内向的とはどんな意味?特徴や向いている仕事もご紹介!

内向的とはどんな意味?特徴や向いている仕事もご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・内向的とは、興味や関心が自分の内部に向かうことを指す
  • ・内向的な人の特徴には、物事に対する慎重さや黙々と作業できる強みがある
  • ・内向的な性格を前向きに捉えるには、好きなものに自信を持つことが大事
  • ・内向的な人には事務職や警備員、プログラマーなどの仕事が向いている

内向的な性格の人は、人前で話すのが苦手な場合もありますが、黙々と作業を続けるのが得意な強みがあります。それでは、内向的な人はどのような仕事が向いているのでしょうか?
このコラムでは、内向的な人によくある特徴や自分の性格を前向きに捉えるポイント、内向的な人に向いている仕事についてご紹介。自身の性格や特性を活かせる仕事を見つければ、長期活躍を実現できるでしょう。

内向的とは

内向的とは、興味や関心が自分の内部に向かうことを指します。興味や関心が自分の外部に向かう外交的とは反対の、個性的な性格の1つです。性格によって人の考え方や仕事の進め方は異なります。内向的な特性を活かし、自分らしく働ける仕事を見つけることが大切です。

内向的な人によくある特徴

内向的な人は、人と積極的に関わるのが苦手だったり、物事に対して慎重すぎたりする特徴があります。下記では、内向的な人によくある特徴について詳しくまとめました。

人前で話すのが苦手

内向的な人は、注目を浴びることが苦手なため、人前で話すのを避ける傾向にあります。大勢と関わることや知らない人のいる環境が苦手な場合、人間関係の構築に苦労する人もいるようです。しかし、内向的な人は大勢と関わるのが苦手な傾向にありますが、マンツーマンなら無理なく話せる場合があります。

周囲が賑わっているのが苦手

内向的な人は、周囲が賑わっているのが苦手な傾向にあります。集中したいのに周囲の雑談が聞こえたり、話題がすぐ変わったりしている様子に、ストレスを感じてしまうことも。自分のペースで過ごせる静かな環境を好む人が多いようです。

物事に対して慎重

あらゆる物事に対して慎重であり、メリットやデメリットを踏まえたうえで行動に移す人もいます。その慎重さゆえに、積極性や主体性がないと思われてしまう可能性もあるようです。とはいえ、他者の判断ではなく自分の判断で決定する人が多く、慎重さは強みになることもあります。

黙々と取り組める作業が得意

内向的な性格の人は、1人で作業を続けるのが得意な傾向にあります。机に向かって黙々と作業を進められるため、1つの分野での専門性を高められるでしょう。自分のペースを掴んでいる人が多く、課せられたタスクを期限内にやり遂げられるのが強みです。

社会人として働くには、人と関わらずに過ごすのは難しいでしょう。そのため、ある程度のコミュニケーション能力が求められます。仕事に必要なコミュニケーション能力については、「知っておこう!仕事に必要なコミュニケーション力を解説」をご覧ください。

内向的な性格を前向きに考える方法

内向的な性格を前向きに捉えるには、自分の好きな分野へ自信を持ったり、考え方を客観視したりすることが重要です。外交的な特徴と比較する人もいるかもしれませんが、内向的な性格は強みにもなります。

好きなものや得意なことに自信を持つ

内向的な性格ゆえに自分に自信を持てない場合は、自分の好きなものや得意分野に自信を持ちましょう。自分の中にある好きなものや得意なことを肯定すれば、自分自身の意識も徐々に変えられます。自分の価値観を大切にし、何事にも自分らしさを発揮できるようにしましょう。

自分の考え方を客観視する

自分の考え方を客観視すれば、得手不得手を理解しやすくなるはずです。たとえば結論を出すまでに時間がかかってしまう人は、経験や調査から分析してより良い結果を出そうとしていると判断できます。主観的になりすぎず、ときには自分の考え方を振り返りながら物事を進めるようにしましょう。

コミュニケーションの機会を増やす

コミュニケーションの機会を増やせば、他者との関わり方をさらに掴みやすくなります。ある程度の会話のパターンを用意すれば、返答に困ることも少なくなるでしょう。徐々にコミュニケーションの機会を増やしたり、会話する人数を増やしたりすれば、人間関係を構築しやすくなります。

内向的な性格の人は、メンタルが弱い場合もあるようです。周囲に流されることなく、自分のメンタルを整えたいと考えている方は、「メンタルの効果的な鍛え方とは?考え方を変えれば明日の自分が変わる!」をご一読ください。

内向的な人に向いている仕事

内向的な性格の人には、事務職や警備員、プログラマーなどの仕事が向いています。どの仕事も人と関わる機会が少ない傾向にあるため、無理なく活躍できるでしょう。内向的な人に向いている仕事は以下の通りです。

事務職

事務職は、書類の作成やファイリング、電話対応、データ入力などを行います。ルーティンワークが基本のため、業務に変化なくコツコツと働きたい方に向いているでしょう。事務職の中には、一般事務や営業事務、医療事務などのさまざまな種類があります。業界によっては、自分が興味・関心のある分野で事務職として活躍できる可能性も考えられるでしょう。

警備員

警備員には、施設警備や交通整備、身辺警護などの種類があります。施設警備の場合は、施設内の巡回や防犯カメラのチェックなどを黙々と行うため、コミュニケーションが苦手な人でも挑戦可能です。なお、イベント会場や交通の警備は、誘導で人と話す場合があるので注意しましょう。
室内における警備なら、季節や天気を問わず取りかかれるので、無理なく働けます。

トラックの運転手

トラックの運転手は、荷物の積み込みや輸送、荷降ろしなどを行います。配達中は基本的に1人のため、ラジオや好きな音楽を聞きながら仕事をすることが可能です。車の大きさによって必要な運転免許が異なるため、求人内容の詳細をチェックするようにしましょう。運転に苦手意識がない人は長期活躍を期待できます。

プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアを作成します。システムを運用するうえで発生したバグを見つけ、対処するのもプログラマーの仕事です。Webサイトやアプリケーション、ゲームなど、プログラマーの中でも専門分野が分かれます。
チームメンバーの指示を聞いたり、自分の提案を伝えたりするコミュニケーション能力が求められますが、社外の人と関わる機会は少ないでしょう。業務は1人で取り組めるので、人間関係におけるストレスを減少できます。

Webライター

Webライターは、WebサイトやSNSに掲載する文章を作成する仕事です。企業に在籍して自社メディアを展開していくWebライターもいれば、フリーランスとして活躍する人もいます。題材を調べながらライティングを進めるため、黙々と作業をしたい方に向いているでしょう。必要とされる資格もないため、未経験からWebライターとして働くことが可能です。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、IllustratorやPhotoshopといった専門的なソフトを利用してデザインを作成する職種です。各種パッケージやチラシ、広告などのデザインを担当します。デザインのコンセプトやターゲット層を定め、複数のデザイン案を提案。企画内容に合ったデザインを決定し、制作を進めます。美術系の大学や専門学校でデサインに関する学習をしていれば、その知識や技術を活かすことが可能です。

自分に向いている仕事を探すには、適性診断や自己分析、企業研究などを行いましょう。詳しくは「自分に向いてる仕事の探し方!転職先はどう選ぶ?診断方法は?」を参考にしてください。

内向的な性格を強みに、就職・転職を目指すならハタラクティブを活用しませんか?
若年層に特化して就職・転職サービスを行っているハタラクティブなら、あなたの特性や希望条件に合った求人をご紹介します。専任のアドバイザーによるカウンセリング、応募書類の書き方指導、面接対策など幅広いサポートに対応。入社後のアフターフォローにも対応しているので、就職・転職が初めての方でも安心です。
ここにしかない非公開求人や企業情報も多数有しているので、内向的な性格を活かして働ける環境を見つけられるでしょう。すべてのサービスは無料で提供しています。まずはお気軽に問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION