就職したい!ニートの方が専門学校に通うメリットは?

就職したい!ニートの方が専門学校に通うメリットは?の画像

この記事のまとめ

  • ニートの方が就職するには専門学校に行くのもひとつの手
  • ニートの方が専門学校に通うメリットは、知識や技術が身につき就職しやすくなること
  • ニートの方が専門学校に通うデメリットは、専攻分野以外に就職しにくいこと
  • ニートの方が専門学校に通う際は、進路選びを慎重に行うのがおすすめ

「専門学校に通って知識やスキルを身につけておきたい…」「ニートからいきなり働くのは抵抗がある…」と考える方もいるでしょう。その場合は、就職の前に「専門学校に通う」方法があります。 このコラムでは、おすすめの選択肢の一つである「専門学校に通う」ことについてのメリットやデメリットを紹介します。「いきなり企業で正社員として働くのは抵抗がある」という場合は、ぜひ参考にしてみてください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートの方が就職するには専門学校に行くのも手

ニートの方が就職するには、社会人の生活リズムを保てるようになることが大切。簡単な方法としては「アルバイトをして働く感覚を掴む」という手がありますが、お金や時間に余裕がある場合は、専門的な技術や知識を身につけられる「専門学校に通う」方法もあります。
無職であった期間の長さにもよりますが、ニートから急に企業に就職しようとしても、「なかなか内定が出ない…」といったことも。一般的に、就職活動ではこれまでの経歴が見られるので長い空白期間があるとそれだけでマイナスの印象を与えてしまいがち。また、就活がうまくいって働き始めたとしても、乱れた生活リズムから正社員の生活リズムに切り替えるのが負担になることも考えられます。
ニートを続けていると、他人とコミュニケーションをとる回数が減りやすいため、職場の環境に慣れるまで時間が掛かることもあるでしょう。

ニートから急に働きだすのが不安という場合は、「ニートから受けられる職業訓練とは?受講方法や費用についてご紹介」のコラムもチェックしてみてください。無職やニートの方が職業訓練を受講する際の手順や、職業訓練の種類について詳しく解説しています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

ニートの方が専門学校に通うメリットとデメリット

ここでは、ニートの方が専門学校に通うことのメリットやデメリットを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

メリット

ニートの方が専門学校に通うメリットには、「専門分野に関する職業へ就職しやすくなる」「無理なく一般的な生活を送れるようになる」「専門的な知識や技術が身につく」「人脈と視野が広くなる」といったものが挙げられます。以下で詳しく確認してみましょう。

専門分野に関する職業へ就職しやすくなる

専門学校では、仕事をする上で役立つ専門的な知識や技術を身につけられます。関連分野に就職したいと思ったときに役立つでしょう。
また、学校によっては資格を取得できることも。就きたい職種が決まっている場合は、就職に有利になりやすいスキルを身につけられる専門学校に入るのが良いでしょう。

無理なく一般的な生活を送れるようになる

専門学校には日中、会社に行くようなペースで通える全日制のものと定時制や夜間学部を設けたものがあります。
全日制の学校であれば、仕事をする場合と同じようなリズムで生活を送れるので、無理なく規則正しい生活リズムに切り替えられるでしょう。

専門的な知識や技術が身につく

専門学校に通えば、専門的な技術や知識が身につくので就職に有利になりやすいというメリットがあります。
また、それまでにニート期間があっても「じっくり自分に合った学校を探せる」「入学のために勉強できる」と空白期間を活用できるというメリットも。そのほか、中学校や高校を中退してニートになったという方は、専門学校に入れば最終学歴が上がるので選べる求人の幅が広がります。

人脈と視野が広くなる

専門学校ではさまざまな境遇の方が一緒に学ぶことになります。学校を卒業して入学してきた方や社会人を経験して再び入学してきた方など、多くの方と出会うきっかけとなるでしょう。

デメリット

ニートの方が専門学校に通うデメリットには、「お金がかかる」「就職までの期間が年単位で延びる」「専門学校の専攻分野以外の就職先が見つけにくい」といったものが挙げられます。以下で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

お金がかかる

専門学校に通うためには、少なからずお金が掛かります。金銭的に余裕がなければ、難しい場合もあるでしょう。しかし、専門学校に通うには奨学金を借りることも一つの方法にあるので、「収入がなくて厳しい…」という方は自分が利用できる奨学金制度を調べてみるのも手です。

就職までの期間が年単位で延びる

就職活動で「若さ」を重視されることは少なくありません。専門学校では、卒業まで少なくとも2年は掛かるのが一般的なため、ニート期間を挟むことで就活を始める時期が年単位で遅れてしまうことは、デメリットとなってしまう場合もあります。

専門学校の専攻分野以外の就職先が見つかりにくい

専門学校で身につけた知識や技術を活かせる職種に就きたい場合は問題ありませんが、別の分野に興味が出てしまった場合に進路を変更するのが難しいというデメリットがあります。そのため、自分の将来についてしっかり考えたうえで専攻する内容を選ぶ必要があるでしょう。

このように、専門学校に入学することにはメリットだけではなくデメリットがある場合もあります。
進学後に後悔しないよう、冷静に判断して行動に移すのがおすすめです。
「中卒だけど専門学校へ行ける?」と悩んでいる方は、「中卒者が通える専門学校とは?進学のメリットと特徴・選び方のポイント」のコラムも参考にしてみてください。専門学校卒業者の就職率や、高卒資格を取得してから専門学校へ行く方法などについても詳しく解説しています。

ニートから行く専門学校選びは慎重にしよう

専門学校に通う最大のメリットは、専門分野に関する職種へ就職しやすくなること。美容系や医療系などさまざまな種類の学校があり、学校によっては資格の取得をサポートしてくれるところもあるので、就職時に有利に働きやすいでしょう。
しかし、その分野に適性がなければ就職できない可能性もあります。前項でも触れましたが、将来を考えたうえで学校選びは慎重に行うのがおすすめです。また、分野だけではなく学校の雰囲気や設備なども事前に確認しておくと、入学後に「通うのがつらい…」「やりたかった勉強ができなかった…」というリスクを回避しやすくなるでしょう。

「ニートに合う職業って?」「無職から就職できる?」と不安な場合は、「ニートにおすすめの職業11選!就職するための方法も解説」のコラムもご一読ください。ニートから就職しやすい職業や、ニートが就職するための方法などを紹介します。

複数の選択肢を考えたうえで自分に合った選択をしよう

専門学校卒としての経験やスキルは、特定の職種や業界での大きな強み。自分のもっている技術や知識を活かしながら、継続的な学びや経験の積み重ねを通じて、豊かなキャリアを築けます。しかし、専門的な職種に就けばキャリアパスについても一定の縛りが発生しやすいもの。そのため、企業に就職する際には、複数の選択肢を考えたうえで自分にとっての最適な選択をすることが求められるでしょう。

「すぐに就職活動をするべきか迷っている」「どんな職種が向いているのか分からない…」といった就活への悩みを抱えている方は、就職エージェントに相談してみるのがおすすめ。ハタラクティブの「若者しごと白書2023 3-10. 就職活動・転職活動における選考中の不安度(p.32)」によると、面接に苦手意識をもつ求職者が半数以上であることが分かります。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書2023

ハタラクティブは、学歴や職歴を問わず利用いただける就職支援エージェントです。専任のキャリアアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、一人ひとりに合った求人を紹介。また、提出書類の添削から面接対策、ビジネスマナーまでお伝えし、利用者の方の就職活動をマンツーマンでサポートしています。所要時間1分程度でできる、性格から導き出す適職診断も受けることが可能です。
「面接にとおるか不安…」「面接で質問に答えるのが苦手…」という方は、若年層向け就職支援エージェントのハタラクティブへお気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次