ニートやひきこもりのままだとどうなる?末路や脱出方法をご紹介

ニートやひきこもりのままだとどうなる?末路や脱出方法をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • ニート、ひきこもりになる原因は人間関係のストレスや過去の挫折経験など
  • ニートやひきこもりのままだと浮浪者になってしまうリスクがある
  • ニートやひきこもりのままだと独居死の可能性が出てくる
  • ニート、ひきこもりの子を持つ親の悩みは経済的な負担や老後の計画の破綻
  • ニートやひきこもりから脱出するにはアルバイトから始めてみよう

ニートやひきこもりのままでいると、どのようになってしまうのでしょうか。働かないままでいると、いずれ浮浪者になるリスクや独居死の可能性が挙げられます。また、親にも経済面や精神面で負担をかけてしまうでしょう。このコラムでは、ニートやひきこもりのままでいた場合の末路や、脱出方法をご紹介。自分の将来を考える参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートとひきこもりの違いとは?

「ニート=ひきこもり」というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、ニートとひきこもりはそれぞれ別で定義づけられています。ニートとひきこもりの違いを見ていきましょう。

ニートとは

ニートとは、イギリスで生まれた「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取った言葉で、通学や通勤、家事、就業訓練を行っていない人という意味です。また、「若年無業者」とも呼ばれています。若年という言葉どおり、対象の年齢は15~34歳です。しかし、近年では35歳以上の「高齢ニート」も増加しているといわれています。

ひきこもりとは

ひきこもりは、厚生労働省の定義によると、「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人と交流をほとんどせずに6ヶ月以上続けて自宅に引きこもっている状態」のことです。この定義では「社会活動に参加していない」というのが一般的な認識のため、趣味や買い物などを目的に外出している人であっても、ひきこもりに含まれます。

ニートやひきこもりになるのは、さまざまな原因があります。詳しくは、次項の「ニートやひきこもりになる主な5つの原因」をご覧ください。
また、ニートとひきこもりの定義については、「大学中退してひきこもりになったら?就職する方法やニートとの違い」で解説しています。

参照元
厚生労働省
ひきこもり施策について

ニートやひきこもりになる主な5つの原因

ニートやひきこもりになる主な原因として、挫折した経験や人間関係によるストレスなどがあります。下記で詳しく解説しているので、ご一読ください。

1.過去に挫折を経験している

受験や就職などで過去に挫折を経験し、そこからなかなか立ち直れずに次へ進めない人もいるでしょう。挑戦しようとしても「過去の失敗を繰り返すかも…」と考えて一歩を踏み出せず、ニートやひきこもりとしての生活を続けてしまうようです。

2.対人関係のストレス

ニートやひきこもりになる原因としては、対人関係のストレスも挙げられます。たとえば学生時代のいじめや職場での人間関係トラブルなどがトラウマになり、新しい環境で物事を始めるのが怖くなってしまうこともあるようです。

3.コミュニケーションが苦手

他人と関わることが苦手だったり、コミュニケーションがうまく取れなかったりすることが原因でニートやひきこもりになる人がいるようです。もともと消極的で内向的な性格のほかに、「他人に興味がないのでコミュニケーションを取ろうとしない」といったことも理由になる可能性があります。

4.親が生活の援助をしている

親が現役で働いており、生活に心配がない人もニートやひきこもりになってしまうようです。仕事をしなくても生活できる環境が整っていると、「わざわざ働く必要がない」と考えてニート生活を続ける人もいるでしょう。

5.やりたいことがない

将来の夢や目標などがなく、「仕事で○○をしたい」「○○をやってみたい」といった考えを持たない人も、ニートやひきこもりになりやすいといわれています。周囲の勧めで就職をしても、仕事における目標がなく早期離職してしまうケースもあるようです。

ニートになる原因については、「ニートになる原因と心理的要因は?生活を改善して正社員就職を目指す方法」でも解説しているので、あわせて参考にしてください。

ニートやひきこもりのままだとどうなる?

ニートやひきこもりのままだと、浮浪者になったり独居死をしてしまったりといったリスクが考えられます。ニートやひきこもりのままだとどうなるのかを見ていきましょう。

年齢だけを重ねて就職しづらくなる

ニートやひきこもりのままでいると、何もせずに歳だけ取ってしまいます。若い人という印象の強いニートやひきこもりですが、近年では「高齢化」が問題に。ニートやひきこもりになったときは20歳前後だった人も、そのままの生活を送っていれば、年齢を重ねて30代や40代になってしまいます。
歳を重ね、「経済的に困窮したから働く」と就活をはじめても、長年のニート・ひきこもり歴と年齢がネックとなり、思うように就職できないという場合があるようです。

両親の身に不幸が起きたら収入源を失う

親が他界してしまうと、唯一の収入源である親の給与や年金を受け取れなくなるため、経済的に困窮してしまう可能性があります。また、親が大きな病気や怪我をした場合は看護や介護をする必要も出てくるため、ニートやひきこもりのままで親に頼った生活を続けるのは難しくなるでしょう。

将来的に浮浪者になるリスクがある

ニートやひきこもりは、親の他界により収入源がなくなってしまうと、浮浪者になってしまう可能性があります。賃貸のアパートやマンションに住んでいれば、家賃の発生は避けられません。持ち家に住んでいるとしても、年に1度は固定資産税を支払う必要があります。家賃の支払いが遅れれば、その家に住めなくなってしまうでしょう。浮浪者となり、生活保護を受けることはできますが、もとの生活に戻るのは難しいと考えられます。

独居死の可能性が上がる

両親が他界後に、一人暮らしとなったニートやひきこもりの人は独居死をしてしまう可能性があります。ニートやひきこもりの場合、友人関係が希薄であることも多いようです。そのため、突然具合が悪くなったときに助けを求める人がおらず、自宅で倒れてしまっても誰にも気づいてもらえない可能性があります。

ニートを続けるとどうなるかについては、「ニートから脱却する方法をご紹介!就職までの流れをチェック」でも紹介しています。自身の将来に不安を感じている方はご一読ください。

ニートやひきこもりの子を持つ親の悩み

ニートやひきこもりの子を持つ親には、自分がいなくなった後の生活や経済的な負担といった悩みがあります。ニートやひきこもりの子を持つ親の悩みを詳しく見ていきましょう。

経済的な負担がかかる

ニートやひきこもりの子を持つ親の悩みには、第一に経済的な負担が挙げられます。光熱費や食費といった生活費がかかるほか、子どもの年金や健康保険を支払うことも。なかには、親がすでにリタイアしているために、年金から生活費を捻出しているという家庭もあるようです。また、趣味に使うお小遣いを渡している場合もあり、経済的負担は大きいといえます。

老後の計画が破綻する

子どもが自立したら「夫婦で旅行に行きたい」「田舎に引っ越してゆっくり生活したい」など、老後の計画を立てている親もいるでしょう。しかし、子どもがニートやひきこもりになり自立しなければ、毎月の生活費だけでも厳しくなることがあります。そのため、将来のことを考えて旅行は控えるなど、計画していた老後の生活は送れなくなることが多いようです。

自分がいなくなったあとの子の生活が心配

自分たちがいなくなったあとの子どもの生活を心配する親もいるようです。
生きているうちは仕事をしたり年金を受給したりなど、ある程度の収入は期待できます。しかし、自分たちが亡くなった後は収入源が途絶えてしまうため、ニートやひきこもり状態にある子どもの生活は困窮する可能性があるでしょう。年を重ねるにつれて病気や死亡のリスクも高まるため、自分たちがいなくなったあとの子どもの生活を心配する親が多いのだと考えられます。

ニートやひきこもりから脱出する4つの方法

ニートやひきこもりからの脱出方法としては、アルバイトからはじめてみることや在宅ワークを検討してみることなどが挙げられます。下記で詳しく見ていきましょう。

1.相談できる相手を見つける

ニートやひきこもりからの脱出を望んでいる方は、悩みを相談できる相手を見つけてみましょう。なんでも自分で解決しようとすると、一人だけで悩みや問題を抱え込むことになってしまいます。そのようなことを防ぐためにも、家族や友人など、信頼できる人に相談するようにしましょう。困ったときに「この人になら相談できる」と思える相手を見つけることで心の支えになり、ストレスを溜め込まずに生活していけるでしょう。

2.アルバイトからはじめてみる

「働きたいけど、ひとまず週1日から」という人は、アルバイトからはじめてみるのをおすすめします。ニートやひきこもりから、いきなり週5日・フルタイム勤務の正社員として働くのは難しいと感じてしまう可能性が高いでしょう。シフトが自由であるアルバイトを選べば、自分の好きな日や勤務時間を選択することが可能です。なかには勤務時間が4時間以内のものもあります。
また、接客業のように他人とのコミュニケーションを重要視される仕事に不安を感じる人もいるでしょう。そのような場合は、清掃業や倉庫作業のように、他人とのコミュニケーションが少ないアルバイトを選ぶのもおすすめです。
無理をせず、自分でもできそうな仕事や時間、日数からはじめてみると良いでしょう。

3.在宅ワークからはじめてみる

外に出て何かをすることに抵抗があるニートやひきこもりの人には、在宅ワークがおすすめです。在宅ワークでは、自分の家から出ずに働くことができます。クラウドソーシングといったインターネットを通して仕事をできるサービスが普及しており、文字起こしやアンケートモニター、プログラマーなどの仕事が可能です。スキルが必要なものもありますが、好きなことや得意なもので在宅ワークができそうであれば、選択してみるのも良いでしょう。

4.就職支援機関を使う

「このままではだめだと思うけど、何をしたら良いか分からない」というニートやひきこもりの人におすすめなのが、就職支援機関の利用です。代表的な就職支援機関として、行政が運営を行うハローワークが挙げられます。ハローワークでは主に就職先の紹介を行っていますが、就職相談や各種セミナーなども無料で実施しているため、参加してみると有益な情報を得られる可能性が高いです。また、若年層に焦点を当てた「わかものハローワーク」も開設しているので、一般的なハローワークを利用するのに抵抗がある場合は活用してみるのも良いでしょう。

ハローワークに対して「暗い」「怒られそう」といったマイナスイメージを抱いている方は、民間サービスを利用してみてはいかがでしょうか。民間の就職エージェントで実施しているのは、ハローワークと同様の就職先の紹介やセミナー開催、相談など。民間ならではのきめ細やかな対応や明るいオフィス、企業とのつながりなどが強みです。

民間就職支援サービスの一つであるハタラクティブは、若年層に特化している就職・転職エージェント。明るくきれいなオフィスと、ご利用者一人ひとりに対して専任のアドバイザーがつくのが特徴です。就職に関する相談はもちろん、企業探しのポイントや応募書類の書き方などもしっかりとサポートします。さらに、取り扱う求人の多くは未経験歓迎です。経歴やスキルに不安がある方にも、適性に合わせた求人をご紹介いたします。なお、相談や求人紹介などのサービスはすべて無料です。現状を変えたい、ニートやひきこもりから卒業したいと考えている方は、お気軽にお問い合わせください。

脱ニートを目指すためのQ&A

ニートの方が就職に向けて今からできることを、Q&A形式でまとめました。

ニート生活にはどんなリスクがある?

親が他界すると、経済的な基盤がなくなり生活が立ち行かなくなります。若いうちは職歴がなくても就職できますが、年齢を重ねるとそれも難しくなるでしょう。就職は若いほど有利になるので、「生活に困ってから働く」という発想では、そのときに仕事が見つかる保証がありません。ニートを続けるリスクについては、このコラムの「ニートやひきこもりのままだとどうなる?」でも触れています。

ニートや引きこもりを脱出するには?

いきなり就職するのが怖い場合、短期のアルバイトや在宅ワークから始めてみるのがおすすめです。外に出るのに抵抗がある方は、散歩や買い物で出かけることに慣れましょう。「ニート生活脱出への第一歩、おすすめアルバイト大公開」では、おすすめのアルバイトの種類や求人の探し方をアドバイスしています。

ニートから就職できる人の特徴は?

何事も前向きに捉えて行動できる人、仕事を選びすぎない人は、就職に成功しやすいです。「失敗しても大丈夫」「とにかく行動してみる」という風に、悩む前に動くのが成功の秘訣。仕事に求める条件が多いと就職先が見つからないので、過度なこだわりを持たずに幅広い求人を検討しましょう。
就職が決まらない…ニートを脱却するための方法とは?」では、内定につながる仕事の選び方をご紹介しています。

ニートから就職できる仕事はある?

営業や清掃、工場勤務、介護職員などは学歴が問われず、未経験でも就職しやすい仕事です。介護業界や運送業界など、人手不足の業界は未経験者を歓迎する傾向にあります。コミュニケーションが苦手な人は、警備員やドライバーなど、職場の仲間やお客さんとの会話が少ない仕事を選んでも良いでしょう。仕事選びの際は、「ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう」も参考にしてください。

資格取得で就職は有利になる?

ニートの方は資格取得に時間を使うよりも、アルバイトや就職活動を始めるのが良いでしょう。なぜなら、資格よりもアルバイト経験や若さを求める企業は多く、資格勉強をしている時間がもったいない場合が多いからです。就職と資格の関係については、「資格の有無は就職活動にどう影響する?」で詳しく解説しています。

この記事に関連するタグ