1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートを脱出しよう!「仕事が怖い」を乗り越えるコツ

ニートを脱出しよう!「仕事が怖い」を乗り越えるコツ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・働きたいと思っても、仕事に対して怖さを感じニートを脱出できない人が多い 
    ・仕事はいきなりできるものではなく、慣れていくものと考えよう 
    ・怒られたときは反論せずにまず謝罪し、冷静に相手の話を聞こう 
    ・職種によって人との関わり方や働くスタイル、仕事内容が違う 
    ・仕事を探すときは、まず自分の希望する条件を考え、自分に合った方法で探そう

ニートを脱出しよう!「仕事が怖い」を乗り越えるコツの画像

ニートを脱出したい…と思っても、働くのが不安、仕事が怖いと思い悩んでいる人も多いでしょう。しかし、あなたが感じている不安や恐怖は、単なる杞憂かもしれません。 
ここでは、ニートが仕事を怖いと感じる理由から、怒られたときの対処法、ニートにおすすめの仕事、仕事の探し方などを詳しく解説します。

ニートが想像する仕事の怖さ

ニート期間が長くなるほど、仕事への恐怖心が大きくなってしまうもの。早くニートを脱出したいという気持ちがあっても、面接や仕事に対する恐怖から、なかなか一歩が踏み出せないという人も多いでしょう。
ニートが「仕事が怖い」と感じる理由には、主に以下の4つがあります。

・面接で追い詰められそう
・仕事で怒られる
・ブラック企業に就職してしまう
・辞めたくなっても辞めさせてもらえない

面接や仕事などで、ニート期間のことを責められたり、問い詰められたりすることはまずありません。
万が一、面接で嫌なことを聞かれた場合は「こういう社員がいる会社だと早く分かって良かった」と思いましょう。もし採用されても、応募者には断る権利があります。
また、「ニートだから○○と言われるだろう」「ニート期間が長いから仕事を上手く進められないだろう」など、自分の想像や思い込みで「仕事が怖い」と考えすぎないように気をつけましょう。

インターネットやテレビで、ブラック企業やパワハラなどに関する情報を見ると「働くことは怖い」と思ってしまいがちですが、実際には優良な企業が多く、丁寧に指導してくれる職場もあります。
働き始める前に、仕事のマイナス面ばかりを見て怖がるのではなく、まず行動することが大切です。

大体の仕事は「慣れ」と考えよう

仕事でミスをして怒られるのが怖い…という気持ちから、仕事をしたくないと考える人もいるでしょう。しかし、最初は誰でも失敗するものですし、初めて携わる仕事で失敗するのは当たり前のこと。
「仕事ができる」というのは、「その仕事に慣れてくる」ことだと考えましょう。

大抵の職場では、それぞれの仕事でマニュアルやフローが決められているので、数ヶ月勤めていればほとんどの人が慣れていきます。
特に、未経験者を採用している企業では、慣れるまでは先輩や上司がフォローしてくれるもの。企業が未経験者を採用するときは、即戦力になると思っているのではなく、今後の伸びしろに期待して採用を決めています。
入社してすぐに責任の重い仕事を任されることはないので、フォローを受けられる間に、仕事に慣れるように努力すれば良いのです。

入社直後は、職場にいる人がみんな優秀に見えたり、職場に馴染んでいるように感じたりするもの。しかし、ほとんどの人に「慣れない時期」はあるものです。
自分を責めすぎず、準備期間だと思って与えられた仕事を一生懸命頑張りましょう。

怒られたときはどうする?

仕事でミスをして、上司や先輩、取引先の人などに怒られた場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
怒られることを必要以上に恐れている人もいますが、仕事で怒られるときというのは、人格を否定されているのではなく仕事のやり方を間違えただけです。
怒られることで自分のミスや間違いに気付けるため、怒られるのは必ずしも悪いことではありません。
なぜ怒られたのか、ミスの原因はなんだったのか、ミスしないためにはどのような点に注意したら良いのかなど、怒られた原因としっかり向き合うことでスキルアップに繋がります。
上司や先輩に怒られたときは、その都度きちんと反省することでミスも減っていくでしょう。

もし、自分にミスがないのに怒られたと感じた場合でも、まずは誠実に謝罪することが大切です。
怒っている相手にいきなり反論してしまうと、相手の怒りを増幅させてしまう恐れがあるため、言い訳や反論はせず、まずは相手の話を全て聞きましょう。
自分が気付いていないだけで何かミスをしていたのかもしれませんし、自分のミスではなくても関わっている仕事のことかもしれません。それでも反論したいことがあるときは、話を全て聞き、相手が落ち着いたタイミングで冷静に伝えましょう。

ミスをしないように努めるのが基本ですが、ミスをしてしまったら素直に認め、謝罪することも大切です。
怒られたときは感情的になりすぎず、誠意を持って冷静に対処しましょう。

ニートにおすすめの仕事

ニートを脱出したい、働きたいと思っていても、仕事を始めることに不安や恐怖を感じなかなか踏み出せない人も多いでしょう。
仕事を始めたいと思うニートには、以下のような点で悩んでいる人が多いようです。

・人と関わるのが怖い
・規則正しい生活を続けられるか不安
・仕事を覚えられるか心配

また、自分にどんな仕事ができるのか分からない人もいます。
それでは、ニートが始めやすい仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。

人との関わりが少ない仕事

対人関係に不安があるという人は、倉庫での梱包・値付け作業や工場のライン作業など、人との関わりが少ない仕事を選ぶと良いでしょう。
仕事内容もある程度ルール化されており、シンプルなものが多いので、仕事を覚えられるか心配な人にも向いています。
ほかにも、ホテルや旅館、ショピングセンターなどでの清掃の仕事もおすすめです。早朝や深夜の募集も多いので、ニート生活で昼夜逆転してしまっている人にも取り組みやすいでしょう。

人と関わる仕事

人と関わることに抵抗がなければ、スーパーでのレジ業務や店舗での接客業務などがおすすめです。常に求人が多い仕事なので、希望の条件に合った求人を見つけやすいというメリットがあります。
パソコンスキルがあれば事務系、体力に自信がある人は福祉系や運送系など、さまざまな職種があるので、自分に合った仕事を探してみるのも良いでしょう。

仕事の探し方

仕事を探す前に、自分に向いている仕事とは何かを考えてみましょう。
働きたい職種が思い浮かばない場合は、自分の強みや性格、スキル、好きなこと、興味のあること、絶対に譲れない条件などを考えます。
仕事内容や勤務地などの条件が決まったら、実際に求人を探してみましょう。仕事の探し方は、主に以下の方法があります。

インターネットや紙媒体で探す

求人サイトや折込チラシ、求人情報誌などを基に求人を探す方法があります。
インターネットを利用すれば、自宅にいながら好きな時間に情報を見れるというメリットも。また、一度に見れる情報量が多いので、効率良く探すことができるでしょう。
どのような仕事があるのかイメージしやすいため、応募する職種や業界が定まっていない人にもおすすめです。

近隣の店舗で探す

近所のショッピングモールやスーパーなどに行き、店舗に貼られている求人を見るのも良いでしょう。お店やスタッフの雰囲気、働く環境、通勤の利便性などを、実際に見ることができるというメリットがあります。
既に働きたいお店やエリアが決まっている人や、応募する前に職場の雰囲気を知りたい人は、一度足を運んでみても良いでしょう。

ハローワークを利用する

ハローワークは、地元で働きたいという人や、未経験者歓迎の求人を探している人におすすめです。
ハローワークでは、求人検索だけではなく職業相談や求人紹介、職業訓練、就活支援セミナーなどさまざまなサービスを実施しているのが特徴。
求人情報が記載されているチラシもあるので、一度足を運んでみるのも良いでしょう。

転職エージェントに相談する

求人探しや履歴書の書き方、面接対策など、何をやったらいいのか分からないという人は、転職エージェントを活用する方法もあります。
エージェントでは、面接日の調整や給与の交渉などの代行をしたり、カウンセリングによる適性チェックを行ったり、独自のサービスを展開。求人サイトに掲載されていない、非公開求人を保有しているケースが多いのが特徴です。
ハローワークと併用して転職エージェントを利用する人もいます。

ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが1対1でカウンセリングを実施。あなたに合った求人を提案しています。
入社後も定期的に連絡し、入社前とギャップがないか、人間関係や仕事内容で不安はないかなどヒアリング。求人探しから入社後まできめ細やかにサポートしています。
「まずは相談だけしたい」「何から始めたらいいか分からない」という人も、お気軽にハタラクティブにお問合せください。

こんなときどうする?ニートの方のお悩みQ&A

ニートの方にとって、仕事に対する不安や恐怖は拭いきれないものでしょう。ここでは、ニートの方が安心して働けるよう、想定されるお悩みをQ&形式で解決します。

ニートの現状を変える方法はありますか?

自分を責めたり、物事をネガティブに捉えすぎないことが大切です。
近年、人間関係のトラブルや仕事へのプレッシャーからニートを選択する人が増加傾向にあります。「仕事が怖い」という感情が出たとしても、無闇に自分を責めず、今できることを前向きに考える気持ちがニートを脱却する近道となるでしょう。いきなり正社員として働くことに不安がある方は、まずはアルバイトから始めてみてはいかがでしょうか。
ニートの現状を変える方法については、「ニートをやめたいのに仕事が怖い…現状を脱出するには?」のコラムをヒントにしてみてください。

働くメリットはなんですか?

安定した収入を得られる、生活にメリハリがつく、視野が広がるなど、さまざまです。
社会に出ることで、人と関わる機会や新しい経験が増えます。周囲の人々と接し、多様な価値観を知ることで、自身の人生の視野が広がっていきます。新たな一歩を踏み出すのは怖いかもしれませんが、その一歩の先に見える景色は、一人で悩んでいる現在とは比べ物にならないほど開けたものなのではないでしょうか。
働くメリットについては、「働くのが怖い方必読!働く利点と対処法」で詳しく述べています。ぜひご一読いただき、働くモチベーションを上げましょう。

ニートにおすすめの仕事を教えてください。

ニートの方におすすめな仕事は、主に下記になります。

・介護職
・警備員
・工場勤務
・プログラマー
・営業
・接客業

ニートの就職は、就職しやすい業界や職種を選ぶことでスムーズに実現できます。人手不足の業界は未経験者を歓迎する傾向があり、ニート期間が長くても比較的就職しやすいといえるでしょう。
たとえば、高齢化が進む日本で、「介護業界」は慢性的な人手不足状態。そのため、「資格や経験がなくてもいいから人材が欲しい」という企業が多くあります。
また、未経験者を募る企業は教育制度が整っている場合が多く、働きながらスキルを身につけられるメリットがあります。上記に挙げた各職種についての詳細は「ニートが就職しやすい仕事6選!」をご参照ください。

ニートが就職するための方法はありますか?

あります。まずは、自分に向いている仕事とは何か考えてみましょう。
働きたい職種が思い浮かばない場合、自分の強みや性格、興味のあること、価値観、絶対に譲れない条件などを自己分析してあぶり出します。
希望する仕事内容や勤務地が決まったら、実際に求人を探してみましょう。仕事の探し方は、主に以下の方法があります。

・インターネットで探す
・近隣の店舗で探す
・ハローワークを利用する
・転職エージェントに相談する
詳しくは、このコラムの「仕事の探し方」をご確認ください。

転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーがあなたに合った求人を提案します。求人探しから入社後まで、きめ細やかなサポートを実施しているので、就活に不安の抱えるニートの方も、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる