働くことに向いてないと感じる人の特徴は?おすすめの働き方もご紹介!

働くことに向いてないと感じる人の特徴は?おすすめの働き方もご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 企業で働くことに向いてない人の特徴に「非合理を嫌う」「個人行動を好む」などがある
  • 企業で働くことに向いてない人には周囲との関わりが少ない環境や個人作業の仕事が向く
  • 今の仕事で働くことに向いてないと思ったら、職場環境や仕事のやり方を見直してみる
  • 働くことに向いてないと思うときには、まず日常生活の負荷を減らしてみるのがおすすめ

日々の仕事で悩みやストレスが蓄積されると、「自分は企業で働くことに向いてないのでは…」と悩む方もいるでしょう。企業は多くの人が働く場なので、周囲との調和を求められる場面も多々あるもの。しかし、企業で働くには向いてなくても、働き方を模索すれば自分に合う形が見つかります。このコラムでは、働くことに向いてないと感じたときの対処法を紹介。適職の見つけ方も解説しています。ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

働くことに向いてない…働かずに生きることは可能?

働くことに向いてない…働かずに生きることは可能?の画像

「自分は働くことに向いてない…」「働かずに生きたいと思うのは甘え?」と感じる方は、男女を問わず一定数いるでしょう。ここでは、働かずに生きる方法はあるのかについてまとめました。

不可能ではないが条件が限られる

働かずに生きることは不可能ではありませんが、不労所得があること、養ってくれる人がいることなど、その条件は限られます。人によっては、これらが厳しい条件であることもあるでしょう。誰にでも叶えられる生き方ではないので、まったく働かずに生きるのは難しいといえます。

できるだけ働かずに生きる方法はある?

できるだけ働かずに生きるには、生活の負荷を少しずつ減らしていく方法がおすすめです。通勤が辛いなら在宅でできる仕事をする、人間関係が辛いなら自分のペースを守りながら働けるフリーランスになるなど、自分が負担に思っていることを解決する働き方を選択していくと良いでしょう。

「働くこと自体向いてない」と考えてしまうのは甘えではない

「働くこと自体向いてない」と考えてしまうことは、甘えではありません。向いていないと感じるのは、自分が属する企業や部署の業務体系に対し、自分の能力や適性を客観視できている証拠でもあります。働くことが向いてないと思ってしまっても決して甘えではなく、誰でも考え得ることなので安心してください。

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

企業で働くことに向いてないと感じてしまう原因は?

上司や先輩に怒られたとき、仕事でミスをしたときなど、「自分にはこの企業で働くのは向いてないかも…」と考えてしまう瞬間は多々あるでしょう。しかし、本当に自分が働くことに向いていないわけではなく、そう考えてしまう原因があることで悩みを抱える場合もあります。
ここでは、企業で働くことに向いてないと感じてしまう原因をご紹介するので、自身に当てはまるものがあるかチェックしてみましょう。

自分の適性や性格が今の仕事に合っていない

働く意欲はあるのに、今の仕事に対して自分の適性や性格が合っていないと、「自分は働くことに向いていないのでは?」と考える原因になるでしょう。社会人としての能力が高くても、その仕事が自分に向いていなければ、本来の能力や才能を発揮するのは難しいといえます。就職・転職活動の際に自己分析や企業研究が不十分だった場合、自分にあまり合っていない職場に入社してしまう可能性が高くなるでしょう。

今の仕事に対しスキル不足・経験不足だと思っている

仕事に対して自分がスキル不足・経験不足だと感じていても、働くことに向いていないと考える原因になります。企業が求めるレベルの成果が出せていなかったり、上司や同僚から「この仕事に向いてない」といわれたりすると、「自分では力不足なんだ」と思い悩むようになってしまうことも少なくありません。

働くこと自体にマイナスイメージをもっている

働くこと自体にマイナスイメージをもっていることも、自分が今の仕事に向いていないと感じる原因になるでしょう。たとえば、仕事の責任をプレッシャーに感じている場合は一つひとつの業務を重くとらえ、必要以上に気負い過ぎてしまうことがあります。また、仕事にやりがいを感じられていない場合も、働くモチベーションを保てずに「自分には向いていない」と思い込むことがあるでしょう。

企業で働くことに向いてないと感じやすい人の特徴は?

企業で働くことに向いてないと感じやすい人の特徴は?の画像

ここでは、企業で働くことに向いていないと感じやすい人の特徴をご紹介します。以下の特徴は一例のため、自分に当てはまっていても必ずしも働くことに向いていないとは限りません。あくまで参考として、「自分はどうなんだろう?」と診断する材料としてチェックしてみましょう。

非合理的なことを嫌う

非合理的なことを嫌うのは、働くのに向いてないと思いやすい人の特徴の一つです。保守的な体制の企業で働いていると、何度も繰り返される会議や、書類の判子をもらうためにあちこち移動するなど、無駄だと感じられる慣習もあるでしょう。
組織になじめる人は意味がないと考えながらも従いますが、非合理的なことを嫌う人は、そのような意味のない慣習に我慢できないと思うことも。徐々に企業にいることに疑問を感じ、退職を考えるようになる可能性があります。

自分の考えを強くもち過ぎている

自分の考えを強くもちすぎている人も、企業で働くのに向いてないと感じやすくなるでしょう。なぜなら、企業では皆の意見を出し合って決めたり、上司の判断に否応なく従わなければならなかったりと、自分の意見がとおるとは限らないからです。
自分を強くもっている方のなかには、周囲の意見や上司の指示が間違っていると思ったら、自分の意見を貫こうとしてしまう人もいます。そのため周囲とぶつかりやすくなり、「働くことに向いてない」と感じるようになるようです。

周囲との調和を重視しない

前述の自分の考えを強くもち過ぎているところと共通しますが、組織で働くのに向いてないと感じる人は、周囲との調和よりも自分の意見を重視しがちな一面もあります。調和を意識する人は、周囲と意見が違っていたら自分を抑える傾向がありますが、調和よりも物事に筋が通っているかを大事にする人は、臆さず意見を述べる方が多いでしょう。
企業は一人ひとりの従業員が協力しながら成果を出すところなので、周囲に合わせられないと「困った人」という評価をされてしまうこともあります。

コミュニケーションが苦手で個人行動を好む

コミュニケーションが苦手で個人行動を好む人も、組織で働くことにあまり向いてない傾向があります。組織で働くうえで、仕事を円滑に進めるためにも適切なコミュニケーションは必要不可欠です。そのため、個人行動が多かったり、普段から周囲の人とコミュニケーションを取らなかったりする人は、組織で働くことの適性が少ない可能性があるといえます。

会社員に向いていないと感じたらどうすれば良い?主な要因や対処法を解説」では、会社員に向いてないと感じた場合の対処法について詳しく紹介しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

企業で働くことに向いてない人に合う働き方は?

企業で働くことに向いていないと感じている人に合う働き方としては、以下のようなものがあります。「自分は働くのに向いてないと思うけど、どうしたらいい?」とお悩みの方は、参考にしてみてください。

比較的周囲との関わりが少ない企業を選ぶ

「働くことに向いてないかも」と感じた人は、働くうえで周囲との関わりが少なそうな企業を選ぶと良いでしょう。たとえば、個人作業が多い仕事や、保守的な慣習が残っていない職場であれば、比較的自分のペースで仕事を進められます。一般企業で働きにくさを感じている人におすすめなのは、以下のとおりです。

Web業界

Web業界は、プログラミングやシステム開発など個人作業が多いのが特徴です。工程を相談するときやクライアントとの打ち合わせなどは他の人との協力が欠かせませんが、作業自体は1人で進められるので、周囲とのコミュニケーションが苦手な人も比較的働きやすいといえるでしょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業は古くからある企業よりも体制が柔軟で、合理的なことが多いようです。無駄を嫌い、個人の意見も大事にするところも多い傾向があるので、自分の意見をしっかりもっている、合理的に物事を進めたいという人に向いているでしょう。

自分に合った仕事を見つける

自分に合った仕事を見つけて、その仕事ができる企業で働くようにすることも大切です。「働くことに向いてない」と思い込んでしまう前に、今の仕事内容が自分に合っていない可能性がないかを考えてみましょう。自分に合った仕事を見つけられると、働くのに向いてないという悩みがなくなる場合もあります。

個人でできる仕事を探す

周囲とうまく仕事を進めるのが難しいと感じたために「働くことに向いてない」と思った人は、個人でできる仕事を探すのも良いでしょう。たとえば、プログラミングやライティング、Webデザインなど、基本的に1人で行う作業が多い仕事は、個人で働くのに向いています。

企業で働くことに向いてない人は、個人で働くのも選択肢の一つです。「自営業とは?新卒でもなれる?個人事業主との違いや年収をチェックしよう」では、自営業という働き方の概要について詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

今の職場で働くことに向いてないと思ったときは?

今の職場で働くことに向いてないと思ったときは?の画像

今の職場で働くことに向いていないと感じるときは転職を検討する前に、まず自分が本当に不向きなのかを判断してみましょう。今の仕事に向いてるかどうか判断する方法には、主に以下の4つがあります。

1.この先働き続けるとどうなるか想像してみる

自分が今の職場で働き続けたら、3年後、5年後はどうなっているかを考えてみてください。順調にキャリアを積めそうかどうか、どのようなスキルを身につけられるかなど、働き続けた先に得られるものを想像してみると良いでしょう。また、先輩や上司の姿を見て、お手本にしたいかどうかで判断するのもおすすめです。

2.職場の環境を振り返ってみる

働くことに向いてないと思ったときは、今の職場環境が自分にとって働きやすい状態かどうかを振り返ってみましょう。「仕事で分からないことがあっても教えてもらえない」「先輩や上司が辛くあたる」「残業が多い」など働きにくい環境であれば、それが原因で仕事がうまくいっていない可能性もあるからです。できるだけ詳細に振り返ることで、自分の不満点が浮き彫りになるでしょう。

3.仕事に理想を抱き過ぎていないか考えてみる

入社前と入社後で仕事にギャップを感じていることが原因の場合は、 仕事に理想を抱き過ぎていないか考えてみてください。たとえば、「入社してすぐに重要な仕事を任されてバリバリ働けると思っていたのに、つまらない仕事ばかり…」「残業なしで休日も多く、給料も良くて楽な仕事だと思ったのに…」といったように、仕事に対して無理なことを求めていないか振り返ってみるのがおすすめ。「実際はこんなものだ」と割り切って、気持ちを切り替えることも大切です。また、自分がどうしてもやりたくないと思う仕事と比べて、現職のメリットを探すのも良いでしょう。

4.仕事のやり方を見直してみる

今の仕事がうまくいかないために「働くことに向いてない」と感じているなら、仕事のやり方を見直してみるのもおすすめです
いつも同じミスをするなら、防止するためにどうしたら良いか対策を考えてみましょう。どうしてもやる気が出ないなら、真剣に取り組んでいるか仕事に対する態度を検討してみてください。自分の仕事の進め方を見直すことで、気付けることがあるでしょう。

仕事を辞めるか悩んでいる人はどうしたらいい?

働くことに向いてないと感じて仕事を辞めるべきか迷ったときは、以下の2つを判断基準にしてみましょう。

今の悩みは時間が解決してくれるか考える

仕事を辞めるか悩んでいるときは、今の悩みは時間が解決してくれるものであるかを考えてみてください。働くことに向いてないと感じて今は辛くても、時間が経過することで職場環境の変化や人員の移動などが行われ、状況が変わる場合があります。たとえば、今の部署に合わない人がいる場合、次の人事異動で変わる可能性があるなら、転職は少し待つことを考えても良いでしょう。

自分が動いたら改善できるかを考える

働くことに向いてないと感じる原因が「仕事内容が合っていない」「仕事がうまくいかない」といったような内容であれば、同僚に仕事のやり方についてアドバイスをもらう、上司に仕事量の調整を打診してみるなどの対策で改善できることがあります。もし、給与や休日等の条件面など、自分で変えられないものであれば転職を考えてみても良いでしょう。しかし、退職を決める前に、自分がどのようなところに不満を持っているのかをしっかり明らかにするのがポイント。転職先で同じような悩みを抱かないようにするためにも大切です。

今の仕事に向いてない…判断する方法と打開策とは」でも、今の仕事に向いてないと思うきっかけについてご紹介していますので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

今の仕事に向いてないと思うときの4つの対処法

今の仕事を続けるなかで「働くことに向いてない」と思ったら、以下の対処法を試してみてください。

1.上司や同僚に相談してみる

「働くことに向いてないかも」と感じたときは、まず周囲の人に相談してみましょう。上司であれば、仕事の割り振りを考えてくれたり、進め方の相談に乗ってくれたりする場合があります。相談相手が同僚なら、似たようなことで悩んでいたり、気持ちを分かってくれたりする可能性も。相談するだけでも、気持ちが楽になることもあるので、一度周囲に話してみるのをおすすめします。

2.精神的に辛ければ仕事を少し休む

働くのに向いていないことに悩みすぎて精神的に疲れているようであれば、仕事を休んでゆっくりするのも一つの手です。ただし、頻繁に休んだり、突然休んだりすると周囲に迷惑がかかってしまうため、事前に有給を申請し余裕をもって休みの予定を入れておくと良いでしょう。仕事のことを考えない時間を少しでも取ることで、リフレッシュしてまた頑張ろうという気持ちになることもあります

3.仕事の成果を出すことだけを考える

自分はこの仕事に向いてない…と悩むときは、思うように成果を出せないときや、やりがいを感じなくなっているときでしょう。そのようなときは、いったん悩むのをやめて、無心で目の前の仕事に取り組み、できる限りの成果を出すことを考えるのもおすすめです。無心で懸命に仕事をすることで、今までできなかったことができるようになったり、働くことに向いてないと思っていた自分に思わぬ適性が見つかることもあるでしょう。

4.転職を検討する

前述までの方法を試しても今の仕事で働くことに向いてないと思ったら、転職を検討するのも悩みを解決する方法の一つです。人にはどうしても向き・不向きがあり、向いてないことに取り組んでも思うような結果が出せないことはあります。
転職を検討するときには「今の仕事で自分に決定的に向いてないことはなにか」「今の職場でまだ学べることはないか」などをしっかり考慮したうえで行いましょう

働くことに向いてないと悩む人が適職を見つける方法

働くことに向いてないと悩む人が適職を見つける方法の画像

「自分は働くこと自体に向いてない…」と前向きになれなくても、人にはそれぞれ向いている仕事があるものです。自分の適職に就けば、働くことが苦ではなくなる可能性は高いでしょう。ここでは、働くことに向いてないと悩む人が適職を見つける方法を解説します。

1.「自分が向いてないこと」に着目する

適職を見つけたいときは、「自分に向いてないことはなにか」に着目してみてください。最初から向いてない要素をできるだけ除いておくと、ミスマッチが起きる可能性が少なくなります
仕事を選ぶ際に「△△がやりたい」という動機で選ぶことも多いでしょう。やりたい内容で仕事を選ぶのも良いですが、「働くのがつらい」と思ったときには、その仕事には自分にとって嫌な要素がどのくらいあるかが、続けていけるかどうかのポイントとなります。

2.苦手なことを無理に克服しようとしない

自分の苦手を克服しようとあえて不得意な仕事に挑戦する人もいますが、適職探しでは苦手を無理に克服しようとしないことも大切です。自分の苦手なことには適性がないことも多く、努力しても思うように結果が出ない場合も。無理をした結果、「働くことに向いてない…」と落ち込む原因になってしまうことがあります。
得意な仕事を見つけてスキルを伸ばそうとしたほうが結果を出せるようになり、「この仕事は自分に向いている」と思えるようになるでしょう。

3.気になった仕事に挑戦してみる

少し肩の力を抜いて、気になった仕事に気軽に応募してみるのも一つの手です。「絶対に自分に合った仕事に就きたい…」と力が入ってしまうと考え過ぎてしまい、かえって身動きが取れなくなることも。気になったからという理由で働き始めた仕事が実は自分にとっての適職で、そのまま長く続けられるようになることもあります。あまり思いつめずに、まずは行動を起こしてみましょう。

働くことに向いてないと悩んだら第三者の力を借りよう

自分で適職が分からない場合は、第三者にアドバイスをもらうのも有効です。家族や友人など周囲の人に相談するのも良いですが、ハローワークや就職エージェントといった就職支援サービスの力を借りるのも良いでしょう。
ハローワークは、国の運営する就職支援サービス。職員が求人選びの相談に乗ってくれるうえ、無料の就職セミナーを行っていたり、選考対策をしてくれたりするのがメリットです。一方、就職エージェントは民間企業の運営する就職支援サービスですが、エージェントごとに扱う業界や職種、求職者層に違いがあるのが特徴。それぞれのエージェントに独自の強みがあるため、自分に合ったサービスを選ぶと、よりマッチした求人を紹介してもらいやすいのがメリットといえるでしょう。

「働くことに向いてない…」「自分に向いている仕事に就きたい」とお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは20代、30代向けの就職エージェント。社会経験が少なく、スキルに不安のある方に対し、これからキャリアを積んでいくのにぴったりな優良企業の求人を多数取り揃えているのが強みです。経験豊富な就活アドバイザーによる丁寧なカウンセリングを通じ、キャリアについてアドバイス。あなたの適職を見つけるサポートをいたします。ご利用はすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

働くことに向いてないとお悩みの方に関するQ&A

ここでは、働くことに向いてないというお悩みの方に向け、よくある質問と回答をまとめました。

企業で働くことに向いてないと感じる人の適職は?

会社勤めが苦手な方には、個人で行う仕事が向いているでしょう。たとえば、フリーのWebデザイナーやライター、プログラマーなどが挙げられます。また、企業であっても比較的新しく自由な社風であれは、保守的なところよりも個を大事にする傾向があるので、働きやすさを感じる可能性が高いです。マイペースで周囲と合わないとお悩みの方は「マイペースな人に向いている仕事は?おすすめの職種12選と働き方のコツ」も参考にしてみてください。

働くことに向いてないので仕事をしたくありません。

働くことに向いてない…働かずに生きることは可能?」で解説したように、不労所得を得たり養ってくれるパートナーを見つけたりすることで、仕事をせず生きることは可能です。ただし、どちらも今すぐにできる方法ではないため、自分に合った仕事を探すほうが賢明であるといえます。適職の見つけ方は「適職の見つけ方を解説!好きなことよりも得意なことを探そう」のコラムで詳しく解説していますので、こちらもご一読ください。

今の仕事で働くことに向いてないかも…判断基準は?

仕事に向いてるかどうかの見極めは難しいものですが、「この先同じところで働き続けたらどうなるか想像する」「職場環境を振り返ってみる」などで検討してみると良いでしょう。転職するかどうか悩んでいる方は、「転職に迷うときにやるべきことを解説!やめたほうがいい?判断基準も紹介」のコラムで、転職するリスクとしないリスクについて詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

自分は働くことに向いてない…?合う仕事は見つかる?

ご自身の希望や条件を考えたうえで探せば、合う仕事が見つかるでしょう。1人で探す場合は、自分の苦手分野を避ける方法で探してみてください。また、まずは気になった仕事に応募するなど行動を起こしてみるのもおすすめです。1人でなかなか見つからない場合は、ハタラクティブにご相談ください。プロのキャリアアドバイザーがカウンセリングであなたの適職について一緒に検討し、合う求人を厳選してご紹介します。

この記事に関連するタグ