資格の有無は就職活動にどう影響する?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 資格の有無は就職活動にどう影響する?

公開日:

最終更新日:

就職に資格って必要?とっておいた方がよい資格はなんでしょうか

資格を持っていると、就職活動の時にどのような影響がありますか?数ある資格の中で、どの資格に合格していれば就活を有利に進めることができるのでしょうか?資格を取得していないことで就活に影響はありますか?教えてください。

世の中には数多くの資格がありますね。就活で有利に働く資格は、取得に困難なものが多く、取得が比較的容易な資格は、あまり就活に影響しないのが一般的です。資格の勉強で得た知識よりも経験の方が重視されることが多いため、資格の勉強をする前に本当に必要かを考えた方がいいでしょう。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

◇就活での影響は?

資格の有無は就職活動にどう影響する?

資格には簿記や秘書検定をはじめ、多くの種類があります。資格には種類ごとに難易度があり、合格が容易なもの、困難なものとに別れます。就職活動で一般的に有利とされている資格には取得するのが難しいものが多く、比較的勉強しやすく、合格人数が多い資格はそこまで就活に影響がないという傾向にあります。

◇資格よりもアルバイト経験や若さを求める企業が多い

高卒、大学生、既卒、第二新卒、フリーターなどの学歴を問わず、就職を希望している方は、どのような資格があるのかを知っておくと、今後の就職活動に有利です。

いざ実務をこなすとなると資格の勉強で得た知識は意外と使えないものです。
実際は企業側も資格よりもアルバイト等も含めた実務経験がより評価される傾向にあります。

また新しい業務を早く吸収して即戦力になれる若い人材も求められる傾向にあります。
資格の勉強で半年使うよりも早めに就職活動を行い、実務経験を積むことをおすすめします。

◇就活に資格は必要か?

働きたい業界や職種に資格が必要であれば勉強は必ず必要になります。
しかし、就活に有利な資格は受験資格が必要なものや、合格が困難なものが多いというのも事実。
資格をとったが結局就職で有利にならず、年齢が理由で面接に落ちてしまうということが起こらないように、資格の勉強をする前に「本当にその資格が必要か?」を考えてみた方がいいでしょう。



 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ