女性の仕事選びで大切なことは?おすすめの職種や資格の種類をご紹介

女性の仕事選びで大切なことは?おすすめの職種や資格の種類をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・女性の仕事選びでは、武器となるスキルが身につくかどうかを重視しよう
  • ・条件や待遇だけではなく、仕事自体に魅力があるかを考えよう
  • ・女性に人気のある仕事は介護士や事務職、広報など
  • ・IT業界や介護業界は今後も需要が高く未経験でも就職しやすい
  • ・女性が仕事を決めるときはライフスタイルの変化に対応できるかを考慮しよう

仕事選びに迷う女性に向けて、仕事を決める際の注意点や人気の職業の種類を紹介します。
出産や育児で生活が変化する可能性がある女性は、社員の働きやすさに配慮した職場を選ぶことが大切です。また、キャリアアップや転職を考える人にとって大切なのは、自分の武器になるスキルを身につけること。
女性が働きやすい会社の特徴や、仕事を選ぶ際に考慮するべきポイントを知って、これからのキャリア形成に役立ててください。

女性の仕事選びで大切なことは?

女性の仕事選びでは、その仕事で身につくスキルが自分の武器になるか、仕事にやりがいを感じるかを考えることが大切です。
仕事選びで気をつけたいポイントを詳しく確認していきましょう。

自分の「武器」になるか

仕事を選ぶうえでは、その仕事を通して身につくスキルが自分の武器になるか否かを考えましょう。
たとえば、働いた年数に応じて専門性が身につく仕事には、「転職時に評価される」「将来にわたって安定した収入が得られる」などのメリットがあります。
長期的にキャリアを築くことを考えると、AIに代替される可能性があるデータ入力や資料整理などの仕事よりも、手に職がつく仕事を選ぶのがおすすめです。

その仕事に「魅力」を感じるか

その仕事に魅力を感じるかどうかも、長く働くために確認しておきたい要素です。
どんな仕事にも大変さはあるので、「大変なことがあっても続けたい」と思える仕事を見つけることが大切。大変さを上回るやりがいを感じられる仕事に就けば、モチベーションを保って長く働けるでしょう。

条件だけに惑わされない
給与などの条件のみを優先して、自分にとってやりがいのない仕事を選ばないようにしましょう。たとえ給与が高くても、やりがいのない仕事は長く続かず楽しくありません。待遇が良くても業務自体に興味が持てない仕事はやめておくのが賢明です。

女性こそ注目したい仕事選びのポイント

ここでは、女性が仕事を選ぶ際に注目したいポイントを紹介していきます。人によって仕事に求める要素は異なりますが、以下を参考に自分に合った仕事を探してみてください。

性差がない

女性が長く働く場合、仕事内容や待遇に性差がない職場を選ぶことが大切です。最近では女性が活躍する企業が増えましたが、いまだに男性の方が昇進しやすかったり、女性が管理職になれなかったりと、古い文化が残る会社は存在します。特に、女性の比率が大幅に少ない会社は何らかの問題を抱えている可能性があるので、注意が必要です。
女性が働きやすい職場を選ぶには、次の点に着目すると良いでしょう。

・育児をしている女性社員がいる
・管理職に育児経験者がいる

育児経験のある女性が多い職場は、周囲の理解が進んでいて働きやすい可能性が高いです。
また、男性を含めて管理職が育児経験者だと、大変さを理解してくれ早退などにも柔軟に対応してくれると予想できます。

将来性がある

女性が長くキャリアを築いていくためには、将来性がある仕事を選ぶことも大事です。将来性がある仕事とは、今後長期にわたって需要が見込める仕事のことです。
単純な事務作業は人工知能に取って代わられる可能性があり、将来性があるとはいえません。業界の将来性や企業の今後の展望を把握し、10年後、20年後も続けられる仕事か考えてみましょう。

スキルが身につく

続けることでスキルが身につく仕事は、将来的なキャリアアップが期待できます。高い専門性があれば再就職や転職で有利になるので、今からでも目指す価値があるでしょう。
ただし、スキルがあっても将来的に人工知能に仕事を奪われる可能性はゼロではないので、前述したように業界や就こうとする職種の将来性を考えることも大切です。

体力を問わない

力仕事や立ち仕事が苦手な女性は、体力で評価が左右されない仕事を選びましょう。特に重い荷物を持ち上げるような筋力を必要とする仕事は、女性にはきつく長く続かない可能性が高いです。
体力に自信がない人には、パソコンを使うデスクワークやリモートワークでできる仕事がおすすめ。ただ、接客業は立ち仕事でも「慣れれば平気」という人も多いので、自分の体力と照らし合わせてできる仕事を考えるのが良いでしょう。

ワークライフバランスが叶う

特に結婚や出産を予定している女性、育児中の女性の場合はワークライフバランスを保てる職場を選びましょう。仕事と家庭を両立しやすい職場の特徴は以下のとおりです。

・働く時間や場所の自由度がある
・残業時間が少ない
・女性をサポートする制度がある

時短勤務やフレックスタイム、リモートワークなどの制度がある職場は、柔軟な働き方ができ仕事と家庭を両立しやすいでしょう。残業時間が少ない職場も自分の時間をとりやすく、プライベートと両立しながら働けます。
また、女性に向けた制度を整えている会社は社員が働きやすい環境を重視していると判断できます。法律で定められた産休・育休などの制度と別に、その会社独自の制度があるか確認しましょう。

結婚をきっかけに仕事を変えようと検討している方は、「結婚を機に転職するときの成功のポイントは?女性は不利?男性との違いも解説」のコラムも参考にしてください。

女性に人気のある仕事

ここでは、女性に人気のある仕事の種類を紹介します。スキルが身につく仕事や体力に自信がない方も働きやすい仕事を挙げていくので、仕事選びの参考にしてください。

医療関係の仕事

女性に人気のある医療関係の仕事には、看護師や歯科助手があります。どちらも専門的な仕事なので、スキルを身につければ長く活躍できるでしょう。
看護師資格を得るには法律が定める教育機関を受けて国家試験に合格する必要があるので、就職までには一定の時間がかかります。そのため、目指すには若いうちから進学の準備を始めるのが一般的です。

一方、歯科助手は無資格でも働けるため、すぐに就職を目指す方におすすめできます。歯科助手は患者さんの口の中に触れることはせず、治療に使う器具の洗浄やライトの調整、受付での対応など、診療の補助を行います。
いずれは専門的な知識を覚える必要がありますが、研修や先輩の指導が充実している職場であれば、未経験でも学びながら働くことが可能です。
歯科医院は数が多く全国にあるので、就職先を探しやすいのが大きなメリット。雇用形態もフルタイムやパートタイムと多様なので、女性が家庭の状況に合わせて働き方を選びやすい仕事です。

歯科衛生士は資格が必要
歯科助手と混同されがちですが、歯科衛生士になるには国家資格が必要です。歯科衛生士は歯石の掃除や歯に薬を塗るなどの歯科予防処置を行えます。

介護士

介護士は介護を必要とする人をサポートする仕事です。具体的な仕事内容は、食事や入浴、移動の補助など。訪問介護といって利用者の自宅で介護を行う働き方と、施設で介護を行う働き方の2つがあります。
介護士というと資格が必要なイメージがありますが、施設での介護は未経験者でも行うことが可能。介護の現場は女性が多く、男女に関係なくキャリアを築きやすいのも利点です。介護業界では資格の取得によってスキルを証明できるので、いずれは資格をとることでキャリアアップを図れます。

介護士の働き方はさまざま
介護は体力が必要というイメージがありますが、勤め先の事業所によってその程度は異なります。たとえば、介護度が高い入居者が多い施設は体力が必要ですが、自宅で生活する人が日帰りで通うデイサービスは自分で動ける人が多く、介護士の負担は比較的軽くなるでしょう。

社労士

社労士は正式名称を「社会保険労務士」といい、社会保険と労務の専門家として企業の労務環境に対する助言を行う仕事です。
具体的な仕事内容は、従業員の健康保険や雇用保険、厚生年金などに関する書類作成や、労務管理に関する帳簿の作成など。そのほか、企業の相談に対するアドバイスや指導も行います。
社労士になるには国家試験に合格して資格を取得しなければなりません。法律の専門知識が必要で比較的難易度の高い資格ですが、労務関係のコンサルティングに興味がある方や、勉強が苦にならない方に適性のある仕事です。
事務作業が多いので体力のない女性でも働きやすく、出産・育児などでブランクが生じた場合も資格を武器に再就職しやすい職業といえるでしょう。
また、最近では働き方改革の影響から労務環境の改善に乗り出す企業が増えており、社労士の活躍の機会が広がっています。

税理士

税理士は税金に関する知識を使って、個人事業主や企業の納税のサポートを行う仕事です。具体的には、個人や企業に代わって税金の申告をしたり、確定申告書の作成を行ったりします。また、企業に対しては資金調達や事業継承に関するアドバイスを行うことも。
税理士になるには、国家試験に合格したのち税理士事務所などで2年以上の実務経験を積むことが条件です。試験に合格した後も実務経験を積む大変さはありますが、ライフステージの変化が多い女性でも国家資格を活かして安定して働けるのが魅力。経験を積めば独立開業の道もあるので、自分のスタイルで働きたい女性にもおすすめです。

ダブルライセンスでニーズが高まる
税理士は社労士と並んで企業の活動に不可欠な仕事です。両方の資格を持つ人材はカバーできる範囲が広く、企業にとって付加価値の高い存在となれるでしょう。

人事

人事とは、組織を構成する人員に関わる業務を行う仕事です。具体的には、人材の採用計画を立てたり、教育・研修を行って従業員を育成したりします。また、評価制度を運用し、昇給・昇格や異動を決定するのも人事の仕事。
そのほかに、従業員が働く環境を整えるため、就業規則の運用や勤怠管理、給与計算、健康診断の手配、社会保険の手続きといったさまざまな役割を果たしています。

働き方としては1日社内でデスクワークを行うことが多いため、社内の人と連携しながらパソコンで事務仕事を行うのが得意な人におすすめです。
女性が人事になると、女性目線で会社の制度づくりに関わったり、労働環境の改善に貢献したりするチャンスがあります。女性の視点を活かして働きたい人にも、人事の仕事は向いているといえるでしょう。

人事として経験を積んだ後のキャリアパスには、人事部門を統括する人事部長になったり、採用のスキルを極めてリクルーターになったりとさまざまな選択があります。ベテランの人事は経営に近い視点を持つため、将来的には経営者の一員になることもあるようです。

事務職

事務職は社内の事務作業を行う仕事です。具体的な仕事内容は、書類作成やファイリング、データ入力、郵便物の仕分け、備品の発注、来客対応、電話対応など。縁の下の力持ちとして、ほかの社員が働きやすいようにサポートする役割を担っています。
事務職はどの業界にもある仕事なので、求人が見つけやすく未経験でもチャレンジしやすいのがメリットです。特に、一般事務は専門性を求められないため、オフィスワークの経験がない人がパソコン仕事に慣れるステップとしてもおすすめできます。
また、事務職はルーティン業務がメインとなるため、緊急のトラブルがなければ残業時間がそれほど増えずワークライフバランスを保ちやすいのが魅力です。派遣社員の求人も多いため、プライベートを重視したい女性にも向いているでしょう。

事務職のキャリア
事務職として専門スキルを身につけたい場合は、医療事務や営業事務、学校事務、貿易事務などを目指すのも良いでしょう。一般事務で経験を積んでから、これらの事務職にステップアップしていく人もいます。

広報

広報は、テレビや新聞、Webサイトなどを通して自社のサービス・製品を外部に宣伝したり、社内報などを通して会社の活動を社内に知らせたりする仕事です。
社外広報の仕事内容は、企業の経営やサービスに関する情報をマスコミに発信するプレリリース配信や、メディアへの取材対応、サービス・商品を発表するイベントの企画など。最近では、SNSやブログで情報発信を行う企業も増えてきました。
一方、社内広報では、企業理念やビジョンを社員に浸透させるため、社内報やパンフレット、メールを使って自社の活動に関する情報共有を行います。
このほか、企業によっては株主や投資家への情報共有(IR)を広報が担当することもあるようです。

広報は性別に関係なく活躍できる部門ですが、女性向けの製品やサービスを展開する企業では、女性ならではの視点を活かして働ける場合もあります。広報は社外の人とやりとりしたり、社内の情報を集めるために社員とコミュニケーションをとったりするため、細やかな気遣いができる女性に向いているでしょう。
広報になるには、他部署で経験を積んで部署異動するのが一般的です。また、これから広報に力を入れる中小企業やベンチャー企業が広報の求人を出していることもあるので、転職で目指すこともできるでしょう。マーケティングや経営企画の知識があると採用に有利になるようです。

マーケティング

マーケティングは自社の製品やサービスを売るための戦略を考え、販売促進を行う仕事です。広告を出す媒体やデザインを検討したり、製品を販売する店舗に対して陳列方法をアドバイスしたり、消費者に製品・サービスを知ってもらうための工夫をこらします。
また、市場調査を行って消費者のニーズをつかみ、新たな商品を企画するのもマーケティングの仕事です。どんな商品を開発するか決定した後は、工場の担当者と話し合って商品の効率的な生産方法を検討することもあります。
女性をターゲットとした製品やサービスを展開する企業では、女性が自身の感性を活かせるのがマーケティングの魅力です。結婚や出産の経験が仕事に活かされる場合もあり、経験を積むほどスキルが身につく良さもあります。

マーケティングには2つの働き方がある
マーケティングの働き方には、自社で製品やサービスを展開する企業のマーケティング部門に配属されるパターンと、クライアント企業のマーケティングを支援するマーケティング専門の支援会社で働くパターンの2つがあります。

女性に人気の仕事を種類別に紹介!空港・ものづくり系など」では、ほかにも女性に人気の高い仕事を紹介しています。さらに仕事を知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

今後の需要が期待できる仕事

長く続けられる仕事を探す女性に向けて、今後の需要が期待できる業界を紹介します。将来性がある業界で働くと、長期にわたるキャリア形成がしやすいでしょう。

IT関連

IT系の仕事は近年ニーズが高まっており、スキルを磨けば将来的にも需要があり続ける仕事です。
経済産業省が発表している「我が国におけるIT人材の動向(2p)」によると、近年は東京都のIT関連産業企業にIT人材が集中し、地方のIT人材の確保が課題となっていることが分かります。
また、情報処理推進機構がまとめている「IT人材白書2020 概要版(18p)」によると、2019年にアンケートを行ったIT企業(821社)のうち、IT人材の量が不足していると回答した企業はおよそ9割にのぼり、企業のニーズに対して人材が不足していることが分かるでしょう。
IT業界はこのような人材不足の状況から、未経験者歓迎の求人を出す企業が多いと予想できます。パソコンが好きでプログラミングを経験したことがある方、就職後に技術を学ぶ意欲が高い方であれば、未経験者を歓迎する企業で働ける可能性があるでしょう。
IT系の資格には、「ITパスポート」「基本情報技術者」「応用情報技術者」などがあるので取得すると就職・転職活動でのアピールにも使えます。

IT系の職種

IT系の職種には、プログラマーやシステムエンジニアといった仕事があります。どちらも「理系の人がやる仕事」「男性が多い仕事」というイメージを持つ人がいますが、実際には文系や女性で活躍している人も多く、学歴や性別の制限はありません。

プログラマー(PG)は、プログラミング言語というコンピューターに指示を与えるための言語を駆使して、システムやソフトウェアを開発する仕事。開発するのは、Webサイトやスマホ用のアプリケーション、ゲーム、家電を制御するための組み込み型システムなどさまざまです。使える言語の種類が多いほど対応できる仕事が増え、収入アップにつながります。

システムエンジニア(SE)は、クライアントの希望をヒアリングしたうえでシステム全体の設計やマネジメントを行う仕事で、プログラマーへの指示出しも担当します。
IT業界では、プログラマーを経験した後システムエンジニアにステップアップするのがよくあるキャリアの流れです。また、最近は会社で経験を積んでから独立し、フリーランスのプログラマーやエンジニアとして活躍する人も増えています。
エンジニアとは?その種類や仕事内容などをわかりやすく解説」では、システムエンジニアの仕事内容を動画で紹介しているので、気になる方は参考にしてください。

リモートワークができる可能性あり
IT系の仕事はパソコンで作業を完結できることが多く、リモートワークを認める企業が増えています。リモートワークは通勤時間が減る分プライベートの時間を確保しやすく、ワークライフバランスを保ちたい女性におすすめの働き方です。

介護関連

高齢化が進む日本では介護業界の人手不足が課題となっており、未経験者にとってチャンスのある状態です。厚生労働省の「介護人材の確保・介護現場の革新 参考資料(4p)」によると、約6割の事業所が介護サービスに従事する従業員の人手不足を感じていることが分かります。
このような人手不足の状況から、介護業界には未経験・無資格者を歓迎する企業が多く、全体として異業種からの転職者の受け入れにも積極的です。研修制度や資格取得支援制度がある事業所であれば、未経験からスタートして働きながらスキルを磨いていけるでしょう。
また、日本の高齢化の状況を考えると、今後も介護サービスを使う高齢者数は増えていくため、将来的な安定が見込める仕事でもあります。

施設によって働き方を選べる

介護施設にはデイサービスや特別養護老人ホームといったさまざまな種類があり、施設によって働き方が異なります。
たとえば、利用者が生活を送る入居型の施設は夜勤があり、月に何度か夜勤シフトに入る働き方が一般的です。一方、デイサービスなど日帰りの施設には夜勤がなく、夜勤のない働き方ができるでしょう。介護施設の特徴を理解しておけば、「夜勤手当で収入を上げたいから入居型の施設」「体への負担を少なくして働きたいから日帰りの施設」というように、自分に合った就職先を見つけることが可能です。
また、利用者の家を訪問して介護を行う「訪問介護」は基本的に1人で行うので、自分のペースで働きたい人におすすめ。体力に自信がない女性は、比較的介護度が低い高齢者が利用する施設で働く選択肢もあります。

多様な雇用形態がある

介護の仕事は、正社員以外にもパートや派遣といった雇用形態があり、女性がライフステージに合わせて働きやすいのがメリットです。たとえば、子どもが小さいうちはパートで短時間だけ働き、子育てが落ち着いたらフルタイムや正社員で働くこともできるでしょう。

資格でスキルを証明できる

介護職は資格制度が明確で、保持している資格の種類でスキルを証明できます。そのため、女性が出産や育児で一旦仕事を離れたとしても、資格を武器に再就職できるでしょう。また、資格手当を支給する事業所も多いので、資格取得を通して収入アップを目指せます。

参照元
経済産業省
我が国におけるIT人材の動向
情報処理推進機構
IT人材白書2020
厚生労働省
介護人材の確保・介護現場の革新 参考資料

女性こそキャリアを見通した仕事選びを

女性は出産や育児を経験する人が多く、生活の変化に合わせて働き方が変わることが考えられます。そのため、女性が仕事を選ぶときは、ライフスタイルの変化や長期的なキャリアプランを考慮することが大切です。

ライフスタイルの変化に対応しよう

ライフスタイルの変化をきっかけに職場を変える可能性があるなら、今のうちからスキルを身につけておくと転職が有利になります。出産後に同じ職場で働き続ける際も、スキルがあると職場復帰しやすく、その後も順調にキャリアを築けるでしょう。
また、ライフスタイルが変化した場合に今の職場で働き続けるのが難しいと予想できるなら、早いうちに働きやすい職場に転職するのもおすすめです。

キャリアプランは長期で考えるのがポイント

女性はライフスタイルの変化が大きいからこそ、キャリアプランは長期的な視点で考えましょう。自分が5年後、10年後にどうなっていたいかを想像し、そのためにどんな経験やスキルが必要なのかを考えます。
キャリアプランを考えることで今やるべきことが明確になりますし、仕事のモチベーションにもつながりるでしょう。
これから就職・転職先を探す場合は、自分が思い描くキャアリアプランを実現できるかが職場選びで重視するべき基準の1つとなります。

女性が働きやすい職場をお探しの方は、若年層の就職・転職支援に特化したハタラクティブに相談してみませんか?
ハタラクティブではあなたの希望をヒアリングし、経験豊富なアドバイザーが向いている仕事や働きやすい職場、これからのキャリアについて一緒に考えていきます。「まずは相談だけしたい」という方のご利用も歓迎していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION