1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. Web系とはどんな仕事?SIerとの違いや職種についても解説!

Web系とはどんな仕事?SIerとの違いや職種についても解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・Web系とは、Webサイトのシステムやアプリケーションを開発するエンジニアのこと
    ・Web系と呼ばれる職種にはコーダーやプログラマー、システムエンジニアがある
    ・Web系エンジニアに必要なのはプログラミングスキルとコミュニケーション力、柔軟性
    ・Web系エンジニアは、クライアントと一緒にサービス成功を目指すやりがいのある仕事

Web系とはどんな仕事?SIerとの違いや職種についても解説!の画像

Web系エンジニアの仕事に興味のある方は、このコラムをチェック。Webサイトの開発は、他のシステム開発と仕事の進め方が違ったり、複数の技術を身につける必要があったりしますが、クライアントと一丸となってサービスの成功を目指すやりがいのある仕事です。Web系エンジニアにおすすめの資格や目指し方もご紹介しますので、参考にしてください。

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

Web系とは

Web系とは、Webサイトを構築するシステムやアプリケーションを開発するエンジニアのこと。
スマートフォンアプリや、パソコンのソフトウェアの開発などと区別するために使われている名称です。

 

Slerとの違いは?

SIerは「エスアイヤー」と読み、システムインテグレータ(SI)を行っている企業を指します。
システムインテグレータとは、情報システムの企画や構築、運用を一般企業から請け負う専門業者のこと。つまり、一般企業が、自社の情報システムに関することを一括して業者に任せたいときには、このSIerに依頼することになるでしょう。

 

汎用系・オープン系との違いは?

Web系に対して、「汎用系」「オープン系」と呼ばれるものもあります。
汎用系は、大型汎用機で使われるシステムを開発する仕事。汎用機とは、企業の基幹業務に使うための大型コンピュータのことで、大量の顧客データを扱う大企業や金融機関で主に使用されています。汎用系では、COBOLなど専門的な用語を使うのも特徴です。

 

一方、オープン系とは一般的なオペレーションシステム(OS)で使うソフトウェアを開発する仕事。開発するソフトウェアは、一般企業の会計、販売管理、人事に使うアプリケーションや、病院の電子カルテ、店舗の顧客情報のデータベースなどが代表的なものです。

 

先述のWeb系とこれらを比較すると、開発するシステム対象の違いが分かるのではないでしょうか。
それぞれの違いを把握したうえで、Web系と呼ばれる仕事にはどんな職種があるのかについて詳しく見ていきましょう。

Web系の3つの主な職種

Web系の職種は、主に「コーダー」「プログラマー」「システムエンジニア」の3つ。
以下、詳しく解説していきます。

 

1.コーダー
コーダーは、Webサイトの見た目(フロントエンド)を作り、整えるのが主な仕事。
Webサイトに文章や画像を表示させたり、見やすく整えたりという作業をします。求人などでよく目にする「Webデザイナー」という仕事は、主にコーダーと同じ仕事内容です。
コーダーが使用するのは、HTMLのような「マークアップ言語」。プログラミング言語に比べ比較的習得が容易のため、チャレンジしやすい仕事のようです。

 

2.プログラマー
プログラマーは、サーバーの管理やデータの処理、保存など、Webサイトのプログラムを作成する仕事です。Web系には、先述したコーダーとプログラマーを兼ねる「フルスタックエンジニア」もいます。

 

3.システムエンジニア(SE)
システムエンジニアは、Webサイトのシステム開発全般に関わる仕事。
要件定義や基本設計、稼働テスト・管理といった幅広い領域を担当し、顧客が求めるシステムの定義から導入後のサポートまでを行うエンジニアです。案件によって、その担当箇所が異なります。
プログラマーに比べ、SEは基本設計などの上流工程に多く関わるのが特徴といえるでしょう。

Web系エンジニアに必要なスキルや資格は?

ここでは、Web系エンジニアとしての仕事に必要なスキルとして、プログラミングスキルについて解説します。加えて、Web系の3つの職種にそれぞれおすすめの資格についてご紹介しますので、参考にしてください。

 

プログラミングスキル

Web系エンジニアとして働くのに必要なのは、主にプログラミングに関するスキルといえるでしょう。
まず、プログラミングスキルで重要なのは、プログラミング言語の習得です。プログラミング言語とは、コンピュータに対して使用する言語のこと。作動命令などの「やりとり」を行う際に利用するため、エンジニアには必須のスキルといえるでしょう。
対象となるプログラムごとに違う言語を使用する必要があり、代表的なものは以下のとおりです。

 

・Androidに対する言語…JAVA
・データ処理に対する言語…PHP 
・Webブラウザに動きを出す言語…JavaScript

 

これらのプログラミング言語に対し、Webサイトの見た目を整える「マークアップ言語」も。
HTMLやCSSといったもので、習得していればWebデザイナー職に就ける可能性があります。
また、上記の基本的な言語に加え、RubyやPythonといった経験者の少ないプログラミング言語を習得していると、キャリアアップにつながる可能性もあるでしょう。

 

Web系エンジニアは、知識だけでなく実務経験が必要なことも多く、2~3年の経験を問われるケースがほとんどのようです。ただし、職種未経験でも、成果物がある場合は就職に有利になることも。まずは趣味でアプリ開発にチャレンジしてみるのをおすすめします。

 

コーダーにおすすめの資格

コーダーにおすすめの資格は、Webデザイナー検定やウェブデザイン技能検定。
以下、それぞれの資格についてご紹介します。

 
Webデザイナー検定

「Webデザイナー」とありますが、Webのコンセプト設定、制作、運用まで幅広い知識を問われるため、他の職種にもおすすめの資格です。マークシート式の試験で、「ベーシック」と「エキスパート」の2つの難易度に分かれており、それぞれ基礎的、専門的な知識が問われます。
受験資格は特にないので、どちらから受けても構いません。

 
ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、Webデザイナーだけでなく、Webサイトに関わるすべての人に有用な試験です。厚生労働大臣指定機関である「インターネットスキル認定普及協会」が主催する国家資格で、3級から1級まであります。
3級は未経験者でも受検でき、テキストのみの勉強で十分合格可能なのに対し、1級になると実務経験のある人向けの高度な内容となります。試験形態は、マークシート式の学科とパソコンを利用した実技です。

 

プログラマーにおすすめの資格

プログラマーを目指すのであれば、情報処理技術者試験とOracle認定Java資格の取得がおすすめ。
ここでは、資格内容の詳細をそれぞれ解説します。

 
情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は、情報処理推進機構(IPA)が主催する国家試験。合格すると、より難易度の高い「情報処理安全確保支援士」という資格にチャレンジできます。
試験内容は、情報技術の背景や基礎などITに関する知識や技能を網羅的に問うもの。技術者だけでなく利用者で受検する人もおり、年々受験者数は増加傾向にあります。

 
Oracle認定Java資格

プログラミング言語の1つであるJavaを開発した、Oracle社が認定している資格です。
難易度はブロンズ、シルバー、ゴールドの3つに分かれ、それぞれ初心者向けから実務者向けまでの内容になっています。ブロンズ、シルバーは受験資格がないので、シルバーから受験しても構いません。
特徴的なのは、Javaがバージョンアップすると試験内容が変わる点。新バージョンのリリース後には受験し直す必要があるでしょう。

 

システムエンジニア(SE)におすすめの資格

システムエンジニアにおすすめなのは、情報セキュリティスペシャリストと画像処理エンジニア検定の2つです。以下、それぞれの特徴について解説します。

 
情報セキュリティスペシャリスト(SC)

情報セキュリティスペシャリストは、情報のセキュリティに関する資格。
システムの脆弱性や脅威になるものを分析、評価して適切に処理するセキュリティ機能開発の能力をはかるものです。1日のうちに選択式、記述式の試験がそれぞれ2回ずつ行われるうえ、合格率は15%ほどと難易度の高い試験です。

 
画像処理エンジニア検定

画像処理エンジニア検定は、画像データをアプリケーション開発に正しく利用する技能をはかる試験。難易度はベーシック、エキスパートに分かれており、マークシート式の試験です。
ベーシックの合格率は60%ほどで、テキストでの勉強で十分対応可能といわれています。

Web系エンジニアの適性

Webエンジニアに求められる適性は、コミュニケーション力や考え方の柔軟性。Web系エンジニアは、クライアントの依頼どおりに作るだけでなく、相談しながら企画にも直接関わる場合が多いからです。以下、詳しく見ていきましょう。

 

コミュニケーション力

Web系エンジニアには「協力してクライアントのサービスを成功へと導く」という姿勢が大事で、高いコミュニケーション力が求められます。クライアントに依頼されたサービスをそのまま作ったとしても、それがプロジェクト失敗に繋がりそうであれば、提言して軌道修正を図らねばなりません。
クライアントとこまめに連携を取りながら仕事を進める必要があるので、コミュニケーション力は不可欠といえるでしょう。

 

柔軟性や臨機応変に対応出来る力

Web系のサービスは一般的に規模が小さめなので、少人数でサイトを作り上げることも珍しくないようです。少ない人数で対応する場合は1人で複数のことを担当するので、1つのことにコツコツ取り組めるだけでなく、マルチに動ける人材が求められるといえるでしょう。
また、Web系では仕様変更が頻繁に起こるので、サービスの内容やスケジュールが大きく変化しがち。よって、臨機応変に対応する力が必要です。仕様書どおりに作業することしかできない、決まったスケジュールでないと動けないという人には難しいでしょう。

Web系の仕事に転職するためには

Web系の仕事に転職したい人は、まず技術の習得から考えてみましょう。
ここでは、未経験者と経験者に分けて解説します。

 

未経験者の場合

エンジニアとしての経験がない場合には、まずプログラミング言語の勉強から始めるのがおすすめ。Web系ではプログラマーがコーダーの仕事も兼任する場合があるので、HTMLやCSSなどのマークアップ言語についても学んでおくと良いでしょう。
また、オリジナルのアプリケーション開発をすると、どのくらいのものが作れるのか力量の証明になります。テキストを読みながら実際に手を動かしてコツコツ言語の勉強をしつつ、アプリケーション開発で技術を学んでいくのが近道といえるでしょう。

 

経験者の場合

元々エンジニアとしての経験があり、Web系に転向したいと考えている人もいるでしょう。ここでは、Web系に転向する際のポイントについてまとめました。

 
バックエンド開発の経験を積む

Web系の採用選考で聞かれるのは、バックエンドでの開発経験があるかどうか。
バックエンドとは、Webサイト上で動作を実行するシステムやプログラムのフロントエンドに対し、主に計算処理やデータの保存など、サーバーで稼働するものを指す言葉です。
Web系ではバックエンドでの開発経験が重要視されるといわれています。まずは未経験でも採用してくれるところを探し、バックエンドでの開発に携わる経験を積むのがポイントです。

 
アジャイル開発に対応出来るようにする

システム開発は「計画・設計・実装・テスト」という流れで行われますが、アジャイル開発はこのスパンが短い特徴があります。アジャイル開発とは、一度にすべてを作り上げるのではなくこまめに何度もこの流れを繰り返して、徐々に理想的なシステムに近づけていく開発方法です。
Webサイトの開発では主にこの手法が取られているので、こまめな仕様変更が多かったり、最初想定していたものと全く異なるものになったりするので、臨機応変さが求められます。

 
プログラミング以外の技術を身につける


先述したように、Web系では少人数で開発することが多く、プログラマがコーディングも行うことも珍しくありません。よって、プログラミングだけでなく、コーディングなど、他の技術も身につけておく必要があるでしょう。

 
新しい技術を前向きに吸収していこうとする姿勢

前述のとおり、Web系ではプログラミング以外の技術が求められるうえ、Webサイトの開発では新技術の適用が多いです。そのため、その都度新しい技術を勉強する必要があります。前向きに勉強していこうとする姿勢が求められるでしょう。

 

Web系エンジニアは臨機応変さが求められる一方、自身の裁量も比較的大きく、やりがいのある仕事です。興味のある方は、言語の勉強を進めつつ、未経験でも採用してくれる企業で経験を積みながら、Web系エンジニアを目指していくと良いでしょう。
「Web系の仕事の求人を探している」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは20代・30代向けの転職エージェント。職務経験が浅く、スキル不足に不安を感じている方に向け、積極的にポテンシャル採用を行っている企業の求人をご紹介しています。
「ゆくゆくはWeb系エンジニアを目指しているけれど、どうしたら良いか分からない」というお悩みに対しても、専任の就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングを行ったうえで、キャリアプランを一緒に考えます。すべて無料のサービスですので、まずはご登録だけでもOK。お気軽にお問い合わせください。

Web系の仕事って一体何?職種や働き方の疑問を解消するQ&A

最近注目が高まっているweb系の仕事についてQ&Aで解説します。特にWeb系エンジニアに興味がある方は必見です。

 

Web系にはそもそもどんな仕事がありますか?

Web系の仕事には、Webエンジニアやシステムエンジニアなどの職種があります。Webエンジニアとは、Webサイトのシステムの設計・開発や運用・保守を行うエンジニアのこと。
システムエンジニアは、要件定義というシステム開発の最初の段階から開発に携わっており、上流工程と呼ばれる作業を担当するのが特徴です。
両者の詳しい説明は、このコラムの「Web系とは?」をご覧ください。

SIer系企業とWeb系企業は何が違うのですか?

SIer系企業が他社の依頼を受けてシステムをつくる一方、Web系企業は自社のWebサイトやアプリの開発を行っています。
SIer系企業は歴史のある伝統的な企業が多く、社員はスーツで勤務している印象。Web系企業はWebの歴史が浅い分若い企業が多く、私服勤務やリモートワークといった柔軟な働き方が目立つイメージです。

エンジニアにはコミュニケーション能力も必要というのは本当ですか?

本当です。
プロジェクトはチームで進めるため、メンバー間の密なコミュニケーションは不可欠。SIer系企業で働くエンジニアであれば、顧客の要望を汲み取る力も必要です。また、自分の提案を言葉にして分かりやすく伝えるスキルも大切でしょう。
「エンジニアは1人でパソコンに向かう仕事」というイメージを持つ人もいますが、実際にはたくさんの人とコミュニケーションをとる仕事です。

Web系エンジニアにはどんな人が向いていますか?

プログラミングが好きな人や新しい技術を学ぶ向上心がある人、試行錯誤を繰り返せる人に向いています。Web系エンジニアにはプログラム言語スキルが必須であるため、代表的な言語をマスターしておく必要があるでしょう。
また、Web業界は技術の進歩が早いため、常にアンテナを張って変化についていく姿勢も大事。開発過程ではエラーを避けられないため、失敗の原因を探って試行錯誤を繰り返せることも重要です。

未経験でWeb系エンジニアになれますか?

求人によっては、未経験でWebエンジニアになることは可能です。その場合も、独学やスクールでプログラミングの勉強をし、ある程度基礎的なスキルを身につけておく必要はあるでしょう。仕事探しは求人サイトで行っても良いですが、ハタラクティブに相談すると効率的に条件に合った求人を提案してくれます。
IT業界の就職については、「IT業界への就職が未経験におすすめな理由とは?業務内容も詳しく紹介!」も参考にしてください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる