1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 図書館司書の仕事内容は?メリットや向いているタイプ

図書館司書の仕事内容は?メリットや向いているタイプ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・図書館司書の仕事は図書資料の発注や蔵書管理、貸出、利用者への案内など
  • ・司書として働くには国家資格が必要
  • ・図書館司書のメリットはハードワークがなく静かな環境で働ける点、デメリットは求人の少なさと検索機の普及によるニーズの変化
  • ・司書に向いているのは、本が好きで相手の意図を察する力のある人

本の専門職である図書館司書。図書館のカウンターで働く姿を見かけますが、詳しい業務内容や求められる能力を知っていますか?
静かな環境での仕事、本に関わる仕事に興味のある方は、ぜひコラムに目を通してみてください。
図書館の種類や図書館司書として働くメリット・デメリットなど、司書にまつわるあれこれをご紹介しています!

◆図書館司書の仕事内容

図書館司書の仕事内容は、図書館で扱う資料の選択や発注、分類や目録の作成、利用者への貸出や資料の案内などです。図書館によっては来館者に向けたイベントの企画や、テーマに沿って本を紹介する展示コーナーの設置を行うこともあります。
司書として働くには国家資格である「図書館司書資格」が必要で、これは大学で指定の科目を履修することによって取得が可能。また、高卒や既卒の方には、「司書補」として3年以上の実務経験を積んで司書になるというルートがあります。司書補とは司書の補助的な役割を果たす職種で、大学などが一般に向けて開催する司書補講習の受講が必須です。

図書館司書の主な就職先は、自治体などが運営する「公立図書館」、国内で出版された全ての出版物を保存する「国立国会図書館」、そのほか大学内にある図書館や民間団体・個人が運営する私立図書館などです。
国会図書館では国内から収集した膨大な量の書籍・データを、私立図書館では専門知識を身につけある特定のテーマに沿った書籍を扱うなど、働く職場によって仕事の内容にも変化があります。

ほかに小学校、中学校、高校の図書館(図書室)で働く司書もいますが、その場合は司書教諭の資格が必要。司書教諭は利用者に資料を案内する図書館司書とは異なり、「生徒に指導する」という性質を持つ職種です。
司書教諭になるには大学で司書教諭講習科目を受講し、さらに教員免許を取得する必要があります。

◆図書館司書のメリット・デメリット

〈メリット〉

・ハードワークがない
図書館司書の仕事がハードワークになることはなく、特別な問題がない限り長く働ける点が魅力です。また、図書館司書の業務内容には日々の変化が少ないため、一度仕事を覚えると自分のペースで落ち着いて働けるでしょう。

・静かな環境で働ける
図書館の性質上職場は静かなので、大きな音や騒がしさに気をとられることなく勤務できます。活気のある職場より落ち着いた職場で仕事がしたい人にとって、図書館司書はどの施設に勤めても快適な環境で仕事ができる職種といえます。

・雇用の安定性
公立図書館で正職員として働く司書の立場は公務員になるため、一般企業の正社員と比べてリストラのリスクがなく、安定して働き続けることが可能です。公務員試験に合格する必要がありますが、採用後は将来の不安が少ない状態で仕事に取り組めるでしょう。

〈デメリット〉

・正社員求人の少なさ
図書館司書は資格を持っている人の数に対して求人が少ない職種です。資格を持っているからといってすぐに就職できるとは限らず、司書を目指す方の中には欠員が出るまで粘り強く待っているという人も少なくありません。
求人の割合としては非正規職員の募集が多く、アルバイトや派遣として司書の仕事に就いている方もかなりの数に及びます。

・時代の移り変わりによるニーズの変化
利用者に書籍を案内するレファレンスサービスは図書館司書の大きな役割ですが、インターネットや検索機の普及により、近年そのニーズが低下してきています。今、図書館司書はより専門的で高度な知識を身につけ、利用者の要望に応えることが求められています。

◆図書館司書に向いているタイプ

図書館司書に向いている人の一番の条件は、本好きであること。利用者が必要とする資料は多岐にわたるため、ある特定のジャンルの本が好きというよりは、書籍全般が好きという人に向いている仕事でしょう。
また、司書の仕事は蔵書の管理といった裏方としての作業が大半を占めるため、目立たない仕事にコツコツ取り組める人に適性があります。

子どもからお年寄りまで様々な年代の利用者が訪れる図書館。司書は本を扱うイメージのある職種ですが、幅広い年代の人たちとやりとりできるコミュニケーション能力が必須です。
「こんな本を探して欲しい」と頼まれた時に、相手の希望や意図を察する力のある方、多くのニーズに対応するため流行や時代に合わせた知識を磨いていく意欲のある方は、図書館司書として活躍し続けることができるでしょう。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    楽な仕事徹底解説!自分に合う仕事は?

  • image

    文系出身の仕事事情と強みとは?

  • image

    大卒に人気の稼げる仕事、残業が少ない仕事

  • image

    自由に生きるとは?自分らしく充実した人生にするヒントをご紹介

  • image

    適職はどうやって探す?やりたい仕事がない時の対処法

  • image

    やりたい仕事がない!見つける方法ってあるの?

  • image

    できる仕事がないと感じる原因とは?対処法とおすすめの仕事

  • image

    文学部出身の方必見!就職を有利にする効果的対策

  • image

    退職メールが届いたらどうする?返信は必要?

  • image

    大卒フリーターだけど公務員になりたい!実現は可能?

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?