新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 繊細な人におすすめの仕事は?希望の転職を叶える方法も解説

繊細な人におすすめの仕事は?希望の転職を叶える方法も解説

公開日:

繊細な人におすすめの仕事は?希望の転職を叶える方法も解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・繊細な人とは「外部の刺激に敏感」「気疲れしやすい」といった性質を持つ人のこと
  • ・繊細な人の特徴には「人に共感しやすい」「動揺しやすい」といったものがある
  • ・繊細な人の転職先としては、正確さを活かせる仕事やクリエイティブな仕事がおすすめ
  • ・繊細な人は、職場環境や人間関係を重視して転職先を選ぶのが大事
  • ・繊細な人の転職活動では、転職相談などで客観的なアドバイスをもらうと良い

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

「光や音に敏感」「人間関係で気疲れしやすい」などの性質を持ち、辛い思いをしている方もいるでしょう。そのような「繊細な人」は、環境や人間関係に大きな影響を受けるので、職場選びが非常に重要です。転職成功のコツは、自分の強みを活かし、弱みを回避するのを意識して仕事を選ぶこと。繊細な人には弱みもありますが、その特性を活かせば仕事で高いパフォーマンスを上げられます。前向きに転職活動に取り組みましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

「繊細な人」とは?代表的な5つの特徴

繊細な人とは、「光や音などの外部の刺激に敏感」「人に気を遣いすぎて疲れてしまう」などの気質を持つ人のこと。いわゆる「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」といわれるような人も繊細な人に含まれるでしょう。
初めに、繊細な人の代表的な特徴について詳しくご紹介します。

1. 光や音といった刺激に敏感

繊細な人は、人混みなどの喧騒、強い光やにぎやかな音など、外部の刺激に敏感であるといわれています。無意識に刺激を受け取ってしまうので、いつも刺激にさらされている状態であり、心身ともに疲れやすいのが特徴です。
飲食物に含まれるカフェインなどの科学物質にも、比較的敏感であるとされています。

2. 他者の気分や雰囲気に影響されやすい

繊細な人は、他の人と接したときに相手の気分やその場の雰囲気の影響を受けやすいのも特徴。これは、自分と相手の心にはっきりした境界線を引けないからといわれています。「人は人」と割り切ることができず、相手に同調しすぎたり、相手の考えや気分に引きずられたりと、他の人から大きな影響を受けてしまうようです。
そのため、対人関係の疲れを感じやすく、相手の言動を深く捉えすぎてしまったり、ネガティブな感情の影響を受けてしまったりします。

3. 人の気持ちに共感しやすい

先述したように、繊細な人は自分と相手の心の境界線があいまいといわれています。よって、人の気持ちを自分のもののように感じ、相手に深く共感することが多いようです。映画や小説などの創作物でも、登場人物の心情に大きく感情移入する傾向があります。

4. 五感が比較的鋭い

先述した「外的刺激に敏感」であることにも繋がりますが、視覚、聴覚、嗅覚といった五感が比較的鋭い人が多いようです。周囲から聞こえてくる小さな音や、かすかな匂いなどが気になり、その都度ストレスを感じることもあります。

5. 小さなことにも動揺しやすい

繊細な人は周囲からの刺激を受けやすいため、常に過敏な状態であるといえます。よって、小さなことであっても、比較的動揺してしまうでしょう。また、物事を一つひとつ深く捉える傾向があるのでマルチタスクは苦手な場合が多く、仕事が増えるとパニックを起こしやすいのも特徴です。

繊細な人は日々多くの刺激にさらされる分、心身の疲労を感じやすいといえます。
よって、仕事内容や職場選びはとても重要になるでしょう。職場で気疲れを感じやすい人は、「仕事で気疲れしやすい人必見!どんな症状が出る?解消法もご紹介」の記事も参考にしてみてください。

繊細な人にとっては、その強み・弱みをはっきり理解することが、日々の生活を楽にするためのポイントです。次項では、繊細な人の強み・弱みをご紹介します。

転職活動に活かしたい!繊細な人の強み・弱みは?

繊細な人は、その敏感さから細かい点に気がついたり、人の気持ちに寄り添いやすかったりする一方、環境の変化に弱く、スピーディーさに欠けることが多いという面があります。
以下、繊細な人の強み・弱みについて、詳しく解説するのでチェックしましょう。

繊細な人が得意とすることは?5つの強み

繊細な人が得意とされることには、以下のようなものがあります。

1. 物事の細かいところに気を配れる

物事の細かいところに気がつくのは、繊細な人の大きな強みです。物事を敏感に捉えるため、ほかの人が気づきにくいようなことにも視点を向けられます。
たとえば、事務職では重要書類の細かいミスを発見したり、IT職ではきちんとプログラムが動作するかチェックしたりなど、細かい正確性が求められる仕事でその強みが活かされるでしょう。

2. 物事を深く考える

物事を熟考する繊細な人は、1つのことを掘り下げるのが得意。また、場の空気を読んだり、人の思考背景を考えたりするのにも長けています。よって、これらの強みは、マーケティングのように情報を分析し、人のニーズを探る仕事で活かされる可能性があるでしょう。

3. 人の気持ちに寄り添える

繊細な人は人の感情に気づきやすいので、相手の気持ちを自分のことのように捉えられます。たとえば、カウンセラーなど相手の悩みに寄り添う仕事で強みが活かされるでしょう。

4. 地道な作業が得意

繊細な人は敏感な分、刺激が少ない地道な作業にも適性があるといえます。たとえば、印刷物のチェックや商品の検品など、人とのコミュニケーションが少なく、一人で没頭して行うような仕事が向いているでしょう。
コツコツと地道な作業を積み重ねる仕事は、細かいところに気がつくうえ、静かな環境で本来の能力を活かせる繊細な人にぴったりです。

5. 想像力が豊か

繊細な人は五感が鋭く感受性が強い分、人と異なる発想が浮かびやすいといわれています。言い換えると、繊細な人は「豊かな想像力を持つ人」といえるでしょう。よって、クリエイティブな仕事で強みを発揮する人も多いようです。クリエイティブ関連の仕事としては、画家や音楽家といった芸術家のほか、Webデザイナーやイラストレーター、ライターなどが挙げられるでしょう。

繊細な人が苦手とするのは?3つの弱み

一方、繊細な人が不得意な要素は、以下のとおりです。

1. 環境の変化などにストレスを受けやすい

繊細な人は周囲からの刺激に敏感なため、自分の周りの環境変化にストレスを受けやすいといわれています。そのため、頻繁に働く場所が変わるような仕事や、人の出入りが激しい場所での業務では、心身を消耗してしまう可能性が高いでしょう。

2. スピーディーに物事に対応しづらい

物事を深く捉えがちである繊細な人は、一つのことについて考え込んでしまうことが多いです。よって、業務量が多くスピードが求められるような仕事では、思うように力を発揮できず、パニックになってしまうことも。素早い対応が求められる仕事や、常にマルチタスクを要求されるような職場への適性は低いといえるでしょう。

3. 対人関係で疲れを感じやすい

繊細な人は、他人の感情やその場の雰囲気に影響を受けやすく、相手の言葉を深読みし過ぎることがあるのが特徴。そのため、対人関係でストレスを抱えやすい傾向があります。人間関係が密である職場や、接客業など不特定多数の人の相手をする仕事では注意が必要です。

繊細な人は、大きなストレスに悩まされないためにも、以上で解説した自分の強みと弱みを認識したうえで仕事を慎重に選ぶと良いでしょう。適職の見つけ方は、「自分の適性に合った仕事の探し方」のコラムで詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

繊細な人は、敏感さによってストレスを感じやすい一方で、多くの強みを持っています。本項で解説した強みを活かせば、仕事で高いパフォーマンスが発揮できるでしょう。

次項では、実際に繊細な人に適しているとされる仕事をご紹介します。

転職先におすすめ!繊細な人に向いている5つの仕事

ここでは、前項で解説した「繊細な人の強み」をもとに適性がある仕事を5つ挙げましたので、仕事選びの参考にしてみてください。

1. 技術職

繊細な人はコツコツと作業を進めるのが得意なことから、専門技術を身につけ、技術職として活躍する道があります。主にIT業界やWeb業界では、未経験からでも挑戦できる技術職があるのでおすすめです。
IT業界ではプログラマー、Web業界ではWebデザイナーやコーダーといった職種で未経験可の求人があります。それぞれ、JavaやHTMLといったプログラム言語やコーディング言語の習得が必要ですが、作業自体は一人で進められることも多いのがメリットです。黙々と作業をするのが得意である繊細な人には、適しているといえるでしょう。
経験を積んでいくと、「システムエンジニア」や「プロジェクトマネージャー」といった上流工程に関わる仕事にキャリアアップできるのも魅力です。

2. 正確さを活かせる仕事

「細かいところによく気がつく」という繊細な人の特色を活かして、経理職やデータ入力など正確さを活かした仕事につくのも良いでしょう。経理職に就くには基本的に商業簿記の知識が必要ですが、データ入力には未経験可の求人もあります。
データ入力は、顧客データや会議の事務力を表に入力するシンプルなものから、エクセル関数やAccessといったソフトを使いこなすものまでさまざま。自分のPCスキルに合わせて仕事を選べるのがメリットです。また、一人でコツコツ進める仕事なので、繊細な人には比較的取り組みやすい仕事といえるでしょう。

3. 人と関わるのが少ない仕事

他人からの影響を受けやすい繊細な人には、あまり人と関わらずにできる仕事もおすすめです。たとえば、在宅でできるWebライターや人が少ない場所の警備員などが挙げられるでしょう。これらの仕事には求人が多い傾向があるうえ、未経験からチャレンジしやすいのが特徴。繊細な人にとっては、できるだけ刺激が少ない職場を選んでストレスを回避することが大事です。

4. クリエイティブな仕事

繊細な人の豊かな想像力を活かして、クリエイティブ関連の仕事をするのも一つの選択です。センスやスキルを活かしたイラストレーター、インテリアコーディネーターなどの仕事に加え、先述したWebデザイナーやWebライターなど未経験からできるものもあります。クリエイティブな仕事は、必ずしも専門知識や豊富な経験を必要とするわけではないので、気軽に関連求人を探してみると良いでしょう。

5. 自然や動物に関する仕事

対人関係にストレスを抱えやすい繊細な人には、人と接する仕事よりも自然や動物に関する仕事が向いているという面があります。トリマーなど資格を必要とする仕事のほか、ペットショップ店員や農園管理、動物園の飼育補助などは、無資格未経験可という求人も。自然や動物が好きな人におすすめです。

繊細な人に向いている仕事のなかには、未経験からできる仕事の多いので、ぜひ積極的に探してみてください。未経験からできる仕事の探し方については、「未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」のコラムで詳しく解説しています。

この項では、繊細な人の強みを活かした仕事をご紹介しました。一方で、その弱みから避けたほうが無難である仕事も押さえておくとよいでしょう。次の項では、繊細な人が避けたほうがよい仕事について解説します。

繊細な人の転職先には避けたほうが無難?3つの仕事

対人関係で疲れやすく、スピーディーに動くのが苦手という弱みを持つ繊細な人には、適性が低いとされる仕事は避けたほうが無難です。以下、代表的なものを3つご紹介します。

1. 人と積極的に関わる仕事

他人の影響を受けやすい繊細な人は、受付やコールセンターなど不特定多数の人と関わる仕事に就くと、大きなストレスを感じることがあります。多くの人が一度に訪れたり、クレーム対応をする必要があったりするので、繊細な人にとっては対人関連のストレスに繋がりやすい仕事です。できれば、あまり多くの人と関わらずに済む仕事のほうが続けやすいでしょう。

2. ノルマのある仕事

繊細な人は相手の気持ちを敏感に察知し、その場の雰囲気の影響を受けやすいので、他人との競争は比較的苦手です。そのため、営業職などノルマのある仕事は不向きといわれています。職場環境のピリピリした雰囲気にストレスを感じるうえ、ノルマを達成しなくてはならないというプレッシャーに悩まされる可能性が高いので、心身ともにダメージを受けやすいでしょう。

3. 機敏な動きや要領の良さが必要な仕事

繊細な人は、一つひとつの物事を深く捉えるのが得意な反面、要領良く機敏に動くのは苦手な傾向があります。よって、飲食店など、全体を見ながら機敏に立ち回る必要のある忙しい職場では、うまく力を発揮できない可能性が高いです。できれば、自分のペースで動ける仕事のほうが向いているでしょう。

繊細な人は、「物事を深く捉えすぎる」「周囲からの影響を受けやすい」という性質から、転職活動が思うようにいかない場合、心身のバランスを崩してしまう危険性があります。転職活動がうまくいかないと誰しも不安になるものですが、物事に敏感な分、大きな不安を抱えてしまいやすいのです。

次の項では、繊細な人が転職活動をするうえで注意すべきポイントについてまとめました。

繊細な人の転職活動は慎重に!進め方のポイント

繊細な人の転職活動では、転職先を慎重に選ぶことと、うまくいってなくても不安がらないことがポイントです。以下、それぞれ詳しく解説します。

繊細な人の転職先の選び方

繊細な人が転職先を選ぶ際には、以下のことを考慮すると良いでしょう。

興味のある仕事を選ぶ

先述したように、繊細な人は、環境の変化や人間関係に大きな影響を受けやすい特徴があります。そのため、待遇などを重視して興味のない仕事を選んでしまうと、仕事内容、職場環境どちらにも大きなストレスを感じる可能性が高いです。そうすると、仕事を続けることが非常に困難になります。職場環境の変化や人間関係への対応が難しくても、仕事内容に興味があれば、その分ストレスが少なくなるので仕事を続けやすくなるでしょう。
苦痛を感じる可能性を少しでも低くするためには、仕事内容に興味があるのが大前提といえます。

苦手部分の克服よりも得意な部分を活かす選択をする

敏感な人には、先に挙げた「外的刺激に敏感」「人からの影響を受けやすい」など、いくつかの弱みがあります。これらは、元々の気質によるものといわれているので、克服するのは大変難しい可能性が高いです。よって、苦手部分を克服しようとして、あえて不向きな仕事を選ぶのはおすすめできません。
敏感な人には「細かいところに気を配れる」「思考が深い」などの素晴らしい強みもあります。そのような強みを活かせる仕事を選ぶほうが、業務のパフォーマンスを上げられるうえ、長く働き続けられるでしょう。

人間関係や職場環境を重視して選ぶ

「外的刺激に敏感」「人からの影響を受けやすい」といった性質を持つ敏感な人は、職場の人間関係や環境を想像しながら、慎重に求人を選ぶのをおすすめします。
「アットホームな職場」や「若い人が多くにぎやかな職場」などの求人に書かれた文言で、ある程度人間関係を想像してみると良いでしょう。一人でする仕事なのか、チームでする仕事なのかによっても、想定される人間関係が違います。また、職場環境についても、勤務場所の記述などをもとに想像を巡らせてみてください。
人間関係や職場環境は自分の力では変えるのが難しいため、最初に想定を重ねるのが理想的です。

繊細な人の転職活動の注意点

繊細な人が転職活動をするにあたっては、以下のような点に気をつけてください。

うまくいくかどうか必要以上に不安がらない

繊細な人は動揺しやすかったり、思考の深さから小さな物事を気にしやすかったりします。転職活動でこれらの性質が出た場合、うまくいかないときに大きく落ち込んでしまう可能性があるでしょう。どうしても不安を拭えず、転職活動に後ろ向きになってしまうこともあります。
しかし、悪いことばかり想定しても良いことはありません。必要以上に不安がらず、まずは行動することです。あれこれ考えすぎず、黙々とやるべき行動を続ければ、きっと良い結果につながるでしょう。

面接の受け答えの際に自信を持つ

人に影響されやすく自信を失いがちである繊細な人は、面接の受け答えでも面接官に自信がなさそうな印象を与えてしまうことがあります。どんなに良い経歴を持っていたとしても、自信のなさそうな受け答えは、面接官に「本当に仕事ができるのだろうか」と疑問を抱かせ、採用を見送られてしまう危険性があるのです。
面接の際に不安になったとしても、自信を持ってハキハキと受け答えをしましょう。

繊細な人の仕事選びには転職相談を利用してみよう

繊細な人は職場環境や人間関係に大きな影響を受けやすいので、どんな職場が良いか事前に十分検討するのをおすすめします。そのためには、転職相談で「自分には何の仕事が向いているのか」「どんな職場が合いそうか」を相談してみると良いでしょう。一人で考え込むよりも、仕事や職場についてよく知るアドバイザーに聞いたほうが、適した職場が見つかる可能性が高いです。以下、転職相談では何をしてもらえるのかについてご紹介します。

転職相談をすると適職を客観的に判断してもらえる

転職にあたって「結局、自分には何の仕事が向いているのか分からない」と悩んでいる繊細な人もいるのではないでしょうか。転職相談では、相談者の話を聞いたうえで相談員の知識と経験に基づき、適職のアドバイスが受けられる可能性があります。自信を失いがちである繊細な人は「自分に向いている仕事なんて見つかるだろうか…」と後ろ向きになってしまい、仕事選びの視野が狭くなっていることも。そんなときに、第三者からの客観的な視点を得ることで、自分では気づかなかった適職が見つかる可能性があります。

転職支援サービスの利用もおすすめ

繊細な人が転職支援サービスを利用した場合、「就活アドバイザーのカウンセリングが受けられる」「応募する前に職場の様子を教えてもらえる」という2つの大きなメリットがあります。これらは、自信のなさから視野が狭くなりがちであり、職場環境に大きな影響を受けやすい繊細な人にとって、転職活動での自分の弱点を補ってくれるサービスといえるでしょう。また、転職支援サービスは、転職活動を総合的にサポートしてくれるので、いつでも転職に関する相談ができます。不安になりやすい繊細な人にとっては、非常に心強い存在になるでしょう。

20代、30代向け転職エージェントのハタラクティブは、「繊細がゆえに職場選びや転職活動に不安を覚えている」といった方々を支えるサービスを提供しています。ハタラクティブでの転職活動は、就活アドバイザーの丁寧なカウンセリングからスタート。お悩みにしっかり耳を傾け、豊富な求人のなかからあなたに最適なものを厳選してご紹介します。応募企業とのやり取りや選考対策もアドバイザーが行いますので、一人で進めるより心強く、安心して転職活動ができるのを実感いただけるでしょう。まずは、お気軽にお問い合わせください。

繊細な人の転職に関するQ&A

ここでは、繊細な人の転職に関して想定される疑問をQ&A方式でまとめました。

繊細な人にはどんな仕事が向いていますか?

繊細な人には、その強みを活かした、正確さが求められる仕事やクリエイティブな仕事などが向いているでしょう。また、人と関わることが少ない仕事、自然や動物に関する仕事など「弱みを回避する」という視点で選ぶものもおすすめです。詳しくはこのコラムの「転職先におすすめ!繊細な人に向いている5つの仕事」をご覧ください。

繊細な人が適職を見つけるにはどうしたら良いですか?

適職を見つけるためには、まずは自己分析を行いましょう。自分が何を苦手と感じるのかと、興味があることは何かを明らかにするためです。繊細な人の仕事選びでは「弱みを回避しつつ、興味のある仕事を選ぶ」のが重要。自己分析に自信がない方は、適職診断の結果を参考にしてみても良いでしょう。

繊細な人にはどんな職場がおすすめですか?

残業や休日出勤が少なく、一人の時間を確保しやすい職場や、上下関係があまり厳しくなく気を使いすぎずに済む職場などがおすすめです。また、静かな環境で黙々と業務ができる職場、細かいマニュアルがなく自分の考えで動ける職場も良いでしょう。仕事選びには「仕事探しで迷わない、求人選びの注意点」のコラムも参考にしてみてください。

人間関係や職場環境で気疲れてしまい、辛いです…

人間関係や職場環境に大きな影響を受ける繊細な人は、自分が働きやすいように工夫することが必要です。たとえば、「耳栓やイヤホンをつけて仕事をする」「静かな場所でリラックスする時間を作る」「自分の考えをノートに書き出す」などが工夫例として挙げられるでしょう。ぜひ、ご自分に合った方法を見つけてみてはいかがでしょうか。どうしても職場が合わず、転職を考えている方は、一度ハタラクティブにご相談ください。

次の職場で人間関係がうまくいくか不安です

繊細な人にとっては、人間関係によるストレスは深刻です。次の職場で人間関係がうまくいくか不安で、転職活動に前向きになれない方もいるでしょう。ハタラクティブの所有求人は、すべて事前に企業に取材を行っています。応募企業の職場の様子が事前に分かるので、職場選びの大きな助けになるでしょう。そのほか、不安なことは就活アドバイザーに何でもお伝えください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ