仕事から逃げたいと思うのは甘え?会社を辞める3つのタイミングと対処法

仕事から逃げたいと思うのは甘え?会社を辞める3つのタイミングと対処法の画像

この記事のまとめ

  • 仕事から逃げたいと思うことは、甘えではない
  • 仕事から逃げたい理由は、職場や仕事に原因があることが多い
  • 仕事から逃げたい場合は、慎重な判断が必要
  • 心身に影響が出るほど仕事から逃げたいときは会社を辞めるることも検討しよう

仕事をしているなかで「今すぐ逃げたい!」と思ったことがある人は多いでしょう。辛い思いをしている一方で、「仕事から逃げることは甘えではないか」と悩むこともあるはずです。このコラムでは、仕事から逃げたくなる理由や、仕事から逃げたいときのおすすめの対処法を紹介します。また、仕事を辞めるタイミングや様子を見るべき場合についても解説しているので、参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事から逃げたいと思うのは甘えではない

辛いと感じる仕事から逃げたいと思うのは、甘えではありません。ここでは、仕事から逃げることが甘えではない理由を紹介します。

他者は責任を負ってくれない

仕事から逃げたいと思っていても、「人事評価に響く」「休めばほかの社員や会社に迷惑をかけてしまう」と考えて、休めないという人は多くいます。しかし、他者は他人に対して「評価を下す」ことはあっても、「責任を負う」ことはないでしょう。

これは、会社も同様です。辛い状態でも我慢して仕事を続ければ、高評価や周囲からの信頼を得られる可能性はあります。しかし、その一方で、自分の心や身体が壊れてしまうリスクも高くなってしまうでしょう。
対応できる業務量や辛いという気持ちに耐えられる力は人それぞれです。そのため、会社の人に理解してもらえなくても、逃げが甘えであるとはいえません。

辛いときは退職を前向きに考える

仕事から逃げたいと思うのは、自身を取り巻く状況や会社の環境が自分に合っていないことが原因です。これは、「自分の力を十分に発揮できる会社がほかにある」と前向きに言い換えられます。
一般的に、仕事から逃げたいと考えるのはマイナスなイメージがあるでしょう。しかし、仕事から逃げたいという気持ちは、現状を改善し、精神的・身体的負担を軽くするための前向きな心の働きかけです。ネガティブにとらえる必要はありません。前向きに考えることをおすすめします。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事から逃げたいと思う5つの理由

仕事から逃げたいと思った場合は、無理をせずに退職を検討したほうが良い場合もあります。ただし、逃げるべきかどうかの判断は、慎重に行いましょう。なぜ仕事から逃げたいと思うのか、会社をやめたいと思っているのかの原因をしっかりと追求し、退職する必要があるか判断してください。仕事から逃げたい原因と対処法については、「「仕事が怖い」と感じる原因は?乗り越えるポイントや対処法を解説」のコラムでも解説しています。

1.会社の雰囲気や人間関係がよくない

会社の人間関係が悪ければ、仕事から逃げたいと感じるようになるでしょう。
働くうえで、会社の雰囲気や人間関係が良好なことは大切です。職場に派閥があったり、苦手な上司や同僚がいたりすると、円滑にコミュニケーションをとるのが難しくなります。場合によっては、業務に支障をきたしてしまうこともあるでしょう。そのため、直属の上司や同僚との関係が良好でないと、ストレスが溜まってしまいます。

人間関係の悩みは、自分の意識の持ち方で解決できることもあるでしょう。しかし、他人の考え方や振る舞いを変えるのは難しく、悩みが解決しないこともあります。そのため、人間関係の悩みにうまく対処できず、仕事から逃げたいという気持ちが生まれてしまうのでしょう。

2.仕事内容や仕事量に不満がある

仕事内容や仕事量に不満を感じると、仕事から逃げたいという発想をすることもあります。仕事への不満は、仕事へのモチベーション低下につながるでしょう。たとえば、自分のスキルを活かせない仕事内容であったり、業務内容に対して給料が少ないと感じていたりすると、仕事への意欲は損なわれます。また、スキルと業務内容がマッチしていないと、業務上のミスが起こりやすく、余計に仕事へのやる気がなくなってしまうでしょう。

さらに、人手不足や繁忙期などで仕事量が増えてしまうと、残業や休日に会社への出勤を強いられることもあります。仕事時間が増えればプライベートの時間が減り、リフレッシュするのが難しくなるでしょう。精神的にも身体的にも辛い状況では、仕事から逃げたいという気持ちが生まれるのも無理はありません。

3.責任が重く精神的につらい

仕事の責任が重過ぎることから、逃げたいと感じてしまう人もいるでしょう。責任の大きな仕事を任されるとプレッシャーを感じ、精神的に辛くなってしまう人もいます。

「もし責任を果たせなかったら」と考えてしまい、仕事から逃げたいと思ってしまうようです。仕事が限界だと感じている人は、「仕事・人間関係・社会生活…「もう限界」というあなたへ」のコラムも参照してください。

4.失敗が続いてしまった

仕事で失敗をすると自信を失い、仕事から逃げたいと思ってしまう場合があります。特に、仕事で失敗が続いているような状況であれば、さらに大きく自信を失ってしまうことになるでしょう。

自信を失っていることで、また仕事で失敗をするのではないかと不安を感じるようになります。悪循環が続き、常に仕事から逃げたいと考えるようになってしまうでしょう。

5.周りと比べてみて嫌になってしまった

自分を過小評価する人は、仕事から逃げたいと考えることがあるようです。
仕事で自信をなくしている人や、自分のことを過小評価している人などは、会社の人たちと自分を比べて、劣等感を感じてしまうことがあります。自分が会社に行くことで周囲に迷惑をかけているのではないか、自分は仕事で役に立っていないのではないかと、自分を責めてしまいがちです。こういった考えは、仕事から逃げたいという思いを強くしてしまうでしょう。

退職タイミングは仕事から逃げたい理由によって変わる

仕事から逃げたいと感じていても、すぐに退職することがおすすめとは限りません。仕事を辞めるタイミングを間違えると、その後の転職活動に影響が出る可能性があります。退職の原因によっては、心身への負担が大きくなることもあるでしょう。

そのため、仕事から逃げたいと考えて退職する場合は、適切なタイミングを見極めることをおすすめします。

1.精神的に不安定で心身に影響が出ている

仕事から逃げたいという思いだけでなく、精神面・身体面にも影響が出ている場合は、早めに退職や転職を考えたほうが良いでしょう。精神面では「常に不安が付きまとう」「周りの目が気になる」といった不調が、身体面では「夜に眠れなくなる」「疲れが取れずフラフラする」といった体調不良が起こります。

新たな環境に挑戦する転職活動では、心身ともに健康な状態で臨むのがベターです。今の仕事から逃げたいと思うのであれば、健康で元気があるうちに行動に移すことをおすすめします。

2.パワハラやセクハラを受けている

パワハラやセクハラを理由に仕事から逃げたいと感じている人は、まず上司や人事に相談しましょう。それでも解決できない場合は、法的に訴えることも可能です。しかし、それには膨大なエネルギーを使うため、おすすめとはいえません。すぐに疲弊してしまい、以前より辛くなってしまう方もいるでしょう。そういった場合は、個人的な理由として退職するのも手です。

パワハラやセクハラは当事者の主観的な部分も大きく、必ずしもハラスメントに該当するとは限りません。しかし、ハラスメントは違法行為です。「ハラスメントと捉えられる行為」自体が、誰かを不快にさせていることは事実でしょう。辛い方は無理をせず、退職やエージェントや転職サイトを通して、転職を検討してください。「パワハラの相談が無料でできる窓口はどこ?労働基準監督署についても解説」のコラムでは、ハラスメントの定義や相談先、おすすめの転職サイトなどを紹介しています。仕事を辞める判断をする前に、一度確認してみてください。

3.やりたいことができた

「仕事から逃げたい」という後ろ向きな理由を通して、本当にやりたいことが見つかったのであれば、退職・転職を考えましょう。まずは、やりたい仕事に必要なスキルや経験があるかを調べてみてください。自分にスキルや経験がなければ、就労しながら取得していくことも選択肢の一つです。

ただし、やりたい仕事が決まったからといって、すぐに転職先が決まるわけではありません。転職先が決まってから退職手続きをはじめたほうが、収入面でも安心です。転職活動と退職のタイミングに悩む方は、「転職活動は在職中と退職後のどちらですべき?伝えるタイミングはいつ?」のコラムもおすすめです。

4.仕事を辞めたい明確な理由がないとき

「仕事から逃げたい」という気持ちがあっても、「退職する明確な理由」が見当たらないときは退職には時期尚早である可能性があります。今の仕事を辞めて転職しても、職場環境や仕事内容に満足できなければ、また「仕事から逃げたい」と感じてしまうでしょう。

仕事を辞めたい明確な理由が見つからないときは、今の職場でもう1度頑張れることがないか、考えてみてください。「今の職場ではもう頑張れない」と思う明確な理由がある場合は、退職を検討します。ただし、退職を決める際は、冷静な状態で考えることをおすすめします。

5.仕事でやりがいを感じるとき

「仕事から逃げたい」と思う気持ちがある一方で、仕事にやりがいを感じている人もいるはず。仕事にやりがいを感じている場合には、一度踏みとどまって、冷静に判断するのがおすすめです。

仕事を達成したときのやりがいや、業務を通じて自分の成長を実感できる機会があることは、貴重なものです。仕事にやりがいを感じられる間は、すぐに退職を検討する必要はないでしょう。

6.メリットがデメリットを上回るとき

今、仕事から逃げたいと思っているのは、自分にとってデメリットを大きく感じているからでしょう。しかし、今の仕事にもメリットはあるはずです。そのメリットがデメリットを上回るようなら、すぐに退職する必要はないでしょう。

また、転職活動をしながら今の仕事を続けるという方法も一つの手です。転職したところで、「給与が高い反面、やりがいのない仕事が与えられる」「人間関係は良いけど、自分の成長は期待できない」などのメリットやデメリットは存在します。より良い環境であると思える仕事が決まるまでは、今の仕事を続けてみましょう。

仕事から逃げたいときの対処法

仕事から逃げたいと思っているときは、何かしら仕事に対する不満やストレスを抱えていると考えられます。まずは信頼できる人に相談し、問題の解決を試みましょう。解決が難しい場合は、仕事から離れるのも手です。

1.周囲の人間に相談する

仕事から逃げたいと感じたら、まずは、上司や同僚、家族、友人など、周囲の人に相談することをおすすめします。上司に相談する場合は不満点を明確にし、問題解決のための具体的な提案をすると良いでしょう。
仕事内容が自分のスキルに合っていない場合は、ほかの業務に取り組みたいという希望を伝えておけば、チャンスが巡ってくる可能性もあります。業務量に不満がある場合は、業務の割り振り方やチームの再編成を提案すると良いでしょう。

同僚や家族、友人への相談は、直接的な問題解決にならないことも考えられます。しかし、「休んだほうが良い」「ほかの仕事もある」といった言葉を掛けてもらえることで、心が楽になるでしょう。また、ほかの会社の環境を知ることで、新しい観点から仕事を見られるようになることも期待できます。客観的に今の職場を見ることは、退職するべきか考えるうえで重要な視点です。ただし、詳しい業務内容は社外秘として扱われる場合があるため、相談内容には注意しましょう。

2.プライベートに割く時間を増やしてみる

仕事から逃げたいけれど、休職や転職はハードルが高いと感じる人もいるでしょう。そのような人は、まずプライベートの時間をできるだけ多く確保することをおすすめします。仕事から離れる時間を確保し、プライベートを充実させて楽しむことで、心身のバランスをとることができます。

3.有給休暇を取ってリフレッシュする

仕事から逃げたいというときは、思い切って逃げてみましょう。精神的・身体的に辛いと感じているなら、有給休暇を取って休むのもおすすめです。
「簡単に休めないから、今辛くなっている」と考えていても、無理をして心身を壊せば仕事はできません。逃げ出したくなるほど悩んでいるのであれば、自分を労ることを優先してください。

リフレッシュすれば、心身ともにゆとりができます。一度休むことで、仕事に復帰した際に気持ちも新たに取り組める可能性もあるでしょう。仕事から逃げたいという気持ちも軽くなることが期待できます。また、仕事から離れることで、仕事を辞めるか辞めないかを冷静に考えることもできるでしょう。

有給休暇は労働者の権利

「有給を取りづらい」「申請しても断られる」といった声もある有給休暇ですが、有給休暇は労働者の権利。好きなときに理由を伝えず取得できる休暇のため、企業側には基本的に断る権利はありません。有給休暇については「有給とは何かを分かりやすく解説!アルバイトやパートでも取得可能?」のコラムでご確認ください。

4.休職する

休暇を取っても仕事から逃げたいという気持ちがなくならなければ、休職するのもおすすめです。数日程度休んだだけでは心身の負担が取れなかったり、気持ちの整理が追い付かなかったりすることも。休職は企業によって3ヶ月から1年の期間が決まっているので、ゆっくり過ごすには良い機会といえるでしょう。

ただし、休職制度がない会社や、利用にあたって診断書が必要だったり、雇用形態によって休職制度を利用できなかったりすることも。有給休暇は法律で定められていますが、休職制度は会社ごとに規定が異なるためです。休職制度を利用したい場合は、上司や人事・総務に相談してみましょう。「休職の申請方法を解説!傷病手当はもらえる?仕事に疲れたときの対処法」のコラムも参照してください。

5.部署異動を願い出る

人間関係や仕事内容が仕事から逃げたいと思う原因であれば、部署異動も有効な手段です。部署異動することで、周囲の人間や職場環境は変わります。働く環境が変わることで、気持ちが楽になり、逃げ出したい気持ちも軽減されるでしょう。

部署が変われば仕事内容も変わるため、これまでの不満が解消される可能性があります。しかし、部署異動は自分一人では行えないため、異動したい理由を明確にしてから、直属の上司に相談しましょう。

6.転職活動をする

「仕事から逃げたい」という気持ちより、「会社から逃げたい」という気持ちであれば、転職サイトやエージェントを通して、転職すると良いでしょう。十分な実績があり、スキルも経験も身につけているという場合は、今の職場で仕事を続けることにこだわる必要はありません。

また、転職活動をする=必ず転職する、という決まりはないため、転職活動を行って自分の市場価値や、今の状態で転職した場合の条件を確認してみましょう。その結果から、本当に転職すべきかを考えてみてください。

7.退職する

仕事から逃げたいと思っていても、先のことを考えると不安を感じてしまい、なかなか行動に移せないものです。しかし、心身に支障をきたしているような場合は、仕事を辞めることも検討してください。

仕事から逃げたいと思うほど追い詰められている状況であれば、まず退職するのも良いでしょう。退職してから体調回復に努め、転職活動をはじめても遅くありません。失業保険の給付を利用すれば、当面の生活は心配いらないでしょう。体調不良を原因に退職した方は、「体調不良は退職理由になる!診断書の必要性や退職届の書き方について解説」のコラムを参照し、失業保険の手続きを行ってください。

仕事から逃げたいと思ったら…マナーを守った円満退職のコツ

仕事から逃げたいと思っても、無断で仕事を休み続けたりマナーに反した対応をしたりするのは良くありません。スムーズな退職を叶えるためにも、下記を参考にして、円満退職を心がけましょう。

退職の意志を直接伝える

仕事から逃げたいと思うほど状況がよくないときは、上司に退職を伝えるのも難しいと考えられます。しかし、「話しづらい」「断られそう」といった理由から、退職をメールや社内チャットで伝えるのはマナー違反。退職を決めたら、言いづらくても直属の上司に最初に、口頭で伝えることをおすすめします。

就業規則を遵守する

法律では退職希望日の2週間前に伝えれば退職できることになっていますが、多くの会社は2週間より前の申請を定めています。これは、退職によって人員調整や引き継ぎが発生するため。

退職希望日の1~3ヶ月前に伝えるのが一般的なので、退職を考え始めたら就業規則で申請の時期を確認しておきましょう。

引き継ぎをしっかり行う

「早く仕事から逃げたい」と思うあまり、引き継ぎを曖昧にするのも社会人として誠意に欠ける行為。どれだけ仕事や会社に不満を持っていても、担当していた仕事は責任を持って後任者に引き継ぎましょう。業務内容や取引先、注意点などをまとめた引き継ぎノートを作成すると、自分も後任者もスムーズに引き継ぎができるのでおすすめです。

仕事から逃げることは悪いことではありません。ただし、その場合には慎重な判断と、その後の転職活動をしっかりと行う必要があります。同じ思いを繰り返さないために、転職活動では転職サイトやエージェントを通すなど、プロの力を借りることをおすすめしています。
ハタラクティブは、フリーターや第二新卒、既卒の方などの若年層に特化した就職活動支援サービスです。在職中の方も就活しやすいよう、面接日程の調整や企業とのやり取りは、すべてアドバイザーが担当。マンツーマンのカウンセリングで、求職者の能力や価値観に合った仕事を紹介します。

サービス内容は、求人紹介や書類作成のアドバイス、添削など。サービスはすべて無料で利用できます。まずは、ご相談だけでもお気軽にご利用ください。

この記事に関連するタグ