仕事は楽が一番?適職を見つける仕事観

仕事は楽が一番?適職を見つける仕事観の画像

【このページのまとめ】

  • ・自分にとって楽な仕事とは何か

    ・お金を貰っている以上、どんな仕事も楽ではない

    ・楽にすべき行程は、業務を見直してすっきりさせよう

    ・楽な仕事を続けると、結局は自分が困ることに

    ・楽ではない仕事こそ、人を成長させるもの

    ・楽な仕事ではなく、自分に合った仕事を見つけよう!

「楽な仕事がしたいなあ…」

誰でも一度はそんな風に思うものですが、楽な仕事とは一体何でしょう?

今回のコラムでは楽な仕事についての考え方と、楽な仕事の裏にあるデメリットを分析します。

◆自分にとっての「楽」な仕事とは何かを考える

「楽な仕事」といっても、何を「楽」とするかは人によって様々です。

まずは、自分にとってどんな仕事が精神的・肉体的に負担が少ないのかという視点で、楽な仕事について考えていきましょう。

多くの人がイメージする楽な仕事の一つは、作業内容が簡単な仕事ではないでしょうか?単純作業の繰り返しや、自分のペースでこなせる仕事、また、人と接しない仕事はストレスが少ない傾向にあります。 

ほかに、時間的な拘束がきつくない仕事、納期やノルマがない仕事も、プライベートと両立しやすく楽であるといえるかもしれません。それから、満員電車に乗らなくて良い仕事は、通勤のストレスがありません。 

少し目線を変えてみると、責任があり業務内容が高度であっても、職場の人間関係がスムーズならば「精神的に楽な仕事」と感じる人もいるでしょう。 

◆どんな仕事も実は「楽」ではない

楽な仕事の例について挙げてきましたが、働いてお金をもらう以上は「どんな仕事も楽ではない」というのが社会の大原則です。
単純作業も長時間に及べば飽きがきて辛くなりますし、ノルマがないからといって仕事自体の責任が軽く簡単というわけではないでしょう。 


仕事が楽でないのは、社会人として働く以上受け止めなければならないこと。 

ただし、仕事の行程が非効率的といった理由で、本来スムーズに進行すべき箇所が楽ではなくなっている場合は、役割分担やチームワーク、フローの効率化で改善が望めないか考えてみましょう。 

仕事は楽ではないというのが働く上での大前提ですが、無駄な大変さや効率の悪さは、自らアイデアを提案することで解消していくと良いでしょう。 

◆楽な仕事を探す前に、自分を鍛える

苦手なことを避けられるのが「楽な仕事」であるとすれば、楽な仕事に就けばかなりのストレスを軽減することはできるでしょう。
しかし、楽である点に魅力を感じてその仕事を続けていると、何か壁にぶつかった時にすぐ挫折して辞めたくなる可能性が大。楽な職を転々としていても、将来的な成長や給料アップは望めず、リスクの多い人生を歩むことになってしまいます。 

もし頭の中に『楽な仕事=魅力的』『楽ではない仕事=きつくて疲れる』という図式があるなら、ここで考えを改めましょう。 


苦手な分野でもあえてチャレンジすることで自分の意外な一面を知ることができますし、何より新たなスキルが身につきます。それから、最初は楽ではないと思って続けていたところ、慣れてみたら案外向いている仕事で好きになったというのもよくあるケース。 

難しい仕事であっても経験を積んで自分を成長させることによって、以前はしんどいと感じていた業務を楽だと感じるようになるかもしれません。成長の実感があり、仕事の成果が給料に反映される仕事には、働く喜びがあるものです。 

◆楽な仕事を探すのではなく、自分に合う仕事を探してみよう

「楽」という観点で職探しをすると、結局は自分の成長が得られず将来のリスクが大きくなってしまいます。

その点を考えると、楽な仕事を探すより「自分に向いている仕事」を探すほうが賢い選択といえるのではないでしょうか。

自分に向いている仕事、つまり適職は、就職活動の必須項目である自己分析で得られた情報をヒントに導き出せます。自己分析とは、過去の経験を振り返りながら自分を分析する作業。

自己分析を通して自分の長所や欠点、価値観を明らかにすることで、向いている業界や適職を考えられるでしょう。

自己分析だけでは物足りないという人は、第三者に意見を聞いてみるのもおすすめ。家族や友人、知り合いは客観的な目線であなたを見ています。第三者の意見からは新鮮な発見があることも多く、自分でも想像しなかった適性が浮かび上がるかもしれません。

仕事をするのなら、向いていない仕事より向いている仕事に就いたほうが断然やりがいがあり、困難を乗り越えやすくなります。

「楽」と思った仕事は続けていると飽きたりやりがいを見失うことも多く、いずれは自分に本当に合った仕事を見つければ良かったと後悔することになるでしょう。

◆どんな仕事が向いているのかわからない、そんな人はハタラクティブへ!

今の仕事が辛い方、自分に合う仕事がわからないという方は、ハタラクティブで就職・転職を考えてみませんか?

転職・就職支援のハタラクティブは、正社員を目指す高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層に特化したサービス。未経験OKの正社員求人を豊富に用意し、就活アドバイザーによる1対1でのカウンセリングで仕事・企業探しの軸を探ります。

サービス利用による内定率は80.4%(2015年7月)。実際に取材した企業の求人のみを扱っているため、仕事内容や企業の詳細についての詳しい情報をお教えできます。また、20代の就職支援を専門としたハタラクティブでは、書類作成や面接対策の指導で万全のサポートを行っているため、就職の経験がないというフリーターの方も、ぜひお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION