ニートから抜け出す方法とは?働くメリットや就職のコツを世代別に紹介!

ニートから抜け出す方法とは?働くメリットや就職のコツを世代別に紹介!の画像

この記事のまとめ

  • ニートを抜け出すことができないのは、自己肯定感の低さや他者との関わりの少なさなど
  • ニートを抜け出すきっかけは、将来の不安や孤独感など
  • 年齢を重ねると就職が難しくなるため、早めに行動することが重要
  • ニートを抜け出すには規則正しい生活と適度な運動、外出習慣を身につけよう
  • ニートを抜け出すには自分を振り返り、得意分野や性格から向いている仕事を考えよう

「ニートから抜け出すにはどうすればいい?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ニートから抜け出せない原因は人によってさまざまです。しかし、就活のやり方や働くメリットなどが理解できれば、ニートを抜け出すことはそこまで難しくないといえます。
このコラムでは、ニートから抜け出す方法や正社員を目指す方法を世代別に解説。生活改善についても紹介するので、まずはできることから行動を起こしてみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートから抜け出すことができない原因

「ニートから抜け出したい!」と思っても、なかなかうまくいかない人は多くいます。自分のなかで強く決心しても、ニート歴が長いとなかなか行動できないもの。ここでは、ニートから脱出できない原因を解説します。自分が脱出できない原因を客観的に知れば、ニート脱出のきっかけにもなるでしょう。

自己肯定感が低い

ニートから抜け出せない原因の一つに、自己肯定感の低さが挙げられます。ニート期間が長くなってしまうと、社会との関わりが少なくなるぶん、働くことに不安を感じる方も多いようです。もし、ニートの間にずっと家に引きこもっていた場合は、外出すら難しいことも。
そんな自分を振り返ると「今の自分」が認められず、自己肯定感が低くなってしまいます。「こんな自分が社会に出て働けるのだろうか」「ニートの自分にできるはずがない」と自信がなくなってしまい、なかなかニートから抜け出すことができない人も少なくありません。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションに苦手意識があり、社会に出るのが怖いという場合も、ニートを抜け出せない原因といえます。先述したように、ニート期間は家族以外の人との関わりが少なくなってしまうため、コミュニケーションスキルが不足している方も多いようです。自己肯定感の低さも含めて、これまでの人生におけるトラウマやコンプレックスなどから、人前や社会に出ることに恐怖を抱いていると、ニートを抜け出すことも難しくなるでしょう。

親が過保護すぎる

親が過保護過ぎることで、ニートから抜け出せない方もいます。とはいえ、親からの援助によって生活できるのは、親が健康で働けているときだけです。自分が年齢を重ねるように、親も年老いていけば介護が必要になったり、亡くなってしまったりすることも十分にありえます。
我が子を心配するあまり、そばに置いておきたいといった気持ちもあるでしょう。しかし、そんな親の元にいつまでも甘えていると、ニートから抜け出すのは困難といえます。

やりたいことが見つからず無気力になる

やりたいことが見つからず、何に対しても無気力になってしまいニート生活を選ぶ方もいます。
自分が何に興味があり、どんなことをしたいのか分からず、人生に対する意欲がないと、ニートから簡単に抜け出すことはできなくなるでしょう。また、「面倒だから」と自主的にニート生活を選んでいる方や、「自分は無力だ」と追い詰めてしまい、精神的なストレスを感じている方も少なくありません

ニートから抜け出すきっかけは?

自由に使えるお金がなかったり、孤独を感じたりしたと、長年のニート生活から抜け出したいと思うきっかけについて、下記で詳しく紹介します。

親の病気や退職があった

ニートを抜け出す大きなきっかけの一つは、親の病気や退職です。ニートは親の経済的な支援で生活していることが多く、親が高齢になって働けなくなったり、亡くなったりすれば、ニート生活は立ち行かなくなります。
その際、自分自身も高齢になっていれば、若い頃と比べて社会に出るのはより一層難しく、選べる仕事の選択肢が大幅に減ってしまう恐れも。そうなる前に、「早く行動を起こさなければ」と考えるニートも多いようです。

夢ややりたいことができた

夢をもったりやりたいことができたりして、ニートを抜け出したいと考える人もいます。ニートのなかには、「人生にやりたいことが見つからない」「特にすることもないので家でダラダラしている」といった考えをもってる人がいるのも事実です。しかし、ふとしたきっかけで人生にやりたいことや目標が見つかることもあり、それがきっかけでニートを抜け出そうと思う人がいます
夢や目標が見つかるというのは、人生において大きな原動力になるでしょう。「今までダラダラしていたけど、夢を実現するために頑張ろう」と決心するニートも多く存在します。

同世代とのギャップを感じた

経済面以外にも、同世代の友達が出世したり家庭を持ったりする姿を見て、「自分もそうなりたい」「追いつきたい」という思いから、ニートを抜け出す人もいます。たとえば、就職して自由に使えるお金を得て旅行に行きたい、お金を貯めて結婚したいと思う人もいるでしょう。
また、家に引きこもるニートは社会とのつながりがないため、孤独感にさいなまれて脱ニートを目指すこともあるようです。

将来への現実的な焦りを感じた

将来への現実的な焦りや焦燥感が原因となり、行動を起こすニートもいます。先述したように、親からの援助以外にも「自分は本当にこのままでいいんだろうか?」「自分の老後はどうなってしまうんだろう?」と現実的な焦りを抱えているニートも少なくありません。
そのため、将来への現実的な焦りから、ニートを抜け出そうと一念発起する人も多く存在するのです。
ニートを抜け出すために役に立つ資格が知りたい人は、ニートの就職に役立つ資格や就職と資格の関係性を解説したコラム「ニート脱出のきっかけになる?就職に有利な資格まとめ」もあわせて参考にしてみてください。

ニートから抜け出す4つのメリット

ニートになる理由は人によってさまざまです。しかし、ニートから抜け出して働くメリットは多くあります。「今はニートで生きていけてるから、働くのはまだ先でいい」と考えている人も、下記で解説する4つのメリットを知れば、ニートを抜け出す意欲がきっと湧くでしょう。

1.安定した収入が得られる

ニートを抜け出して働き出せば、安定した収入が得られます。ニートから脱出するメリットとしては、収入を得られるという部分がかなり大きいでしょう。将来への漠然とした不安が解消されますし、何よりあなたの親が安心してくれるはずです。
人によってさまざまな事情はあるものの、いつまでも親に心配を掛け続けるのは避けたいもの。ニートから抜け出して就職すれば、親にも安心した老後生活を送ってもらえるはずです。

2.将来への不安が軽減される

将来への不安が軽減されるのも、ニートから抜け出して働くメリットの一つ。ニートをしていると「親が死んだあと、自分はどうやって生きていけばいいんだろう?」という不安を抱えている人も少なくありません。今は良いかもしれませんが、どのように生活していくかは、ニートを続けていくうえで直視しなければいけない現実的な問題です。
しかし、ニートを抜け出して就職すれば、たとえ給与が少なかったとしても、現状より不安は軽減されます。また、働くことで安定した給与がもらえるだけでなく、厚生年金に加入でき将来もらえる年金額も増えるでしょう。そのため、将来に対して不安がある人は、できるだけ早めに行動を起こすことが重要です。

3.人付き合いが増えて社会的に認められる

ニートから抜け出すと人付き合いが増えます。職場の同僚と毎日顔を合わせますし、ニート生活では得られなかった出会いがあるでしょう。また、ニートのなかには「同世代がみんな働いているから、ニートをしている自分は合わせる顔がない」と感じている人もいるようです。しかし、ニートから抜け出せばこの悩みも解決できます。今まで疎遠になってしまった同世代の友人・知人がいるなら、気兼ねなく会えるようになるでしょう。
さらに、ニートを抜け出して就職すれば、社会的に認められ、信用を得られます。たとえば、賃貸の契約やローンを組むなど、収入のないニートではできなかったことができるようになり、人生の選択肢が増えるはずです。

4.家族関係が良好になる

ニートから抜け出すと、家族関係が良好になります。ニートのなかには「ニートになってから、家族との関係が悪くなってしまった」といった方もいるようです。家族関係が悪化した原因がニートになったことであれば、ニートを脱出して就職すれば関係は改善されるはずです。また、就職後に実家で住む場合も、ひとり暮らしをする場合でも、家族関係が良好なことがマイナスになることはありません。
「ニートを抜け出すために、住み込みの仕事をしてみたい」人は、住み込みの仕事のメリット・デメリットや住み込みの仕事を選ぶ際のポイントを解説したコラム「住み込みの仕事ってどんなものがある?仕事選びのポイントも紹介!」を参考にしてください。

ニートから抜け出すには今の生活を改善しよう 

ニートをやめるには、まずは日々の生活を立て直していくことがポイントです。学校や会社に行かないニートは起床時間が遅く夜型の生活になっていることが多いですが、その生活ではいずれ社会に出た時に困ってしまいます。下記を参考に、まずはできるところから始めてみましょう。

生活リズムを整える

昼夜逆転の生活をしていた方は、生活リズムを整えましょう。とはいえ、乱れがちだった生活リズムをいきなり正すのは心身に負担がかかるので、夜型の人は就寝・起床時間を1日1時間ずつ早めてみるのがおすすめ。朝日には体内時計を整える効果があるので、起床したらカーテンを開けて外の光を浴びましょう。食事は規則正しく3食とり、栄養バランスにも気をつけます。
また、家に引きこもりがちな人が頑張りたいのが、外出の習慣をつけること。外出といっても近所のコンビニへの買い物や家の周りの散歩などで構いません。1日1回は外に出ることを目標にしましょう。
ニートは運動不足であることが多いですが、散歩は体力づくりにもなります。もし、仕事をする体力に自信がないなら、さらにジョギングをしたり家の中で筋トレをしたりと、気軽にできる運動を始めてみましょう。外出や運動にはリフレッシュ効果もあるので、毎日持続することで気持ちの面でも変化が訪れるはずです。

身だしなみに気をつける

服装や髪型など、身だしなみを整えましょう。たとえば、部屋着と外着を分けて朝起きたら着替える習慣をつけると、一日のなかにメリハリができて気持ちも切り替わります
生活を変えるには、自分で家事をしてみるのもおすすめです。掃除や洗濯、料理などできる範囲で構わないので、家のなかで自分の仕事を見つけてください。たとえちょっとした仕事であっても、何かに取り組む達成感を味わえます。
生活習慣の改善については、「仕事したいけど怖い!ニートが正社員就職を成功させる方法を紹介」のコラムでも詳しく解説しています。ぜひあわせてチェックしてみてください。

年代別!ニートから社会復帰をして正社員を目指す方法

ここからは、年代別のニートから抜け出して正社員を目指す方法を解説していきます。

20代ニートの場合

基本的に、年齢が若い20代や30代前半であれば、ニートから正社員になれる可能性は十分にあります。その理由は、どの業界でも若手には一定のニーズがあり、今までに職歴がなくても採用するという企業は多くあるからです。若い人には、「ほかの会社のやり方に染まっていない」「仕事の覚えが早い」といった期待が持てるため、経験がなくても歓迎する企業が存在します。
反対に、ある程度年齢を重ねてしまうと、「長期的な成長が見込めない」「ほかの社員とのバランスが悪い」といった理由から、採用のハードルが上がってしまう傾向も。職歴がないニートの就職は年齢が武器になるので、できるだけ早く行動することが将来を決めると考えましょう。
特に人手不足の業界での若手のニーズは切実で、採用の可能性が高まります。ほかにも、高齢の進展にともなって介護職が不足する介護業界や、急速なITの発達で働き手が欲しいいIT業界、ネット通販の普及で需要が増えた運送業界、業界内での高齢化が進む建設業界などでは、若い人材が歓迎されることでしょう。

自分の状況に合った効率の良い探し方を見つけよう
求人探しの際には、「未経験者歓迎」の文言にも注目しましょう。学歴に自信がなければ「学歴不問」の記載がある求人を探し、より採用の可能性が高い企業に応募するのが効率的です。
もし、就きたい仕事が決まっているなら資格取得や職業訓練でスキルを身につけるのもおすすめ。職業訓練は国が提供し無料で受けられるもので、コースによって事務やITなどさまざまな技能が学べます。申込みはハローワークで受け付けているので、興味がある方はぜひ相談してみましょう。

30代ニートの場合

30代ニートの場合、20代よりも正社員として社会復帰する難易度は高くなります。とはいえ、社会復帰を先延ばしにしてしまうのは良くないので、とにかく早く行動することを心掛けてください。
30代ニートが正社員になるには、空白期間の伝え方が非常に大切です。特に、大学卒業から一度も働いたことがないニートは、「本当に大丈夫なのかな?」と採用担当者にマイナスのイメージを与えてしまう恐れがあります。そんな不安をできるだけ払拭させるために、しっかりとした理由や志望動機、社会復帰への熱意を伝えましょう

30代は就職のためにスキルを身につけるのは不利?
30代であれば、就職のために資格やスキルを学び直すのはおすすめできません。その理由は、スキルを習得している間も時間はどんどん経過しており、年齢を重ねるほど正社員になる難易度が高くなるからです。そのため、資格やスキルを取りたい場合は、一度正社員になってから取得するか、就活と同時並行で取得を進めましょう。

40代ニートの場合

40代ニートになると、正社員採用のハードルは格段に高くなります。同世代の人はスキルや知識が成熟し、管理職になって若手を育てているような人材が多いからです。そのため、40代でスキルのないニートを採用する企業側のリスクも理解する必要があるでしょう。
大切なのは、何度採用を断られてもニートを抜け出す意思を強く持ち続けること。そうすれば、いつか道は広がります。
また、いきなり正社員になるハードルが高すぎると感じた人は、電子部品工場や自動車工場などと一定期間の労働契約を結ぶ期間工として働いてみるのもおすすめです。期間工なら住み込みで働けますし、一定期間働ければお金も貯まります。貯まったお金は就活資金に当てられるので、一つの手段として検討してみるのも良いでしょう。

ニートから抜け出すのに自信がない人の改善策

ニートから抜け出すと決めたものの、どうしても自信がない…と不安を抱えている方は、下記の改善策を参考にしてみましょう。自分に合ったやり方で進めることが就職成功のポイントです。

これまでの経験や得意なことなどを振り返る

就職活動をする前に、自分ができそうなこと、得意なことを振り返ってみてください。たとえば、今までに人に褒められたことや取得している資格から、自分に向いていそうな仕事を探しましょう。人前に出るのが苦手なら、内勤や工場、運送の仕事など、自分の性格や苦手分野から適職を考える方法もあります。
また、家族や友人など、第三者からみて自分に向いていそうな仕事を聞いてみると、思わぬ発見が得られるでしょう。

アルバイトから始めてみる

もし、「いきなり正社員で働くのが怖い」というのであれば、アルバイトから働くことに慣れていくのがおすすめです。アルバイトは家の近くで働けますし、自分の都合でシフトを決められるのが良いところ。ニート期間が長かった人はいきなりフルタイムで働くのではなく、週数日の無理のないペースで働きはじめるのがおすすめです。
1つの職場で働き続ける自信がないという人は、1日だけの単発の仕事を探してみてください。まずは外に出て働くのを目標に、自分のペースでできる仕事を探すのがポイント。仕事に慣れてから、シフトを増やして本格的に働き始めると良いでしょう。

就活エージェントを利用する

ニートから抜け出すためには、就職エージェントを利用するのも一つの手です。
就職エージェントとは、無料で利用できる就職支援サービス。企業選びから内定まで一貫したサポートが受けられます。また、担当してくれるエージェントは企業と深いつながりを持っていることが多く、ハローワークでは聞けない求人票以外の情報や、職場の雰囲気を共有してくれることも。就活エージェントを利用すれば、内定前とのギャップを少なくでき、自分に合った職場を見つけることができるでしょう。ニートの中には「働きたいけど、職場が自分に合わなかったらどうしよう」と思っている方こそ、就活エージェントで自分に合った就職先を見つけてみましょう。

「1人でニートから抜け出せるかどうか不安…」「就職したいが、何から始めれば良いのかわからない…」とお困りの方は、若年層向け就職エージェントのハタラクティブがおすすめです。
ハタラクティブでは、経験豊富な専任アドバイザーがマンツーマンで指導を行うので、就職活動が初めての方も安心です。当サービスが取り扱っている求人は、「未経験者歓迎」も多数ご用意。今こそあなたにぴったりの仕事を見つけてみませんか?
サービスの登録・利用料は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ