ニートになったのは親のせい?その原因や社会復帰する方法を解説!

ニートになったのは親のせい?その原因や社会復帰する方法を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートとは家事や就労、通学を行っていない15~34歳までの若者を指す
  • ・ニートになる原因には、親の教育や育て方による自己肯定感の低下が深く影響している
  • ・ニートになる親以外の原因には、就活の失敗やコミュニケーション力不足などがある
  • ・親からの援助がなくなった場合、生活保護や路上生活を選択する可能性もある
  • ・ニートから脱却するなら、自立をするための行動を始めよう

「ニートになってしまったのは親の責任」と考えている方はいませんか?親と関わるなかで、自分の意思が尊重されなかったり、過保護に育てられたりといった経験は、自己肯定感が低くなる原因にもなります。ニートを脱却するためにも、自分の考え方をポジティブな思考に切り替えていくことが重要です。
このコラムでは、ニートを親のせいにする原因や改善ポイント、ニートから抜け出す方法などを解説。ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ニートとは?

ニートとは、学業や就労、就労のための訓練などを行っていない若者を指します。発祥はイギリスで、「Not in Education, Employment or Training」 の頭文字を取ってNEETと表す言葉です。
日本では「若年無業者」とも呼ばれ、家事、就労、通学などを行っていない15~34歳までの若者に限定して使用しています。そのため、家庭で家事労働をしている専業主婦や、求職活動をしている人は、働いていなくてもニートとは呼びません。
ニートの定義については、「ニートの定義と社会へもたらす影響について」のコラムでも詳しく解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。

ニートになったのは親の責任だと感じる4つの原因

ニートになってしまう理由にはいくつかありますが、親が原因の一つとなることもあるようです。
ここでは、ニートや引きこもりが「この状況は親の責任だ」と感じる原因や影響を解説していきます。

1.自己肯定感を傷つけられた

ニートになりやすい人の特徴として、自己肯定感が低いことが挙げられます。自己肯定感が低いと「どうせ自分なんて…」と思い込んでしまい、人生に対するやる気や熱意が湧かないからです
学校や友人との関係で自己肯定感が下がることもありますが、親の影響で自己肯定感が低い場合もあります。
たとえば、「幼少時代、何をやっても親に怒られた」「親に褒められたことがない」など、育てられ方によって自己肯定感が下がることもあるでしょう。また、幼少期に自己肯定感が低いまま育ってしまうと、大人になっても上がりづらくなってしまいます。そのため、幼少時代に自己肯定感が下がるような育てられ方を受けると、ニートになる可能性は高くなるといえるでしょう。

2.過干渉を受けて過保護に育てられた

過干渉を受けて過保護に育てられた場合、「なんでも親がやってくれる」と思い込み、人生を自分事で考えられなくなってしまいます。そのため、過保護に育てられた人は、自立がしづらいようです。
また、自分がミスをしても「自分は悪くない」と責任転嫁をする傾向も強く、社会人として上手く馴染めずに、結果ニートになってしまうこともあります。

3.放任主義に育てられた

放任主義の親に育てられると、過保護の場合とは違った理由でニートになってしまうようです。過度な放任主義、子供に対して興味を示さないような親に育てられると「自分には誰も興味がない」「どうせ何をやっても評価してもらえない」という気持ちが根付いてしまうことも
幼少期にそのような育てられ方をすると、大人になっても仕事に対する意欲が湧きません。「この仕事をやり遂げて、しっかり評価してもらう」といった気持もが起きないでしょう。結果的に、何に対してもやる気が起きずニートになってしまう方が多いようです。
自分はこのままいくとニートになってしまうかも……とお悩みの方は「ニートになりそうな予感?自力でニートから卒業するには」をチェックしてみてください。

4.自分の意思が尊重されなかった

幼少期に親から自分の意見を否定されたり、尊重されなかったりする経験があると、そのトラウマからニートになってしまうことがあるようです。
自分の意思に自信がなくなってしまうと、周囲から意見を求められても「どうせまた否定される」「自分の意見は認められない」「自分が意見を言う立場ではない」といったネガティブな考え方が癖づいてしまうことがあります。自分の意思を伝えることが怖くなり、そのまま心を閉ざしてしまう方も少なくありません。

ニートを親のせいにする考え方を変えるポイント

親がニートの一因となる場合もあるかもしれませんが、家族のせいにしていても就職へとは結びつきません。自分の道は自分で切り開き、一歩前に踏み出すことが大切です。
ここでは、ニートを親のせいにする考え方や意識の方向性を改善するポイントについて解説します。

現実を受け入れる

現在自分が置かれている状況を理解し、受け入れましょう。今の自分と向き合うためには、自分がダメだと感じている点をすべて書き出してみるのがおすすめ。自分が何に対してダメだと思っているのか、思考パターンを整理できます
また、自分がダメだと感じることはそこまで周りに影響がなく、ただの思い込みである場合が多いもの。無意識に自分を過小評価し過ぎている可能性があることも理解しておきましょう。

ポジティブな捉え方を心掛ける

自分の短所ばかりに意識が向いてしまう場合は、ポジティブな捉え方を心掛けてみましょう。短所とは、自分の考え方や捉え方によって長所に言い換えることが可能です。たとえば、「資格を一つしか持っていない」といった否定的な表現を、「資格を一つ持っている」と考えれば、前向きなニュアンスに変わります
しかし、短所は誰にでもあるもの。ネガティブな感情に押しつぶされないよう、あまりこだわり過ぎないことも大切です。

成功体験を積む

日常生活での成功体験を積み重ねましょう。成功体験はどんな些細なことでも構いません。たとえば、「早起きできた」「外に出られた」「アルバイトを始めても□ヶ月経った」など、身近なところで達成した成功体験を積み上げていくのが効果的です。成功体験が増えていくと、徐々に自信がつくようになります。「ニートには価値がない」と諦める前に、まずは自分ができることから始めてみましょう。
自信をつけるにはどうすればいい?効果的な方法とは」のコラムでは、自信のつけ方について詳しく解説しています。ぜひあわせてチェックしてみてください。

ニートになってしまう親以外の主な3つの原因

ニートになる原因は、親の影響だけではありません。一般的な3つの原因について以下にまとめたので、参考までにご覧ください。

1.就活に失敗した

ニートとなる大きな原因の一つは、就活がうまくいかなかったことがあります。
特に真面目に勉強に取り組み、レベルの高い学校へ進学して学生生活を問題なく過ごした学生ほど、採用の選考に落ちることに対して心が傷つきやすくなっている方もいるようです。そのまま失敗に耐えられなくなり、ニートになってしまう傾向にあるといわれています。

2.コミュニケーションを取るのが苦手

性格的に、他人に対して関心が薄い人や、人付き合いが苦手なタイプの人などもニートになりがちです。一旦就職できても、コミュニケーションの取り辛さから、毎日の出勤が億劫になり、会社に通えなくなるケースが挙げられます。

3.家の居心地がよい

家の居心地が良すぎるのも、自立という面においては悪条件といえるでしょう。
家にいれば、誰かが自分の代わりに洗濯や食事の用意など、面倒なことは引き受けてくれます。家族の甘やかしが、ニートの主たる原因となっている場合もあるのです。

ニート生活で親からの援助がなくなった場合は?

ニートの子どもをもつ親も、経済的負担や老後生活などの悩みが尽きません。そこで、親が子どもの自立を考え、家からの援助をすべて断ち切った場合、以下のようなことが考えられます。

仕事を見つける

家からの援助がなくなると、食事をするお金も住む部屋を借りるお金も自分で稼ぐしかないと奮い立ち、ニートを脱却しようと仕事を自分から探すということが考えられるでしょう。

生活保護を受ける

両親が何らかの原因で働けなくなり頼れなくなったとき、自分が就職できないのであれば生活保護の受給を考える方が良い場合もあります。
ただし、生活保護の申請が通るハードルは年々高くなっているようです。去年は同じ条件で認められたような申請が、来年は認められないということが起こらないとは言い切れません。そのため、「申請すればお金が支給される」と安易に考えすぎるのは危険といえるでしょう

兄弟や親戚にお世話になる

兄弟や親戚にお世話になるという方法もありますが、相手に多大な迷惑を掛ける行為のためおすすめできません。もし、頼み込んでも現実的に断られる場合が多いようです。

路上生活者になる

一番避けたいことですが、路上生活者になるしかないという選択肢が出てくる可能性もあります。できるだけそうはならないよう、早めに解決策を考えましょう。
また、ニート経験を就活に活かせるのか知りたい人は、ニートの就活について書かれたコラム「ニート経験を活かせる?就職を成功させるポイントとは」を参考にしてください。

ニートから脱却するための4つの方法

ニートから脱却するための方法を、以下で5つご紹介します。自分に合った方法を見つけ出してみましょう。

1.一人暮らしを始める

実家暮らしをしているなら、一人暮らしを始めてみましょう。一人で生きていくには労働してお金を稼ぐことが基本です。一人暮らしには家賃や食費、光熱費など、実家暮らしと比べて大幅な費用はかかりますが、自立するための良いきっかけになります
また、住民票を移すと親の扶養から離れるため、確定申告が必要です。「絶対にニートをやめたい!」といった強い意志がある方は、検討してみてください。

2.仕事につながる資格取得を目指す

自分の適性を見ながら資格取得を目指してみるのも良いでしょう。就職しようと思っても、自分の強みとなるアピールポイントがないと、内定をもらうのは厳しいこともあります。仕事につながるような資格は何かを考えながら探してみるのがおすすめです。
「勉強はあまり得意じゃないし…」という方は、いきなり高難易度の資格を目指すのではなく、取得しやすい難易度の資格から始めてみてください

3.アルバイトからスタートしてみる

はじめから正社員や社会人にチャレンジするのには抵抗があるという場合は、アルバイトから始めてみましょう。1つの仕事を継続できれば、働くことへの抵抗感がなくなり、正社員として働く自信がついてきます
人とコミュニケーションを取るのが苦手で、どうしても会社で人と一緒に働くのは難しいという場合は、在宅ワークを考えてみるのも一つの手です。パソコンスキルがあれば、Webライターやデータ入力など、自宅でできる仕事もあります。
また、早朝の新聞配達もおすすめです。夜型の生活になりがちなニートでも体内時間がリセットされ、朝型人間に変わることが期待できます。
「ニートから卒業して働きたいけど、もう30代だし」そんな年齢に関する悩みがある人は、30代ニートからの社会復帰を解説したコラム「30代のニートは就職できる?現実や就活のコツを知ろう」をチェックしてください。

4.就職支援サービスを利用する

「ニートからの脱却したいけど、具体的に何をしたら良いかわからない…」という方は、就職支援サービスの利用を検討してみましょう。
なかでも代表的なのは、ハローワークです。厚生労働省が運営している公共職業安定所で、全国500カ所以上に設置されています。求人紹介だけでなく、職業訓練や雇用保険の手続きなど、さまざまなサポートを提供しています。利用料は無料なので、気軽に立ち寄れるところも魅力の一つでしょう。
また、プロのアドバイザーによるマンツーマン指導や、優良求人や非公開求人の多さが特徴の就職エージェントもおすすめです。自分の目的に合わせたサービスを活用してみてください。

ハタラクティブでは、20代の若年層を対象に就活サポートを提供しています。求人数が豊富なので、丁寧なカウンセリングを基にあなたの個性に合った職場を紹介することも可能です。また、応募書類の書き方や面接対策なども、専任アドバイザーにおまかせください。サービスの登録・利用料はすべて無料です。
ニートを卒業したいなら、早めの行動が鍵!まずはお気軽にご相談ください。

室谷彩依

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A