繊細な人とは?性格や向いている仕事などを徹底解説!

繊細な人とは?性格や向いている仕事などを徹底解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・繊細には2つの意味があるが、主に内面を表す言葉として使用される
  • ・内面を表す繊細とは「感情が細やかでデリケートなさま」という意味
  • ・繊細な人は感受性が高く、傷つきやすい特徴がある
  • ・繊細な人とはこまめなコミュニケーションをとり、肯定的な言葉を意識することが大事
  • ・カウンセラーやWebライターなどの仕事が繊細な人には向いている

周囲の人に「繊細な人」だといわれたら、どのような印象を持たれていると感じるでしょうか。また、繊細な人の中には仕事が続かない、自分に合った職業が分からないという方もいます。このコラムでは、「繊細」が指す言葉の意味や、繊細な人に多い性格や特徴などを紹介します。また、繊細な人に向いている仕事や、適職の見つけ方についても解説しているので、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

繊細とは

繊細という言葉には2つの意味があります。その1つは「外見がか細く美しいさま」ですが、一般的に繊細という言葉は、内面的なことを表す以下のような意味を指して使われることが多いです。

内面のついての意味

内面についてを表す繊細とは、「感情が細やかでデリケートなさま」という意味です。人から「繊細だね」といわれる方は、傷つきやすかったり打たれ弱かったりする傾向があります。また、生まれ持って感性が豊かで些細なことに過敏になってしまう気質のことをHSP(Highly Sensitive Person)といい、繊細な人に当てはまる場合が多いです。

繊細な人に多い特徴やお悩みについては、「気疲れしやすいのはどんな人?特徴や原因を知って解消しよう」のコラムでも詳しく紹介しております。こちらもぜひご覧ください。

繊細な人に多い性格や特徴とは

「繊細といわれたことがあるけど、自分の何を見てそう思ったんだろう」と疑問を感じた方もいるのではないでしょうか。ここでは、繊細といわれる人に多く見られる性格や特徴について解説します。

感受性が高い

感受性が高いのは繊細な人の大きな特徴です。人の気持ちに共感しやすく、喜びや悲しみといった感情もより強く感じます。また、自分の側にいる人だけでなく、ドラマや映画などの登場人物に共感して同じ感情を抱くこともあるでしょう。

心配性

繊細な人は物事に対してあらゆる可能性を考慮してしまうため、やや心配性な側面があります。特に、「◯◯になったらどうしよう」と悪い方向に想像を膨らませてしまうクセがあるので、日常生活の中で不安になりやすいでしょう。

思いやりがある

繊細な人は、周囲に対して思いやりがあります。自分に傷つきやすい面があるのを自覚しているため、誰かに同じ思いをさせたくないという気持ちも強いです。悲しそうな人や困っている人がいれば、優しく接することができます。

神経質で完璧主義

ほかの人が気にしない細かいことにこだわる、少しの妥協も許せないなど、繊細な人には神経質で完璧主義な面が見られます。特に、仕事に対して神経質になってしまうという場合が多いでしょう。自分だけでなく他人の仕事も気になってしまいますが、繊細な人はなかなか直接的な指摘ができないため、1人で悩み続けてしまうこともあります。

観察力がある

繊細な人は、人の変化や様子の違いなどに気づきやすい鋭い観察力があります。些細なことが気になってしまうからこそ、人の話し方や表情から「いつもと違う」と感じたり、その人が何を求めているかが分かったりするので、さりげなく相手を気遣えるでしょう。

自分と他人を比較しがち

繊細な人は、何かと自分と他人を比較してしまう傾向があります。そのため、仕事や私生活の中で「自分はどうしてあの人よりダメなんだろう」と自己嫌悪に陥ってしまうことも少なくないでしょう。

初対面の人が苦手

初対面の人が苦手で、打ち解けるのに時間がかかるのも繊細な人に多い特徴です。繊細な人は、初対面の人には「どんな人だかわからない」「自分を傷つける人じゃないだろうか」という警戒心が働いてしまいます。ただし、一度心を開けばその後は強い信頼関係を築けるでしょう。

繊細な人の長所と短所とは

上記で紹介したとおり、繊細な人には独自の特徴があり、長所がある反面、短所も存在します。ここでは、繊細な人の長所と短所について詳しく見ていきましょう。

繊細な人の長所

以下のような長所は、繊細な人に多く見られるものです。優しく穏やかな性格であることは、繊細な人の魅力といえるでしょう。

人当たりが良い

相手の気持ちや立場を考えながら言葉を選ぶので、人当たりが良く気遣いができる点は繊細な人の長所です。たとえ自分が損をしたり多少嫌な思いをしたりしたとしても、周りに対して優しく接することを優先しようとします。

素直で純粋

繊細な人は素直で純粋な性格であるタイプが多く、嘘をついたり人の悪口を言ったりする行為が苦手な傾向があります。裏表がないため周囲から可愛がられやすく、上司や先輩などからも嫌われにくいでしょう。

空気が読める

感受性が豊かな繊細な人は、人の気持ちだけでなく空気を読むことも得意です。繊細な人には平和主義な面があるため、余計なことを言って場の雰囲気を壊すようなことはしません。反対に空気が悪くなったり、争いに発展しそうな気配を感じ取ったりすると、咄嗟に仲裁に入って平和を保とうとします。職場に繊細な人がいると、穏やかな空気の中で仕事がしやすくなるでしょう。

細かい点に気づきミスを防ぎやすい

繊細な人は細かいことを気にするため、仕事でもさまざまなことに気がつきミスを防ぎやすいです。誤字脱字や数字の間違いなど、見落としやすいミスも目に留まるので、細かい作業が必要とされる仕事で役に立てるでしょう。

繊細な人の短所

繊細な人は細やかな気配りができ人に優しい一方、以下のような短所も持ち合わせていることが多いです。

優柔不断

繊細な人は、優柔不断な性格の方が多い傾向があります。決断を求められるとあらゆる可能性を考えてしまい、なかなか決められずに悩んでしまうでしょう。決断や行動に移すまでに時間をかけてしまうため、周囲に迷惑がかかってしまうこともあります。

失敗を長期間引きずりやすい

過去の失敗を長々と引きずってしまうのも、繊細な人に多い短所です。実際には大した失敗ではなかったとしても、本人がいつまでも気にして悩み続けてしまいます。また、過去に失敗したときと同じようなシチュエーションに遭遇した際、「同じ失敗をしたらどうしよう」と後ろ向きな考えに陥ってしまうでしょう。

相手に気を遣わせてしまう場合がある

繊細な人は周囲への気配りができる一方、反対に「そんなにしてもらわなくても…」と相手に気を遣わせてしまっている場合があります。繊細な人の周りにいるのが同じく繊細な性格の方であれば、お互いに気を遣い合って気疲れしてしまうこともあるでしょう。

どちらかというとネガティブ

繊細な人は、どちらかというとネガティブであることが多いです。たとえば人からアドバイスをされても「自分のやり方ではだめだったんだ」と捉え、悪い受け取り方をしてしまいます。繊細な人は不安になりやすい性格というのもあり、些細な言葉もネガティブに解釈して落ち込むことも多いです。

繊細な人との接し方とは

ここでは、繊細な人との接し方についてご紹介します。友人や職場などに繊細な人がいるという心当たりのある方は、以下のような接し方を意識してみてください。

肯定的な言葉を意識する

繊細な人と接するときは、できるだけ肯定的な言葉を意識して話しましょう。繊細な人は感受性が高いため、否定的な言葉を使うと傷ついてしまう可能性があります。深く考えずに発した言葉が相手を傷つけてしまうことはありますが、特に繊細な人は小さなことでも重く受け止めてしまうので注意しましょう。

こまめにコミュニケーションをとる

繊細な人はどちらかというと受け身な性格で人を頼るのも苦手なため、こちらからこまめなコミュニケーションをとっていきましょう。繊細な人は、話のきっかけさえあれば円滑に交流ができます。仲良くなりたい人に繊細そうな雰囲気がある場合、自分から話しかけることを意識すれば徐々に親しくなっていけるでしょう。

1人になる時間も大事なことと理解する

繊細な人は常に周りを気にしてストレスを溜めている場合もあるので、ときには1人にして気持ちを整理する時間をあげることも必要です。たとえ相手が親友や恋人などの関係でも、繊細な人と長く付き合っていくためにプライベートの時間も確保してあげましょう。

相手の意見を聞く姿勢をとる

繊細な人に対して、こちらから「こう思うんだけど、どうかな?」など相手の意見を聞く姿勢をとるのも大切です。繊細な人は自分の意見を遠慮して他人を優先してしまいがちなので、このような声かけをすることで相手の考えを知ることができます。

「自分は繊細かも」と思ったときの対処法とは

繊細な人は物事に敏感なため生きづらさを感じることもあり、なんとかしたいと考える方もいるでしょう。ここでは、「自分は繊細かも」と思ったときの対処法を紹介します。以下の方法を実践することで、繊細な人が感じる不安や悩みが軽減されるでしょう。

繊細なことを劣等感と捉えないようにする

自分が繊細であることに対して、劣等感と捉える必要はありません。小さなことを気にしたり悩んだりししてしまう気質にコンプレックスを覚えてしまうかもしれませんが、繊細な人の長所で紹介したように、「繊細」には良い面もあるのです。短所だけでなく長所にも目を向け、繊細な気質は悪いことばかりではないと思うようにしましょう。

自分が最もリラックスできる方法を探す

気持ちが疲れたときは散歩をする、ストレスを感じたら読書をするなど、自分が最もリラックスできる方法を探しましょう。趣味や自分の好きなことに取り組むことで、落ち込んだときに心をリフレッシュできます。

前向きな人と一緒に過ごしてみる

後ろ向きな考えになりがちな繊細な人は、自分とは反対の前向きな人と一緒に過ごしてみるのがおすすめです。前向きな人は周囲の人や場の空気も明るく変えていくので、繊細な人が一緒に過ごすことで思考がポジティブに変化していくことがあります。

人から無理に好かれようとしない

周囲からの自分に対する印象が気になってしまうのも繊細な人に見られる悩みですが、無理に人から好かれようとするのはやめましょう。人の好みや考え方はそれぞれ異なるので、すべての人から好かれるのはまず不可能です。周りの言動に左右されず、ありのままの自分を大切にしましょう。

ある程度の妥協を覚える

繊細な人は、仕事においてある程度の妥協を覚えることも必要です。すべてにおいて完璧を目指そうとすると、少しのミスでもショックが大きくなってしまいます。仕事の出来栄えが100点満点中80点程度でも自分を許せるようになると、心が軽くなるでしょう。

傷ついたり疲れたりする原因を遠ざける

自分がどのようなことで疲れたり傷ついたりするのかを自覚し、原因を遠ざけるのも大切です。たとえば長時間人と一緒にいて疲れるのであれば、職場でテレワークの申請をしたり休日は1人になる時間を作ったりしましょう。人によってストレスの原因は異なるので、自分に合った対策を考えてみてください。

不安や悩みを紙に書き出してみる

不安や悩みが多すぎて仕事が手につかないというときは、それらを紙に書き出して問題を客観視してみましょう。頭の中だけで考えると整理できなかったことも、文字にして悩みを再認識すると解決策が思い浮かんだり、「そこまで深刻になる問題じゃなかった」と気づく場合もあります。

繊細なことに対する悩みを解決したい方は、「強い心を手に入れたい…豆腐メンタルの人がやるべきこと」のコラムも参考にご覧ください。

繊細な人に向いている仕事とは

職種によっては、繊細な人に適した仕事がたくさんあります。以下は、繊細な人に向いている仕事の例です。生まれ持った「繊細」という気質を活かして、自分の適職を探してみましょう。

カウンセラー

相手の感情を敏感に察知したり優しく気遣えたりする長所を活かせる、カウンセラーなどの仕事は繊細な人に向いているでしょう。カウンセラーは、相談者の悩みや問題に一緒に向き合って解決策を考えていく仕事です。相手の立場になって物事を考えられる繊細な人に向いている職業であるといえるでしょう。

Webライター

Webライターはホームページやブログの記事を書く職業ですが、仕事の中には悩みに対して共感したりアドバイスをするものもあります。情報の精査や書いた文を細かく見直すのも大切な作業であるため、Webライターは細かい点まで気にすることができる繊細な人に向いているでしょう。

デザイナー

クリエイティブな仕事であるデザイナーも繊細な人に向いています。繊細な人は感受性が高いため、普通の人にはないような独特な感性を発揮できるでしょう。

運送ドライバー

運送ドライバーは安全運転かつ時間に遅れることなく荷物を運ぶ仕事なので、完璧主義な気質のある繊細な人に向いています。また、後述しますが繊細な人に接客は向いていないため、同じドライバーでもタクシーやバスの運転手など人を運ぶ仕事は避けた方が良いでしょう。

エンジニア

専門的なスキルが求められるエンジニアは難しい職業ではありますが、細かいことに気が付ける繊細な人には向いています。繊細な人の物事のあらゆる可能性を考えてしまうという部分は、エンジニアの仕事では強みとして活かせるでしょう。

動物や植物に触れる職種(トリマーや花屋など)

繊細な人の中でもずっと人と接していると疲れてしまうタイプの人は、トリマーや花屋などの動植物に触れる仕事が向いているでしょう。動物や植物の手入れをしたり触れ合ったりする職種は、繊細な人にとって働きながらの癒やしになる可能性が高いです。

繊細な人は避けた方が無難な仕事とは

繊細な人に向いている仕事がある一方、避けた方が良い仕事も存在します。以下のような仕事は、繊細な人が行うとうまくいかない可能性が高いでしょう。

営業職

売り上げやノルマが最優先の営業職は、繊細な人に向いていません。些細なことにストレスを感じやすい人には、常に成果を求められる環境は大きな負担になってしまいます。競争が激しかったり、ときには周囲を出し抜くことが必要になったりする仕事は、繊細な人にとって苦痛にしかならないでしょう。

飲食店の従業員

繊細な人には、喧噪の中で接客をしながらスピーディーに仕事をする飲食店の業務は続かないでしょう。繊細な人は同時に複数の仕事をこなすマルチタスクが苦手な傾向があるため、「あのテーブルの注文を聞いたらカウンターの皿を下げて、次にあれをやって…」などと考えながら働いていると、ミスが多くなります。また、常に人の話し声がする空間でいつ客やスタッフに呼ばれるか分からないという環境は、繊細な人にとってストレスが溜まる一方になるでしょう。

コールセンター

繊細な人は些細な言動に傷つきやすいため、クレーム対応などのあるコールセンターの仕事は向いていません。また、上記の営業職や飲食店の従業員にも共通することですが、繊細な人は顧客や消費者と話すことがメインになる仕事は選ぶべきではないでしょう。

繊細な人にピッタリの仕事を探したい方は、「繊細な人におすすめの仕事は?希望の転職を叶える方法も解説」のコラムも合わせてご参照ください。

繊細な人が仕事を見つけるための方法とは

最後に、繊細な人が仕事を見つけるための方法について解説します。繊細な人に向いている仕事とはで紹介した職種も参考にしながら、自分の適職を探してみましょう。

1.自己分析をする

まずは、自分の得意なことと苦手なことを洗い出して自己分析を行いましょう。繊細な人が仕事を探すときのポイントは、「苦手を回避して得意を活かす」ことです。たとえば、繊細な人はスピーディーさや要領の良さを求められるのが苦手な場合が多いですが、生まれ持った気質は簡単には変えられません。しかし、細かいことに気が付く丁寧さや高い感受性など、長所や得意分野に繋がる仕事を選ぶことで、自分の繊細という気質を前向きに捉えて働けるでしょう。

2.希望条件を明確にする

希望条件を明確にしておくことで、転職先とのミスマッチを防ぎやすくなります。また、反対に「こんな職場では働きたくない」という条件も一緒に洗い出しましょう。希望条件が揃っている企業を探すのはもちろんですが、これまで仕事で辛かったことや苦しかったことはメモしておき、次はそれらが起こらない職場で働くことが大切です。

3.希望条件をもとに仕事を探す

自己分析をして希望条件が明確になったら、条件に合う仕事を探しましょう。地域の求人広告や求人雑誌から情報を得るほか、インターネット上の求人サイトを利用して仕事を探すのも効率が良いです。しかし、中には一般に公開されていない非公開求人もあるため、上記の方法では本当に探している企業の求人に出会えない可能性もあります。やりたい仕事の方向性が決まっているのであれば、転職後のミスマッチを防ぐためにも転職支援サービスを利用してみるのもおすすめです。

ハタラクティブは、若年層向けの就職・転職支援サービスです。専任のアドバイザーが一人ひとりの条件に合った求人の紹介を紹介し、書類添削や面接対策も丁寧にサポートします。紹介する求人の企業にはスタッフが直接足を運んで取材を行っているため、各企業の求人についての質問にも対応可能です。もちろん、これらのサービスはすべて無料。ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION