マスコミとは?マスメディアとの違いも解説!仕事の役割や種類を知ろう

マスコミとは?マスメディアとの違いも解説!仕事の役割や種類を知ろうの画像

【このページのまとめ】

  • ・マスコミとはマスコミュニケーションの略で、大衆伝達と訳される
  • ・マスコミの役割とは正しい情報を多くの人に伝え、考えるきっかけを与えること
  • ・マスコミが与える影響は大きく、政治や教育にも及ぶ場合がある
  • ・マスコミの4大媒体とはテレビや新聞のことだが、インターネット媒体も台頭しつつある
  • ・マスコミには記者やプロデューサーなど多様な職種があるので、適職を探してみよう

 

「マスコミとは何かよく分からない…」「マスコミの仕事にはどんな職種があるの?」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。マスコミと一口にいっても、新聞やテレビなど、さまざまな媒体があり特徴も異なります。このコラムでは、マスメディアの種類やマスコミの役割、具体的な仕事内容などをまとめました。マスコミとは何かを理解し、就職先を選ぶ際の参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

マスコミとは

マスコミとは、マスコミュニケーションを略した言葉。直訳すると「大衆伝達」です。
具体的には、新聞や雑誌、テレビなどをとおして不特定多数の人に情報を伝えることを指します。大勢の人に、多くの情報を伝えられるのが特徴です。

マスメディアとの違い

マスメディアとは、マスコミで使われる媒体のこと。新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットなどが該当します。
マスコミとは「情報伝達の活動そのもの」であるのに対し、マスメディアは情報を掲載する媒体を指す言葉です。

マスメディアには、情報を発信する組織も含まれる場合がある
マスメディア=報道機関の俗称という解釈もあり、新聞社やテレビ局など、情報を発信する組織も含まれる場合があります。ニュースや事件・事故を伝える媒体には新聞やテレビなどがありますが、これらは「マスニュースメディア」といわれることもあるようです。

マスコミの役割とは

マスコミの役割とは、公共性の高い情報を正しく、早く、多くの人に伝えることです。マスコミが扱う情報は、政治や事件・事故などの時事問題、文化、教養など多岐にわたります。
マスコミの役割は、大きく分けると以下の3つです。

考えるきっかけを与える

マスコミが情報を伝えることで、多くの人が自分の意見や危機感などを考えるきっかけとなります。たとえば、災害や気候変動のニュースなどは、人々に「防災への準備」「環境への配慮」といったことを考えるきっかけになるでしょう。
また、「マスコミとは政治家や企業などの見張り役」という意見もあります。法律やルールに違反した行為があれば報道し、人々に「どう思いますか?」と訴え掛けるのも、マスコミの役割の一つといえるでしょう。

意見交換の場を与える

近年、マスメディアの一つと認められつつあるのがWebメディアです。「マスコミとは大衆伝達である」とするならば、Webメディアもマスコミの一つといえるでしょう。
Webメディアは個人が意見を発信できるため、意見交換の場になるのが特徴。従来のマスメディアは基本的に一方通行のコミュニケーションでしたが、Webメディアが登場したことで双方向のやり取りが可能になりました。
マスコミは、多くの人に議論をもたらす役割も担っているのです。

情報を継承する

マスコミとは、知識や情報を次の世代へ伝える役割でもあります。古い雑誌や新聞記事、ラジオの音声などが保存されていて、そこから社会通念上のルールや倫理観を学ぶことがあるでしょう。
このように、マスコミには将来にわたって情報を継承する役割があります。

マスコミが世間に与える影響力は大きい

マスコミには速報性や拡散性があり、世間に与える影響力は大きいです。マスコミが世間に与える影響について知り、「マスコミとは何か」を考えてみましょう。

政治・経済への影響

前述のとおり、マスコミは多くの人に考えるきっかけを与え、意見交換の場をもたらします。それによって、政党や政治家、企業や商品の人気が左右されることも少なくありません。
たとえば、コマーシャルでよく目にする商品が売れたり、ドキュメンタリー番組で取り上げられた企業の好感度が高くなったりすることがあります。

教育・大衆文化への影響

マスメディアのなかには、業界新聞や教育雑誌があったり、英語や園芸など趣味に関するテレビ番組があったりと、教育や大衆文化へ影響を与えるものがあります。マスコミが取り上げることで、勉強や趣味を始めるきっかけになることも。また、バラエティやドラマなどの娯楽番組からは大衆文化が作られ、ときには社会現象を生むこともあるでしょう。

マスコミ業界における6つのメディア分類とは

マスコミ業界では、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌が4大媒体といわれています。また、近年ではWebメディアやソーシャルメディアが、4大媒体に匹敵するマスメディアといわれるようになりました。この項では、マスコミ業界において分類される6つのメディアについて解説します。

1.新聞社

新聞は主に一般紙と専門紙の2種類があります。一般紙とは、全国紙、地方紙のほか、いくつかの都道府県に発行されるブロック紙などのこと。専門紙はスポーツ、経済、業界など、特定のジャンルに特化した新聞です。
新聞の良さは、切り抜きを掲示板に張り出したり回し読みをしたりできる「共有性」といわれています。新聞の主流は紙ですが、近年発行部数が減りつつあるのは事実です。その影響を受け、Webサイトでの電子新聞を展開する新聞社が増えてきました。各社、紙とWebの共存を試みているのが実態のようです。

2.出版社

雑誌や書籍には経済やビジネス、ファッション、教育など、さまざまなジャンルがあります。大手の出版社では多種多様なジャンルを網羅している場合が多く、中小規模の出版社では特定のジャンルに特化していることが多いようです。また、書籍や雑誌を書店に配本したり、売れ残った本を出版社に戻したりする出版取次の企業もあります。
書籍や雑誌も紙から電子書籍へと移行しつつあります。また、無料でマンガが読めるアプリも出てきており、広告収入だけでなく課金で売上を上げる媒体も出てきました。

3.テレビ局

テレビ局には公共放送局と民放放送局があります。放送する番組は、報道や音楽、映画、ドラマ、スポーツなどジャンルはさまざまです。
テレビは、多くの人に音と映像で情報を伝えられるうえ、速報性も高いのが特徴。マスコミのなかでも、特に影響力があるといえます。
しかし、近年は動画配信サービスが人気を集め、テレビの視聴率は低下傾向にあるようです。そのため、テレビ局はインターネットで番組を同時配信したり、見逃した番組をいつでも視聴できるポータルサイトでオンデマンド配信をしたりするなど、さまざまな取り組みを始めています。
テレビ局への就職に興味がある方は「テレビ業界で仕事がしたい!代表的な職種と就職方法」のコラムで詳しく紹介していますので、ご一読ください。

4.ラジオ局

ラジオとは、電波を使って音声放送をするメディアのこと。マスコミのなかでも音声に特化しているため、運転や仕事などをしながら聞き流しできるのがメリットです。
ラジオはテレビと同様に速報性が高いため、交通情報や災害情報、緊急速報などを伝えるのに適しています。さらに、テレビよりも送受信の仕組みがシンプルなことから、災害時に活用しやすいのが特徴です。
ラジオは電波の届く範囲が限られることから、地域密着型の番組が主流でした。しかし、今ではインターネットラジオが一般的になり、場所に関係なく好きな番組が聞けるようになっています。

5.広告代理店

広告代理店は、マスメディアと広告主をつなぐのが仕事です。具体的には、マスメディアの広告枠を買い取り、企業にその枠を販売しています。それだけでなく、広告の制作やプロデュースまで幅広くサポートするのが一般的。広告代理店が広告枠を買ってくれることで、マスメディアは存続できるともいえます。
広告代理店について詳しくは「広告代理店とは?年収はどのくらい?詳しい仕事内容や職種を解説します」のコラムをご覧ください。

6.インターネット

前述のとおり、インターネット媒体はマスコミ業界で影響力を強めており、「第5のマスメディア」といわれることもあります。マスコミにおけるインターネット媒体は、Webメディアとソーシャルメディアの2つです。

Webメディア

Webメディアには、ニュースサイトやキュレーションサイトなどがあります。たとえば、新聞社が運営している電子新聞や、複数の媒体から発信された情報を集めたニュースポータルサイトなどです。
企業が発信したプレスリリースを集めたサイトなどもあり、広義ではコーポレートサイトもWebメディアに含まれます。

ソーシャルメディア

個人が発信する動画やコメント、日記、コラムなどをソーシャルメディアといいます。ソーシャルメディアは拡散性が高く、早いスピードで情報が広まるのが特徴です。そのため、フェイクニュースのような誤った情報が拡散してしまう危険性もあり、個人のリテラシーが問題となっています。

インターネット普及がもたらしたマスコミの変化
インターネットの普及にともない、スマートフォンやタブレット端末で情報を得る人が増えたことが、マスコミに大きな影響をもたらしています。インターネット媒体の魅力は、いつどこにいても情報を得られることです。特に、若い世代を中心に「テレビ離れ」「活字離れ」が進み、インターネット媒体へ移行しています。このことは、マスコミ業界に「マスコミとは何か」を考えさせるきっかけとなっているようです。
前述のとおり、各メディアでは電子化・インターネット化が進められ、従来型のマスメディアとの共存が課題となっています。

マスコミ業界にまつわる代表的な職種とは

マスコミ業界には多種多様な職種があります。ここでは、代表的な職種をご紹介しますので、自分に合った職種を考えてみてください。

記者

政治や事件・事故など、時事問題に関する情報を集めて記事にします。記者の取材はマスコミ業界において重要な情報源といえるでしょう。そのため、新聞、雑誌、テレビなど、さまざまなマスメディアで活躍の場があります。取材力や文章力が問われるうえ、フットワークの軽さや体力が必要な仕事です。

編集者

新聞や雑誌などの企画を作り、記者やデザイナー、フォトグラファーなどに指示を出して形にするのが編集者です。提案力やセンスが問われるうえ、リーダーシップも必要になります。
編集者の仕事内容や将来性について「編集者の仕事」のコラムで解説していますので、参考にすると良いでしょう。

校閲

記事の内容をチェックするのが仕事です。誤字脱字だけでなく、内容に誤りがないかも確認します。
マスコミ業界では目立たない職種ですが、校閲によって情報の正確性が高まるため、重要な仕事です。

プロデューサー

テレビやラジオなどの番組を作る際、全体的な方向性を決めるのがプロデューサーです。プロダクションへの出演交渉やテレビ局への予算申請など、さまざまな交渉も行います。

アナウンサー

テレビのニュース番組に出演し、情報を伝えるのが仕事です。アナウンサーの伝え方次第で、視聴者の理解度が左右されることも。また、原稿を読むだけでなく、アナウンサー自身の言葉でコメントする機会もあるため、瞬発力や人間性も問われる職種といえます。
花形の職種といわれており、「マスコミ業界に就職したい」という人のなかには、アナウンサーを目指す方もいるでしょう。

営業

どのようなマスメディアにも営業は必要です。広告代理店では企業に広告枠を販売したり、出版社では書籍を書店に売り込んだりしています。

企画

雑誌の特集やテレビ番組の内容を決める際、マーケティングをもとに市場から求められるものを作るのがマスコミにおける企画の仕事です。企画担当者がマーケティングを行うこともあれば、マーケティング会社からデータをもらい、市場の動向を知ることもあります。

ディレクター

テレビやラジオの番組を制作する際にリーダー的な役割をします。プロデューサーが全体的な方向性を決めるのに対し、ディレクターは現場で指示を出し、編集や演出を手掛ける役割です。

企業の広報もマスコミに関係がある仕事
広報は、自社の商品やサービスを広く知らせるのが仕事です。そのため、マスメディアを活用する機会が多く、マスコミと密接な関係があります。
広報の仕事については、「広報の仕事」のコラムで解説していますので、参考にしてください。

マスコミとは何かを理解したうえで適職を見つけよう

マスコミとは」で述べたとおり、「マスコミとは何か」を簡単に説明すると「マスメディアを活用して不特定多数の人に情報を伝えること」になります。しかし、実際には多様な役割があり、一言では述べられない複雑さがあるのも事実です。
マスコミ業界への就職を考えている方は、仕事内容や職種の特徴を理解し、自分に合ったものを選んで挑戦してみましょう。

マスコミ業界は人気の就職先
テレビ局や出版社、広告代理店など、マスコミ業界の企業は人気が高いといわれています。採用されるためには、業界研究や企業研究が欠かせません。OB・OG訪問で業界の実態を聞くなどして、ライバルと差をつけましょう。
また、インターンシップに参加するのもおすすめです。実際に働いてみて、自分の適職を模索するのも良いでしょう。

マスコミ業界への就職を検討しているなら、ハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブは20代のフリーターや第二新卒、既卒を対象にした就職エージェント。プロの就活アドバイザーが一人ひとりとカウンセリングをし、「どんな仕事がしたいのか」「会社に求める条件は何か」などをお聞きします。ご紹介する求人は、ハタラクティブが独自に取材しているため、社風や雰囲気を詳しくお伝えすることが可能です。サービスはすべて無料ですので、まずはご登録ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION