高卒ニートの就職方法!職歴なしでも大丈夫?おすすめの資格と仕事

高卒ニートの就職方法!職歴なしでも大丈夫?おすすめの資格と仕事の画像

この記事のまとめ

  • やりたいことが見つからなくて高卒ニートになる人は多い
  • 高卒ニートを続ける原因には、自分に自信がないことや面接が苦手なことが挙げられる
  • 高卒ニートの期間が長いと就職がしづらくなる
  • 高卒ニートの期間に資格を取得することで、努力をアピールするのがおすすめ
  • 就活を始める際は、視野を広げて自分に合う仕事を見つけよう

高卒ニートであることに引け目を感じて、なかなか就職に踏み切れない方もいるでしょう。しかし、高卒の学歴やニートの経歴を引け目に感じる必要はありません。しっかりと就活対策を行えば高卒でも正社員就職を叶えられます。このコラムでは、高卒ニートが就職を成功させるポイントや挑戦しやすい仕事、役立つ資格などをご紹介。これから就活を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

高卒ニートの現状

現在、ニート状態にある若者の全体のうち3割が高卒といわれています。つまり、ニート全体の10人に3人が高卒ニートというのが現状です。

高卒ニートとは?

高卒ニートとは、最終学歴が高校卒業のニートの方が該当します
そもそもニートとは、15歳から34歳の就業も求職活動も家事も通学をしていない若年無業者を指す言葉です。厚生労働省の「若年者雇用対策の現状等について(5p)」によると、2010年におけるニートの数は60万人でした。2018年には53万人と減少しているものの、現在も一定数のニートが存在していることが分かります。

参照元
厚生労働省
第1回 今後の若年者雇用に関する研究会資料

高卒ニートになったきっかけ

高卒ニートになるきっかけは人それぞれですが、その主な経験として挙げられるのが以下の3つです。

・希望していた就職先の採用試験に落ちた
・高校を卒業して就職したけどすぐに辞めてしまった
・自分がやりたい仕事が見つからなかった

病気や怪我などが理由で就職の機会を逃した方も少なくないようですが、それらを克服した後に働くモチベーションを持てずに、ニートになってしまったというケースもあります。

高卒ニートを続ける理由

ニートを続ける理由は人によって違いますが、病気や怪我のようにどうにもならない理由以外には以下の5つが挙げられます。

・自分に自信がない
・人と関わるのが苦手
・規則正しい生活を送るのが苦手
・やりたい仕事がない
・面接が苦手

高卒ニートの多くは、何かに対して苦手意識を抱いていたり、働くことに不安に感じていたりしているようです。
また、高卒ニートのなかには引きこもり状態に不安を感じている人もいるでしょう。そんな方には「ニートやひきこもりのままだとどうなる?末路や脱出方法をご紹介」を参考にしてみてください。

高卒ニートという経歴は就職に不利になる?

高卒ニートという経歴は就職に不利になる?の画像

高卒ニートの経歴は就職に不利になる可能性はあります。とはいえ、年齢が若いうちは、社会人未経験でもポテンシャルが評価される傾向にあるため、高卒ニートも就職することは可能です。

高卒より大卒のほうが正社員になる傾向が高い

学歴ごとに正社員勤務率を見ると、高卒よりも大卒のほうが高い傾向が見られます。

最終学歴 正社員として勤務した 正社員として勤務していない
高卒 61.9% 36.9%
大卒 79.1% 20.5%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査の概況 これまでの就業状況

厚生労働省の「これまでの就業状況」によると、ニートに限らず高卒全体の正社員としての勤務率は61.9%です。それに比べて、大卒は79.1%が正社員として勤務しています。それほど大きな差ではありませんが、高卒ニートが就職を検討する際は「大卒よりも不利になる可能性」を念頭におきましょう。

ニート期間が長くなると就職しにくくなる

ニート期間は、経歴上では「空白期間」となり、何もしていなかったとみなされます。空白期間が長く続けば、採用に対して不安を覚える企業は多いでしょう。
また、ニート状態にある方の多くは就業経験が無いか、あっても短期間である可能性が高め。業務未経験の場合は、年齢が若くポテンシャルが高い人材のほうが採用されやすいのが実情です。仕事に就いたことがないまま30代、40代と年齢を重ねてしまうと、いくら働く意欲があっても採用してくれる企業が減ってしまう可能性も。そのため、高卒ニートはできるだけニート期間が長くならないようにするのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査の概況

状況別に解説!高卒ニートが正社員就職に向けてやるべきこと

ニート状態にある高卒者は、経歴を問わず1日でも早く就職活動を始めてください。前述したとおり、経歴に多少の空白期間があっても若さとポテンシャルで十分にカバーできるはずです。
この項では、高卒ニートとなった状況や、これまでの経歴ごとに解説します。

1.高卒後すぐニートになった方

高校卒業後、そのままニートになった方は、正社員になるためのスキルと経験を積むことをおすすめします。
アルバイトの経験もなく、社会との関りをもっていない場合は、いきなり正社員として就職するのではなく、アルバイトを経験するのも良い方法です。高卒ニートの状態から働くことへのハードルも下がり、自然に社会人としての基本的なマナーやコミュニケーション能力の向上を図れます。また、社会人との会話の機会も増えるので、コミュニケーション能力のほかに対応力も身に付けられ、スムーズに就職に踏み切れるでしょう。

2.高卒後フリーターを経験してからニートになった方

高校卒業後にフリーターを経験し高卒ニートになった方は、自分に適した職種や業界を明確にすることをおすすめします。過去に経験した仕事を振り返り、それが自分に合っていたのか、何に満足できなかったかを考えてみましょう。自分がやりたいことや目指したいことが分かれば、就職活動もしやすくなります。
自分がやりたいことが見つからない場合は、自身の学生時代やバイト経験を振り返り、自己分析をしてみましょう。また、家族や友人などに聞いてみたり、ネットを活用したりすることにより、自分の性格や向いている仕事を見つけられる可能性が高まります。

3.高卒後に就職してからニートになった方

高校卒業後に就職してから高卒ニートになった方は、自分が抱える課題を明確にすることをおすすめします。
病気や怪我などが退職の原因でなければ、離職した理由をしっかり分析して、同じ失敗を繰り返さないために何が自分に必要なのかを模索しましょう。
現在、高卒ニートであっても正社員の経験があると採用で有利になるケースが多いため、空白期間をどのように応募先の企業に説明するかを考えてください。
アピールできるものがない場合は、希望する職種に役立つ知識やスキルを身につけるために、関連する資格を取得するのも良い方法です。
ただし、空白期間が長くなればなるほど採用担当者への説明が難しくなり、就職活動が不利になるので、できるだけ早めに行動に移しましょう。

高卒ニートの人には、学歴や職歴に関して引け目と感じるポイントがあるようです。
その引け目を補う「スキル」「実績」を身につけるために、専門学校へ通ったりアルバイトとして働いたりしながら資格やスキルを身につける方法もあります。
どのようなスキルを身に付けるべきか分からない場合は、自己分析をしっかり行なうのが効果的。自分の得意や不得意な分野を知ることで適性のある職種や企業が見つかるでしょう。

高卒ニートが就きやすい仕事5つ

高卒ニートが就きやすい仕事5つの画像

高卒ニートが就職を目指すなら、経験やスキルを問われない仕事や需要が高まっていて人手不足の業界がおすすめです。

1.介護業界

高齢化に伴い、介護業界は慢性的に人手不足に悩まされていて、今後もこの状態が継続することが予想されています。資格取得支援制度を導入している職場も多く、無資格者や未経験者でも採用されやすいのが現状です。
介護の仕事が向いているのは、誰かの役に立ちたいと思っている方。コミュニケーション能力が高く今すぐ就職したい方にはおすすめです。介護の仕事に関しては、「就活アドバイザーが教える!社会福祉士・介護士・ホームヘルパーのお仕事」で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

2.工場の作業員

工場の作業員は立ち仕事が多く、体力が求められます。ただし学歴を問わずに求人募集が出されているので、高卒ニートでも採用されやすいでしょう。
研修体制が整っているので未経験でも安心ですし、個々の作業が多いので最低限のコミュニケーションで仕事を行える可能性もあります。工場勤務の詳細は「工場勤務のメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説」をご覧ください。

3.営業職

営業の仕事は結果を求められますが、経験や学歴を問われることは少なく求人募集も多く出ているので、挑戦しやすい仕事です。
営業活動は個人で行うことが多いものの、顧客とのコミュニケーションは必須。ただし、聞く姿勢が重視されるため積極的なコミュニケーションが苦手でも自分なりの営業スタイルを確立できるでしょう。また、営業職は、成績に応じたインセンティブ制度が整っている傾向があるので、キャリアップや収入アップも十分に期待できます。そのため、高卒ニートから正社員、昇進と段階的に明るい将来が開かれることもあります。営業職について「未経験から営業の仕事につくには?」でも解説しています。

4.プログラマー

プログラマーになるにはスキルや知識が必要ですが、IT業界は人手不足状態で学歴よりもスキルを重視される職場が多いため、専門学校や通信教育を利用した独学などで、しっかり準備をすれば正社員になることも十分に可能です。
アプリケーション開発やゲームソフト開発などが主な仕事。趣味を活かせる職業でもあります。
プログラマーの種類について「プログラマーの仕事の種類はどんなものがある?」でも詳しく解説しています。

5.公務員

公務員になるには試験をパスしなくてはいけませんが、学歴は問われないので高卒ニートが目指すことはできます。ただし、公務員試験には年齢制限があるため、早めの対策が必要です。
公務員は、大きく分けて「国家公務員」と「地方公務員」の2種類があり、それぞれ試験を実施する団体が異なります。
高卒ニートの公務員への就活に関しては、「高卒で公務員に就職できる?大卒との給与の違いや試験の種類を紹介」でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

ニート歴が長くて不安が大きくなっている方には、35歳以上のニートが就職を成功させるための方法などが書かれているコラム「35歳以上のニートは就職できない?呼び方や定義をご紹介!」がおすすめです。
ニートの仕事の探し方と知りたい方は、おすすめの職業なども紹介しているコラム「ニートの仕事の探し方とは?おすすめの職種や就活のポイントも紹介!」をチェックしてみてください。

高卒ニートが取得しやすい資格3つ

資格があることで就職が有利になる可能性もあります。ここでは、高卒ニートの方におすすめの資格をご紹介。ただし、資格はあくまでも就職に役立てるためのものであって、最終目標は就職です。資格取得に重点を置き過ぎないよう注意してください。

1.宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産業界で仕事をしたい人に向いている資格。合格率は15~20%と高くはありませんが、受験資格に学歴を含まない点や独学で取得が可能なので、高卒者でも十分に目指せる試験です。
建築業界や金融業界でも重宝されるため、取得すれば目指せる業界の幅を広げることもできます。

2.介護職員初任者研修

介護の仕事に挑戦したいなら、介護職員初任者研修の取得をおすすめします。
130時間のカリキュラムを修了した後、実務試験を通過すれば取得できるため、高卒ニートが取得しやすい資格です。無資格よりも資格があった方が面接で仕事に対する理解や意欲の高さをアピールできます。また、介護職員初任者研修を取得していると、介護職員実務者研修、介護福祉士国家資格と、段階的に介護資格を目指せるでしょう。

3.日商簿記3級

経理の仕事をしたい方には、日商簿記の資格を取得することがおすすめです。
1級~3級、簿記初級、原価計算初級の段階がある資格で、3級以上を取得すれば営業などの仕事でもそのスキルを役立てられます。日商簿記検定試験では学齢が問われないため高卒ニートにも向いていて、通信教育やeラーニングでも資格取得が可能です。

高卒ニートが就活を成功させる3つのコツ

高卒ニートが就活を成功させる3つのコツの画像

高卒ニートから正社員就職を目指すときに大切なのは、広い視野を持つこと。また、「マイナスイメージになるから」と経歴はごまかさずに正直に伝えましょう。

1.高卒ニートの問題点を洗い出す

高卒ニートが就職する上で困難な理由を洗い出すと、主に以下の2点の問題点があるようです。

・学歴をアピールできない
・職歴がない

学歴に関しては、大学受験がひとつの成果となるので、大学への入学・卒業を経験していない高卒は、何かを成し遂げていないことになります。
また、職歴に関しては、社会人経験や専門的なスキルを活かした実績がない点が採用する際にネックになります。
これらの問題を解決するためには、インターンシップやアルバイトなどでスキルを身につけ、さらにスキルを活かした実績を積み上げることが重要です。「高卒ニート」としてではなく、「専門的なスキルを持つ人材」としてアピールできます。

2.求人を探す際は広い視野を持つ

自分の性格や適正を把握して、本当にやりたい仕事を探すことも大事ですが、視野を狭め過ぎてしまうと、就職活動に支障をきたしてしまう可能性が高くなります。
「自分には合っていない」という思い込みは捨てて、視野を広げてみましょう。いろいろな仕事に興味を持ち、幅広い仕事の業務内容を深堀したり企業研究をしたりすることをおすすめします。
それからやりたい仕事を探しても遅くはないでしょう。

3.空白期間が気になっても虚偽の報告はNG

ニート期間があると体裁が悪いと考え、嘘の履歴を述べることは避けましょう。虚偽の履歴報告は、立派な経歴詐称。発覚すればもちろん内定取り消しや解雇になります。嘘をつくよりも空白期間を前向きに伝えて、その間資格取得に挑戦したり、自分がやりたいことを真剣に考えていたりしたことを伝えましょう。
たとえ、空白期間中に何もしていなくて何も考えていなかったとしても、この先自分がどう変わり、会社にどのように貢献していくつもりなのかを明確に伝えることで、面接官に良い印象を与えることは十分に可能です。

高卒ニートから早く抜け出して就職しようとしている方は、ニートが就職する際の注意点などが書かれているコラム「ニートって何歳まで?20代のうちに就活すべき理由や注意点を解説!」をご確認ください。

高卒ニートから就職したいならプロに相談しよう

就活と聞いて真っ先に思い浮かべるのはハローワークかもしれませんが、悩みを抱える高卒ニートが就活を成功させたいなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。
転職エージェントには、就職・転職のプロが在籍していて、地元以外にも幅広い地域に対応。高卒ニートに適した仕事を探して紹介してくれます。

就職・転職エージェントのハタラクティブには、多くの高卒ニートに理想の職場を紹介し就活を成功させてきた経験豊富な就活アドバイザーが在籍。あなたの悩みを丁寧に聞いて、現状を変えられる的確なアドバイスを届けることも可能です。空白期間が長い高卒ニートでも希望の仕事に就けるように、履歴書の作成や面接対策までしっかりサポートさせていただきます。また、ハローワークにはない非公開求人の紹介があるので、自分では探せない求人と出会える可能性も。登録・サービス利用は完全無料となっているので、まずはお気軽にハタラクティブまでご相談ください。

関連タグ