「仕事が怖い」と感じる原因は?乗り越えるポイントや対処法を解説

「仕事が怖い」と感じる原因は?乗り越えるポイントや対処法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が怖いと感じる原因には、職場の人間関係の悪さや業務量の多さなどがある
  • 怖いと感じながら仕事を続けると心身のバランスを崩してうつ病や適応障害になる恐れも
  • 仕事が怖いときは、まず理由を明確にして適切な対策を考える
  • 仕事量が多いことで仕事が怖いと感じるなら、業務の効率化を考える
  • 精神的に過度な負担があると感じたら、転職や休職を考えるのも一つの手

「仕事が怖い」と思ったことはありませんか?「社会人になったばかりで慣れない」「スキルが未熟で自信がない」など、理由はさまざまあるでしょう。仕事が怖いと感じるなら、まず考え方を変えてみることが重要です。対策をしても状況が変化しない場合は、転職を視野に入れるのも良いでしょう。
このコラムでは、仕事が怖いと感じる原因を分析し、具体的な対処法を解説します。「自分を変えたい!」と思う方はぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「仕事が怖い」と感じる原因

「仕事が怖い」と感じる原因は人それぞれあります。まずは、何が仕事を怖くさせているのかを考え、改善すべき点を明確にしていきましょう。
ここでは、仕事に苦手意識を抱いてしまう理由をいくつか紹介します。

職場の人間関係が悪い

コミュニケーションが上手くいっていない職場は社員同士の結束が薄く、困ったときに助け合う風土がない場合があります。
職場の人間関係は、働きやすさにもかかわる大切な要素です。風通しが良いフラットな職場は自分の意見が言いやすく、困った時も誰かに相談しやすい雰囲気があります。コミュニケーションが盛んな職場では情報共有に支障がなく、何でも言い合える関係性によって業務はスムーズに進むでしょう。
一方で、コミュニケーションが少なく、ほかの社員と関わりがない場合、仕事の幅や視点が広がらず、組織としても成長できない可能性があります。
さらに、社員同士の派閥争いがある、悪口が蔓延している職場の場合は、その空気の悪さからストレス過多に陥り、「仕事が怖い」と感じる方もいるようです。

業務量が多くて残業や休日出勤が続く

業務量があまりにも多く、時間外の仕事が続くと、心身の疲れが抜けにくくなります。業務量が膨らむ背景には、コスト削減による人材不足などがあり、職場によっては事態の改善が難しいことも。
プライベートの時間がなく、常に仕事のプレッシャーにさらされている状態は辛いものです。自分の時間や精神力を奪う仕事が怖いと感じる方が出てくるでしょう。

仕事のノルマがきつい

ノルマがきつく、常に数字に追われているような感覚があると、「仕事が怖い」と感じることがあります。ノルマに届かないことで能力不足を感じてしまったり、目標をクリアしている同僚と自分を比べて劣等感を覚えたりする人は多いようです。
なかには、ノルマがモチベーションにつながる、競争しながら仕事をした方が成果を出しやすいといった方もいますが、そうでない人にとって高すぎる目標は心身を疲れさせる大きな要因です。
また、上司からのプレッシャーが大きく、相談できる相手がいないと「もう出社したくない」という気持ちが起こり、仕事に対する感情がマイナスに傾いてしまうでしょう。

今の仕事を続けることに不安を感じる

今の仕事を続けることへの不安や、モチベーションを維持できないといった場合、「仕事が怖い」と感じることがあるでしょう。
仕事に対する不安は、仕事内容のきつさだけでなく、評価の基準が不明瞭であることや肉体的・精神的に疲弊する仕事内容であることなど、さまざまな理由が考えられます。仕事を続けることに対する気持ちに問題が生まれてしまうと仕事に意味を見出せず、「仕事が怖い」という感覚が日に日に大きくなる可能性も。
ストレスを我慢したまま仕事を続けてしまうと、心身のバランスを崩し、病気を発症してしまう恐れがあることも理解しておくことが大切です。

仕事でミスが続いている

仕事でミスを繰り返してしまうと、周囲の目が気になったり自分を責めてしまったりして、だんだん「仕事が怖い」と感じることがあります。
一人ひとりの意思で作業するので、人間誰しも一度はミスをしたことがあるでしょう。しかし、そのミスが何度も起きたり、同じミスを再度起こしてしまったりすると、職場内での立場が悪くなってしまうことがあります。ミスは個人で取り返せるものもあれば、同僚らに大きな迷惑を与えるものもあるので、周囲から孤立しているような感覚に陥ったり、またミスをしてしまうのでは…と必要以上に不安が募ってしまうことも。この場合でも、心身に負担を抱えてしまい、突然仕事に行けなくなってしまう可能性もあるでしょう。

仕事に行きたくないときの対処法については、「仕事に行きたくない時はどうする?主な理由や対処法を解説!」もご覧ください。

怖いと思いながら仕事を続けるとどうなる?

「仕事が怖い」と思っている状態で仕事を続けていると、自分でも気がつかないうちに精神に多大な負荷がかかり、体調不良として身体にあらわれる恐れがあるでしょう。
適度なストレスを受け続けると、精神的に不安定な状態に陥ってしまい、場合によっては身体に悪い影響が出てしまいます。たとえば、自律神経がうまく切り替えられず、ベッドに横になっても身体がリラックスできずに眠れなくなることも。ほかにも、集中力が低下したり疲れやすくなったりと、さまざまな症状が出てくる可能性があります。
これらの心身のサインをそのまま放置してしまうと、うつ病や適応障害、不安障害などの精神的な病気を発症することもあるでしょう。もし病気を患ってしまった場合は、仕事をするどころか長期的な時間をかけて治療が必要になることも少なくありません。

仕事が怖いと思う気持ちを乗り越える3つのポイント

仕事が怖いと感じるのならば、放置はせずにきちんと対処する必要があります。その代表的な対処法を3つ紹介します。

1.なぜ仕事が怖いのかを明確にする

仕事が怖いと感じる理由は何かを明確してみましょう。たとえば、先述したように人間関係や仕事量など、さまざまなことがあるはずです。原因を突き止めることで、どのようなアプローチをすべきか対応方法も変わります。自分のなかで物事を整理し、改善できるかどうかを判断しましょう。

2.仕事について深く考えすぎない

仕事のことを考えすぎないようにしましょう。仕事はオンオフをつけることが重要です。仕事が怖いと感じている人は、どうしても仕事のことばかりを考えてしまいがち。気持ちの切り替えをすることができないと、脳は常に仕事モードでストレスを受け続けてしまいます。
切り替えが苦手な場合は、自分でタイミングを決めてしまうのもおすすめです。たとえば、仕事でパソコンの電源を落としたら、職場を出たら、電車に乗ったらなど、自分自身の生活に合わせてルーティンを作るとやりやすいでしょう。

3.信頼できる人に話を聞いてもらう

仕事のことを相談できる人がいるのであれば、話を聞いてもらいましょう。職場の人間のみならず、家族や友人などでも構いません。自分が気を許せる相手や頼れる相手などに助けを求め、一人で抱え込まないようにすることが重要です。
仕事が怖い気持ちの乗り越え方については、「仕事から逃げたい…そんなとき、どう対処する?」でも紹介しているのでぜひご一読ください。

仕事が怖いと感じるときの対処法4選

仕事が怖いときは、まず「自分でできることはないか」を考えてみるのがポイントです。ここでは、仕事が怖いと感じるときにやるべき4つの対処法についてまとめました。もしできることがあるなら、ぜひ試してみてください。

社内環境の改善を相談する

上司に社内環境が改善できないかどうかを相談してみましょう。内容によって、上司が業務や職場の問題にはじめて気付くという場合もあります。
また、「上司との関係が良好ではない」「パワハラを受けている」といった方は、会社の人事部に相談する方法も。相談する際は「△△という悩み・不満がある」と問題のみを伝えるのではなく、「△△という悩みがあるので、××して欲しい」というように、改善策を提案すると良いでしょう。

業務の効率化を図れるようスキルを向上させる

業務量が多く、仕事が怖いと感じている方は、上司に相談する前にできる限り業務の効率化を図るのがおすすめ。1日のタスクや仕事の流れを見直し、重要度の低い仕事に時間をかけ過ぎていないか、必要のない作業をしていないかをチェックします。できる先輩の仕事のやり方を観察し、参考になりそうな部分を取り入れてみるのも良いでしょう。
効率化をしても業務量が多すぎて処理しきれないときは、アシスタントや後輩に適宜仕事を振っていくやり方を取り入れるのも一つの手です。それでも全体の仕事量に無理があるときは、業務量が多すぎる現状と、今後どうして欲しいのかという要望を上司に伝えましょう。

社内での部署異動を出す

仕事が怖いと感じる今の環境を変えたければ、部署異動を希望して働き方を変える方法もあります。ただし、部署異動は希望が通らなかった際に、職場での風当たりが悪くなるリスクがあるので注意が必要です。
異動の希望が通る可能性は企業によって異なります。自分のスキルが希望先の部署で役立つものか考えるとともに、「過去に部署異動の希望が通った人はいるのか」という実績を調査する必要もあるでしょう。
仕事を辞める判断に迷う方は、「仕事を辞めたいのは甘え?辞めるべきかどうかの判断基準を解説」も参考にしてみてください。

休職する

「仕事が怖い」という気持ちがあまりにも強く、精神的に滅入っている、出社拒否の症状が出ている人は、休職して心身を休めましょう。
休職すると職場でのブランクが気になり、復帰が不安と思う方がいるかもしれませんが、仕事による心身の不調は今後のキャリアに長期的な影響を及ぼす可能性があります。これから先もずっと仕事を続けていくことを考えると、一度ゆっくり休んでみるという選択は得策だといえるでしょう。

「仕事が怖い」と悩んでいる場合は、状況をそのままにせず、行動を起こすことが重要。特に職場がブラック企業で過剰な業務やノルマがなくならない、パワハラが横行しているといった環境にある方には、早い段階での転職がおすすめです。
若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、求職者一人ひとりへの丁寧なカウンセリングを行ったうえで、その方の適性に合った正社員の求人をご提案しています。当サービスでは実際に取材した企業の求人のみを取り扱っているので、仕事内容や職場環境について詳しい情報をお教えできるのが特長。自己分析や企業研究の方法についてもアドバイスし、マッチ度の高い転職が成功するようサポートしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

仕事が怖いと感じるときによくあるQ&A

最後に、仕事が怖いと感じるときのさまざまなお悩みについて、Q&A方式で解決していきます。

仕事を休むときの電話が怖いです

仕事を休む際、「電話であれば対面ではないので安心」と、少しでもポジティブに考えることをおすすめします。どんな状況であっても、無断欠席をすることは会社へ迷惑が掛かり、自身の評価を下げてしまう恐れがあります。気持ちを落ち着かせて対応できれば、大事に至ることはないでしょう。少しだけ頑張って、会社へ連絡をしてみてください。「会社に行けないのは甘え?休職や退職もあり?出勤が怖い朝の連絡方法も解説」もぜひ参考にしてみましょう。

仕事が怖いのですが適応障害でしょうか?

胃痛や頭痛などが続き、内科にかかっても特に異常がなかったといった場合は、適応障害やうつ病などの精神的な病気を患っている可能性もあるでしょう。適応障害とは、原因となる物事から身体や心が拒否反応を起こしてしまうものです。仕事が怖いと明確にわかっているのであれば、精神科や心療内科などの受診を検討してみてください。「仕事のストレスで涙が止まらない!対処法と起こり得る心身への影響を紹介」でも、詳しく解説しています。

仕事を辞めるのも怖いときはどうすれば良い?

退職に怖さを感じる理由は、将来に対する不安だったり、「甘えなのかもしれない」と仕事を辞めたい自分を責めたりとさまざまです。しかし、このまま続けても心身に負担がかかるだけなのであれば、勇気を出して退職するのが無難といえます。もし、退職を決意できないのであれば、業務方法の改善や部署異動など、一度できることを試してみましょう。それでも状況が変わらなければ、結果に納得したうえで退職できるはずです。

怖くない仕事はあるのでしょうか?

「仕事が怖い」と感じるかどうかは、個人の捉え方によって異なります。転職先を探す際は、自分の適性の合う職場や、これまでの経験やスキルが活かせる職場などを選ぶと、やりがいをもって働き続けられるでしょう。ハタラクティブでは、丁寧なカウンセリングから一人ひとりに合った求人をご紹介しているので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連タグ