就職したい女性ニートにおすすめの仕事は?職歴なしで就活するコツ

就職したい女性ニートにおすすめの仕事は?職歴なしで就活するコツの画像

この記事のまとめ

  • ニートの方は女性・男性に関わらず、できるだけ早く就職活動を始めるほうが良い
  • ニートの女性が就職をためらう理由には、自信のなさや面接への恐怖心などがある
  • ニートから正社員になるには、就職したい理由と空白期間の説明準備が大切
  • ニートの女性におすすめの職種は、「IT系」「介護職」「接客業」など
  • ニートからの就職が不安なときは、ハローワークや就活エージェントの活用もおすすめ

就職を目指す女性ニートの方の中には、「高卒で職歴がないから自信がない」「面接が怖い」「仕事が合わずすぐに辞めてしまうかも」などの理由から、就職活動へ踏み出せない方もいるのではないでしょうか。正社員未経験でニート期間があっても、就活のやり方次第で就職は可能です。このコラムでは、女性ニートが抱えがちな就職の悩みや就活のコツ、おすすめの職種などをご紹介しているので、ぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

高卒の女性ニートは就職を目指すべき?

高卒の女性ニートは就職を目指すべき?の画像

女性ニートの方は、「ニートのままでいいのかな…」「家に居づらい」「職歴がないと将来が心配」などの不安から、就職活動を始める場合が多いようです。就職活動においては、年齢を重ねるごとに就職先の選択肢が狭まる傾向にあるため、女性・男性に関わらず早めに行動を起こすのがベター。ニートの状態に不安や疑問を感じている方は、以下の解説を読んで就職について考えてみましょう。

ニートの割合

厚生労働省の「労働力調査(基本集計)2022年(令和4年)平均結果の要約(17p)」によると、2022年のニートの人数は年平均57万人で、人口に対する割合は2.3%でした。年齢別では15~24歳が26万人(2.2%)、25~34歳が31万人(2.4%)です。
一般的にニート(若年無業者)とは、15~34歳の若者で仕事に就かず家事も通学もしていない人を指します。「ニートの定義とは?フリーターとの違いや就職を目指す際のコツも解説!」では、ニートの定義やフリーターとの違いについて詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

参照元
総務省統計局
労働力調査(基本集計)2022年(令和4年)平均結果

学歴・職歴より人柄を重視する企業もある

ニートの期間が長くなるにつれ、「就職する自信がない」「ニートから就職するのは難しいのでは?」と考え、就職活動を躊躇する女性の方もいるようです。しかし、学歴や職歴より、人柄やポテンシャルに期待して人材を採用する企業もあります。選考の際、仕事に対する前向きな姿勢や志望企業への入社意欲を示せれば、採用担当者へ好印象を与えられるでしょう。高卒ニートの場合、大卒者や社会人経験者と比較すると応募できる求人は絞られてしまうものの、きちんと対策をとれば就職は可能です。また、入社後の努力次第ではキャリアアップも目指せるでしょう。

早めに就活をスタートするのがベター

ニート期間の長期化は、就職で不利になるリスクがあります。そのため、病気やケガ、家族の介護などやむを得ない事情がある場合を除き、できるだけ早めに就職活動をスタートするのが得策。30代・40代と、年齢を重ねるごとにポテンシャル採用が減るため、応募できる求人の選択肢が狭まるのが一般的です。「いつか就職したい」と考えているニートの方は、求人サイトや就職・転職エージェントなどを活用し、どのような求人があるか調べてみましょう。「20代女性が就職する方法!引きこもりやニートを続けるリスクを理解しよう」のコラムでは、20代女性がニートから脱却し就職する方法を解説しているので、あわせてご一読ください。

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

就職をためらう女性ニートが持つ4つの特徴

高卒でニート生活を送る女性が就職をためらう理由は、「失敗すると思い込んでいる」「面接への恐怖心がある」「人間関係や業務をこなせる自信がない」「自分のアピールポイントが分からない」の4つが挙げられます。以下で詳しく解説するので、自分に該当する箇所がないかチェックしてみましょう。

1.就活に失敗すると思い込んでいる

「女性ニートの自分が就職活動をしても成功するわけがない」と思い込み、就職をためらってしまう方もいます。また、女性ニートの方の中には、学歴や職歴に自信を持てず、自分の可能性や就職後の未来を思い描けなくなってしまう方もいるようです。「どうせ自分なんか…」と、就職に対しネガティブな気持ちがある場合は、「ニートが「仕事が怖い」を乗り越えるコツを解説!おすすめの職業も紹介」の内容を参考にしてみてください。

2.面接への恐怖心がある

面接への恐怖心が、就職をためらう理由の一つになることもあるようです。面接ではこれまでの経歴をはじめ、志望動機や自己PRなど、さまざまな質問に答える必要があります。そのため、「きっと上手く話せない」「ニート状態にある自分を否定されるのでは?」といった不安を感じる方もいるでしょう。また、ニート期間について聞かれたとき、どのように説明すれば良いか分からず面接を避けたいと考える女性も。就職・転職エージェントでは、自分の状況に合ったアドバイスや面接対策をしてもらえるので、「就職したいけど1人で就職活動をするのは怖い」と感じている方は相談してみると良いでしょう。

3.就職先の人間関係や業務をこなせる自信がない

職場での人間関係や、「就職してもきちんと仕事をこなせないのでは」ということが気になって、就職をためらう女性ニートの方もいます。特に就職の経験がなかったり、退職後のニート期間が長かったりすると、自分がどこまで職場に適応できるか計りかねるもの。分からないことに対する不安な気持ちから、「周囲の人と上手く関わる自信がない」「業務でミスをしたらどうしよう」などネガティブな思考につながっている可能性もあります。女性がニートになる理由や、就職するメリットを知りたい方は、「女性がニートになる理由は?働かない4つのリスクや就職のメリットも解説!」もチェックしてみましょう。

4.自分のアピールポイントが分からない

「自分には特筆できる経験もスキルもない」と悩み、就職活動に踏み出せない女性ニートの方もいるようです。履歴書には志望動機や自己PR、長所・短所、趣味・特技など、企業に自分をアピールするための項目があります。しかし、履歴書の記入欄を埋められない、あるいは面接でのアピール方法が分からない場合、積極的に就職活動を行えなくなってしまうことも。「高卒の履歴書の悩みを例文で解決!魅力的な志望動機で選考を突破しよう!」のコラムでは、高卒の就職活動で役立つ履歴書の書き方を例文付きで紹介しています。自分の魅力の伝え方に悩んでいる方は、参考にしながら履歴書を作成してみましょう。

ニートから正社員就職する4つのメリット

ニートから正社員就職する4つのメリットの画像

ここでは、ニートから正社員就職するメリットを4つ紹介します。

1.社会的信用度が高まる
2.雇用面が安定している
3.賞与をもらえる
4.研修制度や福利厚生が適用される

ニートを卒業したいと考えていても、「正社員として働くのは大変そう」「プレッシャーが多いのでは」などネガティブなイメージがあり、就職活動に対し前向きになれないニートの方もいるでしょう。以下の解説を読み、就職するとどのようなメリットがあるかを知りましょう。

1.社会的信用度が高まる

社会的信用度が高まる点が、ニートから就職するメリットです。社会的信用度は、収入や社会的地位がどのくらい安定しているかによって得られます。そのため、アルバイトや派遣社員など非正規雇用で働くよりも、正社員のほうが住宅や自動車といった高額商品購入時のローン審査に通りやすくなるでしょう。また、ニートの場合、クレジットカード作成時の審査を通過できない可能性も。雇用や収入が安定している正社員であれば、このような心配はほとんど必要ありません。

2.雇用面が安定している

正社員として就職すると、契約期間は無期限で雇用されます。そのため、契約期間終了後の転職先や、収入をどうするかなどを気にせず働くことが可能です。非正規雇用の場合、勤務期間に制限があるため、契約期間が終了する前に転職活動をして次の仕事を見つけなければなりません。正社員であれば、会社が倒産しない限り基本的には定年を迎えるまで勤務可能です。
ただし、勤務態度が悪かったり就業規則に違反したりすると、途中で解雇される可能性があるので、仕事に対し真摯に向き合うことが大切。自分に合う仕事が分からない場合は、就職活動の際に就職・転職エージェントのアドバイザーから客観的な意見をもらうのもおすすめです。

3.賞与をもらえる

ニートから正社員として就職すると、給与のほかに賞与(ボーナス)をもらえる点もメリットです。ボーナスの有無は会社ごとに異なるものの、正社員であれば年2回もらえるのが一般的。一方、アルバイトやパートなど非正規雇用では、多くの場合ボーナス支給の対象となりません。ボーナスの有無は年収にも大きく影響します。収入に余裕があれば娯楽や趣味に回せるお金が増えるため、気持ちにゆとりが生まれ、私生活が充実するとともに仕事へのモチベーションも高まるでしょう。

ボーナスがもらえる仕事を探している方向けの

求人一覧はこちらから

4.研修制度や福利厚生が適用される

正社員として就職すると、会社の研修制度や福利厚生が適用されます。たとえば、研修は入社直後だけでなく、スキルアップ研修や役職に就くための研修、福利厚生は社会保険をはじめ、住宅手当や食事手当がある会社も。ほかにも、会社負担で英会話スクールに通えたり、バースデー休暇を取得できたり、施設の割引を受けられるなど会社ごとにさまざまな福利厚生があります。

高卒ニートから就職活動を始めるメリットは、「高卒ニートとは?その割合は?就職に向けてやるべきことをご紹介!」のコラムでも紹介しています。また、「大卒ニートから卒業するには?就職を成功させるポイントを解説」では、大卒ニートから就職するときのポイントを解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

女性ニートが就職を叶える4つのコツ

女性ニートの方が就職を叶えるコツは、「採用率の高い求人に応募する」「就職理由を明確にする」「ニート期間の前向きな説明を考える」「ビジネスマナーを身につける」の4つが挙げられます。以下の解説を参考に、押さえるべきポイントを掴み就職活動をスタートしましょう。

1.採用確率の高い求人に応募する

女性ニートの方が就職活動をするときは、採用される確率の高い求人を選ぶのがポイントです。「学歴不問」や「未経験歓迎」と記載がある求人では、意欲や熱意などのポテンシャルを重視する企業が多いため、比較的内定をもらいやすいでしょう。一方、有名企業や好待遇の求人は、応募者の母数が増えるので採用される確率は低くなります。また、就職先を選ぶ際は、企業へ求める条件を細かく絞り過ぎないことも大切です。選択肢が多ければ、その中から自分とマッチする企業を取捨選択できるので、就職を成功させる確率を高められるでしょう。

2.就職したい理由を明確にする

ニートからの就職を叶えるには、「なぜ就職したいと思ったか」を明確化しておくことが大切です。「自立したい」「社会貢献したい」「この会社の○○に関わりたい」などの目的があれば、就職活動の軸が定まりモチベーションも保ちやすくなります。また、面接で志望動機や自己PRを伝えるときも、「●●のために就職したいと考えた」と説明すれば説得力も増すでしょう。

3.ニート期間の前向きな説明を考える

面接では履歴書に空白期間があると、その間どのように過ごしていたかを質問されます。ニートとして過ごした期間に何をしていたか、なぜ就職しなかったかなどを面接官に説明できるよう準備しておきましょう。質問に答えられなかったり、ごまかしたりすると、「仕事を任せて大丈夫だろうか」「すぐに辞めてしまうのでは」といった疑念を抱かれる恐れも。ニート期間について正直に説明したうえで反省点を伝え、就職するために行った努力や入社意欲をアピールすることが重要です。

4.ビジネスマナーを身につける

就職活動を行う際は、基本的なビジネスマナーを身につけましょう。面接では、挨拶や言葉遣いはもちろん、社会人として相応しい身だしなみや振る舞いができるかなどもチェックされています。マナーを身につけることで、「周囲への気遣いができている」「社会人としての自覚がある」といった印象を与えられるでしょう。
慣れない就職活動の面接は、誰もが緊張してしまうものです。緊張を軽減させるには、本番と同様の流れで何度も模擬練習を重ねることが大切。家族や友人、あるいは就職・転職エージェントのアドバイザーと一緒に面接練習をして、どのような印象を抱いたか意見を聞いてみるのもおすすめです。

就職前にアルバイトで経験値を増やすのも手

「ニートからいきなり就職するのは不安」と感じる女性の方や、ニートの期間が長い方は、就職する前にアルバイトを経験してみるのも一つの手です。アルバイトで身につけたスキルやマナーは、就職活動の際に活かせるだけでなく、自分に向いている仕事を知るきっかけにもなるでしょう。また、正社員登用を行っている職場であれば、アルバイト先で正社員として就職できる可能性もあります。就職前にアルバイトをしたいニートの方は、「ニート脱出におすすめのバイトは?正社員として就職できる?」のコラムで就職までのステップを確認してみましょう。

高卒の女性ニートにおすすめの仕事7選

高卒の女性ニートにおすすめの仕事7選の画像

ここでは、高卒の女性ニートの方におすすめの仕事を7つ紹介します。

1.IT系
2.介護職
3.接客業
4.製造工場系
5.警備員
6.営業職
7.事務職

以下でそれぞれの仕事について解説するので、就職活動の際の参考にしてください。

1.IT系

プログラマーやシステムエンジニアなどIT系の仕事は、需要が高まっている職種の一つです。ニーズ拡大の急速化により、人材が不足している傾向にあるのも特徴。未経験者を採用している企業へ応募すれば、入社後の研修や業務を通して技術や知識を学べます。IT系の仕事は技術が日々上書きされるため、新しいことへ挑戦する向上心や柔軟な対応力、コツコツと積み上げる作業が好きな方に向いているでしょう。ニートからIT系の仕事へ就職したい方は、「ニートから正社員のSEに就職できる?仕事内容と必要なスキルを解説」で詳しい仕事内容を確認してみてください。

未経験歓迎!IT関連の仕事を探している方向けの

求人一覧はこちらから

2.介護職

介護職は少子高齢化の影響により人手不足が顕著なため、就職活動のときに学歴や職歴を問われない場合が多いようです。また、資格取得支援制度を設けている会社が多いのも特徴。仕事内容は、主に高齢者の食事や入浴など日常生活のサポートを行います。未経験で入社し業務を行いながら技術を身につけ、介護福祉士やケアマネジャーなどの資格を取得する人もいます。「ニートから介護職に挑戦できる?就職方法と業務内容」のコラムでは、ニートから介護職へ就職するメリットを紹介しているので、あわせてご覧ください。

介護・福祉関係へ就職を目指す方向けの

求人一覧はこちらから

3.接客業

接客業は人と接する仕事なので、人柄やコミュニケーション能力を評価し採用を決める企業が多い傾向にあります。そのため、学歴や職歴、女性・男性に関わらずチャレンジしやすいでしょう。接客業にはレストランやホテル、百貨店などさまざまな活躍の場があります。自分の好みに合う施設や店舗へ就職すれば、より充実感を得られるでしょう。「接客の仕事」では、接客業で活かせるスキルや接客業に向いている人の特徴などを解説しています。

販売・サービス業に興味がある方向けの

求人一覧はこちらから

4.製造工場系

製造工場の仕事は専門的な知識やスキルを求められない場合が多く、未経験者に向けた研修体制を整えている企業もあるため、ニートからの就職先としておすすめです。工場によって機械部品や食品、洋服など取り扱う製品は多種多様。自分が関心を持てる分野を選ぶと、やりがいを感じられるでしょう。ものづくりや細かい作業が得意な人、ルーティン作業が好きな人に向いています。「工場に就職するメリットを紹介!仕事内容と向いている人の特徴も解説」のコラムでは、工場に就職するメリット・デメリットを紹介しているので、チェックしてみてください。

工場への就職に興味がある方向けの

求人一覧はこちらから

5.警備員

警備員の仕事は、資格を有していなくても企業の研修を受ければ現場で働くことが可能です。「ガードマン」とも呼ばれ、施設や人の警備・警護をするのが主な役割。24時間体制でシフトが組まれる場合も多いので、就職活動の際は勤務時間の確認をしましょう。また、配属される現場によっては、長時間立ちっぱなしということもあるため、体力が必要な仕事といえます。「ニートからの就職!警備員なら未経験でチャレンジできる」では、警備員のやりがいや種類などについて紹介しているのでご覧ください。

6.営業職

営業職は未経験者を受け入れている企業も多いので、ニートからの就職におすすめの職種の一つです。営業職は、大きく分けると個人営業と法人営業の2種類があります。消費者の身近なニーズを満たしたいと考えるなら個人営業、規模の大きい取引を扱いたいなら企業を対象とした法人営業を選ぶと良いでしょう。ほかにも、どのような商品を売り込むのか、営業手法は訪問かテレアポかなど、自分にマッチする営業職は何かを分析する必要があります。サービス精神があり、相手の需要を掴む傾聴力がある人におすすめです。「ニートは営業職が狙い目!就職のコツやメリット・デメリットをご紹介」のコラムでも、営業職へ就職するメリット・デメリットを紹介しています。

営業職への就職を目指す方向けの

求人一覧はこちらから

7.事務職

女性ニートの方の中には、事務職への就職を考える方もいるでしょう。事務職はデスクワークが主な仕事で、残業も比較的少ないといった特徴があるので女性に人気の高い職種です。しかし、そのぶん応募者も多いため、正社員として就職するのは容易とはいえません。ニートから事務職への就職を目指すなら、アルバイトや派遣社員から始めて経験を積むのも一つの方法です。また、MOSや簿記といった事務職に活かせる資格を取得しておくと、就職活動で効果的にアピールできるでしょう。事務職へ就職したい女性ニートの方は、「ニートから事務職の正社員になれる?抑えておきたいポイントを紹介」のコラムも参考にしてください。

ニートの就職には就活支援サービスを活用しよう

ニートの就職には就活支援サービスを活用しようの画像

働いていない期間があるニートの方にとって就職活動は、「思うように進まない」と感じる場面もあるでしょう。そのようなときは、ハローワークや就職・転職エージェントといったプロの力を活用するのがおすすめです。自分の希望と異なる会社へ就職すると、入社後の早期退職につながる恐れも。以下でそれぞれのサービスの特徴を紹介するので、1人で悩んでいる方は利用を検討してみましょう。

ハローワーク

ハローワークは全国各地にある国の就職支援施設です。特に地元企業の求人を多く掲載しており、無料で求人閲覧ができます。窓口で就職に関する相談も可能なため、自分の希望条件にマッチした求人を紹介してもらえるでしょう。求人紹介のほかにも、自己分析や面接対策、職業訓練など、就職活動に関するサービスを受けられるのが特徴です。女性ニートの方がハローワークを活用する際のポイントは、「女性ニートの就職!ハローワークを活用してみよう」で詳しく解説しています。

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントには、就職活動のノウハウを持つプロのアドバイザーが在籍しています。求人紹介をはじめ、履歴書の添削や職業適性検査、面接対策、内定後のサポートなどを一貫して行ってもらえます。また、求人の応募手続きや面接日の調整、企業との交渉といった、就職活動に関わる面倒な作業も代行してくれるのが特徴です。そのほか、非公開求人を閲覧できたり、自分の魅力をアドバイザーから教えてもらえたりするなど、就活を効率的に進められるメリットがあります。ニートから就職を目指す方は、「ニートからの就職はスピードが肝心!支援機関を使って就活を有利に進めよう」のコラムも、ぜひご一読ください。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、20代の若年層を対象に就職成功までの道のりをサポートしています。紹介する求人は、アドバイザーが実際に足を運んで現場をリサーチしたもの。リアルな情報をもとに、求職者の悩みや適性に合った仕事を紹介しています。ご利用はすべて無料なので、「ニートから就職できる自信がない」「自分の強みが分からない」「就職活動の進め方を教えて欲しい」などのお悩みがある方は、女性・男性に関わらず一度ハタラクティブにご相談ください。

ニートの女性が感じる就職のお悩みQ&A

ここでは、ニートの女性が感じる就職の悩みをQ&A形式でまとめました。ニートから就職活動をスタートする際の参考にしてください。

就職活動において男女差はありますか?

基本的に就職活動で男女差はありません。ただし、職場によっては就職後の給与や昇格に差が出る場合もあるでしょう。たとえば、女性の場合、結婚や出産でキャリアを断念せざるを得なかったり、働く環境を変えたりすることもあるため、給与額に差が生じることも。「高卒20代の平均年収は?前半と後半で変わる?学歴による収入差も解説」では、高卒20代の平均年収を男女別に紹介しているのでご覧ください。

ニートのまま就職しなくても生活できるのでは?

将来のためには、できるだけ早く就職活動をスタートすることをおすすめします。なぜなら、自分の生活を支えてくれている家族がいなくなったとき、急に就職するのはなかなか難しいからです。また、年齢を重ねるごとに就職先の選択肢も狭くなります。「ニートや引きこもりから脱却するには?おすすめの方法や支援機関を紹介」のコラムでは、ニートを続けるデメリットや脱却する方法を紹介しているので、参考にしてください。

ニートが就職のために専門学校に通うのはあり?

目的を持って学校に通うならありです。「とりあえず通ってみよう」といった気持ちで通うのは避けましょう。専門学校では知識やスキル、資格を得られるので就職活動で有利にはたらくこともあります。一方で、卒業するまでにはお金も時間もかかります。「ニートから就職したい!専門学校に通うメリットは?」を参考に、専門学校に進むべきか考えてみましょう。

ニート期間が長いので就職できるか不安です

不安なときは、就職・転職エージェントやハローワークといった支援サービスを利用してみましょう。就職前にアルバイトを経験してみるのも一つの手です。「ニートに向けた就労支援機関とは?サービス内容や仕事選びのコツも解説」ではニートの方におすすめの就職支援機関をご紹介。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、求職者にぴったりの求人を紹介しているので就職に不安を感じるニートの方はぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ