編集者の仕事内容とは

編集者の仕事内容とはの画像

◆雑誌編集者はどのような仕事をする?

勤める企業や携わる分野によって異なりますが、雑誌編集者の主な仕事内容は以下のとおりです。

【雑誌編集者の仕事内容】

・企画の立案

・ライターやカメラマン、デザイナーへの指示

・取材依頼

・進捗状況の把握

・原稿のチェック など

雑誌の内容はファッションやスポーツ、グルメなどさまざま。既に発刊されている雑誌を扱うのであれば、その雑誌のコンセプトやテーマに沿った企画を用意することになります。

また、週に1度発行する雑誌もあれば、月に一度発売するものも。発行する頻度が高いほど、編集者は新たな企画の立案が頻繁に求められるかもしれません。

自分の企画を実現・成功させるには、読者のニーズの的確な把握が必要。また、自分の考案した内容をほかの社員に認めてもらうプレゼンテーション能力が大切になるでしょう。

◆書籍編集者の仕事とは

雑誌編集者と同様、書籍編集者の場合も教育やビジネス、語学など扱う分野はさまざま。読者の興味・関心を敏感に察知し、ニーズに合った書籍をつくることが大切になります。

この項目では、書籍に携わる編集者の仕事内容をご紹介。勤務する会社によって業務内容は異なりますが、一例として参考にしてみてください。

【書籍編集者の仕事内容】

・企画の考案

・予算の決定

・取材

・ライターやカメラマンへの依頼

・原稿の確認

・印刷所への引き渡し など

上記からわかるように、書籍編集者は執筆依頼や取材など一人で多くの業務をこなすことになります。

発刊までの日数に応じてライターやカメラマンに進捗状況を確認するため、周りに目を配りながら仕事を進める能力が必要です。

◆漫画編集者の仕事内容は?

漫画編集者の場合、一般的には漫画家と二人で協力して1つの作品をつくるようです。具体的な仕事内容は以下のようになります。

【漫画編集者の仕事内容】

・ストーリーの組み立て

・資料集め

・原稿のチェック

・印刷所への入稿 など

上記のほかに、読者から評価を得られない場合や漫画家が思い通りの作品を描けないときは、精神面をサポートすることも。

漫画家の調子が不安定になった際は、気持ちを新たに仕事を再開できるよう、状況に応じた対応が大切になります。

より良い作品を読者に届けられるよう、漫画家と信頼関係を築き、臨機応変に行動する柔軟性が必要になるでしょう。

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

食品

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽

物流・運送

衣料・装飾

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事