楽な仕事とは?多様な職種21選を紹介!自分にとっての適職を見つけよう

楽な仕事とは?多様な職種21選を紹介!自分にとっての適職を見つけようの画像

この記事のまとめ

  • 「楽な仕事」の定義は人によって異なる
  • 「楽」とされやすい仕事の特徴は「業務が一定化している」「精神的負担が少ない」など
  • 「工場勤務」「ルート営業」「事務職」などは、人によって楽と感じやすい要素がある
  • 「楽」と感じる仕事は、スキルアップや収入アップがしづらい場合がある
  • 仕事を探す際は、「楽か」よりも「自分に向いているか」を基準にするのがおすすめ

「楽な仕事に就きたいけど、どんな職種があるのかな?」と考える方もいるのではないでしょうか。「楽な仕事」の定義は人によってそれぞれ。そのため、まずは自分にとっての「楽とは?」を掘り下げる必要があるでしょう。
このコラムでは、「楽」と感じやすい仕事の特徴や多様な職種について紹介します。また、「楽な仕事」を探す際の注意点も解説。自身の適性や価値観と照らし合わせながら、より自分に合った仕事を探しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

「楽な仕事」とは?

「楽な仕事」といっても、何を「楽」とするかは人によってそれぞれです。そのため、一概にこれが楽な仕事といいきることはできません。自分にとって、どのような仕事が精神的・肉体的に負担が少ないのかといった視点で、「楽な仕事」について考えてみると良いでしょう。
「楽な仕事って?」と疑問に感じている方は、「楽な仕事はこの世の中には存在しないの?上手な転職の仕方を紹介!」もあわせてご覧ください。

「楽」と感じやすい仕事の8つの特徴

ここでは、「楽」と感じやすい仕事の主な特徴を紹介します。前述したように、楽な仕事と感じる定義は人によって異なるもの。単純作業が楽に感じる人もいれば、単調な仕事内容が退屈になりストレスになってしまう人もいるでしょう。まずは、自身がどのような仕事内容に対して「楽」と感じるかを把握することが大切です。「楽」と感じやすい仕事の特徴を以下で確認し、自分の価値観と照らし合わせてみてください。

1.仕事の流れが決まったものになっている

仕事がマニュアル化されていると、楽だと感じやすい場合があります。仕事の流れが決まっていれば、イレギュラーが発生しにくかったりミスが起こりにくかったりするため、負担が少なくて済むからです。それに対して、シチュエーションや現場によって対応を考えなければならない仕事は、臨機応変さが求められるため頭を使います。また、経験だけではなく専門知識が必要となる仕事では、休みを返上して勉強しなければならないことも出てくるでしょう。

2.メンタル面でストレスを感じにくい

コミュニケーションに悩まされることが少なかったり、ノルマが無かったりとメンタル面で負担を感じにくいことも楽とされやすい仕事の特徴の一つです。ノルマに追われていると日々数字を意識してしまい、通勤すること自体が辛くなってしまうこともあるでしょう。
仕事のことを考える時間が減ることで、プライベートもリラックスでき充実したものになり得ます。また、人間関係が良好な職場も、メンタル面でストレスを感じにくいでしょう。

3.責任が重くない

ストレスを感じやすい人にとっては、どんなに報酬が少なくなっても、責任が重くない仕事のほうが楽な場合があるでしょう。責任が重くなればなるほど、のしかかるプレッシャーも大きくなるもの。そのプレッシャーを充実感と受け取る人もいれば、逆にストレスとなってしまう人もいるでしょう。

4.労働条件が自分に合っている

自身の特性に合っていたり望んでいたりする労働条件で働けるのも、仕事が楽だと感じやすいです。身体的・精神的に多少辛いと感じることがあっても、納得できる労働条件であればストレスとなりにくくなります。人間関係がとても良かったり、福利厚生が良かったりするのも楽と感じる労働条件になり得るでしょう。

5.身体的なダメージがない

座って作業ができる仕事や長時間労働が少なかったりする仕事の場合、身体的な疲れが溜まりにくいため楽だと感じやすいことも。たとえマニュアル化されている仕事内容であっても、身体的にハードだとプライベートに影響する可能性があります。仕事で疲れ切ってしまい、家に帰って食べて寝るだけの生活になってしまえば、どのような単純作業であっても楽な仕事とはいえないでしょう。

6.安定した収入を得られる

多少仕事で大変なことがあっても、それに応じた見返りがあれば楽だと感じることもあるでしょう。安定した収入がもらえたり、ボーナスが多かったりすれば、仕事が辛いと感じることは少ない可能性があります。安定した収入を得られることは、プライベートの充実にも繋がりやすいでしょう。

7.自分一人でも仕事を進められる

1人で最初から最後まで完結できる仕事は、自身のペースで取り組めるため楽な仕事と感じやすいでしょう。人とコミュニケーションを取ることが苦手だったり、協力して仕事を進めることにストレスを感じたりする人もいます。そのような人にとって、最低限の人間関係で仕事ができる状況は、気楽な職場環境といえるでしょう。

8.休暇を取得しやすい

休暇をしっかり取れるのも、仕事が楽だと感じやすい特徴の一つです。どんなに身体的・精神的に負担が少なく収入が良くても、休みが無ければストレスを感じる人もいるでしょう。「残業時間が少ない」「休日だけではなく有給も取りやすい」といった職場であれば、プライベートを充実させやすいメリットがあります。
「楽な仕事に就きたい」と考えている方は、「転職するなら「楽な仕事」が良い?メリットとデメリットとは」もぜひ参考にしてみてください。

楽だと感じやすい仕事はある?多様な職種21選

楽な仕事だと感じやすい特徴を前述しましたが、続いて具体的にはどのような種類の仕事があるのかを紹介します。それぞれの仕事にはメリット・デメリットがあるため、すべての人が楽だと感じる仕事は無いでしょう。自身の適性や価値観などを加味したうえで、どのような職業が自分に向いているかを考えることが大切です。

1.工場勤務

作業内容にもよりますが、単純作業がメインの工場勤務は楽とされやすい仕事の特徴を含んでいます。同僚とコミュニケーションを取る機会が少なく、精神的にストレスを感じにくいメリットがあるでしょう。
しかし、夜勤があったり、立ちっぱなしだったりする場合には身体的な負担が出てくる可能性があります。また、同じ作業を何時間も続けることが苦手と感じる人にとっては、仕事自体が苦痛になる場合もあるでしょう。

2.警備員

警備員と一口にいっても、交通誘導や貴重品の運搬、施設の警備などさまざまです。多岐にわたる仕事内容の中でも楽だと感じやすいのが、気温が安定しトラブルが少ない屋内施設の警備といわれています。そのほか、管理室で防犯カメラをチェックするのが主な仕事内容である警備員も楽だと感じやすいようです。交通誘導は単純作業ではありますが、季節によっては体力的な負担が大きい仕事でしょう。

3.Webライター

在宅でできるため、身体的・精神的にも負担が少なく楽に感じやすいのがWebライターです。クライアントから受注して執筆する仕事の場合、記事構成やマニュアルがしっかりしているため初心者でも始めやすいでしょう。基本的な日本語ができること、締め切りをしっかり守れることが大切となります。ただし、SEO対策が求められれば、専門的知識が必要な場合もあるでしょう。

4.地方公務員

福利厚生が充実していること、収入が安定していることが地方公務員を楽と感じる理由として挙げられます。残業時間が少なめで、民間企業とは違い倒産の心配をする必要が無いこともメリットといえるでしょう。
仕事内容は楽とは言い切れませんが、安定を求めている人にとっては魅力的な仕事です。しかし、自治体にもよりますが、就くために必要となる試験の受験資格が30歳前後となることは気をつけなければなりません。

5.大家

初期投資は必要となりますが、大家は管理会社を仲介すれば仕事をせずに収入を得られるため、楽とされやすい仕事といえます。家賃保証会社を利用すれば、家賃滞納リスクの軽減が可能です。
また、初期投資を用意できなくても、オーナーからの委託という形でマンション管理人という仕事ができます。住民のトラブルやクレーム対応を請け負わなければなりませんが、治安が良ければ比較的楽に仕事ができる可能性があるでしょう。

6.トラックの運転手

運転中は1人でいることが多いトラックの運転手は、同僚とのコミュニケーションが苦手と感じる人にとっては楽と感じる仕事といえるでしょう
トラック運転手にも多様な仕事がありますが、比較的ストレスが溜まりにくいのがルート配送です。運ぶものや運び先が決まっているため、定時に帰りやすい仕事になります。しかし、通販サイトの配達になると、再配達や時間指定などがあり負担が大きくなるのが特徴です。

7.建物のメンテナンス

基本的に1人で仕事し、内容もルーティン化している建物のメンテナンスを主とする場合が多いため、楽と感じやすい仕事の一つです。仕事内容は点検、巡回をして異常が無いかチェックするのが中心となりますが、専門的な知識はあまり求められません。
異常が見つかった際には、自身で修理をせずにメーカーへ連絡するのが一般的です。シフト制となっているため、身体的にも無理せず働けるのが魅力といえるでしょう。

8.塾講師

体力的・精神的に負担を感じにくい仕事として挙げられるのが、塾講師です。体力仕事が少なく、少人数の子どもを相手に指導することが多い塾講師も、人によっては楽と感じやすい仕事です。大人数の子どもや大人を相手とする仕事に比べて、精神的な負担が少なくて済む可能性があります。
職場が求めている学力が必要となりますが、それを満たしていれば誰でも就きやすい仕事といえるでしょう。仕事内容もテキストの説明や、生徒の質問に答えることがメインです。

9.ルート営業

営業職となるとノルマを課せられるイメージが強いですが、コミュニケーションが苦手でなければ楽と感じる仕事もあります。営業職の中でもルート営業であれば、ノルマもほとんどなく新規開拓のためのアポイントメントを取る必要もありません。ルート営業は既存の取引先に対して、製品サービスやフォローをするのが主な仕事内容です。慣れてくれば顔なじみになるため、人によっては楽しい環境の中で仕事ができるでしょう。

10.システムエンジニア

システムエンジニアの中でも元請けや社内のものであれば、比較的楽に仕事ができる可能性があります。無理な納期を課せられにくく、外部との関わりが少ないのもメリットといえるでしょう。
特に社内システムエンジニアは、社内のシステムトラブルがメインとなるため社外対応よりも気楽に仕事ができる傾向にあります。また、収入が比較的良いのも、仕事が楽と感じられるポイントの一つです。人間関係に問題が無ければ、恵まれた環境といえるでしょう。

11.研究開発

誰でも就けるわけではありませんが、研究開発も楽と考えられる仕事の一つです。この仕事の魅力は、営業の人の要望を実現したり、専門知識を活かせる充実感を得られたりすることにあります。
研究することが好きな人にとっては、心おきなく打ち込める楽しさがあるでしょう。しかし、解決できないと仕事が終わらない、成果にムラがあるなど根気が必要な仕事ともいえます。

12.引越し業者

単純作業が多く、ノルマが少ないことが引越し業者を楽に感じる理由として挙げられます。精神的な負担は少ないといえますが、重い荷物を運ぶため身体的に負担が大きい点が人によっては辛いことがあるでしょう。

13.受付スタッフ

座った状態で過ごすことが多い受付スタッフは、身体的に楽だと感じやすい仕事の一つです。大手企業であれば受付業務のみの場合が多いため、対人マナーがあれば仕事内容自体に負担を感じることは少ないでしょう。
中小企業やショッピングモールの受付となると、事務処理や館内放送、ポイントカードの手続きなどを請け負うこともあるため仕事内容は増えてきます。

14.販売業

仕事内容がルーティン化していて、営業職のように新規開拓を目的とした外回りをする必要がない販売業も、楽と感じる人が多い仕事です。屋内で働くため、季節関係なく快適な環境で働けるのもメリットといえるでしょう。
しかし、多様なお客さまを対応することになるため、臨機応変に会話をするスキルは必要です。ノルマの有無に関しては企業によって変わってくるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

15.一般事務職

仕事内容がマニュアルに沿っていてルーティン化していること、座って作業できることから一般事務職も楽な仕事の一つといわれています。仕事内容も吸収しやすいため、座って仕事をすることが苦痛でなければ比較的誰でも働きやすいでしょう。
責任を背負う場面も少なく、残業や休日出勤がほとんどないのもメリットです。職場内でのコミュニケーションは大切となるため、人間関係によって楽かどうかが大きく変わってきます。

16.コールセンター

座ったままで仕事ができて、快適な環境で働けるコールセンターは身体的な負担が少ない仕事です。コールセンターには大きく分けて、自身が電話をかけるアウトバウンドと電話を受けるインバウンドの2種類があります。
楽に働きやすいのが、トラブルが少ない法人向けのインバウンドです。時給が良いところも多く、ストレスを抱えることが少ないのが魅力です。しかし、専門的な用語を覚えて理解する必要はあります。

17.図書館のスタッフ

開館時間や休館日が決まっていて、落ち着いた環境の中で仕事ができる図書館のスタッフも楽な仕事を探している人におすすめです。シフト制を取り入れているところも多いため、無理なく働けるのも魅力となります。
仕事内容は受付カウンターでの本の貸出・返却対応にくわえて、本の整理や管理などがメインです。扱っている本の種類が豊富なため、幅広いジャンルの知識に精通していると職場で重宝されるでしょう。

18.美術館のスタッフ

落ち着いた環境の中で働けて定時で帰れる場合が多いため、楽な仕事のように感じられるのが美術館のスタッフです。しかし、チケットの販売や物販の対応、来館者の案内など仕事内容は多岐にわたります。立ち仕事となることも多く、長時間勤務する場合は体力を要する可能性もあるでしょう。

19.在宅ワーク

顧客データの入力やリスト作成、録音データの文字起こしなど在宅ワークにもさまざまな仕事があります。在宅ワークは自身の生活スタイルに合わせて仕事を進められるのが、楽と感じやすい大きな理由となるでしょう
人間関係に悩まされることが少ないのもメリットの一つです。しかし、自宅でできる仕事だからこそ、オンオフの切り替えが難しいデメリットもあります。

20.期間工

大手自動車、部品メーカーなどの工場に期間限定で勤める仕事を指す期間工は、同じ作業を続けるため楽に感じる人が多いようです。また、寮が用意されていることが多く貯金が貯まりやすいといわれています。担当する工程によっては体力勝負になる場合もあるため、仕事内容は事前にリサーチしておいたほうが良いでしょう。

21.清掃員

短時間勤務も多く、コミュニケーションが苦手でも働きやすいのが清掃員です。多様な施設で清掃員が募集されていますが、オフィスビルやショッピングセンターの清掃員が楽だといわれる傾向にあります。高齢者が多く勤める仕事でもあるため、身体的に負担を感じにくいのがメリットです。しかし、衛生面で苦痛を伴う状況があることは、念頭に置いておいたほうが良いでしょう。

どのような仕事にも「やりがい」と「困難」がある
どのような仕事にも、喜びややりがいがある一方、大変なことや辛いことがあるものです。そのため、一側面だけを取り上げて、楽な仕事とはいえません。単純作業も長時間におよべば飽きがきて辛くなる可能性があります。ノルマがないからといって、仕事自体の責任が軽くなるわけではないでしょう。仕事選びは多角的な視野を持って検討することが大切です。
「楽な仕事」といわれる職種について詳しく知りたい方は、「正社員で楽な仕事を見つけるには?男性と女性で違う人気の求人も」もぜひご参照ください。

楽な仕事を探す際に注意すべき6つのポイント

「楽」と感じやすい特徴を持つ仕事には、良いことばかりではなく、注意すべきポイントもあります。自身に合った楽な仕事を見つけることは大切ですが、スキルアップが見込めなかったり収入が少なくなったりする可能性があることも知っておきましょう。

1.昇進や昇級できない可能性がある

楽な仕事は誰でも就ける内容であることが多く、昇進や昇給を期待しづらいでしょう。現状では昇進や昇給が気にならなくても、ライフスタイルに変化が出てきたときに、収入が変わらないことに不安を覚える可能性があります。

2.スキルアップが見込めない

ルーティン化している仕事内容はトラブルが発生しにくく、楽にこなせるものが多い傾向です。しかし、楽な仕事であればあるほど、スキルアップのチャンスに恵まれにくい可能性があるでしょう。また、転職する際にアピールポイントとして記入できる内容が少なくなるデメリットも考えられます。

3.今後も辞め癖がついてしまう

楽な仕事は身体的、精神的にストレスを抱えにくいことが特徴として挙げられます。その環境が当たり前になってくれば、自然とストレス耐性や乗り切る力が弱くなってしまうことも。嫌なことがあると転職を選ぶという辞め癖がついてしまう可能性もあるため注意が必要です

4.年収が低くなることもある

仕事内容と収入は比例する傾向にあります。誰でも就きやすく単純作業が多い仕事は、年収も低めに設定されている場合が多いでしょう。中には楽に働けるにも関わらず高収入な仕事もありますが、その際は危険を伴ったり仕事内容がハードだったりする可能性があるため、事前の確認が大切です。

5.派遣社員やパートの場合がある

楽に働ける仕事内容では、派遣社員やパートなどの雇用形態であることが多い傾向です。自分の都合に合わせて勤務時間を調整しやすいメリットはありますが、人件費削減のために雇用を切られてしまう覚悟は必要となってきます。それに対して、正社員は責任も重くなってきますが、その分福利厚生が充実していたり収入が安定していたりといったメリットがあります。

6.転職活動に時間が掛かる

「楽」とされやすい仕事は倍率が高いため、内定をもらいにくくなります。そうなれば、転職活動に時間が掛かってしまうでしょう。転職活動が長引けば、収入減や就職できるか否かといった心配が出てきます。早く就職先を決めたいばかりに、焦って理想とは異なる仕事に就いてしまうリスクも。転職を考えている際には、現職を続けた状態で新しい仕事を探すのがおすすめです。

「楽」だけを基準に仕事を探すと後悔するリスクも

「楽」という点のみを重視して仕事に就くと、入社後に後悔するリスクがあるため注意が必要です。自分の適性や価値観を考慮せずに就職を決めることで、仕事や企業との間にミスマッチが起こりやすくなります。そうなれば、「自分の性格と仕事内容が合っていない」「もっと成果が反映されやすい職場で働きたい」と感じ、仕事を辞めたくなる可能性もゼロではありません。また、楽な仕事を求めて転職を繰り返してしまうと、技術が身につきづらくなったり、収入アップが見込めなかったりする状況に陥ることもあるでしょう。
自分の適性や働くうえで大切にしたいことを明確にしたうえで、「自分にとっての楽な仕事や適職とは何か」を突き詰めて考えることをおすすめします

楽な仕事と思えなくてもチャレンジすることが大切

楽な仕事とは思えなくても、チャレンジしてみる姿勢も大切です。最初は楽ではないと思って続けていたところ、慣れてみたら案外自分に向いている仕事で好きになったということもよくあります。 苦手な分野の仕事でもあえてチャレンジすれば、自分の意外な一面を知れたり、新たなスキルを身につけられたりする可能性があるでしょう。自己成長の実感とともに仕事の成果が給料に反映されれば、働く喜びにも繋がるはずです。

「楽な仕事」よりも「自分に合う仕事」を探そう

前述したように、「楽」という観点のみで仕事探しをすると、結局は自分の成長に繋がらず将来的なリスクが大きくなる可能性があります。その点を踏まえれば、楽な仕事を探すよりも、「自分に向いている仕事」を探すのがおすすめです。自分に向いている仕事については、「自分に向いてる仕事が分からないときはどうする?適職の見つけ方を解説」で詳しく説明しているので、ぜひご参照ください。仕事をするのであれば、向いていない仕事ではなく向いている仕事に就いたほうが、やりがいを感じやすくなり、困難も乗り越えやすくなるでしょう。

「今より楽な仕事に就きたい」「自分に合う仕事が分からない」という方は、ハタラクティブを利用してみませんか?

ハタラクティブは、正社員を目指す既卒や第二新卒、フリーターなどの若年層に特化した就職・転職エージェントです。
未経験OKの正社員求人を豊富に用意し、就活アドバイザーによる1対1でのカウンセリングであなたの仕事・企業探しを全力でサポート。実際に取材した企業の求人のみを扱っているため、仕事内容や企業の詳細についての詳しい情報もお伝えできます。書類作成や面接対策のアドバイスも行っているため、就職活動に自信がない方も、ぜひお気軽にハタラクティブへご相談ください。

関連タグ

  • arrow