高卒ニート3タイプ別!社会復帰への扉

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒ニート3タイプ別!社会復帰への扉

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートとは、仕事や家事、通学などをしていない無業者のこと

    ・高卒後ニートになってコミュニケーションに自信がない方は、まずは少しずつコミュニケーション能力を身につけることが大切

    ・フリーター経験のあるニートの方は、その経験を活かせる正社員の仕事を探してみると良い

    ・社会人経験があってニートになってしまった方は、その強みを活かして就活できるようにする

    ・未経験、経歴に自信がない…という方が挑戦しやすいのは「工場の作業員」「営業、販売職」「介護職」などの職種

高卒ニート3タイプ別!社会復帰への扉の画像

様々な事情から高卒でニートになった方の中には「社会に出たい!働きたい!」という気持ちを抱えつつ、不安な気持ちから動けなくなっている方もいるのではないでしょうか。(改行↓)

そこで今回は社会に出る前にまずやるべきことをタイプ別にまとめてみました。社会から遠ざかっていたブランクの長さによってやるべきことも変わります。将来的には正社員として就職も考えてみたい!という方もまずは一歩踏み出すことから始めてみませんか?

◆国内のニート(若年無業者)の推移とニートを続ける理由

ニートとは、日本では15~34歳の就業且つ求職活動、家事、通学をしていない人のこと。
内閣府が発表した平成25年版子ども・若者白書によると、ニートの人口は平成24(2012)年で63万人となっています。15~34歳の人口における割合は年々緩やかに上昇しており、同年は2.3%となりました。 

平成24年の就業構造基本調査によると、働くことを希望しているニートの方が今の生活を続けている理由として上位に挙がったのが「病気・けがのため」「その他」でしたが、それ以外を見てみると「仕事を探したが見つからなかった」「希望する仕事がありそうにない」「知識・能力に自信がない」など働くことに対しての不安な気持ちが理由として挙げられていました。

 

参照元:内閣府 - 平成25年版子ども・若者白書 http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h25honpen/pdf/b1_04_02.pdf

参照元:総務省統計局 - 平成24年就業構造基本調査 

http://www.stat.go.jp/data/shugyou/2012/pdf/kgaiyou.pdf

◆高卒ニートのタイプ別やるべきこと

高卒ニートのタイプ別やるべきことの画像

高卒でニートになってしまう人には、さまざまなパターンがあります。

ここでは、3パターンに分類して、それぞれの場合別の対処法を紹介します。

【高卒後すぐニートになった】

高校を卒業後すぐにニートになってしまい、社会との関わりがあまりない、コミュニケーションに自信がない…というニートの方は、まずはコミュニケーション能力の回復からスタートしましょう。コミュニケーション能力を身につければ社会復帰への第一歩、アルバイトに踏み出すこともできます。
スタートとしては、下記のようなことに取り組んでみてはいかがでしょうか。


・家族と毎日会話する 
・友人などコミュニケーションの輪を外へ広げる 
・短期でも良いのでアルバイトを探して応募する

このような取り組みをすることで、少しずつ自信が持てるようになってくるでしょう。

 

【高卒後フリーターを経てニートになった】

フリーターを経てニートになった方は、高卒後のバイト経験が大きな強み。

過去のバイト経験を振り返りつつ、自分のやりたい仕事を考えてみましょう。就職を考える際にも役立つはずです。職業訓練や資格取得を考えてみるのも良いでしょう。

そんな方におすすめな取り組みは下記のとおりです。


・過去のバイト経験で好き・得意だった仕事を振り返る 
・再びアルバイトをして就活に向けて経験とお金を蓄える 
・必要に応じて職業訓練や資格取得に挑戦する

 

自分の向き不向きや興味を理解していれば、将来のことも考えやすいはず。

目標を決めた上で、そこに向かって行動していくと良いでしょう。

【高卒後、正社員として就職した後にニートになった】

正社員として就職し、社会人経験のある方はある程度、就職に向けての流れも覚えているはず。まずは思い出し復習することから始めましょう。企業側へブランク期間をどう説明するのかもしっかり考えておくことが大切です。

・前回の就職の反省点と対策、自分の強みを考えて就活に備える 

・なぜ退職してしまったのかを明確にし、同じ失敗を繰り返さないようにする
・ビジネスマナーを復習して身につけておく 
・ブランク期間を納得のいく形で説明できるよう考えておく

正社員経験があることは就職活動をする上では大きな強み。それを活かして内定を得られるよう、これまでの反省点をしっかり振り返った上で就活に臨みましょう。

今回はニート人口の推移とタイプ別で就職に向けてやるべきことをご紹介しました。
統計データにありましたが働く意欲のある人がニートを続ける理由として、仕事に対する不安が多く挙げられています。これを解消するには、まずできる所から自分で考えて動くしかないのです。上記を参考にぜひ新たな一歩を踏み出してみてください。 

◆学歴や職歴を問わず挑戦しやすい職種

「高卒だからできる仕事があるか不安」「ニート歴があっても正社員になれる?」…そんな風に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

このような悩みを抱えている方でも挑戦しやすい職種をいくつか紹介します。

 

【工場の作業員】

工場での仕事は、学歴を問わず募集されていることが多め。未経験者を歓迎していることも少なくありません。

最初は単純作業のような仕事が中心ですが、しっかり経験を積めば現場の管理者のような立場も目指すことも可能です。

 

【営業・販売職】

営業や販売の仕事では、入社後にスキルを磨いていくのがメイン。それまでの経歴はそこまで重視されることがありません。

また、個人の成績で評価されることが多いため、経歴に自信がない方でも出世しやすい仕事だといえるでしょう。

 

【介護職】

介護業界は人手不足に悩まされていることが多く、未経験者から挑戦できる可能性が高くなっています。最初は無資格から始められるところもあり、少しずつ勉強して資格を取得していけばキャリアアップも可能。人を助けることが好きな人にも向いている仕事です。

 

このように、未経験からでも挑戦できる職種はいろいろあります。

自分に向いているものを探して、挑戦してみてください。

◆ニートから正社員を目指すには

ニートから正社員を目指すにはの画像

ニートから正社員を目指す時、ひとりで就職活動を進めるのは難しいもの。そんなときには、就活のプロの手を借りてみませんか?

学歴や職歴に自信がない…という方こそ、スムーズに就職活動を進めるために就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

 

ハタラクティブは、学歴や職歴を問わずご利用いただける、若年層に特化した就職支援サービス。
高卒やフリーターの方向けの求人も取り揃えています。専任のアドバイザーがその人の経験や強みを分析し、お仕事探しから面接対策まで希望に沿った形の就職を実現するためのお手伝いをしてくれます。迷っている方は一度ハタラクティブへ登録してみてはいかがでしょうか。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ