1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 営業の離職率は高い?低い業種はある?保険や不動産など業界別に解説!

営業の離職率は高い?低い業種はある?保険や不動産など業界別に解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・営業職の離職率は、業界や営業先によって差がある
    ・離職率が高い営業は新規開拓するもので、高いノルマなどが原因
    ・営業の離職率が高い業界は不動産や卸売、保険など
    ・営業の離職率が低い業界は、メーカーやインフラ
    ・仕事を続けるには、自分の適性に合った営業職を選ぶのがポイント

営業の離職率は高い?低い業種はある?保険や不動産など業界別に解説!の画像


営業職というと、厳しいノルマや少ない休日、人間関係の難しさというイメージから、離職率の高い職種という認識を持っている方が多いでしょう。
営業職は、確かに高いビジネススキルが求められる難しい仕事で、ハードな面はあります。しかし、その特色や適性を理解すれば、自分に向いている営業職を見つけるのは可能です。ここでは、離職率への考察をもとに、自分に合った営業職を見つける方法についてご紹介します。

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

 

営業の離職率は高い?営業スタイルによる?

一般的に高いといわれている営業職の離職率は、業界や営業先によって異なります。
主に、高単価な商品を扱う業界や、営業先を新規開拓する必要がある場合の離職率は高い傾向があるようです。

 

営業職とは

営業職の内容は、大まかに新規営業、ルート営業、深耕営業の3つに分けられます。
それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 
新規営業

新規の顧客獲得をメインとする業務です。代表的なものは個人向け商品の販売で、その営業方法は飛び込みやテレアポなどが主なもの。比較的高いノルマが課せられるのが特徴です。

 
ルート営業

ルート営業とは、既存の取引先を周って販売後のアフターフォローなどを行う営業方法。新規営業で得た顧客を手放さないためにも、きめ細やかな気配りをもって業務にあたる必要があります。顧客の立場に立った深い理解や、相手から話を引き出すコミュニケーション力が求められるでしょう。

 
深耕営業

既存顧客の要望を聞いたうえで、よりニーズに合ったサービスや商品の提案をしていく営業方法です。顧客が何を求めているのかを的確に読み取る力が必要。ルート営業と同じような意味で使われる場合もあります。

営業の離職率が高い3つの主な原因

営業の離職率が高いのは、課せられる高いノルマや、ストレスの多い対人関係などが原因です。
以下、具体的に見ていきましょう。

 

1.高いノルマを達成できない

新規開拓の営業職では、ノルマが厳しいことが多いようです。毎月設定されたノルマをこなせずに叱責を受けたり、肩身が狭い思いをしたりして辛い思いをすれば、仕事を続けるのに困難を感じることがあるでしょう。

 

2.土日の休みが取りにくい

営業先が小売業やサービス業など土日稼働している企業の場合、土日でもトラブルの対応といった連絡が来ることも。その際には、たとえ自身は休日であっても対応することになるでしょう。
また、ノルマが達成できていないときには、休日を返上して出勤し、売上を伸ばすために取引先を周ることも。営業先の都合に合わせて動くので、不規則で休みの取りにくい職種だといえます。

 

3.対人関係のストレスが大きい

営業職は、人間関係が基本となる仕事といっても良いでしょう。日々、顧客といった社外の人間だけでなく上司や同僚、他部署の人たちなど、社内の多くの人々と調整を取りながら業務にあたる必要があります。そのため、多忙な毎日に加えて対人関係でのストレスが大きく、疲弊してしまって退職を選ぶ人も多いです。

 

営業の離職率が高い4つの主な業界

営業職はほとんどの企業に存在しますが、そのなかでも新規開拓の必要があったり、ノルマが厳しかったりする傾向がある業界は離職率が比較的高いようです。ここでは、特に営業職の離職率が高いとされている業界をご紹介します。

 

1.不動産業界

不動産業界の営業は、住宅や投資用マンションの販売のため、数百件ものテレアポ営業を行うこともあります。消費者の一生を左右するような大きな額の商品となるので、1件成約するのに長期間かかる場合も。休日もテレアポ業務を行うことも珍しくなく、ハードな営業であるといえるでしょう。
一方、賃貸物件を扱う仲介業者は、店舗での物件紹介などが主となるので、販売ほど営業をかける必要がありません。そのため、同じ不動産業界であっても、比較的離職率は低めといえます。

 

2.小売・卸売業界

デパートやスーパーなど、小売・卸売業界の営業職も高い離職率の傾向があります。理由は、業務内容に変化がなく、キャリアアップが難しいからです。また、営業職のなかでも比較的給料が低く、長時間労働になりがちという点も、その離職率を高めている原因といえるでしょう。

 

3.保険業界

保険業界は、個人向けのうえに高額な商品を扱うことから、売上を伸ばすのが難しいとされています。ノルマも厳しめに設定されている傾向があるので、顧客の取り合いになったり、周囲の人に契約してくれるよう協力を頼んだりすることも。

 

4.金融業界

金融業界はテレアポや飛び込み営業が多く、断られてもめげずに業務を続けられる強い精神力が必要です。その業務内容は、主に個人営業と法人営業に分かれています。
個人営業は住宅ローンや投資、保険などを個人客に提案するもので、法人営業は企業や団体に対して資金の融資を行うもの。それぞれ金融商品に対する高い専門知識が要求されたり、精神的に余裕のない顧客を相手にする場合があったりと、業務実態はハードであるようです。

 

営業の離職率が低い業界はある?

メーカーやインフラ業界の営業職は、低い離職率の傾向があります。多くは、既存の取引先を周る営業スタイルになるのが背景の1つとして挙げられるでしょう。以下、詳しくご説明します。

 

メーカー業界

メーカーが扱う商品の取引先は、すでにある程度決まっていることが多いです。そのため、新規開拓よりもルート営業が主になり、比較的穏やかな働き方が出来るといえるでしょう。

 

インフラ業界

電気やガスといったインフラ業界は、安定した需要を見込めるのが最大の特徴。そのため、業績が比較的安定しており、新規参入も少ないことから離職率は低いようです。
一般的に福利厚生が充実していたり、労働時間も削減している傾向があったりするため、働きやすい職場であるといえるでしょう。

離職率の低い営業職を選ぶ4つのポイント

営業職の求人を選ぶ際には、求人の待遇を明確にしているか、頻繁に求人広告が出ていないかどうかなどのチェックポイントがあります。離職率が高いとされている営業職ですが、自分に合った求人を選ぶと定着度が高まるといえるでしょう。

 

1.求人での待遇を明らかにしているか

営業職は、給料であればインセンティブがあったり、固定給だったりとその待遇がそれぞれ違います。待遇についてアバウトな書き方しかしていない場合は、実際に入職してから思っていた待遇と違い、短期離職へと繋がる場合も。求人で待遇をできるだけ明らかにしている企業を選び、ミスマッチを防ぎましょう。

 

2.求人広告が頻繁に出ていないか

求人広告が頻繁に出ている企業は、それだけ離職者が多いということです。
または、せっかく入職しても短期間で辞めてしまっている場合もあります。精神的や肉体的にハードで、続けにくい仕事の可能性があるので要チェックです。

 

3.自分に合う働き方が出来るか

営業職は、その種類や状況によってそれぞれ適性があります。営業職の特色を理解し、どんな働き方が自分に向いているのかを考えるのが、続けられる営業職を選ぶコツです。
営業対象と内容の掛け合わせによる適性を、以下で確認してみましょう。

 
個人営業+新規開拓

不動産や保険など、主に高単価な商品を取扱うのが特徴。一般的に難易度が高く、離職率も高いといわれています。訪問販売のほか、販売店や窓口対応といった形の業務も。給料は歩合制が多く、契約を取ってきた業績に合わせて決まる場合が多いです。
概ね一人で取り組む場合が多く、個人プレーになります。また、営業成績といった形で成果がはっきり見えるので、結果が目に見えることでやる気が出る人に合っているでしょう。
また、個人向けの高額商品は、顧客にとってはライフプランにも関わる大きな買い物。そのため、お客様個人の人生に関わるのにやりがいを見出す人にも向いています。

 
個人営業+得意先

個人の顧客との関係を継続させるのが目的で、主に商品販売後のフォローを行います。長く信頼関係を築く必要があるので、顧客に寄り添い、そのニーズを汲み取る力が必要です。

 
企業向け+新規開拓

広告、通信事業などのサービスを売り込む場合が多いです。
電話やメールなどアポ取りの工夫で、ビジネススキルが養われるでしょう。加えて「自社のサービスや商品を導入するといかにメリットがあるか」を分かりやすくプレゼンする力が必要です。
失敗を恐れずに動ける人や自分で工夫するのが好きな人に向いています。また、商品やサービスへの深い理解力や相手へのプレゼン力が養えるので、経験をもとにキャリアアップしたいという人にも向いているでしょう。

 
企業向け+得意先

ルート営業が主な内容です。主にチームで動くことが多いので、自分のことだけでなく他を見渡す力や人と人との調整能力が必要となります。コミュニケーション能力が高く、人と協力して成果を上げたいという人に向いているでしょう。

 

4.ライフステージが変化しても働き続けられる環境が整っているか

ライフイベントなどで状況に変化が生じても、仕事を続けられる環境が整っているかもポイントです。営業職として力をつけていても、退職を余儀なくされ、そのキャリアを泣く泣く中断する場合も。同じ職場で働き続けられる制度や環境が整っているかどうかもチェックしておきましょう。

営業職として働く4つのメリット

営業職には「求人数が多い」「実力があれば出世しやすい」などのメリットがあります。以下、詳しくご紹介します。

 

1.求人数が多い

転職市場で、営業職の求人数は多い傾向があります。これは離職する人が多いためですが、人手不足だからこそ就職・転職しやすいというメリットも。未経験からでも挑戦出来るのも魅力といえるでしょう。

 

2.頑張りが給与に反映されやすい


インセンティブのある営業職では、基本給以外にも成果を挙げれば、それだけ給与として自分に返ってくるという点がメリットです。

 

3.実力次第で出世しやすい

努力・実力次第ではスピード出世も夢ではない職種です。自分の仕事が目に見える形で評価されるため、やりがいを感じる人も多く、仕事へのモチベーションともなります。

 

4.コミュニケーションスキルが身につく

営業職として経験を積み「誰とでも話せるようになった」「転職活動などの面接も苦手ではなくなった」「人脈が増えた」という人も多いです。

 

自分に合った営業職が分からないときには

自分に合った営業職が分からないときには、第三者のサポートを受けるのも有効。このコラムでご紹介してきたように、一口に営業職といっても、その対象や内容によって適性が異なります。自分の適性を知るためには、深い自己分析が必要となるでしょう。第三者のサポートで客観的な視点からアドバイスを受けると、自分の適性を把握するのに役立ちます。

 

営業職に興味のある方は、20代・30代向け転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、職務経験が少なく専門的なスキルもないとお悩みの方に向け、ポテンシャル重視の採用を行っている企業の求人を多数取り揃えております。
営業未経験の方でも、キャリアカウンセリングで仕事選びについてアドバイスを行うので安心。専属のキャリアアドバイザーが、一緒にあなたに合った営業職を考えます。
企業への応募や選考日程の調整はアドバイザーを通じて行うので、選考対策に集中出来るのもメリット。ご希望の方には選考書類の添削や面接練習を行いますので、自信を持って選考に臨めます。
これらはすべて無料のサービスですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    業界別!新卒者の離職率が高いのは?

  • image

    「離職率」を転職の参考にしたい方へ

  • image

    本当に高い?新卒の離職率(転職率)

  • image

    営業がきつい理由と向いていない人の特徴とは?対処法もご紹介

  • image

    離職率の平均が高い業界は?早期退職を防ぐ簡単な方法とは

  • image

    会社によって離職率の計算方法は異なっている

  • image

    離職率の平均を考慮して就職する企業を決めよう

  • image

    新卒の離職率は多い?少ない?

  • image

    何が原因?新卒の離職率が高い理由

  • image

    離職率の調べ方と理想の転職先探し

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる