メンテナンスの仕事職種図鑑

メンテナンスの仕事内容

「ビルメン」「ビル管理」とも呼ばれるビルメンテナンスの具体的な仕事内容と特色にはどのようなものがあるでしょうか。

【業務内容】

・清掃管理

・衛生管理

・空調管理

・機械設備管理

・定期点検・巡回

・受付・電話交換サービス

・修繕とトラブル解決

ビルメンテナンスの仕事は、オフィスビル、マンション、商業施設、ホテル、学校、病院など、規模の大小を問わず担当ビルに常駐して管理業務全般を請け負うことです。

ビル全体を綺麗に保つための清掃や排水環境整備、害獣・害虫駆除といった衛生管理業務、エアコンやボイラーなどの設備管理、エレベーターや火災報知器などの点検、巡回やモニター監視などのセキュリティ業務、クレーム対応やトラブル解決といったマネジメント業務に至るまで、その業務内容は多岐にわたります。

空調やボイラーといった設備管理に関する専門知識を得たり、資格を取得することによってスキルアップできることは、ビルメンテナンスの仕事ならではのやりがいのひとつではないでしょうか。

また、ビルメンテナンスの仕事の多くは、一般的な会社員の8時間労働と同程度の日勤と、宿直が含まれる24時間勤務でシフトが組まれています。

日勤の場合は残業がほとんどないことも多く、24時間勤務の場合は夜勤明けの翌日も休日になるため、「定時で終わり、比較的休みが多い」こともメリットと言えるかもしれません。

コンピューター制御で自動管理されている設備の点検と巡回、記録という決められた仕事を繰り返す仕事なので、問題がなければ体力的な負担も少なく、忙しくてへとへとに疲れ果てるということも少ないようです。

だからといって短絡的に「ビルメンの仕事は楽」だと考えることはおすすめしません。現場によって忙しさには差があり、何も異常が起こらなければ決められた内容に従った勤務となりますが、ひとたびトラブルが発生すれば、深夜であってもすぐに対応当する必要があります。また、夜勤があるため不規則な勤務に慣れる必要もあります。

メンテナンスの給与年収待遇

ビルメンテナンスの平均収入は、未経験の場合およそ260万円から300万円程度、資格を所有している責任者クラスの経験者であれば、300万円~400万円です。さらに夜勤手当、資格手当などで手取りアップを見込めるでしょう。

また大手企業や鉄道グループ、財閥系グループなどの子会社が所有するビルの管理、いわゆる「系列系」と呼ばれるビルメンの場合、平均年収は350万円~600万円程度に上がります。もちろん個人の経験や資格などによって差がありますが、昇給・賞与なども比較的期待できることが多いようです。

メンテナンスになるには

【就業するまでの流れ】

ビルメンテナンスの仕事に就くにあたって有効な資格には、通称「ビルメン4点セット」と呼ばれる以下の資格があります。

・第二種電気工事士(2電工)

・危険物取扱責任者乙種4類(乙4)

・ボイラー二級技士(2級ボイラー)

・第三種冷凍機械責任者(3冷)

このうち2電工はビルメンテナンス業において必須と言っても過言ではない資格で、書類選考でもこの資格の有無を問われることが多いため、優先して取得をおすすめします。独学向けの教材が充実しているので、現在の仕事を続けながら学ぶことも可能です。

その他の3つの資格については、すぐに生かせる場合とそうでない場合がありますが、就職や転職に有利であるという点では、持っていて損はないでしょう。

これまでに設備に関する仕事に就いていた経験があったり、上記の資格を持っている方は、ビルメンへの転職が有利になる傾向が高いようです。

【プラスになるスキルや素養】

ビルメンテナンス業への転職においては、ビルに関する専門知識や資格を持っていることが有利になるのは確かなのですが、実はそれ以外にも重宝されるスキルがあります。それは「営業スキル」です。

ビルメンの仕事には、設備管理だけでなくビルのマネジメント業務も含まれています。特に系列系のビルメンでは、テナントやオーナー、関係企業との交渉など、サービス内容やクレーム対応といった対人交渉が必要な場面も多いため、営業スキルが求められるのです。

営業職や接客サービス業の経験がある方は、ビジネスマナーやコミュニケーション力なども生かすことができるのではないでしょうか。

メンテナンスの将来性

【業界や職種のニーズ】

都市部の再開発やオフィスビルの大型化、大型商業施設やタワーマンションの供給ラッシュなどに伴い、ビルメンテナンス業のニーズは近年ますます高まっています。比較的平均年齢が高く中途採用の多い業界であるため、若い人の雇用に積極的な系列系企業も多く、20代であれば未経験無資格であっても採用されることもあるようです。

契約社員からスタートして、1~2年後に正社員登用というケースが多く見られます。

【活躍できる場所】

大型オフィスビル、複合商業施設、学校、タワーマンション、ホテル、百貨店、駅ビルなど。

【キャリアアップするには】

ビルメンテナンスの仕事でキャリアアップするためには、資格の取得が必要不可欠です。前出の「ビルメン4点セット」に加え、この仕事をずっと続けたいと考えるのであれば、次の資格の取得をおすすめします。

・建築物環境衛生管理技術者

通称「ビル管理者」と呼ばれる国家資格で、一つのビルに対して必ず配置が義務付けられています。ビルメンテナンスのエキスパートとして管理責任者に選ばれる機会が増えるでしょう。受験するためには2年以上の実務経験が必要ですので、転職後に働きながら取得を目指す流れになります。

系列系の求人は資格の有無を問われることも多く、年齢によっては無資格・未経験だと採用の難易度が上がるかもしれません。まずは独立系のビルメンとして経験を積み、必要な資格を取得してから系列系に転職し、上級資格を狙って現場責任者のポジションを目指す、というのがビルメンテナンスのキャリアアップの流れです。

メンテナンスの志望動機例

【企業が求める人物像】

・コミュニケーション力のある人

ビルの設備管理という仕事内容を考えると少し意外かもしれませんが、ビルメンの仕事も他の職業と同様、コミュニケーション力を求められることが多いのです。

理由としては、待機時間に同僚と話す機会が多かったり、クレーム対応やテナント同士の交渉にあたる必要があるためです。

・意欲的な人

ビルメンテナンスの仕事は基本的に、巡回や点検の決められたルーティンワークです。そのため、仕事へのモチベーションを保てるかどうかは重要なことです。また、資格がモノをいう業界であることから、勉強することや資格取得に意欲的な方が求められるでしょう。

・対応力のある人

ビル管理の仕事内容は多岐にわたります。トラブルが起きた時にも状況に応じて柔軟に対応することがスムーズなビル管理につながるため、対応力のある人が求められています。

【タイプ別 志望動機のポイント】

・未経験者の場合

未経験でも資格を持っていたり、関連する学科を卒業しているなどの場合、アピールすることができるでしょう。その他、挨拶や話し方などのマナーがしっかりしているというのも好印象です。

資格取得に意欲があることや、どんな仕事内容にも積極的であるという姿勢が伝わるとさらに良いでしょう。

・経験者の場合

業界内で転職を希望する場合、すでに持っている資格や専門知識、得意とする分野についてアピールできるのが最大の強みではないでしょうか。また、これまでの仕事で知識やスキルをどのように生かしたことがあるかという具体的な内容を伝えることで、現場で即戦力となれることをアピールできます。前職での経験を今後どのように生かしたいか、上級資格の取得や責任あるポジションの仕事にも意欲があるという積極的な姿勢も大切です。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ