転職するなら「楽な仕事」が良い?適性の見分け方と転職成功のコツ

転職するなら「楽な仕事」が良い?適性の見分け方と転職成功のコツの画像

この記事のまとめ

  • 人によって「楽な仕事」の捉え方は異なる
  • 一般的に「体力的、精神的な負担が少ない」「作業が難しくない」仕事が楽といえる
  • 楽な仕事は少ないストレスで働けるいっぽう、給与が安いこともある
  • 楽な仕事に転職するには、自分の適性を正しく把握することが大切

ひとくちに「楽な仕事」といっても、人によって捉え方や感じ方は異なります。このコラムでは、自分にとっての「楽な仕事」を見つけるために適性について解説しています。また、どんな仕事が「楽な仕事」なのか、その特徴などもまとめています。転職成功のコツも解説しているので、仕事を辞めようと考えている人は参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職で楽な仕事を選んでも良い?

楽な仕事を転職先として選んでも問題はありませんが、どのような業務内容・職場環境が「楽」なのか、自分なりに理解したうえで選択するようにしましょう。

自分にとって「楽な仕事」とは?

自分にとって「楽な仕事」を探すには、適性をしっかり把握することが大切です。
適性とは、仕事内容の好き嫌いではなく、「仕事に活かせる能力やスキルがあるか」「性格的に仕事内容と合うか」などから判断できます。例えば、どんなに好きだったり憧れていたりする仕事でも、適性がないとミスが多発したり成果につながらなかったりすることも。適性があれば、仕事内容が苦にならない、見合った評価を受けられるでしょう。詳しくは「自分の適性に合った仕事の探し方」のコラムでご確認ください。

「楽な仕事」の特徴

一般的に「楽な仕事」といわれる条件をまとめました。すべての人に当てはまるとは限りませんが、体力的負担が少なかったり作業が比較的単調だったりする仕事は、「楽な仕事」と思う方が多いようです。

体力の負担が少ない

座ってできる作業や重いものを持たない仕事など、体力的な負担が少ない業務を「楽な仕事」と捉える方は多いようです。ただし、ずっと同じ姿勢で座っているのは意外に体に負担がかかるもの。イメージだけで「◯◯の仕事は体力がいらないだろう」と決めつけるのは良くありません。

精神的な負担が少ない

ノルマがない、クレームを受けない、人間関係を気にしなくて良いなど、精神的な負担が少ない仕事も「楽な仕事」に当てはまるでしょう。

作業が難しくない

決まった作業を行うルーチンワークや特別なスキルを求められない業務も、「楽な仕事」といわれることが多いようです。ルーチンワークの場合は作業内容が決まっているので残業やトラブルも起きにくいでしょう。

労働環境が良い

福利厚生が整っている、休暇制度が充実している、残業が少ないなど、働きやすい労働環境の仕事を「楽な仕事」とする方もいるでしょう。肉体的・精神的に大変でも、それを上回るほどの整った労働環境ならポジティブに捉える、という方は多いようです。

本人のスキルによって「楽な仕事」は変わる

冒頭でも述べたように、一般的に楽といわれる仕事の特徴はあるものの、本当に楽と感じるかどうかは本人のスキルや適性によって変わります。以下に、どんな人がどんな仕事を楽と思うのか、まとめました。

ノルマ達成にやりがいを感じる人にとっての「楽な仕事」

ノルマに対してプレッシャーを感じる人は多いですが、その一方で「ノルマを達成したときのやりがい」がモチベーションにつながっている人も。実績が賞与や昇給に反映される点にも魅力を感じられるのが、ノルマのある仕事の特徴といえます。
ノルマは会社の売上にも直結するため、「企業の成長に貢献している」という実感がある方も多いです。営業職や販売職はやりがいが感じられるうえ、顧客の反応も直に見られる職種としても好まれています。

身体を動かすことが楽しい人にとっての「楽な仕事」

身体を使う仕事は疲労が溜まるので敬遠されがちですが、体力に自信がある人であれば能力を活かせる仕事といえます。また、じっとしているのが苦手であれば、常に動いていられるような仕事内容のほうが適性があるといえるでしょう。土木作業員や飲食店のホールスタッフは身体を動かす職種の代表といえます。

人とのコミュニケーションが好きな人にとっての「楽な仕事」

人とのコミュニケーションが苦手な人がいる一方で、人とのつながりを大切にしたい人は多いもの。人の笑顔を見たい、相手の不安を解消したいといった希望があれば、介護職やテレフォンオペレーターといった職種が向いているでしょう。

楽な仕事に転職するメリットとデメリット

楽な仕事に転職した場合、メンタルが安定しやすい、プライベートを大切にしやすいなどのメリットがあります。その一方で、年収面の不安がある、仕事のやりがいを感じられない可能性がある、スキルアップなどが期待しづらいといったデメリットも挙げられます。

楽な仕事に転職するメリット

楽な仕事は「業務内容や職場環境が自分に合っている=ストレスが少ない」と考えられるため、必然的に精神的な負担も軽くなるといえるでしょう。さらに、楽な仕事はシフト制や業務内容が比較的簡単など、残業や休日出勤が発生する機会が少なめ。ワークライフバランスが取りやすく、プライベートとの両立が図れます。プライベートが充実すればモチベーションがキープでき業務に還元できるという意味でも、仕事とプライベートのバランスを程よく保つのは重要です。

楽な仕事に転職する3つのデメリット

給与は基本的に、業務内容と個人のスキル面を照らし合わせて決定されます。そのため、業務内容が楽であれば、その分の給与は少ない傾向にあるといえるでしょう。また、ルーチンワークの場合は仕事は楽でもやりがいを感じにくくなる恐れも。
楽な仕事は特に必要となるスキルがないのが基本です。もし転職をしたくなったときは、培ったスキルやアピールポイントを明確にできず、自己PRなどで悩む恐れがあるでしょう。

自分に合った楽な仕事の見つけ方

この項目では、自分に合った仕事の探し方についてまとめました。適性をしっかり把握し、自分に合った「楽な仕事」を探すには、仕事探しの軸を決めたり、転職先候補の情報を集めたりすることが有効です。

仕事探しの軸を決める

仕事探しの軸とは、「企業を選ぶ際に自分が譲れない条件や判断基準」のこと。軸があれば、数多くある企業のなかから自分に合った会社を探すことができるでしょう。
さらに、仕事探しの軸を見つけるにあたって自己分析を行うことで、自分の適性を理解できる効果も。「企業選びの軸の見つけ方!人柄や社風から探すべき?企業へはどう伝える?」のコラムを参考に、取り組んでみてください。

企業の情報を集める

自分が大切にする仕事探しの軸や適性が明らかになったら、該当する企業を探します。
まずは業界や職種を決めてから、企業規模や業界での立ち位置など細かく見ていきます。情報を集めるには企業のコーポレートサイトのほか、口コミやOB訪問など多くの手段があるので、できるだけ多くの方法で行うのポイント。
ただし、口コミなどWeb上の情報は信頼性に欠ける可能性があるため、鵜呑みにしないよう注意しましょう。「自分に合った会社の選び方は?注目すべきポイントや失敗しないための注意」「企業研究によって転職を成功させるやり方を解説!情報の集め方も詳しく紹介」のコラムも参考になるはずです。

面接で気になることを聞いてみる

面接は、求職者と企業がお互いのことを知る場です。気になることがあるのであれば、きちんと聞いて、納得した上で入社入社するようにしましょう。面接では、最後に必ずといって良いほど、「何か質問はありますか?」と逆質問があります。そこで、気になることを質問できるように、準備をしておいてください。もしも、気になると感じていたことが面接中に話題に出て、解決したという場合であっても、何かしら質問をするようにしましょう。「何もありません」という回答は、入社への意欲が低いと判断される可能性が高いからです。

就職エージェントに相談する

第三者に自分を評価してもらうのも、自分に合った仕事を探す方法のひとつです。自分の適性や特徴がいまいち分からなければ就職事情に詳しいエージェントに相談してみましょう。
多くの就職サポート経験から、相談者の性格や特徴に合った転職先を紹介してくれるはずです。就職エージェントの使い方やサービス内容は、「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

就職支援のハタラクティブは、高卒・既卒・第二新卒・フリーターの方を中心とした若年層向けの正社員求人を多数ご紹介。就職・転職活動のプロがあなたの希望を考慮したうえで、どんな業種や職種が向いているのかアドバイスしています。ご紹介する求人は、実際に足を運んだ信頼できる企業だけを選んでいるため安心です。
幅広い業界・職種の中から、あなたにぴったりな正社員求人を探すお手伝いをいたします。ぜひご利用ください。

転職時の基準は?楽な仕事に関するQ&A

ここでは、楽な仕事への転職についてよくある疑問を解消します。

楽な仕事には未経験からできるものがある?

未経験から目指せる「楽な仕事」はあります。ただし、楽な仕事であるかどうかは本人の志向や適性によるところが大きいのが事実です。「簡単な仕事は存在する?未経験者も働きやすい職種とは」も参考に、どのような仕事が自分に合っているか調べてみましょう。

自分にとって楽な仕事がよく分かりません。

自己分析を行うと自分の強みや弱みが明確になるため、どんな仕事に対して苦楽を感じるのか分かりやすくなるはずです。自己分析の方法は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」を参考にしてください。適性で悩んだら、ハタラクティブで就職のプロに判断してもらうことも検討してみましょう。

この記事に関連するタグ