コーダーとはどんな仕事?プログラマとの違いや将来性も解説

コーダーとはどんな仕事?プログラマとの違いや将来性も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・コーダーとは、WebサイトやWebアプリのプログラミングを行う仕事
  • ・プログラマとは、コーダーよりも広い範囲のプログラミングを行う仕事
  • ・コーダーには、プログラミングスキルやSEO知識が求められる
  • ・未経験でもコーダーになれる可能性はあるが、高収入は見込めない

コーダーという職種に興味がある人も多いのではないでしょうか。コーダーとは、WebサイトやWebアプリのプログラミング作業を担当する仕事です。比較的簡単なプログラミング言語を利用するため、初心者でも取り組みやすいでしょう。このコラムでは、コーダーとプログラマやエンジニアの違いや収入事情も解説しているので、コーダーとして就職することを考えている方は、参考にしてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

コーダーとは

コーダーとは、WebサイトやWebアプリを、プログラミング言語を使って構築する職業です。Webデザイナーらの指示にもとづき、HTMLやCSS、JavaScriptといった言語を使って、プログラミングをします。プログラミング言語のなかでも比較的簡単な言語で、初心者でも取り組みやすいでしょう。
一般的には上記のように位置づけていますが、会社や職場によって、その定義は曖昧なものです。プログラマやエンジニアと混同されていることもあるので、就職や転職の際には、仕事内容もよく確認してください。

コーダーとプログラマの違い

コーダーと似た職種に、「プログラマ」があります。プログラマとは、プログラミングを専門とする仕事です。プログラマも、コーディングを担当する仕事であることは、コーダーと似ているでしょう。
コーダーとプログラマの違いは、担当する言語の種類です。コーダーは、Web系の言語しか担当しないのに対し、プログラマはPHPやJavaといった言語も利用します。また、コーダーに指示するのはWebデザイナーですが、プログラマの上流はシステムエンジニアです。「プログラマーの仕事の種類はどんなものがある?」でも、プログラマの仕事について詳しく説明しているので、あわせてご覧ください。

コーダーとフロントエンドエンジニアの違い

コーダーと似た職種として、フロントエンドエンジニアも挙げられます。フロントエンドエンジニアは、コーダーよりも上流の職種です。フロントエンドエンジニアとは、WebサイトやWebアプリの見た目(フロントエンド)を専門とするエンジニアを指します。Webまわりを専門としている点はコーダーと同様ですが、Webサイトのコーディング作業を専門とするコーダーとは異なる職種です。フロントエンドエンジニアは、フレームワークやライブラリを使って、フロントエンド開発全般に関わります。

コーダーに必要なスキル

コーダーとして活躍するには、いくつかのスキルが要求されます。ここでは、コーダーに必要なスキルを4つのポイントで紹介するので、就職や転職の参考にしてください。

コーディングスキル

コーダーには、当然コーディングスキルが必要になります。先述のとおり、HTMLやCSS、JavaScriptを使えると良いでしょう。HTMLとは、HyperTextMrakupLanguageの略です。Webサイトで文字や画像を表示する、標準的な言語といえます。CSSは、HTMLの表示に文字色や背景色などの装飾を施すための言語です。より華やかで、分かりやすいサイトを作成するには、欠かせない存在でしょう。JavaScriptを使うと、ブラウザの表示に動きを与えられます。アプリケーションを作るのにも使えるので、利用できると重宝されるでしょう。
どの言語も、少しずつ進化を遂げており、旧バージョンと最新版では仕様に違いがあります。一般的には、最新版と1つ前の版の知識があると、実務で困らないといわれいるようです。勉強する際は、注意しましょう。「コーディングとは?プログラミングとの違いや学ぶときの注意点を解説」も参考にしてください。

SEOスキル

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、「検索エンジン最適化」と訳されます。作成したサイトが検索結果に表示されるための知識や技術のことです。せっかくきれいな見た目で分かりやすいサイトを作成しても、検索で表示されなければ、誰もサイトを見てくれません。SEO知識を身につけることで、より検索で上位表示されやすいサイトを作れるようになります。SEOは、エンジニアやデザイナーにも必要な知識です。コーダーも、SEOを意識したコーディングをすることが望まれるでしょう。
SEOでは、マーケティング力も問われます。どのようなユーザーに見てほしいサイトなのか、ターゲットとしたユーザーに評価を得られるサイトになっているか、といった視点がポイントとなるでしょう。
検索エンジン(機械)と、ユーザー(人間)の両者から価値あるサイトであると判断されることが、検索上位に表示されるコツです。

CMS

CMS(ContentsManagementSystem)とは、0からコーディングしなくてもWebサイトの作成や更新、管理が容易にできるシステムです。HTMLやCSSの知識がなくても、ある程度見た目の整ったサイトを作成できるため、多くの会社や組織のWebサイト作成に用いられています。コーダーがCMSを使ってサイト管理の仕事を任されることもあるので、CMSの一般的な知識や利用方法が分かっていると良いでしょう。

UI/UXスキル

Webサイトの作成では、UIやUXも重視する傾向があるため、このあたりの知識があると役立つでしょう。UI(User Interface)とはユーザーインタフェースの略で、サイトを閲覧するユーザーにとって、入力や表示の使い勝手を指します。一方、UX(User Experience)とは、ユーザーエクスペリエンスの略です。そのサイトを閲覧したことやサービスを利用したことによって、ユーザーが得られる体験のことを指します。
多くのWebサイトやWebサービスが乱立する現代では、ただ情報が伝わるサイトではなく、よりユーザーにとって価値あるサイト・サービスを作ることが求められているようです。コーダーも、UIやUXを意識し、ユーザー視点でサイト作成に携わることが望まれます。

コーダーの年収

2019年の「賃金構造基本統計調査の結果」に、コーダーだけに限定した統計情報はありませんでした。しかし、コーダーと類似するプログラマとシステムエンジニアの年収情報が掲載されていたので、参考までに紹介します。

職種 推定年収※
プログラマ 4,224,900円
システムエンジニア 5,632,000円

※推定年収は、「きまって支給する現金給与額」×12か月分+「年間賞与その他特別給与額」で独自に算出
出典:e-Stat 政府統計の総合窓口「賃金構造基本統計調査1 (令和2年と同じ推計方法による集計)職種別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)

先述のとおり、コーダーとは業務範囲がWeb関連に限定されるため、プログラマやシステムエンジニアよりも専門性は低い仕事です。よって、コーダーの年収は、上記の年収と同等またはやや低めだと想定できます。
正社員雇用の場合、デザイナーやフロントエンドエンジニアと兼任する場合もあるようです。職種がコーダーになっていても、実際の業務領域が異なる場合もあるので、事前によく確認してください。
専門性が低いため、非正規雇用の募集もあるようです。コーダーは、時給相場がやや高めの傾向があります。ほかの職種でパートやアルバイトとして働くよりは、高収入が期待できるでしょう。

コーダーの将来性

Webサイトの作成や更新は、多くの会社が必要としているため、コーダーには一定の需要があるでしょう。一方、CMSの機能が向上していることもあり、コーディングだけを行うコーダーの需要は下がっていく可能性があります。コーダーの経験を活かして長く活躍するには、フロントエンドやデザインのスキルを身につけ、Webサイト作成全体に関われるようになると良いでしょう。

エンジニアの将来性
コーダーの仕事はCMSによって自動化できるため、将来的に需要がなくなっていくと考えられます。一方で、コーダーの仕事を自動化するためのシステム自体を作るエンジニアは、需要が高まっている職種です。今後、さまざまな仕事が機械やロボット、AIに代わるといわれています。しかし、それらを作る側であるエンジニアの仕事は、向こう数年なくなることはないでしょう。エンジニアの将来性については、「システムエンジニア(SE)の年収が高水準な理由」で解説しています。

未経験からコーダーになれる?

未経験でも、コーダーになることは可能でしょう。コーダーになるために、必要な資格はありません。IT系の資格をもっていると、就職や転職では有利になることもあるでしょう。IT系職種で役立つ資格は、「システムエンジニアの仕事に役立つ資格とは」の内容も参考にしてください。
未経験・無資格からの就職が不安な場合は、独学やスクールで基礎知識を身につけると良いでしょう。

「コーダーになってみたいけれど、未経験だから不安」という方は、ハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブは、若者の就職や転職をサポートするエージェントサービスです。未経験や無資格から、正社員就職へのチャレンジもお任せください。経験豊富なアドバイザーが、経験や希望をヒアリングし、あなたに合った求人情報を紹介します。非公開求人や未経験歓迎求人も取り扱っているため、就職先の幅が広がるでしょう。面接対策や書類添削といった就職サポートも無料で利用できます。まずは、お気軽にハタラクティブへご相談ください。

コーダーに関するお悩みQ&A

IT関連の職種は多いため、就職の際には悩む方も多いでしょう。ここでは、コーダーに関するお悩みを、Q&A方式で解決してきます。

コーダーとはどんな仕事ですか?

コーダーとは、WebサイトやWebアプリをプログラミング言語で構築していく職種です。HTMLやCSS、JavaScriptを使います。Webデザイナーの指示に従って、デザインどおりのサイトを作成します。

コーダーと、エンジニアやプログラマは違うの?

コーダーは、Webサイトのプログラミングを専門としています。一方、プログラマはWeb系以外にも、さまざまなプログラミングを行うため、扱う言語も多くなるでしょう。エンジニアは、さらに上流の職種で、Web以外にも汎用機やAIなどのシステムも作ります。どのようなサイトを作るかといった要件定義からテストまで、幅広くシステム作成に携わる仕事です。詳しくは、このコラムの「コーダーとプログラマの違い」や「コーダーとフロントエンドエンジニアの違い」もご覧ください。

コーダーに必要なスキルはありますか?

コーダーとして働くには、HTMLやCSS、JavaScriptといったプログラミング言語を使いこなせる必要があります。また、SEOやUI/UXといった、Webサイト作成のための知識も必要でしょう。詳しくは、このコラムの「コーダーに必要なスキル」で解説しています。

コーダーとして働ける就職先を教えてください

コーダーとして就職するなら、Web制作会社に就職する方法と、各社のWebサイト担当部署に就職する方法があります。職種は「コーダー」と記載されていても、実際にはプログラマやデザイナー領域の仕事を任される職場もあるようです。希望にあった就職先を見つけられるか不安な方は、ハタラクティブへご相談ください。実際に企業を訪問したアドバイザーが、あなたに合った求人をご紹介します。

吉田早江

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A