内向的とはどんな意味?性格の特徴を知って向いている仕事を探そう

内向的とはどんな意味?性格の特徴を知って向いている仕事を探そうの画像

この記事のまとめ

  • 内向的な人には、人見知りでコミュニケーションが苦手などの特徴がある
  • ほとんどの人は内向的な面と外交的な面の両面を持ち合わせている
  • 内向的な人は、冷静沈着で慎重な判断ができるなどの強みも持っている
  • 内向的な人にはプログラマーやドライバーなど一人でできる仕事がおすすめ

このコラムでは、内向的な人の特徴や強み、向いている仕事についてまとめています。内向的な人はコミュニケーションが苦手な反面、一人で行う作業が得意な傾向。性格の特徴を知り、自分にとって快適な仕事を探してみましょう。また、内向的な性格で悩んでいるなら自分を客観視したり、自己肯定力を上げたりするのがおすすめです。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

「内向的」とは

「内向的」とは、興味や関心が自分の内部に向かうこと。自分の内面を重視する傾向があり、外部(他人)に興味や関心を持ちにくく、他者との接触を好まない性格が内向的といえるでしょう。一見するとネガティブに捉えられますが、内向的な性格の人は芯が強く、集中力が高いのも特徴です。

「外向的」との違い

「外向的」とは、自分の外側=他者を重視すること。社交的で協調性の高い性格と表せます。他人に話しかけることを臆せず、気さくなのが特徴といえるでしょう。

両方の特徴を持つ「両向的」

外向的と内向的の中間にあたるのが「両向的」。どんな状況にも適応でき、相手によって関わり方を変えられるのが特徴です。
未経験OK多数!求人を見てみる

内向的な人の4つの特徴

内向的な人は、対外に興味を持ちにくいためコミュニケーションが苦手だったり、自分のペースを重視したりといった特徴があります。

1.コミュニケーションをとるのが苦手

内向的な性格の人は外部に対して興味や関心が薄いため、他者と積極的にコミュニケーションを取るのが苦手な傾向が見られます。人間関係の構築に対して苦手意識を持つ人も少なくないようです。

2.自分のペースを大切にする

内向的な人は自分の内面を大切にするため、周囲にペースを乱されることを嫌う傾向があります。仕事においても、自分なりに計画を立てて自分のペースで進めるのが特徴。ペースを乱されることを嫌うでしょう。

マルチタスクも苦手な傾向

一つのことに対して集中しやすいため、同時に複数の作業を進めるのが苦手なことも。一つのことに集中しているなかで別の作業を行うと、効率やクオリティが下がってしまうようです。

3.物事に対して慎重

あらゆる物事に対して慎重であり、メリットやデメリットを踏まえたうえで行動に移す人もいます。その慎重さゆえに、積極性や主体性がないと思われてしまう可能性も。とはいえ、他者の判断ではなく自分の判断で決定する人が多く、慎重さは強みになるでしょう。

4.人前で話すことが苦手

内向的な人は注目を浴びることが苦手なため、人前で話すのを避ける傾向にあります。しかし、大勢と関わるのが苦手であっても、マンツーマンなら無理なく話せる方は多いようです。

電話対応も苦手

急に対応が必要となる電話は、作業の集中力を欠く原因となるため苦手とする人が多いようです。また、電話はその場で回答を求められることも多く、自分のペースで対応できない点も苦手な理由でしょう。

内向的な人の4つの強み

内向的な人は、その慎重さから冷静な判断や的確な問題解決が得意とされています。また、高い集中力を発揮できたり、傾聴力に優れていたりする点も強みといえるでしょう。

1.黙々と作業をするのが得意

内向的な人は高い集中力を発揮できるため、黙々と行う作業で強みを発揮します。また、ひとつの物事に対して納得いくまで突き詰めることも得意なので、特定の分野で専門性を高めたり目標に向かって努力したりするのも、苦にならないようです。

2.傾聴力に長けている

内向的な人は積極的にコミュニケーションを取りませんが、他者の意見や考えを尊重して傾聴力を発揮します。いわゆる「聞き上手」の方が多いでしょう。

3.問題解決が得意

内向的な人は、慎重で深く思考できる特徴があるため、問題解決能力に優れている傾向にあります。
発想力や分析力を備えている方が多く、努力も惜しまないので難易度の高い問題も解決できるでしょう。

4.冷静な判断ができる

内向的な人はじっくり考えて行動するため、冷静沈着な振る舞いができます。
常に自分の考えに芯を持っているため、周りに影響を受けることなく冷静な対応ができるようです。

平等な判断も得意

一時の感情では動かない内向的な人は、冷静に平等な判断ができる強みがあります。その時の気持ちや曖昧な理由で判断を下すことはないため、人を束ねる立場としても活躍できるでしょう。

自分は組織で働くことが向いていないのでは?と悩んでいる方には、「企業で働くことに向いてない人の特徴は?おすすめの働き方もご紹介!」がおすすめです。

内向的な性格は治すべき?

内向的な性格に対してネガティブな印象を抱く方もいますが、治す必要はありません。内向的な性格について他人からなにか言われたら、「自分はこの性格をどう思っているか」を改めて考えてみましょう。前項で解説したとおり、内向的な方は傾聴力や冷静な判断が強み。傾聴力にも長けています。自分がどうなりたいのか、内向的な性格で困ったり悩んだりしたことはあるか考えてみてください。

内向的な性格から脱却する方法

内向的な性格から脱却するには、積極的に周囲に話しかけたり自分に自信を持ったりすることが大切。一歩踏み出してみましょう。

積極的に人と話すことを心掛ける

急に人と会話をするのは難しくても、積極的に自分から挨拶をすることからはじめると、相手からも話しかけられやすくなります。
最初は短い会話でも大丈夫。不安なら、1対1から始めてみましょう。

笑顔を意識する

内向的な人は周りから暗いと思われがちなので、意識に笑顔で接することをおすすめします。
人から話しかけられたときも笑顔で返事するように心掛ければ、自分の気持ちも明るくなって、自然に会話がしやすくなるでしょう。

内向的な人と関わるようにする

内向的な人は内向的な人と積極的に関わるようにするのがおすすめです。内向的な人と外向的な人とでは根本的な性格が異なるため、一緒にいると疲れたりストレスを感じたりすることも多いようです。似た性格の人と一緒にいることで、人間関係でのストレスを軽減できるでしょう。

弱いメンタルを鍛えるためにはどうすれば良いか悩んでいる方は、「メンタルを鍛える方法とは?前向きな気持ちになるための習慣も紹介」のコラムがきっと参考になるでしょう。

内向的な人との付き合い方

知人や同僚に内向的な人がいて、どう付き合えば良いのか分からないという方は、外交的な部分はできるだけフォローしてあげることが大切です。立ち回り方の見本を見せたり、内向的な人が話しやすくなるような切り出し方をしたりすることがポイント。内向的な人が苦手としていることをフォローしてあげることで、良い関係性が築けるでしょう。

内向的な人に向いてる仕事6選

内向的な人に向いているのは、一人での作業が多かったり静かな環境で作業できたりする仕事。また、仕事の進め方や裁量を自分で持てる業務も内向的な方に向いているでしょう。代表的な仕事をご紹介します。

1.プログラマー

システム開発において、プログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアを作成するのがプログラマーの仕事です。
社内ではある程度のコミュニケーション能力は必要となりますが、作業は基本的に一人。社外の人と関わることは少なく、自分のペースで行えます。「プログラマーを未経験で目指すのは厳しい?きついのは本当?求人の探し方」のコラムでは、プログラマーの就職方法や仕事内容について解説。興味のある方はぜひご覧ください。

2.マーケター

マーケティング業務を行うのがマーケターの仕事です。
具体的には商品を売るための仕組みを考え、企業なら企画部門やマーケティング部門に所属。「マーケティングに向いている人の特徴とは?仕事内容や目指す方法も解説」で述べているように、慎重な判断力と多角的な視点が求められるため、内向型の強みを発揮できます。

3.トラックドライバー

長距離のトラックドライバーは、1人でいる時間が多いため内向的な人に向いている仕事の1つです。
荷物を届けるときや積荷をするときには会話が必要ですが、仕事に必要なことを話せば良いだけなのでそれほど苦にはならないでしょう。「年収は高い?トラックドライバーの給料とは」では、気になる給与について解説しています。

4.警備員

警備員も基本的には1人で行動することが多いため、内向的な人には向いています。
ただし、交通整理やイベント会場などの現場では、人と話す機会も増えるでしょう。また、仕事によっては夜間警備など夜勤になることも。「警備員の年収は低い?500~1000万円を目指せる?給与事情を解説!」のコラムで警備員の仕事について理解を深めましょう。

5.事務職

事務職は、書類の作成やファイリング、電話対応、データ入力などを行います。ルーティンワークが基本のため、業務に変化なくコツコツと働きたい方に向いているでしょう。事務職の中には、一般事務や営業事務、医療事務などのさまざまな種類があります。業界によっては、自分が興味・関心のある分野で事務職として活躍できる可能性も考えられるでしょう。「未経験から事務職を目指して大丈夫?業務内容と求められるスキルをチェック」のコラムもご確認ください。

6.研究職

研究職は基本的に自分が好きな研究に没頭できるため、内向的な人に向いている仕事です。
大学や大手企業などが主な勤務先。技術力や豊富な知識量を活かして高収入を狙うことも可能ですが、専門性の高さから潰しが効かないデメリットも。詳しくは「研究職にはどんな種類がある?就き方や向いている人の特徴も解説!」のコラムで解説しています。

自分に向いている仕事を探すには、適性診断や自己分析、企業研究などを行いましょう。詳しくは「自分に向いてる仕事に転職したい!選び方の4つのポイントを解説」を参考にしてください。

内向的な性格を強みに、就職・転職を目指すならハタラクティブを活用しませんか?
若年層に特化して就職・転職サービスを行っているハタラクティブなら、あなたの特性や希望条件に合った求人をご紹介します。専任のアドバイザーによるカウンセリング、応募書類の書き方指導、面接対策など幅広いサポートに対応。入社後のアフターフォローにも対応しているので、就職・転職が初めての方でも安心です。
ここにしかない非公開求人や企業情報も多数有しているので、内向的な性格を活かして働ける環境を見つけられるでしょう。すべてのサービスは無料で提供しています。まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ