出版業界の仕事業界図鑑

出版業界とは

出版業界は、大きく分けて3つのセクションで成り立つ構造になっています。

・出版社

出版物の企画から制作、ライターや作家、印刷会社への依頼、校正、製本までを手掛けます。大手出版社であれば、なかには企画立案をした後に編集プロダクションに外注するというケースもあり、逆に中小企業の場合は多くの作業を担うこともあるようです。

有名な大手出版社といえば「集英社」「小学館」「講談社」「カドカワ」、教育系なら「ベネッセ」などが挙げられます。

出版物には小説や絵本、ビジネス書、参考書などの書籍、雑誌、地図、ムック本などがあり、新聞は出版とは呼びませんが、多くの新聞社が出版事業も手掛けている傾向にあります。

・取次

出版業界の特徴的な事業が取次です。一般的な流通で言うメーカーが出版社であれば、取次は卸売業者に当たります。出版業界では、この取次が流通のほとんどを担います。

出版業界で最も特徴的な点が、出版物は「委託販売制」であるということ。書店は配本された本が売れなかった場合は取次業者に返品することができ、取次業者も出版社に返品することが可能です。

・書店(小売店)

出版物を販売する小売店であり、書店に限らずコンビニなどにも配本されます。

入荷した出版物を検品、陳列し、販売することが主な業務です。

大手書店で有名なのが「紀伊國屋書店」「ジュンク堂書店」「三省堂書店」「丸善書店」などでしょう。

出版業界の志望動機例

・好奇心や探究心がある人

編集業の場合、いま世の中がどのような出版物を求めているのか、つまり何に関心があるのか、何が流行りそうなのかをいち早くキャッチし、好奇心や探究心を持って調べることが必要とされているようです。そうすることで、魅力的で斬新な、あるいはヒットする企画を打ち出せるからと考えられます。

・コミュニケーション能力がある人

出版業界の仕事は、編集や営業、書店員などどのセクションでも、非常に多くの人と関わります。作家の伝えたいことを正確に理解することや、企画のプレゼンや打ち合わせ、出版物をアピールすること、店舗での接客など、コミュニケーション能力を必要とするシーンは数多くあるでしょう。

・Web系に関して知識がある

先述した通り、出版業界は今大きな転換期を迎えています。今までの紙媒体のものにくわえ、デジタル化やクロスメディアなどの事業展開が考えられている現状、Webに関して一定の知識がある場合は強みになることもあるでしょう。

普段からネットを使っているだけでなく、ブログなど自分でコンテンツを作った経験などもアピールポイントになるのではないでしょうか。

【上記を踏まえた志望動機例】

上記のことを踏まえて、志望動機の例を挙げてみましょう。

私は、幼い頃から本が好きでしたが、そのきっかけになったのが御社が発行された◯◯という児童向け文学でした。その後も様々な本を読み、本好きが高じて前職では書店員をしていたのですが、やはり編集に携わる仕事がしたいと考え、今回応募させていただきました。

また、趣味でハンドメイドのアクセサリー制作をしており、制作だけでなくネットでページを作り販売もしております。御社は現在、デジタル化に即した事業にも力を入れておられるので、昨今の出版不況や衰退と言われる状況を打開するためにも、この経験を活かして貢献したいと考えております。

出版業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

出版業界では、現在不況が続いています。

書籍の売上はほぼ横ばいのまま微少傾向にあるようですが、とくに雑誌の売上は大きく落ち込んでいると言われています。

この原因は、デジタル化、情報化による紙媒体の衰退やスマートフォン、タブレット端末の普及によりそちらに触れる時間のほうが圧倒的に長くなったこと、消費者の書籍離れ、若者の活字離れなど多くの問題が考えられます。

また、Kindleなどの電子書籍が普及したものの、当初の見込みより普及率も定着率も低いということも課題と言えるでしょう。

その一方、コミックスの売上は増加傾向にあるようで、これは昨今の映像化などの影響にもよるものだと考えられます。

書店の減少も問題として挙げられることがありますが、これらを見て安易に出版業界の衰退と断定するよりも、今、出版業界は大きな転換期を迎えているとは考えられないでしょうか。

【今後の動向】

出版業界は、長らく上記に述べたような構造を変えずにやってきました。

しかし、近年のデジタル化やスマートフォンの普及、出版物の売上の頭打ち、電子書籍の進出などを鑑みると、流通の構造改革やデジタル化への適応などが求められているのではないでしょうか。

社会全体のIT化に伴い、インターネット書店や電子書籍、電子雑誌をこれからどのように普及させていくのか、消費者のニーズにどのように対応していくのかが重要になってくると考えられます。

また、比較的売上の伸びている電子コミックの分野や、カドカワに代表されるようなクロスメディア、メディアミックスなどの展開が活発になっているようで、今後はこれらの事業を伸ばしていくことも必要とされるのかもしれません。

このように、出版業界は大きな転換期にあり、時代に合わせた改革をしていくことが求められていると言えるでしょう。

出版業界の仕事内容

・編集者

出版といえば編集というイメージをお持ちの方も多いでしょう。

編集とは、企画から執筆の依頼、制作、打ち合わせ、デザイン、製本など出版物の制作に最も大きく関わります。大きな出版社では制作、出版、校閲など部署が分かれていることもありますが、逆に中小企業の場合は1人の編集者が多くの仕事を幅広く担当するケースもあります。

・作家

小説家やエッセイスト、ライター、漫画家、場合によってはイラストレーターなど、出版社から依頼を受けて作品を執筆します。もしくは、出版社に自分から企画や作品を持ち込むか、賞などに応募するケースも。制作の際には、編集者と何度も打ち合わせなども行い、詳細を詰めながら作品を作り上げます。

・営業

出来上がった出版物を世の中に送り出すために、営業活動が必要になります。

とくに出版社の営業の場合は、書店への営業活動が大きな仕事です。書店の担当者のもとへチラシや注文表を持ち営業に行き、新刊のアピールをします。

また、新刊に限らず既刊も含めて、POPやポスター、陳列方法の提案など、売上を伸ばすためのフォローも行います。

さらに、取次業者に対しても在庫をしてくれるよう営業を行い、そのほかにもチラシやインターネット、電車内の広告、雑誌などに、広告活動を行うことも業務です。

・ブックデザイナー

装丁家とも呼ばれる、本のデザインを行う職種です。ブックデザイナーは表紙やカバー、扉、背、帯など、本の外観の全てを担い、なかには本文の書体や用紙の指定までを行うデザイナーもいるようです。

デザインによって売上が左右されるケースもあり、消費者の目を引き、内容に即したデザインであることが重要とされています。

・書店員

書店で働くスタッフで、出版業界においては出版物を消費者に届ける最後の仕事です。

棚の整理や検品、陳列、店舗の掃除やレジ打ち、POP作り、発注、お客様の案内など、一般的な小売店のスタッフと仕事内容は大きく変わりません。

ただ、なかには書店での陳列の仕方やPOPひとつで大きく売上が変わったという例もあります。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

新卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ