップへの近道となります。一つ一つの仕事を丁寧にこなしていきましょう。

また、同じ企画職でもどの部分に携わるかを変えることも可能です。

例えば、経営企画は経営陣の近くで経営戦略に携わることができる企画職。消費者に触れる部分だけではなく、企業の中枢に触れる働き方になることもキャリアアップの一種と捉えられるでしょう。

企画の志望動機例

企画職は華やかな印象のためか、人気が高い職種。

他の人と差をつけるためにも、求められる人物像を理解し、「なぜ企画職を希望するのか」という部分を納得させられる志望動機を作成するのがポイントとなります。

【企業が求める人物像】

・コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力がある人

企画をする上で大切なのは、他者とのやりとりやプレゼンテーション能力。

「伝える力」は企画職をする上で必須の能力となります。

・流行をキャッチアップする姿勢がある人

新しいことや流行りをいち早く捉えて企画に組み込むことは、人気の企画を作る上で重要です。

広くアンテナを張り、新しい情報を得るスキルがある人は企画職に向いていると言えるでしょう。

・視野が広く、プロジェクトの全体を見渡すことができる人

一つの企画には、広い部署からさまざまな人が携わることも少なくありません。

そんなときに、自分が軸となって全体を見渡し、効率的に業務を進行できるとスムーズに企画を進行することができます。

【タイプ別 志望動機のポイント】

・未経験者の場合

企画という仕事が未経験であっても、他の経験の中で培ったスキルをアピールしましょう。

また、「なんとなくやってみたいから」という程度の志望度では、内定を得るのは難しい職種。自分がなぜ企画職を志望しているのか、今後どのように働いていきたいのかという部分をしっかり分析し、面接官を納得させられるような伝え方ができると良いでしょう。「自分の考えをわかりやすく伝える」というのは、企画職として働く上でも大きなポイントとなる部分です。

・経験者の場合

経験者の転職で求められるのは、「即戦力かどうか」という部分。前職の成果をわかりやすくまとめ、自分にできることをしっかり伝えましょう。自分の携わった企画については、細かい数字なども説明できるようにしておくと面接で深掘りされたときも安心です。

同じ企画職でも商品企画から広報企画…というように関わる業務が異なる場合は、なぜ別の業務に携わりたくなったのかという部分も説明できるようにしておくと良いでしょう。

企画の仕事

企画とつく仕事にはさまざまな種類がありますが、こちらのページでは「商品企画」「営業企画」「経営企画」について詳しい業務内容を解説していきます。

華やかなイメージのある商品企画の実態は?営業企画と営業の違いは?経営企画は一体何をしているの?

企画の仕事に興味のある方、求められるスキルを知りたい方は、ぜひこちらのページをご覧ください!

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ