ニートが「仕事が怖い」を乗り越えるコツを解説!おすすめの職業も紹介

ニートが「仕事が怖い」を乗り越えるコツを解説!おすすめの職業も紹介の画像

この記事のまとめ

  • ニートの方が仕事が怖い原因は、怒られることへの不安や面接への恐怖心
  • 「仕事が怖い」と感じるニートの方は、その不安を否定せずに受け入れよう
  • 仕事が怖いニートの方におすすめの仕事は、未経験歓迎の業界や在宅ワーク
  • 仕事が怖いニートの方は、転職サイトのみでなくエージェントなども活用しよう

ニートを脱出したいと思っていても、「仕事が怖い」という不安で悩んでいる人もいるでしょう。「怖い」と思う自分を必要以上に否定せず、受け入れたうえで一歩を踏み出すことが就職への近道になります。このコラムでは、ニートの方が「仕事が怖い」と感じる理由やおすすめの仕事、求人の探し方などを詳しく解説。仕事が怖くて就職活動に踏み出せないニートの方は、ぜひ参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートが「仕事が怖い」と思う6つの原因

ニートが「仕事が怖い」と思う6つの原因の画像

ニートの方が「仕事が怖い」と感じる原因には、以下のようなものがあります。

・面接に恐怖心がある
・ブランクが長い
・仕事で怒られることに恐怖心がある
・ブラック企業に就職してしまうことに恐怖心がある
・人間関係に恐怖心がある

ここでは、ニートの方が「仕事が怖い」と感じる原因についてそれぞれ解説するので、自分自身の現状と照らし合わせてみましょう。

1.面接に恐怖心がある

面接への恐怖心は、ニートの方が「仕事が怖い」と感じる原因の一つといえるでしょう。「働いていないことを厳しく追求されるのではないか」「面接官の質問に上手く受け答えができないのではないか」「空白期間が長過ぎて採用されないのではないか」など、面接で感じる不安はさまざま。このような恐怖心を克服するために、自己分析や企業研究、面接対策など、事前の準備を徹底的に行うことが大切です。万全の状態で面接に臨めるようにしておけば、自然と不安や恐怖心は薄れていくでしょう。

2.ブランク期間が長い

ニートや引きこもりなど、長い期間仕事をしていなかったり、人との関わりを絶っていたりした場合には「自分は働くことができるのだろうか」と感じてしまい仕事への怖さを感じることも。ブランク期間とは、働いていない期間を表します。ブランク期間が長い場合は「ブランクが長いから自分には無理」などとネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えるようにしましょう。ブランク期間があったからこそ気がついたこともあるはずです。また、チャンスがあるなら、資格取得やスキルアップを行うこともおすすめです。

3.仕事で怒られることに恐怖心がある

「仕事がうまくいかず、怒られてしまうのではないか」という不安や恐怖心も、ニートの方が「仕事が怖い」と感じる原因になります。誰しも最初から仕事が完璧にできるということはありません。しかし、働いた経験がない、以前働いていた職場での出来事がトラウマになっているといったニートの方は、過剰に不安を抱いてしまうこともあるでしょう。

4.ブラック企業に就職してしまうことに恐怖心がある

ブラック企業に就職してしまうことへの懸念が、ニートの方の「仕事が怖い」という不安につながる場合もあります。SNSやネットニュースなど、情報を気軽に受け取れる媒体が普及している昨今では、ブラック企業に関連する暗いニュースや体験談を目にすることも少なからずあるでしょう。そのような情報を見て「自分も同じようなことになってしまうのではないか」と想像してしまうこともあるようです。

5.人間関係に恐怖心がある

ニートの方が「働くのが怖い」と感じる理由としてよく挙がるのは、人間関係に対する不安です
たとえば「同僚と上手く関係を築けないのでは」「上司からパワハラを受けるのでは」など、職場の人間関係に抱く不安はさまざま。上司や同僚と良好な関係を構築できないと、仕事に支障が出る可能性もあるため、職場での人間関係が働きやすさにつながる要素の一つであることは事実といえます。しかし、行動に起こす前から過剰に不安を抱いてしまうと、就職のための一歩を踏み出せなくなってしまうでしょう。

6.働くこと自体に恐怖心がある

社会経験がないことから自分に自信が持てず、働くこと自体に恐怖心を抱いてしまうのも、ニートの方が「仕事が怖い」と感じる原因になるようです。働いた経験がないことへの不安から、「仕事ができなくて迷惑をかけてしまうのではないか」と考え過ぎてしまうことも。そのような不安から仕事をすること自体が怖くなり、一歩を踏み出せなくなってしまうことがあるようです。

外に出ること自体が怖いと感じている可能性もある

「仕事が怖い」と感じているニートの方は、外に出ることに対して恐怖心を抱いている可能性もあります。そのため、仕事を始める前に外に出ることへの恐怖心を克服する必要があるでしょう。無理に人と接しようとせず、買い物や散歩などで外に出ることに少しずつ慣れていくところから始めてみるのがおすすめです。
「仕事が怖い」と思う原因については、「『働くのが怖い』理由は人間関係やトラウマ?対処法を知って就職しよう!」でも解説しているので、あわせてご一読ください。
未経験OK多数!求人を見てみる

ニートが「仕事が怖い」を克服するための6つの対処法

ニートの方が「仕事が怖い」という不安を克服するためには、怖いという気持ちを受け入れる、働くことのメリットを考えるといった対処法が有効です。ニートの方が「仕事が怖い」を克服する方法を下記で詳しくご紹介するので、参考にしてみてください。

1.「仕事が怖い」という気持ちを否定しない

ニートの方が「仕事が怖い」という不安を克服するには、その気持ちを必要以上に否定しようとせず、受け入れることが大切です。「仕事が怖い」という不安は、多くの人が抱いているもの。そのため、仕事が怖い自分を否定せず、「仕事が怖いと思っているのは自分だけではない」「仕事が怖いという感情は当たり前のもの」と気楽に考えると良いでしょう。

「仕事が怖い=甘え」という考えを捨てる

先述したように、「仕事が怖い」は多くの人が抱える不安のため、「仕事が怖いと思うのは甘えなのでは」と思う必要はありません。「仕事が怖い」と思うのは、ポジティブに考えればそれだけ就職後のことについて真剣に考えているともいえます。そのため、「仕事は怖い」という気持ちは受け止めたうえで、必要以上に自分を追い込まないことが大切です。

2.働くメリットを考える

ニートの方は働くことのデメリットだけでなく、メリットについても考えましょう。働くことには大変さがある一方、「自由に使えるお金を得られる」「人の役に立てる」「充実感や達成感を得られる」など、多くのメリットがあります。「仕事が怖い」と思うだけでなく、仕事が生活を豊かにするという側面にも目を向けてみると良いでしょう。働くのが怖いと感じているニートの方は、「『楽しい』仕事って何だろう?仕事の見つけ方」のコラムも参考に、自分が楽しいと思える仕事を探してみるのもおすすめです。

3.「仕事が辛くなったら辞める」という気持ちを持つ

「仕事が辛くなったらいつ辞めても良い」という気持ちを持つことも、ニートの方が「仕事が怖い」という不安を和らげる方法の一つです。同じ職場で仕事を長く続けていくことも大切ですが、仕事に耐えられないほどの苦痛を感じた場合は、思い切って環境を変えるために行動することも重要。そのため、もし仕事で辛いことがあったとしても「本当に無理ならいつでも辞めて良い」「一つの仕事を続けることは義務ではない」と気楽に考えると良いでしょう。

4.自分に合った仕事を探す

「仕事が怖い」と思うニートの方には、自分に合った仕事を探してみるのも有効です。たとえば、人間関係に不安を抱いているなら人との関わりが少ない仕事を探す、仕事で怒られるのが怖いなら研修制度が充実している企業を探すなど、自分が抱いている不安を解消するような条件で求人を探してみると良いでしょう。また、「収入を得て暮らしを豊かにしたい」「生活にメリハリをつけたい」「人を笑顔にしたい」など、前向きな条件で仕事を探すのもおすすめです。

5.資格取得を目指して勉強する

働いた経験がないことの不安から「仕事が怖い」と感じているニートの方は、資格取得を目指して勉強するのもおすすめです。資格を取得することで、就活で有利になりやすいだけでなく、就職した後も仕事に役立つ知識を得られます。また、資格によっては職業選択の幅も広がるでしょう。就職後も活用できる知識を身につけることで、不安の解消や自信にもつながります。「ニートは資格を取れば就職できる?おすすめの勉強法もご紹介!」では、ニートの方におすすめの資格も紹介しているので、あわせてご一読ください。

6.就職支援サービスを利用する

仕事が怖いニートの方は、転職サイトだけではなく転職エージェントなど就職支援サービスを利用するのもおすすめです。就職支援サービスには、多様な種類があります。1人での就活が不安な方は就職エージェントやハローワーク、社会に出るための準備を整えたい方はサポステなど、自分の状況や不安に沿ったサービスを活用すると良いでしょう。
転職サイトの場合は、自分で求人を検索して応募という流れですが、転職エージェントの場合は希望条件などを伝えることで求人を提示してくれます。また、面接対策など転職に必要となるスキルを学べますし、面接同行をしてくれる場合もあります。就職エージェントやハローワークについては、後述の「仕事が怖いニートにおすすめの仕事の探し方」でも紹介しているので、ご覧ください。また、「ニート向けの就職支援は使ったほうがいいの?おすすめのサービス活用法!」のコラムでも、ニートの方におすすめの就職支援サービスについて解説しています。

仕事が怖いニートにおすすめの職業

仕事が怖いニートにおすすめの職業の画像

ニートを脱出したい、働きたいと思っていても、「仕事が怖い」と感じて踏み出せない人もいるでしょう。「ニートが『仕事が怖い』と思う6つの原因」でも述べたように、ニートの方が「仕事が怖い」と感じる理由は、「人間関係への不安」「怒られることへの恐怖心」などがあります。また、中には自分にどんな仕事ができるのか分からないという人も。ここでは、仕事が怖いニートの方におすすめの職業を紹介するので、仕事探しの参考にしてください。

人との関わりが少ない仕事

人間関係への不安から「仕事が怖い」と感じるニートの方は、倉庫での梱包・値付け作業や工場のライン作業など、人との関わりが少ない仕事を選ぶと良いでしょう。仕事内容もある程度ルール化されており、シンプルなものが多いので、仕事を覚えられるか心配な人にも向いています。ほかにも、ホテルや旅館、ショピングセンターなどでの清掃の仕事もおすすめです。早朝や深夜の募集も多いので、昼夜逆転していて生活リズムに不安があるという方にも取り組みやすいでしょう。

未経験からスタートできる仕事

「仕事が怖い」と感じるニートの方には、未経験からスタートできる仕事がおすすめです。介護業界やIT業界など、人手不足の傾向がある仕事は未経験者を歓迎している傾向があり、ニートの方も就職しやすいでしょう。また、未経験者を募る企業は教育制度が整っている場合が多く、働きながらスキルを身につけられるメリットもあります。そのため、「仕事が上手くいかなくて怒られるのでは」という不安も軽減できるでしょう。

在宅でできる仕事

在宅でできる仕事も、仕事が怖いニートの方におすすめです。近年は新型コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークを導入している企業が増加傾向にあります。在宅でできる仕事はデータ入力やWebライティング、プログラマーなど、多種多様です。人との関わりを完全に避けるのは難しいですが、やり取りはチャットツールやメール、通話など、直接の関わりは少ない傾向にあります。また、スキルを伸ばしていけば、将来的にはフリーランスとして働ける可能性があるのもメリットです。
在宅ワークについて詳しく知りたい方は、「在宅ワークをする3つの方法とは?代表的な仕事の種類もご紹介」もあわせてご覧ください。

仕事が怖いニートにおすすめの仕事の探し方

就活を始める前に、自分に向いている仕事とは何かを考えてみましょう。働きたい職種が思い浮かばない場合は、自分の強みや性格、スキル、好きなこと、興味のあること、絶対に譲れない条件などを考えます。仕事内容や勤務地などの条件が決まったら、実際に求人を探してみましょう。仕事の探し方は、主に以下の方法があります。

インターネットを活用して探す

仕事が怖いニートの方には、求人サイトや就職・転職サイトなど、インターネットを活用して求人を探す方法がおすすめです。インターネットから転職サイトなどは簡単に閲覧できますので、活用すれば、自宅にいながら好きな時間に転職情報を得られるというメリットもあります。また、一度に閲覧できる情報量が多いので、効率良く仕事を探すことができるでしょう。どのような仕事があるのかイメージしやすいため、応募する職種や業界が定まっていない人にもおすすめです。転職エージェントもインターネットから簡単に探したり、登録ができます。そのため、自分に合う転職エージェントを見つけて利用しましょう。

近隣の店舗で探す

仕事が怖いニートの方は、近所のショッピングモールやスーパーなどに行き、店舗に貼られている求人を見るのもおすすめです。近隣のお店なら、店舗やスタッフの雰囲気、働く環境、通勤の利便性などを実際に見に行けます。既に働きたいお店やエリアが決まっている人や、応募する前に職場の雰囲気を知りたい人は、実際に足を運んでみても良いでしょう。

ハローワークを利用する

ハローワークは、地元で働きたい人や、未経験者歓迎の求人を探しているニートの方におすすめです。ハローワークでは、求人検索だけではなく職業相談や求人紹介、職業訓練、就活支援セミナーなど、さまざまなサービスを実施しているのが特徴。求人情報が記載されているチラシもあるので、一度足を運んでみるのも良いでしょう。

スキルに自信がないなら職業訓練もおすすめ

スキルに自信がなく、「仕事が怖い」と感じているニートの方は、ハローワークが実施している職業訓練を受けるのもおすすめです。職業訓練は、仕事に役立つスキルや資格を身につけられる講座を無料で受講できます。受講できる講座の種類もグラフィックデザインや医療事務、パソコン事務などさまざまです。自分が身につけたいスキルや取得したい資格に合った職業訓練があれば、ハローワークの職員に相談してみると良いでしょう。

就職・転職エージェントに相談する

求人探しや履歴書の書き方、面接対策など、何をしたら良いのか分からないというニートの方は、就職・転職エージェントを活用する方法もあります。エージェントでは、企業とのやり取りの代行やカウンセリングによる適性チェックなど、独自のサービスを展開。転職エージェントは、求人サイトに掲載されていない、非公開求人を保有しているところが多いのも特徴です。ハローワークや求人サイトなど、ほかのサービスと併用すると就活の効率アップを図れるでしょう。

ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが1対1でカウンセリングを実施。希望に沿った求人を提案しています。入社後も定期的に連絡し、入社前とのギャップや人間関係・仕事内容に関する不安などをヒアリングします。求人探しから入社後まできめ細やかにサポートしているので、仕事が怖いニートの方も安心です。「まずは相談だけしたい」「何から始めたら良いか分からない」という人も、ハタラクティブへお気軽にご相談ください。

仕事が怖いニートのお悩みQ&A

仕事に対する不安や恐怖が拭いきれず、就活に踏み出せないニートの方もいるでしょう。ここでは、「仕事が怖い」と感じているニートの方が安心して働けるよう、想定されるお悩みにQ&A形式でお答えします。

「仕事が怖い」と思うのはなぜですか?

ニートの方が「仕事が怖い」と思う原因には、職場での人間関係に対する不安や仕事が上手くいかないことへの恐怖心などがあります。また、以前働いていた職場でのトラブルが原因でニートになってしまった人の場合は、そのことがトラウマになって再就職に踏み出せないということもあるでしょう。ニートの方が仕事が怖いと思う原因については、このコラムの「ニートが『仕事が怖い』と思う6つの原因」でも詳しく紹介しています。

空白期間が長い場合はどうしたらいい?

空白期間が長い場合は、その期間に何をしていたか、なぜ就職しようと思ったのかを採用担当者にきちんと伝えられるようにしておきましょう。「時間がかかってもやりたい仕事に就職したかった」「資格を取得したかった」など、仕事への意欲を示すのがベターです。自身の怪我や病気、家族の介護などのやむを得ない理由がある場合は、現在は問題なく働けることを示したうえで正直に伝えれば問題ありません。空白期間が長い場合の対処法については、「空白期間を面接で聞かれたら?『何もしてない』はOK?答え方や例文を紹介」もあわせてご覧ください。

ニートにおすすめの仕事を教えてください。

ニートの方におすすめな仕事は、介護職員やIT関係、警備員などです。これらの仕事は未経験者を受け入れている傾向があり、ニートの方も就職しやすいでしょう。ニートからの就職を目指したい方は、就職しやすい業界や職種を選ぶことで実現しやすくなります。ニートから就職しやすい仕事については、「ニートが就職しやすい6つの職種」も参考にしてください。

仕事が怖いニートが就職するには?

自分に向いている仕事とは何か考えてみましょう。働きたい職種が思い浮かばない場合、自分の強みや価値観、絶対に譲れない条件などを自己分析で洗い出します。希望する仕事内容や勤務地が決まったら、求人サイトや就職支援サービスなどを活用して仕事を探してみましょ。転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーがあなたに合った求人を提案します。求人探しから入社後までサポートしているので、「仕事が怖い」というニートの方も、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ