ニートを脱出するきっかけや正社員を目指す方法とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートを脱出するきっかけや正社員を目指す方法とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・就活で失敗したことや気力が湧かないことからニートになった人が多い 
    ・ニート脱出のきっかけは、金銭面で困ったりやりたい仕事が見つかったりしたこと 
    ・ニートをやめることには生活にゆとりができるほか、自分に自信がつくといったメリットがある 
    ・やる気を持って諦めずにチャレンジすれば、未経験から正社員になれる可能性もある 
    ・生活リズムを整えることやサポート機関を活用することが正社員への近道

「就活に失敗した」「気力が湧かない」などの理由からニートになったものの、抜け出したいと考えている人もいるでしょう。ニートをやめることによって、好きなことができるようになったり仕事を楽しいと感じたりするといった嬉しい変化があるようです。未経験者がチャレンジできる業界もありニートから正社員になることも可能なため、ニートを脱出できるかは自分次第とも言えます。脱出のきっかけや正社員を目指すためにできることなどを知り、できるだけ早めに行動を起こしましょう。

◆ニートになった理由

ニートになったのには、以下のような理由があるようです。

・病気になった
・就活に失敗した
・気力がない
・人間関係に不安がある
・やりたい仕事がない

病気になったというやむを得ない理由でニートになった人がいる一方で、やりたい仕事や働く気力がないといったことを理由にニートになった人もいるでしょう。後者が少なくないことから、ニートは「働けるのに働かない」というマイナスなイメージを持たれてしまうものと考えられます。
ニートでいる期間が長くなればなるほど社会に対する恐怖心が大きくなる場合もあり、失敗を引きずったりモチベーションが下がったりしてしまうようです。


◆ニートを脱出するきっかけ

ニートを脱出することになったきっかけについて、いくつかご紹介します。

・金銭面で生活に困るようになった
・親が病気になった
・社会とのつながりが欲しくなった
・興味を持てるものができた

ニート生活を送っている人の多くは、貯金を切り崩すほか親や親族に援助してもらっていると考えられます。そのため、貯金が底をついたり援助がストップしたりすると金銭面で生活に困窮し、仕事を始めなければいけない状況になる人もいるようです。
ニートであることで肩身が狭い思いをして、友人・知人と会う機会が減り外出することも少ない日が続くと、次第に社会とのつながりを持ちたいと考えるようになって働き始めるケースもあるでしょう。中には、興味を持てるものや希望の職業が見つかり仕事を探す人もいます。
働きたいという気持ちが湧いて、仕事を始めるというのが理想的と言えるかもしれません。


◆ニートをやめて変わったこと

ニートをやめて働くことによって、生活にはどのような変化があるのでしょうか。

【金銭面で余裕ができる】

収入があることで金銭面に余裕を持てるようになることは、嬉しい変化だと言えます。生活にゆとりが出てくる上に趣味にお金をかけることもでき、自分が好きなことをできるようになるでしょう。

【自分に自信がつく】

ニートでいたときには負い目を感じることがあった人も、仕事をすることによって自分にもできることがあることが分かると、自信を持てるようになるようです。自分に自信がついたら失敗を克服できたり、コンプレックスを取り払ったりすることにつながると考えられます。

【仕事の面白さに気づく】

仕事上の目標を達成したり、周囲の人と協力して何かを成し遂げたりすることでやりがいを感じ、働くことは楽しいことであると気づけることも変化の1つです。仕事をするのは大変なこともありますが、面白さを知ることができればニート生活に戻らず働き続けられるかもしれません。

上記のほかにも、正社員になった場合には社会的信用を得られるというメリットがあります。クレジットカードを作ったりローンを組んで住宅を購入したりすることもできるようになることは、大きな変化と言えるでしょう。


◆ニートを脱出できるかは自分次第

ITをはじめ建設、運輸、介護などの業界は、人手不足と言われているため人材確保に力を入れているものと考えられます。未経験者を歓迎している企業もあり、ニートから正社員を目指すことも可能と言えるでしょう。
しかし、応募者が若ければ企業側としても将来性に期待して採用するケースもありますが、年齢を重ねたニートであれば選択肢が狭まることもあるようです。若ければ若いほどチャンスがあるということを念頭に置き、早めの行動を心がける必要があります。

また、就職活動がスムーズに行かずすぐに内定が出なかったとしても、すぐに諦めないことが重要です。何度が不採用という結果が出ても落ち込んだり考え込んだりし過ぎずに、反省点を踏まえて次にできることに注力しましょう。

ニートを脱出できるかどうかは、気持ち次第とも言えます。ニートであった過去を否定する必要はなく、就職活動ではこれから先のことにどれだけ意欲があるかをアピールできるように準備しておくと良いかもしれません。


◆まずは生活を変えよう

ニート脱出の第一歩は生活を変えることです。具体的にどのように変えれば良いのか見ていきましょう。

【生活リズムを整える】

多くのニートに共通することに、昼夜逆転の傾向にあることが挙げられます。起床や食事の時間を特に決めずに過ごしていると考えられるため、まずは生活のリズムを整えることが大切です。規則正しい生活を送るには、出かける用事を作ったりスケジュールを立てたりして計画的に過ごすという方法があります。

【運動する】

ニート生活では外出する機会が少なく、運動不足になっている可能性が高いでしょう。体力がなければ例え働き始めたとしても疲れやすく、毎日仕事に行くことが苦痛になってしまうかもしれません。適度な運動をして、体力作りをしておくことも正社員への第一歩と言えます。

【家族や知人とコミュニケーションを取る】

人間関係に不安を感じている場合には、できるだけ家族や友人、知人などと話す機会を増やしましょう。身近な人との関係を深めていけばコミュニケーションのスキルを高めることにもつながるため、社会に出たときに周囲の人と良好な関係を築くことできるようになると考えられます。


◆ニートを脱出する方法

ニートから正社員を目指す際に「何から始めたらいいかわからない」「自分に合っている仕事を知りたい」などの不安や疑問を感じる方は、以下のようなサポート機関を活用するのがおすすめです。

・ハローワーク

職業の紹介を行う国の機関。窓口で仕事選びについての相談ができるほか、技術や知識が必要な場合には、職業訓練について相談・申し込みをすることも可能です。面接の受け方をはじめ応募書類の書き方といったセミナーも開催しています。

・ジョブカフェ

各都道府県が所管する施設です。若年者就業支援センターとも言われ、若年者の就職や能力向上を目的に職業紹介をはじめ、地域の特色を活かした就職セミナーや職場体験などを行っています。

・就職支援サービス

カウンセリングを実施し、企業選びや面接、応募書類などについての相談に対応する民間のサービス。プロ目線でのアドバイスを行い、就職活動をトータルサポートします。幅広い業種の求人を取り扱っており、入社後のミスマッチを防ぐべく応募者へ企業の情報を提供しているのが特徴です。

ハタラクティブでは、自己分析や企業研究、面接などの就職活動に関するあらゆるお悩みに対応しています。就活アドバイザーによるカウンセリングは、マンツーマンで行っているため相談しやすい環境です。疑問や不安を解消しながら効率良く就職活動を進めたいのであれば、ぜひハタラクティブへお問い合わせください。




関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ