新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. この生活を脱出したい…ニートを抜け出すための考え方

この生活を脱出したい…ニートを抜け出すための考え方

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニート脱出を恐れる人は、働くことが怖い、仕事が見つからない、自分の時間がなくなるかもしれないと考える
    ・アルバイトから始める、仕事に対する視野を広げる、新たな趣味を見つけるというような方法で不安を払拭しよう
    ・ニートをやめるためには、生活リズムを整える、運動を始める、ポジティブ思考を癖づけるなどの方法が効果的
    ・欲しいものややりたい仕事、人と関わりたいという欲求などを就活の原動力にするのも一法

ニートをやめたいと考えるひとは多いものの、脱出には努力が必要な上に「失敗したらどうしよう」という不安もつきまといます。
そんな人のために、ニート生活を抜け出すための方法や、有効な考え方をまとめました。
まずは、ニート脱出への不安をどう解消していけばいいかを紹介します。

◆ニートを脱出するのが不安な理由

「ニートをやめるのは怖い」と考える人がいますが、それはなぜなのでしょうか。

【働くことへの不安】

ニート生活が長くなると、働くことが怖くなってしまうことがあります。
ニートで一度も就職したことがない人には、「ちゃんと働けるか自信がない」「就職しなかった理由を聞かれたらどう答えよう」というような不安があるでしょう。
就職した経験がある人は、「前の会社は仕事の量や内容が自分に合っていなかったけど、次はいい仕事に就けるとは限らない」「前の職場で人間関係が上手くいかなかったから、次も同じ思いをするかも」と考えてしまうのではないでしょうか。

・解決法
短期や短時間のアルバイトから始めてみるのが良いでしょう。仕事に少しずつ慣れ、「働くことは怖くない」という意識づけをしていくのが近道です。

【仕事が見つからない不安】

ニートを続けていると、仕事を探すのも難しくなってしまいます。
ネットやハローワークで求人を見てみると、中途採用の場合は経験年数や資格を求めるものが多く、「ニートにはハードルが高い」と感じることがあるかもしれません。
未経験可の求人でも、仕事内容が複雑だったりハードな勤務が想像される職種だったりすると、応募するのが怖いと思ってしまう可能性もあります。

・解決法
求人を探すとき、無意識に「この職種は向いていない」「この仕事は無理」と決めつけていませんか?視野を広げて、今まで避けていた仕事にも目を向けてみましょう。

【今の生活が変わってしまう不安】

中には、「ニートをやめたら今やっていることができなくなってしまう」と思う人もいるのではないでしょうか。
インターネットやゲームなど長時間拘束される趣味を持っている人の多くは、就職したら今のように好きなことに時間を割けなくなってしまうのではないかと恐れを抱きます。
小説や漫画を書いたり、音楽を作ったりしている人も、これまでと同じように制作を続けられなくなるのを不安に感じることが多いようです。

・解決法
仕事を始めると、自由に使えるお金が手に入るようになります。すると、ニートのままではできなかったお金がかかる趣味に取り組めるようになり、新たな楽しみができるのではないでしょうか。
もちろん、今までの趣味をお金で充実させることもできます。


◆ニートを脱出するには何から始めればいい?

脱ニートを目指すには、以下のようなものから始めてみることをおすすめします。

【生活サイクルを見直す】

まずは、今の生活パターンを変えてみましょう。
ニートを続けていると夜型になりがちですが、今後仕事をするなら朝起きて夜に寝るという生活習慣が理想。
早起きして散歩をしたり、朝ご飯を食べたりすると朝型生活のきっかけになります。
また、1日1回は昼間のうちに外に出ることを心がければ、体内時計のリズムも整ってくるでしょう。
10時間以上の長い睡眠を摂っている人は、少し短い睡眠サイクルにしてみるのも効果的です。

【運動を始める】

運動をすると、脳内で神経伝達物質「エンドルフィン」が分泌されます。
エンドルフィンは、幸福感や高揚感をもたらす物質。
不安な生活を続けているニートにとって、エンドルフィンはやる気を起こすカギにもなるのではないでしょうか。
もちろん、運動は健康な生活習慣や体力・持久力を鍛えることにもつながります。
急に激しい運動にチャレンジするのは難しいので、始めは軽いウォーキングなどからやってみるのが良いでしょう。

【ポジティブな考え方を身につける】

成功体験が少ない人は、必要以上に自分を卑下したり、「どうせ自分にはできない」と決めつけてしまったりすることもあるでしょう。
ネガティブ思考をやめるためには、小さな成功体験を書き出したり声にしてみたりするという方法があります。
朝起きたら「朝7時に起きられた!すごい!」、外に出たら「やった!出かけられたぞ!」などと声に出せば、その言葉が少しずつ自信になっていきます。
また、自分からコミュニケーションを取ることも意識してみてはいかがでしょうか。
顔を合わせた家族に挨拶をしたり、コンビニでお弁当を温めてくれた店員さんに「ありがとう」と言ったりというような小さなことから始めてみましょう。

このほか、親が体調を崩してしまったり、家族に介護が必要な人が出てしまったりというような出来事がニートをやめるきっかけになったという人もいるようです。
しかしこのような事態になってからニートを脱出しては、手遅れだったということもなりかねません。ニートをやめるには自分から動くのが一番です。


◆ニート脱出のために目標を持とう

ニートから抜け出すきっかけがつかめたら、就職への第一歩を踏み出しましょう。
しかし、仕事を探す意欲をどこに持てばいいかわからないというときはどうすれば良いのでしょうか。

【欲しいものを自分のお金で買いたい】

パソコンや車など高価なものが欲しいという気持ちがあるなら、お金を稼ぐことを就活を始める原動力にしましょう。
旅行に行きたい、というような理由でも構いません。

【好きなことを仕事にしたい】

「興味のある職種ならがんばれそう」という人は、それをニート脱出のパワーに変えてみるのはいかがでしょうか。
しかし、やりたい仕事であっても生活が成り立たないような収入の仕事や、人気があって就くのが難しい仕事に執着するのは建設的ではありません。
そんなときは、「3年間だけ」というように期間を決めてチャレンジしてみるのが良いでしょう。

【人と関わりを持ちたい】

人付き合いは嫌いだと思っている人も、自分以外の人たちが集まって遊んだりするのを見て「うらやましい」と感じることがあるなら、本当は誰かと関わりたいという気持ちがあるのではないでしょうか。
仕事を始めることは、新しい人間関係を作ることにつながります。


ニートをやめるためには生活や考え方を変える必要があります。また、ニートを脱出すること自体に不安を持つ人も少なくありません。すぐに就職にこぎつけるのは容易ではないでしょう。
しかし、「すぐにできないからやらない」と考えて脱出に取り組まないと、貴重な時間を消費していくだけになってしまいます。未経験からの就活は、できるだけ年齢が若いうちに始めることが大切。今はニートでも、すぐに脱出を始めれば半年後には正社員になっているかもしれません。

ハタラクティブは、未経験から正社員を目指す人を強力にサポートする就職支援サービス。正社員経験が全くない人でも、マンツーマンのカウンセリングや面接対策で内定へと導きます。中には、1週間で就活を終える人も!まずは相談から始めてみませんか?

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ