ディレクターとは?テレビやデザインなどの業界ごとに仕事内容を解説!

ディレクターとは?テレビやデザインなどの業界ごとに仕事内容を解説!の画像
 

【このページのまとめ】

  • ・ディレクターとは、テレビやデザインといった制作現場における総監督のこと
  • ・ディレクターの活躍の場は、テレビ業界やWeb業界などがある
  • ・ディレクターに求められる能力は、マネジメントスキルやコミュニケーション能力など

「ディレクターとはどんな仕事?」「プロデューサーとの違いは?」と疑問に思う方もいるでしょう。ディレクターとは、テレビやデザインといった制作現場で総監督を担う立場の人を指します。このコラムでは、ディレクターの意味やプロデューサーとの違い、業界ごとの仕事内容についてまとめました。ディレクターに求められる能力も解説しているので、将来の選択肢の一つとしてディレクターを検討している方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ディレクターとは

ディレクター(director)を直訳すると、指揮者や管理者という意味になります。一般的にディレクターとは、テレビやデザインといった制作現場における総監督としてチームの管理やメンバーへの指示出しを行う職業を指す場合が多いようです。

会社における役職を意味する場合もある

ディレクターには、会社の部長や、重役、取締役といった役職を表す場合もあります。用語を使用する状況によって意味が変わるので、理解しておくと良いでしょう。なお、ディレクターを補佐する立場をアシスタントディレクター(Assistant Director)といい、ADと略されます。

プロデューサーとの違い

ディレクターと比較されやすい職業として、プロデューサー(producer)が挙げられます。プロデューサーとは、制作者や演出家、企画する人という意味を持つ言葉。テレビやデザインといった制作現場では、主に企画・進行、予算管理、人員配置を行い、企画全体のマネジメントを行う立場です。ディレクターが現場の責任者であるのに対し、プロデューサーは企画全体の責任を負うという違いがあります。

ディレクターとプロデューサーの収入差は?

ディレクターを経て、プロデューサーになるのが一般的なキャリアパスです。そのため、ディレクターとプロデューサーの給与を比較した場合、プロデューサーのほうが収入が高い傾向にあります。とはいえ、会社の規模や業界の違いによって収入は異なるので、一概にディレクターのほうが収入が少ないとはいえないでしょう。

次項からは、業界ごとのディレクターについて、具体的な仕事内容をご紹介します。業界によってディレクター業務は異なるので、それぞれ参考にご覧ください。

【放送業界】テレビディレクターとは?

テレビディレクターとは、その名のとおり、テレビ・放送業界で働くディレクターのことです。ここでは、テレビ業界におけるディレクターの仕事内容について詳しく解説します。

1.テレビ番組の制作管理

テレビディレクターは、プロデューサーが企画した番組のロケや映像の編集、キャストへの演技指導などを通して制作現場を管理するのが主な業務です。ディレクターの腕次第で番組のクオリティが変わってしまうため、出演者やスタッフをうまくコントロールする力が求められます。
収録した映像を編集する際は、どの場面を使うか、どのキャストを映すかなどを考えるだけでなく、演出がマンネリにならないよう考慮しなければなりません。特に、生放送の番組は取り直しができないため、ディレクターのセンスの見せ所といえるでしょう。

2.番組スタッフの選出

番組に関わるスタッフの選出や割り振りもテレビディレクターの仕事です。ディレクターは、アシスタントディレクターに指示を出したり、カメラマンや技術スタッフの立ち位置を決めたりして適切な人材を配置し、その管理を行います。

3.番組制作現場とクライアントの橋渡し

テレビディレクターは、現場とクライアント側の意見を橋渡しする役割も担っています。番組予算のすり合わせを行ったり、演出に対する意見の食い違いが起きたときの現場の声をプロデューサーに伝えたりするのもディレクターの大切な仕事。多くの人と関わり調整しながら、番組を成功に導きます。

テレビディレクターになる方法

テレビディレクターになるには、「番組制作会社」に就職する方法があります。いきなりティレクター職に就くのは難しいため、まずはアシスタント(AD)として現場の業務経験を積みましょう。学歴や経験は不問とする場合が多いので敷居はそれほど高くありません。インターンやアルバイトなどを利用して、実際の仕事を体験して理解を深めるのもおすすめです。

テレビ業界で働きたい方は、仕事の種類や就職方法をご紹介する記事、「テレビに関する仕事がしたい!代表的な職種と就職方法」を参考にしてみてください。

【Web業界】Webディレクターとは?

Webディレクターとは、Web業界で主にWebコンテンツ制作をマネジメントするディレクターを指します。以下に、主な業務内容をご紹介しますのでご参照ください。

1.Webコンテンツ制作の管理

Webディレクターは、Webコンテンツ制作におけるスケジュールや進捗管理を行います。具体的には、スケジュールを立てたりプロジェクトメンバーの作業が遅れていないかを確認したりして、納期に間に合うよう管理するのが仕事です。また、制作物の品質管理もWebディレクターの仕事。クライアントが期待する仕上がりになるようメンバーに指示を出すこともあります。

2.Webコンテンツ制作メンバーの選出

Webコンテンツ制作にどのメンバーを入れるかを考え、選出するのもWebディレクターの仕事です。Webコンテンツ制作現場では、デザインを手掛けるWebデザイナーやプログラミングを行うプログラマー、Webライターなど、さまざまな職種の人が働いています。それぞれのメンバーに対し、クライアントの要望やスケジュールの共有を行い、プロジェクト全体をまとめるのがWebディレクターの役割です。

3.Webコンテンツ制作現場とクライアントの橋渡し

テレビディレクターと同様に、Webディレクターも現場とクライアントやプロデューサーを橋渡しする調整役を担います。Webコンテンツ制作現場では、それぞれの職種が個々に作業を行うことも多いため、作業を円滑にすすめるにはWebディレクターの存在が欠かせません。

Webディレクターになる方法

Webディレクターになるには、まずWebデザインについて学びましょう。Webデザインに関する知識や現場の経験がなければ、ディレクターとして現場を指揮・管理することはできません。Web制作の仕事に興味のある方は、Webデザイナーの仕事について解説する記事「大学中退から目指すWEBデザイナー」をご覧ください。

【デザイン業界】クリエイティブディレクターとは?

クリエイティブディレクターとは、主にデザイン・広告業界でディレクション業務を担当する職種です。主な業務内容は以下でご紹介します。

1.デザイン・広告制作現場の管理

クリエイティブディレクターは、デザイン・広告制作現場の総責任者として、デザインや広告が公開されるまでの指揮・進行を行います。具体的には、スケジュール管理や進捗管理、制作物の品質管理などです。プロジェクトは、グラフィック、Web制作、映像といった部門に分かれる場合が多く、クリエイティブディレクターはそれぞれの部門ごとに配置されます。

2.デザイン・広告制作メンバーの選出

デザイン・広告制作には、プランナーやデザイナー、カメラマン、コピーライターなどのさまざまな職種が関わります。クリエイティブディレクターは、プロジェクトに応じたメンバーを選出。それぞれのメンバーの進捗を管理しながら、プロジェクトを進行します。

3.デザイン・広告制作現場とクライアントの橋渡し

クリエイティブディレクターも、デザイン・広告制作現場とクライアントやプロデューサーとの調整役を担います。クライアントへの売り込みはプロデューサーの仕事ですが、プロジェクトの制作現場における進行や品質に関わることを上司であるプロデューサーに伝えるのは、クリエイティブディレクターの役割です。

クリエイティブディレクターになる方法

クリエイティブディレクターになるには、クリエイターとしての実務経験やマーケティングスキル、マネジメントスキルが必要なため、未経験から目指すのは難しいでしょう。まずは、クリエイティブ職を経験することが大切です。クリエイティブ職の種類や適性については、「クリエイティブ職の適性って?仕事内容や未経験からの転職方法もご紹介」でまとめています。

ディレクターに求められる4つの能力とは

最後に、ディレクターに求められる能力について解説します。ディレクターを目指すなら、就職や転職後に以下のスキルを身につけるよう意識すると良いでしょう。

1.マネジメントスキル

ディレクターは、現場におけるスケジュール管理や進捗管理などを行うため、マネジメントスキルが求められます。納期が遅れそうなときは、臨機応変に対応しなければなりません。トラブルが発生した際に柔軟に対応するには、一定の業務経験も必要でしょう。

2.コミュニケーションスキル

ディレクターには、プロジェクトメンバーやチームをまとめるためのコミュニケーションスキルがなくてはなりません。ディレクター業務は、現場からクライアントまで幅広い人と関わります。職種や役職に関わらず、相手の言葉の意図を正確に汲み取り、自分の意見を伝えられる人がデクレクターに向いているといえるでしょう。

3.客観的な視点で全体を把握する能力

客観的な視点で全体を把握する能力もディレクターには必要です。先述のとおり、制作現場では多種多様な職種が関わります。自分の専門だけでなく、幅広い知識を身につける努力を惜しまない人は、客観的な視点で物事を捉えられるでしょう。

4.その業界で求められる実務経験とスキル

ディレクターになるには、テレビ、Web、広告など、それぞれの業界での実務経験とスキルが求められます。テレビ業界なら映像技術や編集技術、Web業界や広告業界ならWebデザインやプログラミングスキルなど、その業界に合ったスキルを身につけましょう。

「将来ディレクターになるには今からどんな仕事に就けば良い?」とお悩みの方は、就職サポートサービスのハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、20代の若年層に特化した就職エージェント。就活アドバイザーが、カウンセリングで丁寧に希望や条件をうかがい、あなたにぴったりの求人をご紹介します。応募する求人が決まったら、アドバイザーがマンツーマンで応募書類の作成や面接対策をサポート。面接の日程調整や企業との交渉もハタラクティブが代行するなど、就職を前面バックアップいたします。「自分の適性が分からない」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

吉田早江

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A