不動産業界の仕事

不動産業界の仕事の画像
こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

不動産業とは

人人々の住まいと地域、ビジネスを繋ぐ不動産業。社会にとっても必要不可欠な存在といえるでしょう。しかし、不動産業と一口にいってもさまざまな役割があり、具体的に複数のイメージが湧かない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回、不動産業の役割と職種について詳しくご紹介しています。不動産業の仕事について知りたい方や不動産業を目指している方は、ぜひ読んで参考にしてみてください。

代表的な仕事

私たちの生活に欠かせない「衣・食・住」のうちのひとつ、「住」に関わる不動産業界。では、その不動産業界には、どのような仕事があるのでしょうか。

デベロッパー

デベロッパーとは不動産開発者のことで、オフィスビルやマンション建設、リゾートや都市開発事業の主体となる団体のことを指します。土地を取得し、どのような開発や建設を行うかを決め、建設や販売、分譲などの業務を行うのが特徴です。

仲介

不動産の仲介は、物件の販売や賃貸契約などの際に貸主と借主の間に立ち、契約を成立させる仕事です。仲介は、物件の販売や契約以外にも、契約条件の調整や重要事項の説明、書類の作成、契約物件の引き渡し、その他事務手続きなど円滑な不動産取引のサポートを行っています。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、住宅建設会社に対する呼称であり、住宅メーカーとも呼称されています。業務は主に、戸建て住宅の設計から建築、販売、アフターケアを行っており、ハウスメーカーのなかにも事務や設計、営業、現場などさまざまな職種があるのが特徴です。

管理

管理は主に、マンションやオフィスビル、商業施設などのオーナーに代わって物件の管理・メンテナンスを行っています。また、マンションなどは入居者の募集やクレーム対応なども行っており、入居者が満足して暮らせる環境を整えます。

不動産業界に関連する業界

不動産業界とつながりのある業界は「金融業界」「住宅関連の業界」などが挙げられるでしょう。不動産業界は、土地や物件を所有する際に必要な資金を手に入れる必要があります。そこで、金融業界から調達することが多いため関わる機会が多い業界といえるでしょう。

また、住宅関連の業界は住宅建設に関わる資材メーカーや建設会社などが挙げられます。住宅を建てる際に、資材メーカーや建設会社と相談を行いながら設計や建設を行います。

不動産業界に必要な資格やスキル

ここでは、不動産業界に入る前に取得しておくと良い資格やスキルを紹介します。自分が目指している職種には、どのような資格やスキルが必要か確認しておきましょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産取引を行ううえで必要になる国家資格です。不動産売買や仲介、重要事項の説明、書面の記入などを行うには宅地建物取引士の資格が必要になります。

また、宅地建物取引士は国家資格なので持っていると就活で有利になったり、就職後も資格手当が付いたりする場合があるのでおすすめです。

宅地建物取引士について詳しく知りたい方は「宅建は就職に有利になる?向いている人や就活でアピールするコツ」のコラムもあわせてご覧ください。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、お金に関わることを中心に顧客が望むライフプランの資金計画や経済面での相談を行う仕事です。一般資格から国際的な資格、上級資格と3種類あります。

一般資格を取得したあともさらに上の資格を取得でき、将来のキャリアアップにもつながりやすいでしょう。

普通自動車運転免許証

不動産業界では、顧客と一緒に物件を周り、物件案内を行う仕事もします。物件を回る際は車での移動が多いため、普通自動車運転免許証が必須といえるでしょう。

物件案内以外に、営業や不動産管理の仕事でも移動を伴う仕事があるので、運転免許証は持っておいたほうが役に立ちます。

不動産業界の現状と課題

不動産業界は、少子高齢化や人口減少により担い手が少ないことから、人手不足が懸念されています。ここでは、不動産業界の市場規模や現状、課題について解説します。

不動産業界の市場規模

財務省の「年次別法人企業統計調査(令和4年度)第1表 売上高の推移(p3)」では、不動産業界の2022(令和4年度)の市場規模は約46兆円であり、業界全体と比べても市場規模は大きいほうだといえるでしょう。
しかし、同じ非製造業のなかで比較すると、建設業や卸売・小売業、サービス業の市場規模が大きいため、不動産業界は少し低いといえます。

買い手と売り手って?それぞれの市場状況での就職・転職活動の注意点」のコラムで、市場状況から見る就活での注意点をまとめているので、こちらもぜひご覧ください。

参照元
財務省 財務総合政策研究所
年次別法人企業統計調査(令和4年度)

不動産業界の現状

空き家が急増している一方で、中古マンションや戸建てのリノベーションなどが活発になっています。不動産業界で問題となっているのが、空き家の増加です。地方だけでなく都市部でも空き家が増加し、社会問題となっています。

しかし、最近では中古マンションや戸建てのリノベーション、古民家を利用した宿泊施設や飲食店が人気を集めています。

不動産業界の課題

不動産業界の課題は、人口減少や少子高齢化に伴う市場規模の減少でしょう。少子高齢化が進むことにより、住宅やビル、商業施設などを購入・利用する人が減り、不動産業界の需要が減っていくことが考えられます。

また、人口が減り続ければ空き家が発生したり、マンションの空室状況が続いたり、空きビルが増加したりするといったことが増えていくため対策が必要になるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

不動産業界の将来性

不動産業界は、生活の基本として必要な「衣食住」の「住」の分野を支えています。私たち個人の暮らしだけでなく、ビジネスの場面でも不動産がなければ成り立ちません。

不動産の開発から流通、賃貸、管理までを手がけている不動産業界。今後はどうなっていくのかをまとめました。不動産業界を検討している方は、確認してみてください。

不動産業界の今後の動向

不動産業界の今後は、「デジタル化による人材確保」「働き方の見直し」が重要になってくるでしょう。近年では、どの業界もITの技術を取り入れ業務のデジタル化を図っています。不動産業界は人手不足や担い手が少ないことから、業務のデジタル化により人材を確保することが求められるでしょう。

また、業務をデジタル化することにより、人材不足のカバーだけでなく内見や契約手続きのオンライン化で顧客のメリットも増えるでしょう。働き方の面でも、近年では柔軟な働き方が求められているため、労働時間の短縮やリモートワークを取り入れる必要があるでしょう。

不動産業界は、残業が多かったり勤務時間が長かったりするイメージをもたれやすいです。そのイメージを払拭するためにも、働き方改革を行い人材を確保していくことが今後の課題になります。

不動産業界のメリット・デメリット

不動産業界は、扱う商品に大きなお金がかかっているぶん、プレッシャーや責任感のある仕事です。しかし、そのぶんやりがいがあるのも魅力の一つ。

ここでは、不動産業界で働くうえでのメリットやデメリットを紹介します。不動産業界が自分に向いているかを確認してみましょう。

不動産業界の魅力とやりがい

「不動産業界に就職する際に決め手となるメリットは何がある?」と思う方に、不動産業界の魅力を詳しく紹介します。

未経験から挑戦できる

不動産業界は、未経験から挑戦できる業界です。特に、営業職は経験よりも入社してからの営業成績を評価する傾向があるため、未経験の方も挑戦しやすいといえます。

また、不動産業界は物件の販売や営業、売却サポートなど仕事内容が幅広く、自分に合った職種に就職しやすいでしょう。しかし、職種によっては資格が必要なものもあるので、すべての職種に未経験から就職できるわけではありません。

歩合制の場合は高収入をもらえる可能性がある

前述したように、営業職は経験より成績を評価する歩合制を取り入れている企業が多くあります。そのため、未経験者も仕事の成績によっては高収入をもらえる可能性があるのです。高収入を目指したい方は、歩合制の企業を検討してみるのも良いでしょう。

しかし、成績が上がらないときは給与が低くなる恐れもあるので注意が必要です。

不動産業界の大変なところ

不動産業界はやりがいのある仕事ですが、人によってはデメリットと感じることもいくつかあります。自分が就職するうえで、合わない部分がないかをしっかりと確認しておきましょう。

休日が周りと合わないことが多い

不動産業界は、顧客に対して物件を売買したり、物件の仲介を行ったりするのが主な仕事です。そのため、個人向け顧客が多い不動産の場合は土日祝日に出勤するケースが多く、家族や友人と休日が合わないことが多い傾向にあります。

また、営業や物件の仲介を行う仕事では顧客の要望に合わせ仕事を行うため、休日が不定期になったり、急遽休日出勤をすることになったりする可能性があることを理解しておきましょう。

高額な物件を扱うため責任感が重い

不動産で取り扱う商品は、数千万円や数億円など一つひとつの単価が高いため、契約も慎重に行われます。また、契約までのプロセスが長いぶん、責任感やプレッシャーが重く感じることもあるでしょう。

プレッシャーを感じることが苦手な人やストレスを感じやすい人は、注意が必要です。反対に、責任感があり、最後まで仕事をやり遂げられる人には向いているといえます。

不動産業界の志望動機

不動産業界に就職をする際の志望動機を、未経験者と経験者別で紹介します。また、不動産業界に向いている人もまとめているので、自分は向いているかを確認してみましょう。

不動産業界に向いている人

不動産業界は顧客と直接関わる機会が多いため、コミュニケーション能力が高い人が向いているといえます。また、顧客の気持ちに寄り添った対応ができたり、日ごろから一つひとつの仕事に対し責任感をもって向き合えたりする人にも向いているでしょう。

コミュニケーションが得意な人

不動産業界は、物件の売買や仲介を行うことが主な業務のため、常に人と関わることになります。そこで必要とされるのが、コミュニケーション能力です。コミュニケーションが得意な人は、物件の売買や仲介などもスムーズに行えるでしょう。

また、不動産業界は顧客や取引先の問い合わせに的確に答えたり、契約に繋げたりすることも求められるので、顧客に寄り添った対応ができる人にも向いているといえます。

精神面や体力に自信がある人

前述したように、不動産業界は大きなお金が動く業界なので、責任感やプレッシャーがかかりやすい業界でもあります。そのため、精神面に自信がないと難しいこともたびたびあるでしょう。

仕事内容や職種によっては、移動を伴う仕事があったり、契約のノルマがあったりすることも。精神面だけでなく体力にも自信があると、より活躍できるでしょう。

未経験者の志望動機

「私が不動産業界に興味をもったのは、一人暮らしをするにあたってアパートの賃貸を決定したときです。貴社が行っている賃貸サービスを活用し、私が生活に求めていることを素早く分析してくださったことで希望する物件を見つけることができました。

この経験から、私も人々の心に寄り添う住まいを提供していきたいと感じ、志望しました。」

未経験から異業種に転職するときの履歴書の書き方を知りたい方は「転職の志望動機の書き方は?未経験で違う職種に挑戦するときのコツ」のコラムで書き方を紹介しているので、ご参照ください。

経験者の志望動機

「私が貴社を志望した理由は、徹底された企画開発を行っている姿勢に惹かれたからです。また、貴社の手がけた開発プロジェクトを拝見し、環境を活かした住まいの提案に強く共感しました。

前職で培った不動産での契約や物件の知識などを活かし、人々のニーズに応えられるよう活躍したいです。」

志望動機の書き方が分からない人や自信がない人は、若年層向け就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、就業経験がない人も安心して就活を行えるよう就職サポートを行っています。

また、専任の担当者がマンツーマンでつき、求人の紹介や履歴書の添削、面接練習などを徹底的にサポートいたします。サービスはすべて無料ですので、お気軽にご相談ください。

不動産業界に関するFAQ

ここでは、不動産業界に関する疑問にFAQ形式でお答えします。

不動産業界は主にどのような仕事をするの?

不動産業界の仕事は、主に「不動産仲介」「不動産販売」「不動産管理」「コンサルティング」の4つに分類されています。さらに、この4つの仕事のなかでもデベロッパーや営業、事務などさまざまな職種に分かれていて、物件の建設や販売からアフターフォローまで幅広い仕事を行っています。

不動産業界に入る前に知っておいたほうが良いことは?

不動産業界にはさまざまな資格や専門用語があるため、入る前に少し勉強をしておくと良いでしょう。採用試験前に資格を持っておくと採用の際に有利になることもあるので、取れる資格がないか確認しておくことをおすすめします。目指す職種や企業によっては、資格やスキルを求められる場合があります。
調べても分からない場合は、面接の逆質問の際に、入社前に勉強しておいたほうが良いことなどを聞いておくと良いでしょう。

未経験から不動産業界に入っても稼げるの?

不動産業界は未経験から活躍しやすい業界です。特に、個人向け不動産などでは、幅広い年齢層を募集している企業も多くあります。近年では歩合制を取り入れている企業も増えているため、年齢に関わらず意欲次第で稼げる業界といえるでしょう。

入社後に資格取得支援制度がある企業では、資格を取得しながらキャリアアップを目指せるのでおすすめです。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…
ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

目次