転職するなら「楽な仕事」が良い?メリットとデメリットとは

転職するなら「楽な仕事」が良い?メリットとデメリットとはの画像

【このページのまとめ】

  • ・楽な仕事の転職先例には事務職や社内SEなどがある
  • ・営業や販売職などもスキル次第で楽な仕事になりえる
  • ・転職前の不満解消を軸として、楽な仕事を選ぶのも良い
  • ・楽な仕事に転職するメリットは精神安定やプライベートと両立しやすいなどが挙げられる
  • ・楽な仕事に転職するデメリットは年収が少なく業務に飽きる可能性があるなど

楽な仕事に転職したいと考えていませんか?ひとくちに「楽な仕事」といっても、実は個人の能力や志向によって快適と感じる環境は異なります。このコラムでは、一般的に楽な仕事といわれている代表的な職種例とその大変な一面についてご紹介。楽な仕事に転職するメリット・デメリットもまとめています。自分が「楽」と思える仕事を選ぶため、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職で楽な仕事を選んでも良い?

楽な仕事を転職先として選んでも問題はありませんが、どのような業務内容・職場環境が「楽」なのか、自分なりに理解したうえで選択するようにしましょう。

人により楽な仕事は違うことを把握し転職先を選ぶ

運動が得意な一方で計算が苦手な方や、文章力は高くても体力に自信がない方など、個人によって得意不得意な分野は違います。また、職場環境においても、会話が多い職場のほうが楽と感じる方と、あまり話さない環境のほうが居心地が良いと感じる方がいるというように、業務内容だけでなく職場環境面でも相性があります。
転職先を選ぶ際にこのことを加味しないと、入社後に「楽な仕事だと思ったのに大変だった」とミスマッチが起こりやすいです。

一般的にいわれる楽な仕事例と大変な側面

ここでは、ルーチンワークやデスクワークなど、一般的に「楽」といわれている仕事の代表例をご紹介します。業務の大変な一面も併せて解説しますので、自分に合うかの参考にしてください。

ルーチンワークで楽な仕事

毎日、または毎週など一定の周期で同じ業務を行うのがルーチンワークの特徴です。作業手順が変わったり、新しい商品・サービスなどに関わる作業が発生したりしなければ、常に一定のペースで業務ができるでしょう。

<代表的な職種例>
ルーチンワークの代表的な職種例は以下のとおりです。

工場の作業員

工場作業員が行う業務は一般的に「ライン作業」と呼ばれていることが多く、担当する工程において特定の作業のみを行います。たとえば、商品の検品だけを行う、梱包作業に従事するという風です。製造系の工場であれば、商品の部品の製造や組み立てなどを担当することが多いでしょう。

工場作業員の大変な点は開発している商品や担当工程によって異なりますが、夜勤や残業が身体へ負担をかける、ミスをした場合の責任が大きい、作業が想像以上に単調でつらくなるといった声が多いようです。

デスクワークで楽な仕事

デスクワークは体力をあまり使わないことから楽な仕事として人気です。ルーチンワークのように業務内容も定型的で、「◯日までに◯◯を終わらせる」など毎月おおよそやることが定まっており、一度作業を覚えてしまえばトラブルが起きない限り自分のペースを保って業務に従事できます。

<代表的な職種例>
デスクワークの代表的な職種は以下のとおりです。

事務職

ひとくちに事務職といっても、事務の種類や配属先によってメインとなる仕事内容は異なります。一般事務の仕事内容は、会社や部署全体を対象とした書類の作成・管理、電話・来客の対応などが基本です。営業事務の場合は、営業のサポート役として見積書・請求書などの書類を作成します。経理事務を担当する場合、会社の入出金の管理、決算など金銭に関わる書類の作成・補助などを行うのが一般的です。

事務職は1日中、PCの作業を行うことが多いため、目や腰の疲れを感じる方が多いよう。また、業務内容は数値として実績が分かる内容ではないため、やりがいを感じづらいという側面もあります。

データ入力

データ入力は、指定されたデータをPCに入力していきます。対象となるデータはアンケートの結果や企業(部署)の売上、契約内容、音声の書き起こし、画像の挿入などさまざまです。

データ入力は1カ所でも入力を間違えてしまうとデータとしての信頼性を失ってしまうため、正確性が求められます。また、同じ量のデータ入力を複数の人に任せた場合に作業スピードの差が歴然となりやすい業務であることから、一定以上のタイピングスピードも必要です。

ノルマがない楽な仕事

毎月ノルマがある仕事や売上目標を常に意識する企業では、目標を達成できなかった場合の罪悪感や自信喪失などから自分を責めてしまい、精神的に追い込まれてしまうことがあります。

<代表的な職種例>
ノルマがない仕事には以下の職種が挙げられます。

警備員

警備員の業務は、施設の駐車場などの警備を行う「1号警備」、工事現場の交通誘導やイベントの警備を担う「2号警備」、貴重品の輸送警備を担当する「3号警備」、ボディガードをする「4号警備」に分けられます。

1号警備は待機時間が多いものの1日あたりの勤務時間が長い、2号警備は天候によって疲労度が変わりやすい、3号警備は護身具の着用が大変及び貴重品を扱うプレッシャーがある、4号警備は武道などの心得が必要といった点がデメリットです。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスは、ビルの設備管理や点検、保守、清掃などを行います。1人で特定のビルに常駐し作業を行うビルメンテナンスと、2~3人のチームを組み1日で複数の建物を巡回する巡回ビルメンテナンスの2つに大きく分けられるのが特徴です。

ビルメンテナンスは基本的に24時間体制で行うため、3交代制など夜勤有りのシフト勤務であることが多いです。体力面に自信がない方はきついと感じる場面があるでしょう。また、ビルといってもメンテナンスの対象は幅広く、病院や介護施設などを担当する会社もあります。設備トラブルで人に命の危険が及ばないように配慮する責任感が欠かせません。化粧室や排水管のトラブルなどに対処する場面もあり、「汚い作業が嫌」と感じる方もいるようです。

労働条件が良い楽な仕事

楽な仕事かどうかは、業務内容と労働条件を比較した際に「メリットがある」と感じられるかも重要なポイントといえるでしょう。そのため、労働条件が良ければ楽な仕事と捉えることも可能です。

<代表的な職種例>
比較的労働条件が良い仕事は以下のとおりです。

社内SE

インフラ構築・保守運用などを担う職種。PCのトラブルや問い合わせの対応なども担当します。
IT知識の浅い社員からの問い合わせ対応をする場面が多く、担当外の質問を受けることも。業務範囲は広い反面、専門性がない、実績が見えづらいといった点から正当な評価を得られていないと感じることがあるようです。

地方公務員

地方公務員は、地方自治体に所属し、該当地域の生活・産業に関する業務に従事します。地方公務員は、事務などを担当する行政職、インフラ業務を行う技術職、カウンセリングなどを担当する心理職、福祉関連の業務を担う福祉職、治安維持に従事する公安職、国家資格などの所有者がそれぞれの知識を活かす専門職などに分かれるのが特徴です。

地方公務員の所属組織はトップダウン型が基本。これまでの形式を変えるのも難しい傾向にあり、承認手続きなどにも時間がかかるといえるでしょう。

楽な仕事徹底解説!自分に合う仕事は?」では上記以外の楽な仕事についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

本人のスキルによって楽な仕事と感じられる職種例

営業や介護職など、一般的にはきついと思われていても、本人の能力や適性次第では「楽な仕事」と感じられる職種も多々あります。

ノルマ達成にやりがいを感じる人の楽な仕事

ノルマに対してプレッシャーを感じる人は多いですが、その一方で「ノルマを達成したときのやりがい」がモチベーションにつながっている人も。実績が賞与や昇給に反映される点にも魅力を感じられるのが、ノルマのある仕事の特徴と言えます。
ノルマは会社の売上にも直結するため、「企業の成長に貢献している」という実感がある方も多いです。
営業職や販売職はやりがいが感じられるうえ、顧客の反応も直に見られる職種としても好まれています。

身体を動かすことが楽しい人の楽な仕事

身体を使う仕事は疲労が溜まるので敬遠されがちですが、体力に自信がある人であれば能力を活かせる仕事といえます。また、じっとしているのが苦手であれば、常に動いていられるような仕事内容のほうが適性があるといえるでしょう。
土木作業員や飲食店のホールスタッフは身体を動かす職種の代表といえます。

人とのコミュニケーションが好きな人の楽な仕事

人とのコミュニケーションが苦手な人がいる一方で、人とのつながりを大切にしたい人は多いもの。人の笑顔を見たい、相手の不安を解消したいといった希望があれば、介護職やテレフォンオペレーターといった職種が向いているでしょう。

現状をもとに自分が楽な仕事・転職先を選ぶのも良い

転職したい理由は現状に不満を抱いている場合が多いため、不満を解消できるかを軸とした仕事選びをするのもおすすめです。

人間関係がストレスになっている場合の転職

一度職場の人間関係が悪くなってしまうと、関係がこじれ修復が難しくなることも。人間関係が不穏でも精神的にタフで頑張れる方もいますが、繊細な方は無理をしないことが重要となるでしょう。
人間関係面での不安を軽くする仕事は、個人での仕事量の多さが関わるといえるため、清掃員やトラック運転手といった一人作業が基本の職種がおすすめです。

ワークライフバランス面の不満がある場合の転職

連日の残業は当たり前、休日出勤も多いなど体力的な厳しさから転職を考える人は多いようです。
仕事内容が好きでも、疲れが取れないことが続くようであれば、心身に不調をきたす場合もあります。すでに疲れが溜まっていると実感している人は、早いうちに将来的にも同じ環境で働けるのかを考える時間をとると良いでしょう。
シフト制の職種は次の時間帯へ仕事を引き続ぐため残業が少なめ。年間休日数や休暇制度の充実度もワークライフバランスに直結します。カスタマーサポートやホテルのフロントなどはシフト制で、しっかり休日が取れる場合が多いようです。

楽な仕事に転職する3つのメリット

楽な仕事に転職した場合、メンタルが安定しやすい、体力面の不安が解消されやすい、プライベートを大切にしやすいなどのメリットがあります。

1.楽な仕事はメンタルが安定しやすい

楽な仕事は「業務内容や職場環境が自分に合っている=ストレスが少ない」と考えられるため、必然的に精神的な負担も軽くなるといえるでしょう。メンタル面の不安を解消したい方は、特に自分の心が楽になれるかを基準に仕事を選ぶのが賢明です。

2.楽な仕事は体力面の不安を解消しやすい

これまでお伝えしてきたことから、体力に自信がない方は身体をよく使うような仕事は向かない傾向であることが分かります。転職活動は、体力を著しく消費しない仕事であるか業務内容を確認したうえで行うのが前提となるため、身体的な不安なく仕事ができるでしょう。

3.プライベートとの両立がしやすい

楽な仕事はシフト制や業務内容が比較的簡単など、残業や休日出勤が発生する機会が少なめ。ワークライフバランスが取りやすく、プライベートとの両立が図れます。プライベートが充実すればモチベーションがキープでき業務に還元できるという意味でも、仕事とプライベートのバランスを程よく保つのは重要です。

単純作業とは?仕事の種類とメリット・デメリットを知ろう」では、楽な仕事の中でもルーチンワークのメリット・デメリットについて解説していますので、ご一読ください。

楽な仕事に転職する3つのデメリット

楽な仕事に転職した場合は、年収面の不安がある、仕事のやりがいを感じられない可能性がある、スキルアップなどが期待しづらいといったデメリットが挙げられます。

1.楽な仕事は年収が少ない可能性がある

給与は基本的に、業務内容と個人のスキル面を照らし合わせて決定されます。そのため、業務内容が楽であれば、その分の給与は少ない傾向にあるといえるでしょう。さらにスキルは特に必要ないというように誰にでもできる内容である場合も多数。実際には個人のスキルが高くても、能力を披露し評価してもらえる場面が発生しないのが一般的です。

2.楽な仕事は仕事に飽きる可能性がある

楽な仕事は、単調であったり特に刺激がなかったりする場合も。ルーチンワークやデスクワークはその傾向が強い職種といえるでしょう。仕事にやりがいを感じたい方などは特に、業務に対して飽きが生じる可能性があるといえます。

3.次の転職時にアピールポイントがない可能性がある

先述しましたが、楽な仕事は特に必要となるスキルがないのが基本です。スキルが必要な仕事でも、比較的資格が取りやすい、経験年数でカバーできるなど簡単なのが一般的といえます。もし転職をしたくなったときは、培ったスキルやアピールポイントを明確にできず、自己PRなどで悩む恐れがあるでしょう。

デスクワークの仕事って?メリット・デメリットやお悩み解決法を紹介」では、デスクワークの職種に関するメリット・デメリットを紹介しています。

就職支援のハタラクティブは、高卒・既卒・第二新卒・フリーターの方を中心とした若年層向けの正社員求人を多数ご紹介。就職・転職活動のプロがあなたの希望を考慮したうえで、どんな業種や職種が向いているのかアドバイスしています。ご紹介する求人は、実際に足を運んだ信頼できる企業だけを選んでいるため安心です。
幅広い業界・職種の中から、あなたにぴったりな正社員求人を探すお手伝いをいたします。ぜひご利用ください。

転職時の基準は?楽な仕事に関するQ&A

ここでは、楽な仕事への転職についてよくある疑問を解消します。

男性と女性で楽な仕事は違う?

男性の場合は専門的な知識を活かせるエンジニアやプログラマーが、女性は体力的に負担のない事務職や受付といったデスクワークに対して楽に感じる傾向があるようです。「正社員で楽な仕事を見つけるには?男性と女性で違う人気の求人も」で男性と女性それぞれの人気の職種を紹介していますので、ご一読ください。

楽な仕事には未経験からできるものがある?

未経験から目指せる「楽な仕事」はあります。ただし、楽な仕事であるかどうかは本人の志向や適性によるところが大きいのが事実です。「簡単な仕事は存在する?未経験者も働きやすい職種とは」も参考に、どのような仕事が自分に合っているか調べてみましょう。

自分にとって楽な仕事がよく分かりません。

自己分析を行うと自分の強みや弱みが明確になるため、どんな仕事に対して苦楽を感じるのか分かりやすくなるはずです。自己分析の方法は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」を参考にしてください。また、適職診断も併せて活用すれば、よりマッチ度の高い仕事が分かるようになるかもしれません。

楽で給与が良い仕事はありますか?

給与は業務内容に見合った金額が支給されるため、業務が楽な求人は収入が少ないのが一般的です。しかし、当コラムの「本人のスキルによって楽な仕事と感じられる職種例」で紹介した職種などは比較的スキルを活かしやすく、給与面の良さが期待できるといえるでしょう。自分に合う楽な仕事を探したい方はぜひハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION