「ニートやめたい」と思ったら?やるべきことや仕事に就く方法を紹介

「ニートやめたい」と思ったら?やるべきことや仕事に就く方法を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 「ニートやめたい」と思ったら、第三者に相談したり仕事の情報を集めたりしてみよう
  • ニートから正社員になるメリットは「給与をもらえる」「社会的信用を得やすい」など
  • 「ニートやめたい」を実現するには、フリーターや正社員として仕事に就く方法がある
  • ニートをやめたいときは、ハローワークや就職エージェントなどを活用するのも有効
  • ニートをやめたい人は、根気よく就職活動を継続することが大切

「ニートやめたいけど、どうすれば良いか分からない…」と悩んでいる方もいるでしょう。ニートをやめる具体的な方法には、「フリーターになる」「正社員になる」などがあります。とはいえ、新しい生活を踏み出すのには勇気がいるもの。このコラムでは、「ニートやめたい」という思いを実現するための方法をご紹介します。ニートから正社員就職を目指す際のコツも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「ニートやめたい」と思ったらやるべき3つのこと

「ニートやめたい」と思ったときは、第三者に相談をしたり、世の中にある仕事の情報を集めたりしてみましょう。また、自分にできることから積極的に行動していくのもおすすめです。

1.第三者と仕事について話し合ってみる

ニートをやめたいけど「なかなか動き出せない…」という人は、働くことへの不安や悩みを第三者に打ち明けてみると良いでしょう。家族や気が知れた友人であれば、あなたの性格や行動傾向を踏まえたうえでの意見がもらえる可能性も。また、誰かに話すことで、自分の気持ちを整理できたり、不安解消につながったりする場合もあるでしょう。
周囲に相談しづらいときは、「ニートをやめたいときに使える就職支援サービス」で後述している就職エージェントを活用するのも手です。就活のプロだからこそのアドバイスやサポートを受けられます。

2.世の中にある仕事の情報を集める

ニートをやめたいと考えている場合は、まず世の中にある仕事の情報を集めてみるのも有効です。多様な業界や職種に関する知識を増やせば、「ニートをやめて何がしたいか」「自分がどのような仕事に興味があるか」などを具体化しやすいでしょう。やりたいこと・やりたい仕事が明確になると、現状を変えるために次は何をすべきかが見えてくるはずです。

3.身近なことから行動に移してみる

「ニートやめたい」と思い立ったら、身近なことから行動に移してみるのも重要です。「身の回りを整える」「体力作りをする」「得意なことをリスト化する」など、自分にできることを始めてみましょう。これまでとは違う行動がニートをやめたい気持ちを後押しし、次への一歩を踏み出すきっかけになる可能性もあります。

ニートからの就職は可能?

ニートから正社員として就職することは可能です。ただし、何も対策をせず就活に臨むと、なかなか思うような結果が得られない場合があります。「ニートから就職は可能?どんな仕事がおすすめ?正社員になるコツを解説」をチェックして、就活のポイントや仕事の探し方を押さえておきましょう。

ニートをやめたいけど不安…就職するメリットとは?

ニートをやめたいけど不安のほうが大きいという方は、ニートをやめて就職するメリットに目を向けてみましょう。ニートから正社員になることには、以下のようなメリットが挙げられます。

給与がもらえる
社会的な信用を得やすくなる
人との関わりが増える
自信につながる

ニートから正社員になると、「給与をもらえる」「社会的な信用を得やすくなる」などがメリットです。趣味や買い物など、自由に使えるお金が得られることは働くモチベーションになるでしょう。そのほか、人との関わりが増えたり、自分の自信に繋がったりすることもあります。次項の「3.ニートから「正社員」として仕事に就く」でも詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

「ニートやめたい」を実現するための主な3つの方法

「ニートやめたい」という気持ちを実現するには、フリーターや派遣社員、正社員といった雇用形態で仕事に就く方法があります。以下で、詳しく見ていきましょう。

1.ニートから「フリーター」として仕事に就く

ニートをやめたいけど、正社員になることへの不安が強い場合は、フリーターとしてアルバイトやパートといった雇用形態で働くのも一つの方法です。フリーターで働くことに慣れるところから始め、仕事をする自信がついたら、正社員就職を視野に入れると良いでしょう

フリーターのメリット・デメリット

フリーターは、自分の都合に合わせて、勤務する時間や日数を調整しやすいのがメリットです。正社員と比べて責任の重い仕事を任されることも少なく、ニートをやめたい人は自分のペースで社会復帰するためのステップを踏めるでしょう。ただし、フリーターには「就活で職歴と見なされない」「スキルアップしにくい」などのデメリットも。フリーターから正社員を目指す場合は、フリーターとして働く期間の目安をあらかじめ決めておくのがおすすめです。

2.ニートから「派遣社員」として仕事に就く

ニートをやめたいと思っている方は、派遣社員として働くのも良いでしょう。派遣社員とは、人材派遣会社に登録し、そこから紹介された派遣先企業に勤務する働き方です。フリーターほど自由度は高くないものの、正社員よりは自分の希望に合わせた勤務スタイルが取れるので、「まずは自分のペースで働きたい」という方に向いています。

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員は、派遣会社から自分のスキルや希望条件に合った仕事を紹介してもらえるため、「勤務先とのミスマッチが起きにくい」「保有スキルを活かせる」といった点がメリットです。デメリットには、「雇用期間に定めがある」「正社員と比べて給与や待遇が見劣りする」などが挙げられます。ニートをやめたいけど働き方に迷っている方は、「派遣か正社員か悩む…両者のメリットは?自分に合った働き方を見つけよう」もぜひご覧ください。

3.ニートから「正社員」として仕事に就く

ニートをやめたいときは、段階を踏まずに最初から正社員を目指す方法もあります。正社員採用となると企業の目も厳しくなりがちなので、「ニート期間がある=就職意欲が低い」と思われないよう、しっかりと対策することが大切です。後述の「ニートをやめたい人が正社員を目指す際の3つのコツ」で就活のポイントを押さえ、ニートからの正社員就職を叶えましょう。

正社員のメリット・デメリット

ニートをやめたい方が正社員になるメリットは、「収入や雇用が安定している」「昇給・昇進が見込める」などです。フリーターや派遣社員と比べると、充実した福利厚生も受けられます。社会的な信用が得やすいため、車や家を購入する際のローンも組みやすいのが利点です。一方、勤務する時間や日数の自由度は低いでしょう。また、正社員として携わる仕事の重責をプレッシャーに感じる人もいるようです。詳しくは、「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」もご参照ください。

ニートをやめたいときに使える就職支援サービス

ニートをやめたいときに役立つ主な就職支援サービスとして、ハローワークや就職・転職エージェントが挙げられます。それぞれの特徴を以下で紹介するので、正社員を目指して就職活動する際の参考にしてみてください。

ハローワークを利用して仕事を探す

ハローワーク(公共職業安定所)とは、厚生労働省が「国民の雇用機会の確保」を目的に設置した行政機関です。求職者登録をすれば、求人検索機を使えたり、相談窓口で職業紹介を受けられたりします。就活セミナーや職業訓練制度なども実施しているため、仕事に必要なスキルを身につけられる機会も。「ニートやめたい」と就職を考えている人は、利用してみると良いでしょう。
ハローワークの詳細は、「ハローワークとはどんなところ?サービス内容と利用の流れを解説!」で詳しく説明しています。

就職・転職エージェントを利用して仕事を探す

就職・転職エージェントとは、民間企業によって提供される就職支援サービスのこと。プロのアドバイザーがヒアリングを行ったうえで、一人ひとりに合った仕事を紹介してくれるので、「自分に向いている仕事が分からない」という方におすすめです。そのほか、応募書類の添削や面接対策、応募先企業とのやり取り代行などのサービスも受けられます。
エージェントによってサービス対象者や取り扱う業界・職種が異なるため、ニートをやめたい方は、自分の状況にマッチする就職・転職エージェントを探して有効活用しましょう。転職エージェントについては、「転職エージェントとは?複数に登録すべき?使うメリットや比較方法も紹介」もあわせてご参照ください。

ニートをやめたい人が正社員を目指す際の3つのコツ

ニートをやめたい人が正社員を目指す際のコツは、「未経験OKの仕事を探す」「ニート期間の説明を考える」「根気よく就活を行う」などです。就活のコツを掴んで、ニートからの社会復帰を成功させましょう。

1.「未経験OK」「経験不問」の仕事を探す

ニートをやめたいと考えている人は、「未経験OK」「経験不問」の仕事を中心に探してみましょう。未経験OKとする仕事の場合、経歴やスキルが重要視されないため、自分の意欲をうまくアピールすれば採用される可能性があります。また、未経験で入社しても仕事が行えるよう、研修制度を整えている企業も多いようです。就労経験がない、もしくは正社員未経験というニートの方も挑戦しやすいでしょう。

2.面接を見据えてニート期間の説明を考えておく

「ニートやめたい」という気持ちを実現すべく就職活動に挑むなら、ニート期間(空白期間)についての説明を考えておくことが重要です。一定のニート期間(空白期間)があると、企業によっては「仕事への意欲が低いのでは?」「入社してすぐ辞めてしまうかも」などの懸念を抱く場合も。そのため、面接ではニート期間(空白期間)について質問される可能性が高いといえます。
面接で受け答えする際は、ニートになった理由やニート期間に培った経験・気づきを具体的に説明したうえで、自身の入社意欲を積極的にアピールするのがコツです。「空白期間を面接で聞かれたら?「何もしてない」はOK?答え方や例文を紹介」も参考に、面接対策を万全にしておきましょう。

3.根気よく就職活動をする

就職活動では、希望に叶う仕事が見つからなかったり、不採用が続いたりする場合もあるでしょう。そのようなときでも、根気よく活動を継続することが就活を成功させるカギです。ニートをやめたいと思っている方は、「そのうち自分に合う仕事や会社に出会える」と長い目で見て、ポジティブな姿勢で就活を続けましょう。前向きな気持ちで就活に取り組めば、その意欲ややる気が採用担当者にも伝わるはずです。

「ニートをやめたいけど、何から始めたら良いか分からない…」という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、ニートやフリーター、既卒といった若年層に特化した就職エージェントです。専任のアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりに合った求人をご紹介しています。そのほか、応募書類の書き方や面接対策など、就活に関するあらゆる疑問や不安に対応。就活のプロと一緒に、新しい一歩を踏み出してみませんか?

「ニートやめたい」と思ったときのFAQ

ここでは、「ニートやめたい」と思ったときの疑問やお悩みをFAQ形式で解消していきます。

ニートをやめたいのにやめられないのはなぜ?

ニートをやめたいのにやめられない要因としては、「今の生活スタイルを変えたくない」「働くことが怖い」「人と関わることが苦手」などが考えられます。「ニートを卒業して働くには?就職に向けたヒントをご紹介」では現状を変えるためのヒントを載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

ニートをやめたい…どうすればいい?

ニートをやめたいときは、「非正社員(フリーターや派遣社員など)として仕事に就く」「正社員として仕事に就く」などの方法があります。最初から正社員になることに不安がある人は、フリーターや派遣社員などから始めるのも一つの手です。詳しくは、「ニートから正社員になる6つの方法」をチェックしてみてください。

ニートが使える就職支援サービスは?

ニートが使える主な就職支援サービスは、ハローワークや就職エージェントなどです。ハローワークは、国が運営する就職支援機関で、求職者登録をすれば誰でも無料で利用できます。就職エージェントは、民間企業による就職支援サービスです。プロのアドバイザーから求人紹介や就活のアドバイスが受けられます。ニートをやめたいと思っている方は、「ニート向けの就職支援サービスとは?おすすめの支援機関や就活のコツを紹介」もあわせて参考にしてみてください。

ニートから正社員の仕事に就けるか不安です…

就活対策をしっかりと行えば、ニートから正社員として就職することは可能です。また、就活を成功させるには、自分に合った求人に応募することも重要な要素といえるでしょう。ハタラクティブでは、経験豊富なプロのアドバイザーが、一人ひとりの悩みや適性に合ったお仕事をご紹介しています。就職活動や仕事探しにお悩みの方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ