「仕事が怖い」状況から抜け出すには?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 「仕事が怖い」状況から抜け出すには?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・仕事が怖い原因には、職場の人間関係の悪さや、業務やノルマのプレッシャーなどがある
    ・仕事が怖いときは、自分から働きかけをして状況を変えるべき。上司や人事に相談してみよう
    ・業務量が多く仕事に疲れた人は、業務の効率化や周りへの仕事の依頼を考えよう
    ・精神的に過度な負担があると感じるなら、一度休職して気持ちを切り替えてみては?
    ・転職をして環境を変えるのも有効な方法。転職はハタラクティブへご相談ください!

「仕事が怖い」「働くのが怖い」と思ったことはありませんか?
社会人になったばかりで慣れないから、スキルが未熟で自信がないから…
仕事が怖い理由は色々ありますが、このまま弱気な気持ちで働き続けたい人はいないはず。
コラムでは仕事が怖いと感じる原因を分析して対処法を考えていくので、「自分を変えたい!」と思う方はぜひ目を通してみてください!

◆どうして仕事が怖くなる?

まずは仕事が怖くなる原因を考え、改善すべき点を明確にしていましょう。
ここでは仕事に苦手意識を抱いてしまう理由をいくつかご紹介していきます。

【職場の人間関係が悪い】

職場の人間関係は、働きやすさにもかかわる大切な要素。風通しが良いフラットな職場は自分の意見が言いやすく、困った時も誰かに相談しやすい雰囲気があります。
コミュニケーションが盛んな職場では情報共有に支障がなく、何でも言い合える関係性によって業務はスムーズに進むでしょう。
逆にコミュニケーションが上手くいっていない職場は社員同士の結束が薄く、困ったときに助け合う風土がないことがしばしば。他の社員との関わりがないと仕事の幅や視点が広がらず、成長できないというデメリットもあります。
さらに社員同士の派閥争いがある、悪口が蔓延している職場にはぎすぎすした雰囲気があり、そんな空気の悪さからストレス過多になっている方もいるのではないでしょうか。

【業務量が多く、残業や休日出勤が続く】

業務量があまりにも多く、時間外の仕事が続くと心身の疲れがとれにくくなります。業務量が膨らむ背景にはコスト削減による人材不足などがあり、職場によっては事態の改善が難しいことも。
プライベートの時間がなく常に仕事のプレッシャーにさらされている状態は辛く、「私の人生は仕事だけ?」という疑問が浮かび、仕事に自分の時間や精神力を奪われていると感じる人が出てくるようです。

【ノルマがきつい】

ノルマがきつく、常に数字に追われているような感覚がある…。
ノルマに届かないことで能力不足を感じてしまう人、目標をクリアしている同僚と自分を比べて劣等感を覚えている人は少なくありません。
なかにはノルマがあることでモチベーションが上がる、競争しながら仕事をした方が成果を出しやすいという人もいるようですが、そうでない人にとって高すぎる目標は心身を疲れさせる大きな要因。
上司からのプレッシャーが大きいく相談できる相手がいないと、「もう出社したくない」という気持ちが起こり、仕事に対する感情がマイナスに傾いてしまいます。
また、たとえ成績トップであっても常にライバルとの競争を意識して気が休まらず、仕事がしんどいと感じる人も存在するようです。


以上3つの原因をご紹介しましたが、あてはまる例はあったでしょうか?
仕事が怖い原因には、ほかにも顧客からのクレーム対応や人の命を預かる責任の重さなど様々な要因があります。
次の項目では、仕事が怖い人が具体的にどのような行動を起こせば良いのかを考えていきましょう。


◆仕事が怖い時はどうすればいい?

仕事が怖いときは、自ら動いて状況を変えるしかありません。
働きかけの基本は、上司をはじめとする社内の人に相談を持ちかけ今の環境が改善できないか相談すること。相談によって、上司が業務や職場の問題にはじめて気付くという場合もあります。
上司との関係が良好ではない、パワハラを受けているといった人は人事に相談する方法も。
相談の際は「○○という悩み・不満がある」と問題のみを伝えるのではなく、「○○という悩みがあるので、○○して欲しい」というように改善策を提案すると良いでしょう。

業務量が多く仕事に疲れたという方は、上司に相談する前にできる限り業務の効率化を図るのがおすすめ。
1日のタスクや仕事の流れを見直し、重要度の低い仕事に時間をかけ過ぎていないか、必要のない作業をしていないかをチェックします。できる先輩の仕事のやり方を観察し、参考になりそうな部分を取り入れてみるのも良いでしょう。
効率化をしても業務量が多すぎて処理しきれないときは、アシスタントや後輩に適宜仕事を振っていくやり方を取り入れるべきかもしれません。
それでも全体の仕事量に無理があるときは、業務量が多すぎる現状と今後どうして欲しいのかという要望を上司に伝えましょう。

今の環境を変えたければ、部署異動を希望して働き方を変えることもできるでしょう。ただし、部署異動は希望が通らなかった際に、職場での風当たりが悪くなるリスクがあるので注意が必要です。
異動の希望が通る可能性は企業によって違うので、自分のスキルが希望先の部署で役立つものか考えるとともに、過去に部署異動の希望が通った人はいるのかという実績を調査する必要があります。

「仕事が怖い」という気持ちがあまりにも強く、精神的に滅入っている、出社拒否の症状が出ている人は、休職して心身を休めてはどうでしょう。
休職すると職場でのブランクができ復帰が不安と思う方がいるかもしれませんが、仕事による心身の不調は今後のキャリアに長期的な影響を及ぼす可能性があります。
これから先もずっと仕事を続けていくことを考えると、一度ゆっくり休んでみるという選択をしてみても良いかもしれません。


◆自分に合った仕事を見つける。転職はハタラクティブへ!

コラムでご紹介したような改善策を試しても事態が変わらない場合、転職で環境を変えてみてはいかがでしょうか。
特に職場がブラック企業で過剰な業務やノルマがなくならない、パワハラが横行しているといった環境にある方には、早い段階での転職がおすすめです。

ハタラクティブでは求職者一人ひとりへの丁寧なカウンセリングを行った上で、その方の適性に合った正社員の求人をご提案しています。当サービスでは実際に取材した企業の求人のみを取り扱っているので、仕事内容や職場環境について詳しい情報をお教えできるのが特長。
自己分析や企業研究の方法についてもアドバイスし、マッチ度の高い転職が成功するようサポートしています。
「仕事が怖い」とお悩みの方、ハタラクティブで新しいスタートを切りませんか?



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ