企業で働くことに向いてない人の特徴は?おすすめの働き方もご紹介!

企業で働くことに向いてない人の特徴は?おすすめの働き方もご紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・企業で働くことに向いてない人の特徴には「非合理を嫌う」「個人行動を好む」等がある
  • ・企業で働くことに向いてない人には周囲との関わりが少ない環境や個人作業の仕事が向く
  • ・今の仕事で働くことに向いてないと思ったら、職場環境や仕事のやり方を見直してみる
  • ・働くことに向いてないと思うときには、まず日常生活の負荷を減らしてみるのがおすすめ

企業は多くの人が働く場なので、周囲との調和を求められる場面も多々あります。「自分は企業で働くことに向いてないのでは…」と悩む方もいるでしょう。
しかし、企業で働くには向いてなくても、働き方を模索すれば自分に合う形が見つかります。
このコラムでは、働くことに向いてないと感じたときの対処法を紹介。適職の見つけ方も解説しています。ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

企業で働くことに向いてない人の特徴は?

企業で働くことに向いてない人の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

非合理的なことを嫌う

保守的な体制の企業で働いていると、何度も繰り返される会議や、書類の判子をもらうためにあちこち移動するなど、無駄だと感じられる慣習もあるでしょう。
組織になじめる人は意味がないと思いながらも従いますが、非合理的なことを嫌う人は、そのような意味のない慣習に我慢できません。だんだんと企業にいることに疑問を感じ、退職を考えるようになるようです。

自分を強く持っている

自分を強く持ちすぎていることも、企業で働くうえではマイナスになります。なぜなら、企業では皆の意見を出し合って決めたり、上司の判断に否応なく従わなければならなかったりと、自分の意見が通るとは限らないからです。
しかし、自分を強く持っている人は、周囲の意見や上司の指示が間違っていると思ったら、受け入れずに自分を通そうとする傾向があります。そのため、周囲とぶつかりやすくなり、「働くことに向いてない」と感じるようになるようです。

周囲との調和を重視しない

自分を強く持ちすぎているところと共通しますが、組織に向いてない人は、周囲との調和よりも自分の意見を重視しがちです。調和を意識する人は、周囲と意見が違っていたら自分を抑える傾向があります。しかし、調和よりも物事に筋が通っているかを大事にする人は、周囲が間違っていると思ったら意見を変えません。
企業は皆で協力しながら成果を出すところなので、周囲に合わせられないと「困った人」という評価をされてしまうこともあるでしょう。

内向的で個人行動を好む

内向的で他の人とあまり関わろうとしない人も、組織で働くことに向いてない傾向があります。組織で働くうえで、仕事を円滑に進めるためにも適切なコミュニケーションは必要不可欠です。よって、個人行動が多く、普段から周囲の人とコミュニケーションを取らない人は、組織で働くことに向いていないといえます。

ここでは、企業で働くことに向いてない人の特徴について解説しましたが、「会社員に向いてない人はどうすれば良い?具体的な解決方法をご紹介」では、会社員のメリットやデメリットについても詳しくご紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

企業で働くことに向いてない人の働き方は?

企業で働くことに向いてない人の働き方としては、以下のようなものがあります。

比較的周囲との関わりが少ない企業を選ぶ

「働くことに向いてないかも」と感じた人は、働くうえで周囲との関わりが少なそうな企業を選ぶと良いでしょう。たとえば、個人作業が多いところや、保守的な慣習が残っていないところであれば、比較的自分のペースで仕事を進められます。一般企業で働きにくさを感じている人におすすめな仕事は、以下のとおりです。

Web業界

Web業界は、プログラミングなど個人作業の多いのが特徴。
工程を相談するときや、クライアントとの打合せなどは他の人との協力が欠かせませんが、作業自体は一人で進められるので、周囲とのコミュニケーションが苦手な人でも比較的働きやすいといえるでしょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業は、古い企業と比べて、体制が柔軟で合理的なことが多いです。
無駄を嫌い、個人の意見も大事にするところも多い傾向があるので、しっかりとした自分の意見があり、合理的に物事を進めたい人には向いているといえます。

自分に合った仕事を見つける

働き方だけでなく、業務内容も自分に合っているのが前提です。働くことに向いてないと思う前に、仕事内容が合っていない可能性がないかを考えてみてください。自分に合った仕事を見つけると働きやすくなり、悩みがなくなる場合もあります。

個人でできる仕事を探す

周囲とうまく仕事を進めるのが難しいと感じたために「働くことに向いてない」と思った人は、個人でできる仕事を探すのも良いでしょう。たとえば、プログラミングやライティング、Webデザインなど、基本的に一人で行う作業が多い仕事は、個人で働くのに向いています。

企業で働くことに向いてない人は、個人で働くのも手です。「独立して事業を行う自営業、向いているのはどんな人?」では、自営業という働き方の概要について詳しく解説していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

今の仕事で働くことに向いてない…と思ったときは?

今の仕事で働くことに向いていないと感じるときには、まず本当に自分が不向きなのかどうか判断してみるのがおすすめです。今の仕事に向いてるかどうか判断する方法には、主に以下の4つがあります。

1. この先働き続けるとどうなるか想像してみる

自分が今の職場で働き続けたら、3年後、5年後はどうなっているかを考えてみてください。順調にキャリアを積めそうかどうか、得られるスキルはなにかなど、働き続けた先に得られるものを想像してみると良いでしょう。また、先輩や上司の姿を見て、お手本にしたいかどうかで判断するのもおすすめです。

2. 職場の環境を振り返ってみる

職場環境が、自分にとって働きやすい状態かどうかを検討するのも重要。
「仕事で分からないことがあってもなかなか教えてもらえない」「先輩や上司が辛くあたる」「残業が多い」など働きにくい環境であれば、それが原因で仕事がうまくいっていない可能性もあるからです。できるだけ詳細に振り返ると、自分の不満点が浮き彫りになります。

3. 仕事に理想を抱きすぎていないか考えてみる

入社前に思っていたことと、現実でギャップを感じる場合もあるでしょう。その際には、自分の考えに現実味があるかどうかを考えてみるのをおすすめします。
たとえば、「入社してすぐに重要な仕事を任されてバリバリ働けると思っていたのに、つまらない仕事ばかり…」「残業なしで休日も多く、給料も良くて楽な仕事だと思ったのに…」といったように、仕事に対して無理なことを求めていないか振り返ってみてください。
実際はこんなものだと割り切って、気持ちを切り替えるのも一つの手です。また、自分のどうしても嫌な仕事と比べて、現職のメリットを探すのも良いでしょう。

4. 仕事のやり方を見直してみる

今の仕事がうまくいかないために「働くことに向いてない」と感じているなら、やり方を見直してみるのもおすすめです。
いつも同じミスをするなら、防止するためにどうしたら良いか対策を考えてみましょう。どうしてもやる気が出ないなら、真剣に取り組んでいるか仕事に対する態度を検討してみてください。自分の仕事の進め方を見直すことで、気づくことがあるでしょう。

今の仕事に向いてないと思うときの4つの対処法

今の仕事をやっている中で「働くことに向いてない」と思ったら、以下の対処法を試してみてください。

1.上司や同僚に相談してみる

「働くことに向いてないかも」と感じたときは、まず周囲の人に相談してみましょう。上司であれば、仕事の割り振りを考えてくれたり、進め方の相談に乗ってくれたりする場合があります。また、同僚なら、似たようなことで悩んでいたり、気持ちを分かってくれたりする可能性も。相談するだけでも、気持ちが楽になることもあるので、一度周囲に話してみるのをおすすめします。

2.精神的に辛ければ仕事を少し休む

働くことに向いていないことに悩みすぎて精神的に疲れているようであれば、仕事を休んでゆっくりするのも一つの手です。頻繁に休んだり、突然休んだりすると周囲に迷惑がかかってしまうため、有給を使うか、前もって休みの予定を入れておくと良いでしょう。仕事のことを考えない時間を少しでも取ることで、リフレッシュしてまた頑張ろうという気持ちになることもあります。

3.仕事の成果を出すことだけを考える

自分はこの仕事で働くことに向いてない…と悩むときは、思うように成果を出せないときや、やりがいを感じなくなっているときでしょう。そんなときは、いったん悩むのを辞めて、無心で目の前の仕事に取り組み、できる限りの成果を出すことを考えるのもおすすめです。無心で懸命に仕事をすることで、今までできなかったことができるようになることも。働くことに向いてないと思っていた自分に思わぬ適性を発見することもあるので、まずは真剣に仕事に取り組んでみてください。

4.転職を検討する

あれこれ試してみても、どうしても今の仕事で働くことに向いてないと思ったら、転職を検討するのも賢明な判断でしょう。人にはどうしても向き・不向きがあり、向いてないことに取り組んでも思うような結果が出せないからです。
転職を検討するときには「今の仕事で自分に決定的に向いてないことはなにか」「今の職場でまだ学べることはないか」などをしっかり考慮したうえで行いましょう。

今の仕事を辞めるべきか迷ったら?

働くことに向いてないと感じ、今の仕事を辞めるべきか迷ったとき、判断基準は以下の2つです。

時間が解決してくれるかを考える

働くことに向いてないのが原因で今は辛くても、時間が経過すると、職場環境の変化や人員の移動などで状況が変わる場合があります。たとえば、今のメンバーに合わない人がいるなど、次の人事異動で変わる可能性があるなら、転職は少し待つことを考えても良いでしょう。

自分が動いたら改善できるかを考える

働くことに向いてないと感じる原因が「仕事内容が合っていない」「仕事がうまくいかない」といったような内容であれば、上司に相談してみるなどの対策で改善できることがあります。もし、給与や休日等の条件面など、自分で変えられないものであれば転職を考えてみても良いでしょう。しかし、辞めるのを決める前に、自分がどんなところに不満を持っているのかをしっかり明らかにするのがポイント。転職先で同じような悩みを抱かないようにするためにも大切です。

以上、今の仕事に向いてないと思ったときの判断方法について解説しました。「今の仕事に向いてない…判断する方法と打開策とは」でも、今の仕事に向いてないと思うきっかけについてご紹介していますので、併せて参考にしてみてください。

働くことに向いてない…働かずに生きるのは可能?

「そもそも働くことに向いてない」「働かずに生きたい…」と感じる人もいるでしょう。
そこで、働かずに生きる方法はあるのかについてまとめました。

不可能ではないが条件が限られる

働かずに生きるのは不可能ではありませんが、不労所得があること、養ってくれる人がいることなど、その条件は限られます。人によっては、これらが厳しい条件であることも。
誰にでも叶えられるわけではない、というところで、まったく働かずに生きるのは難しいといえるでしょう。

できるだけ働かずに生きる方法はある?

できるだけ働かずに生きるには、生活の負荷を少しずつ減らしていくのがおすすめです。
通勤が辛いなら在宅でできる仕事をする、人間関係が辛いなら自分のペースを守りながら働けるフリーランスになるなど、自分が負担に思っていることを解決する働き方を選択していくと良いでしょう。

働くことに向いてないと思う前に…適職を探そう!

「自分は働くこと自体に向いてない…」と前向きになれなくても、人には必ずといっていいほど向いている仕事はあるものです。自分の適職に就けば、働くことがそこまで苦でなくなる可能性は高いでしょう。ここでは、どうしたら適職が見つかるかについて解説します。

適職を見つける3つの方法

自分の適職を見つける方法については、以下のとおりです。

1.「自分が向いてないこと」に着目する

仕事を選ぶ際に「◯◯がやりたい」という動機で選ぶことも多いでしょう。そのようなやりたい内容で選ぶのも良いですが、「働くのが辛い」となったときには、その仕事には自分にとって嫌な要素がどのくらいあるかが、続けていけるかどうかのポイントとなります。
仕事を選ぶときには、「自分に向いてないことはなにか」に着目してみてください。最初から向いてない要素をできるだけ除いておくと、ミスマッチが起きる可能性が少なくなります。

2.苦手なことをできるようになろうとしない

自分が苦手なことを、できるようになろうと努力する人は多いものです。しかし、自分の苦手なことには適性がないことも多く、努力しても思うように結果が出ない場合も。無理をした結果、「働くことに向いてない…」と落ち込み原因になってしまうことがあります。
苦手なことを克服しようとするより、得意なことを伸ばそうとしたほうが、結果的に仕事のパフォーマンスも良くなり、結果を出せるようになるでしょう。

3.気になった仕事で働いてみる

「絶対に自分に合った仕事に就きたい…」と力が入ってしまうと考えすぎてしまい、かえって身動きが取れなくなることも。少し肩の力を抜いて、気になった仕事に応募してみるのも一つの手です。気になったからという理由で働き始めた仕事が合っていて、長く続けられるようになることもあります。思いつめずに、まずは行動を起こしてみましょう。

第三者にアドバイスをもらうのも有効

自分で適職が分からない場合は、第三者にアドバイスをもらうのも有効。
家族や友人など周囲の人に相談するのも良いですが、ハローワークや就職エージェントといった就職支援サービスの力を借りるのもおすすめです。

ハローワークは、国の運営する就職支援サービス。職員が求人選びの相談に乗ってくれるうえ、無料の就職セミナーを行っていたり、選考対策をしてくれたりするのがメリットです。
一方、就職エージェントは民間企業の運営する就職支援サービスですが、企業ごとに扱う業界や職種、求職者層に違いがあるのが特徴。それぞれに強みがあり、自分に合ったサービスを選ぶと、よりマッチした求人を紹介してもらいやすいのがメリットといえるでしょう。

「働くことに向いてない…」「自分に向いている仕事に就きたい」とお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは20代、30代向けの就職エージェント。社会経験が少なく、スキルに不安のある方に対し、これからキャリアを積んでいくのにぴったりな優良企業の求人を多数取り揃えているのが強みです。
ハタラクティブの経験豊富な就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングを通じ、キャリアについてアドバイス。あなたの適職を見つけるサポートをいたします。
ご利用はすべて無料。お気軽にお問い合わせください。

働くことに向いてないとお悩みの方に関するQ&A

ここでは、働くことに向いてないというお悩みの方に向け、よくある質問と回答をまとめました。

企業で働くことに向いてない人の適職は?

基本的に個人でする仕事が向いているでしょう。たとえば、フリーのWebデザイナーやライター、プログラマーなどが挙げられます。また、企業であっても比較的新しく自由な社風であれは、保守的なところよりも個を大事にする傾向があるので、働きやすさを感じる可能性が高いです。
マイペースで周囲と合わないとお悩みの方は「マイペースな人に向いている仕事は?業務が遅いとイライラされない方法」も参考にしてみてください。

働くことに向いてないので仕事をしたくありません。

働かないと生活できないのであれば、今の自分に合った仕事を本気で探してみてはいかがでしょうか。世の中には非常に多くの仕事があります。自分が嫌だと思うことを挙げてみて、その条件を避けていくと続けやすい仕事が見つかるでしょう。仕事をしたくないというお悩みには「『仕事したくない』は病気?原因と対処法をご紹介」のコラムで詳しく解説していますので、こちらもご一読ください。

今の仕事で働くことに向いてないかも…判断基準は?

仕事に向いてるかどうかの見極めは難しいものですが、「この先同じところで働き続けたらどうなるか想像する」「職場環境を振り返ってみる」などで検討してみると良いでしょう。転職するかどうか悩んでいる方は、「転職するか迷うならやめたほうがいい?決断するためのポイントを紹介」のコラムで、転職するリスクとしないリスクについて詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

自分は働くことに向いてない…?合う仕事は見つかる?

条件を考えたうえで探せば、合う仕事は見つかるでしょう。1人で探す場合は、自分の苦手分野を避ける方法で探してみてください。また、まずは気になった仕事に応募するなど行動を起こしてみるのもおすすめです。
1人でなかなか見つからない場合は、ハタラクティブにご相談ください。就活アドバイザーがカウンセリングであなたの適職について一緒に検討し、合う求人を厳選してご紹介します。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION