TOEICは就職に有利?取得しておきたい点数やアピール方法を解説

TOEICは就職に有利?取得しておきたい点数やアピール方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • TOEICスコアを重視する企業は多い
  • 就職活動で求められるTOEICスコアは600点以上
  • TOEICには、英語力以外にも就職活動でアピールできる要素がある
  • TOEICを就職活動で利用するには、面接で効果的にアピールする必要がある

就職活動を始めるとTOEICという言葉をよく聞くでしょう。しかし、どのように就職活動に役立つのでしょうか。TOEICは実践的な英語力をスコアで評価します。そのため、どの程度の英語力が身についているのか、採用担当者が理解しやすい資格です。また、自主性や責任感をアピールすることにも繋がります。このコラムで、就職活動におけるTOEICの役立て方を紹介するので参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

TOEICスコアは就職を有利にする?

企業によってはTOEICスコアを基準にして英語力を評価しているところもあるようです。また、点数ではなく、目標スコアを目指して努力した点を評価対象とする企業も多く存在します。英語力を示すには、一定以上のスコアが必要になりますが、TOEICスコアを保有していると就職が有利に進む場合があるでしょう。また、外資系企業や国際的な仕事に就職したい人は、TOEICで高いスコアを目指すことがおすすめです。

そもそもTOEICとは

TOEICとは、英語を母国語としない人たちの英語でのコミュニケーション能力を図る試験です。
合否はなく、スコア表示で英語力を判定。日本での認知度が高く、多くの企業が採用活動の指標にしています。

採用時にTOEICスコアを参考にしている割合

グローバル化が進む昨今、英語スキルを備えた人材を求める企業は多いでしょう。今後もTOEICスコアを重視する企業は増えていくことが考えられます。資格の勉強には時間がかかるため、就職活動を始める前に受験しておくことがおすすめです。

英検よりTOEICの方が就職活動で役立つ?

学生時代から英検に挑戦してきた方は多いでしょう。しかし、就職活動では英検よりTOEICの方がおすすめです。TOEICは合否ではなくスコアで評価されるため、どの程度の英語力が身についているのか判断しやすい特徴。認知度が高く、採用の指標にする企業も増えてきています。英検を取得している人でも、就職活動でのアピールのためにTOEICを受験しておくと良いでしょう。もちろん英検を履歴書に記載することも可能です。「履歴書の資格欄ー英検は何級から書く?」で書くときのポイントを紹介しています。

TOEICは就職活動でアピールしやすい

採用担当者は就職面接をとおして、入社後にどのように活躍できるかを見極めようとしています。TOEICからは「グローバル化に対応できるか」や「課題に向けて努力できるか」の判断を提示できるでしょう。入社後の活躍イメージを描きやすく、就職に有利に働くはずです。以下でTOEICの具体的なアピールポイントを説明していきます。

グローバルな人材か

就職活動でTOEICスコアを提示できれば、グローバルな業務にも対応可能な即戦力と判断されやすいでしょう。最近では大手企業が「英語公用語化」を掲げ、社員の英語力向上を目指すことが増えてきました。これには、グローバル化が進み、海外進出を目指す企業が増えているという背景があると考えられます。TOEICスコアは就職活動でのアピールとしてだけでなく、入社後の業務でも使えるスキルです。

努力できる人材か

目標のTOEICスコアを目指して地道に努力できる姿勢は、企業に好印象を与えられます。もし、就職に有利になるスコアに達していなくても、努力した内容を伝えられれば採用担当者の印象に残るはずです。また、具体的な数字で説明ができると説得力が増し就職活動に役立ちます。
たとえば、「TOEIC700点を目指して毎日○時間勉強しました」や「半年でスコアを200伸ばしました」など。例をあげることで、「頑張ったこと」や「計画的に目標達成ができること」、「どれほどの伸びしろがあるか」が伝わります。向上心や粘り強さ、責任感を評価してもらえるでしょう。

就職に有利になるTOEICスコアは何点?

就職を有利にするには、TOEICスコア600点以上が目安とされる場合が多いようです。600~695点は仕事に関する簡単なメモを理解できるレベルとされ、ある程度の英語力が備わっていると認められます。そのため、スコアアップを意識して就活前に600点以上を目指しておくと良いでしょう。

ビジネスで期待されるTOEICスコアは?

就活時に評価を受ける点数とは別に、実際にビジネス面において有効とされる英語力は異なるものです。
海外出張を希望する場合や国際部門で活躍したい場合は、700~800点台を取得しておくと高評価に繋がる可能性があります。また、企業の中には、入社後にTOEIC800点以上の取得が必要なケースもあります。高得点の取得に向けたサポートを行っている場合は、入社後に海外進出の夢を叶えることもできるかもしれません。応募する前に、海外部門の活躍が可能かどうかについても、しっかりと企業研究を行っておくと良いでしょう。企業研究の基本的なやり方については「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」でご紹介しています。

英語が必要な仕事で求められるTOEICスコアは?

貿易や商社など、英語を頻繁に使う業界ではTOEIC700点以上が求められます。700点は仕事に関する文書の読解や案内ができるレベルです。日常業務を滞りなく遂行できる英語力が認められ、就職に有利になるでしょう。
さらに、グローバル企業に就職したい場合は800点以上あると有利です。さまざまな国の人と仕事することになるため意思疎通が問題なくできるスキルが求められます。

TOEICが就職に有利にならないことも

一般的に企業が求めるスコアは600点以上。そこに届かないスコアの場合は英語力として認められにくいので、履歴書に書かなくても良いでしょう。また、英語の使用頻度が低い職業ではTOEICスコアはあまり重視されません。志望する職種ごとに、求められるスキルを把握しておきましょう。

TOEICで高得点を目指すコツ

TOEICで高得点を目指すためには、問題集を多く解き、英単語をたくさん覚えましょう。単語を丸暗記するだけでなく、その単語を使ったフレーズも確認することで、さまざまな表現方法を学べます。また、アウトプットは学習するうえで大切なことです。学んだフレーズを使って簡単な文章を作ってみると、さらに身につくでしょう。
リスニング学習の際は、五感を使うことで効果的に学習できます。聞くだけでなく、口にだして学習すると良いでしょう。

TOEICを就職に利用する3つのメリット

就職活動におけるTOEICのメリットを紹介します。TOEICのスコアは、英語力を客観的にアピールできるだけではありません。面接でうまくアピールするために、以下で具体的なTOEICのメリットを紹介します。

1.世界を舞台に活躍しやすい

TOEICで高スコアを取得していると、グローバルに活躍できる英語力をアピールできます。海外進出や海外駐在を視野に入れている企業では、即戦力が見込める人材として採用されやすいでしょう。また、航空業界や外資系企業などでグローバルに活躍できる就職に役立ちます。

2.ほかの応募者と差別化できる

TOEICのスコアがあれば、ほかの応募者と差別化を図れます。就職活動の同じような経歴を持つ人がいるなかで、企業側が判断する材料になるでしょう。グローバル化に対応できる人材は、どこの企業にとっても魅力的です。高スコアを取得できれば、志望する企業への就職を有利にできます。

3.努力する姿勢をアピールできる

企業は、就職面接から入社後の姿を見極めようとしているのです。TOEICで600点以上を取得するには、それなりの努力が必要となります。そのため、自身の努力する能力をアピールできるでしょう。また、高スコアを取得するためには、目標や計画をたてる必要があります。向上心や計画性などが備わっているとして、社会人の資質を認められるでしょう。

就職活動でTOEICスコア以外をアピールするなら?

就職活動でTOEICをアピールするときには、スコア以外もポイントになります。TOEICを学んだ理由や入社後に活かせることを伝えられると効果的です。

TOEICを学んだ理由を明確にする

なぜ、TOEICを受験しようと思ったのか理由を伝えましょう。「就職活動のために」や「周囲に併せて」などの受け身な理由は控えます。「英語力がつけば、世界中の人と関われるためグローバルに活躍できるとおもった」や「現時点での自身の英語レベルを知って、英語学習に役立てたかった」など、具体的なエピソードとともに主体性をアピールしましょう。長所のアピールの仕方について「アピールポイントを逃さない!「長所」の伝え方と例文」で紹介しています。効果的に伝えられるように確認してみてください。

TOEICの勉強法をアピールする

目標のTOEICスコアを取得するためにどのような工夫をしたか就職面接で伝えましょう。勉強方法から仕事への取り組み方をアピールできます
TOEICで高スコアを取ることは、簡単なことではないでしょう。そのため、計画性のある勉強法が必要になります。「毎日○分、必ず勉強した」や「苦手な部分を知り、重点的に対策した」など、自分なりに工夫して勉強したポイントを伝えられると良いでしょう。

入社後にTOEICスキルを活かせるとアピールする

就職面接では、TOEICで培ったスキルの仕事での活かし方を伝えましょう。「海外進出に貢献したい」や「海外との取引の架け橋になりたい」など企業側のメリットに繋がると理想的です。また、このコラムで述べてきたように、TOEICでアピールできるのは英語力に留まりません。「計画性」や「主体性」、「目標設定」など社会人として必要なスキルもアピールできます。
TOEICを効果的にアピールするには、面接でうまく伝えることが大切。しかし、面接の時間は限られており、時間内にどのような人物なのか知ってもらわなければなりません。面接でのアピールに迷った際は、就職エージェントのハタラクティブへご相談ください。プロのアドバイザーが面接対策やES対策などをお手伝い。納得のいくアピールができるように親身に寄り添います。また、TOEICスキルを活かした就職をお望みの場合は、求人紹介することが可能です。すべてのサービスが無料なのでお気軽にお問い合わせください。

就職の際に想定されるTOEICに関するFAQ

就職活動を始めるとTOEICの言葉をよく耳にするでしょう。ここでは、TOEICを就職活動で有利に使うための疑問にお答えします。

就職を有利にするTOEICスコアはいくつ?

TOEICを採用に取り入れている企業は、スコア600点以上を基準としていることが多いようです。そのため、600点以上あれば就職が有利になるでしょう。600点は仕事に関する文章を理解できるレベルのため、それ以上に英語をよく使う企業であれば700~800点以上のスコアを求められます。詳しくはこのコラム「就職に有利になるTOEICスコアは何点?」をご覧ください。

就職に有効なTOEICスコアは何年前まで?

TOEICスコアに具体的な有効期限はありません。しかし、企業はTOEICスコアから英語力を判断しようとしています。TOEIC受験後も英語力を向上させる努力をしていれば良いですが、英語を使わない期間が長いと、英語力が衰えてしまうことがあるでしょう。そのため、就職活動では直近1、2年のスコアを記載するのが望ましいです。

英検とTOEICではどちらが就職に有利?

就職活動では、一般的に英検よりTOEICの方が評価されやすいようです。TOEICはスコア別で英語力を評価します。そのため、どの程度の英語力が身に付いているのか判断しやすいのでしょう。企業によっては、TOEICスコアの取得が必須の場合もあります。

就職活動でTOEICをアピールする効果とは?

TOEICは英語力以外にも、就職活動のアピールで活かせます。目標スコアに達成するためには「主体性」や「計画性」、「粘り強さ」などが必要になるでしょう。この能力は社会人になって求められるスキルです。入社後の活躍を描きやすく、採用時にプラスの要素になります。英語力以外をうまくアピールしたい方は、就職エージェントのハタラクティブへご相談ください。プロの就活アドバイザーが面接対策やES対策などのお手伝いをいたします。

この記事に関連するタグ