ニートから就職は可能?どんな仕事がおすすめ?正社員になるコツを解説

ニートから就職は可能?どんな仕事がおすすめ?正社員になるコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • ニートから就職を成功させるには、なるべく若いうちに行動するのがおすすめ
  • ニートから就職することで、収入が安定したり手厚い待遇を受けられたりする
  • ニートから就職を目指すなら、広い視野をもって積極的に行動しよう
  • ニートから就職するのにおすすめなのは、未経験OKの仕事や人手不足の業界
  • ニートから就職するために、ハローワークやエージェントなどもうまく活用しよう

「ニートからできる仕事がないのでは」「就活が怖い」と、正社員就職に踏み切れない方もいるでしょう。ニート経験があっても、適切な就活を行えば正社員として働くことは可能です。

このコラムでは、ニートから就職するための方法や、就職活動のコツを解説しています。就職に対する不安や悩みを解消し、前向きに就活を行いましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートとは

ニートとはの画像

ニートについての明確な定義はありませんが、厚生労働省の「よくあるご質問について」では「15歳~34歳までの非就業者のうち、就学や家事、職業訓練などを行っておらず働く意志のない人たちのこと」と定義しています。

ここでは、ニートとフリーターの違いや、ニートになった主な理由などをまとめているので、参考にしてみてください。

ニートとフリーターの違いは?

ニートとフリーターの違いは、「働いているかどうか」と「働く意志の有無」です。

フリーターは特定の職にはつかず、非正規社員として生計を立てている人のことを指します。一方、ニートは、先述したような働く意志がない人のことです。

ニート期間が長くなると就職に影響する?

ニート期間が長くなると、企業側は「働く意欲はあるか」「長く働けるのか」といった懸念から採用に慎重になるため、就職のハードルが上がると考えられます

また、「ニートから就職できるのだろうか」「ニートだったことを面接で聞かれたらどうしよう」などと悩んでいるうちに不安が大きくなり、就職活動に踏み出すことが難しくなってしまう恐れもあります。まずは自己分析や企業研究など、できることから始めてみましょう。

ニートになった理由は?

ニートになる理由は個人の事情によって異なりますが、主に挙げられるのは「自分に合った仕事が見つからない」「健康上の理由」「介護や育児などの家庭事情」などです

総務省統計局が発表した「労働力調査 (詳細集計)2023年(令和5年)4~6月期平均」では、求職希望者が就活をしない理由について、以下のような結果が出ています。

理由人数
適当な仕事がありそうにない77万人
出産・育児35万人
介護・看護12万人
健康上52万人
その他46万人

引用:総務省「労働力調査(詳細集計)2023年(令和5年)4~6月期平均(6p)

上記の結果から、求職活動をしない理由で最も多いのは「適当な仕事がありそうにない」であることが分かります。また、「適当な仕事がありそうにない」の内訳は、以下のとおりです。

内訳人数
総数77万人
近くに仕事がありそうにない14万人
自分の知識・能力に合う仕事がありそうにない17万人
勤務時間・賃金などが希望に合う仕事がありそうにない26万人
今の景気や季節では仕事がありそうにない4万人
その他16万人

引用:総務省「労働力調査(詳細集計)2023年(令和5年)4~6月期平均(6p)

なかでも、多くを占めているのは、勤務時間や賃金などが合わないといった条件面の理由です。

しかし、自分の希望に合った仕事があるかどうかは探してみないと分かりません。ニートから就職したい方は、まずは就職・転職サイトをチェックしてみるところから始めてみましょう。

ニートから就職することを目指している方は、「若者のニートが増える理由とは?解決策や就活を始める方法も紹介」や「ニートとフリーターの違いとは?就職に向けてできることと行動を起こすコツ」をご覧ください。

参照元
総務省統計局
統計局ホームページ

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

ニートから就職することは可能!

ニートから就職することは可能!の画像

ニートから就職し正社員として就業することは可能です。ただし、新卒や職務経験のある転職者に比べて、就職活動の難易度が上がる傾向にあることを理解しておきましょう。

ニートから就職するなら年齢に注意

ニートから就職を目指す場合は、1日でも早く就活を始めることが重要です。年齢が上がるほど採用される確率が下がり、応募できる求人も減る傾向にあります。

また、就職活動時の年齢が高くなると、「年相応の経験が足りない」「既存社員とのバランスが難しい」といった理由で内定が遠のく恐れも。

ニートから就職して正社員になることを目指しており、なおかつ未経験でやりたい仕事や入りたい業界があるという場合は、20代のうちに就職活動を始めましょう。

既卒を新卒として扱う企業もある

大学を卒業してから就職していない既卒者の場合、新卒として応募できる企業もあるようです。

政府の統計窓口 (e-Stat)の「労働経済動向調査 / 報告書 令和4年」によると、既卒者も新卒枠に応募可能とする企業は38%でした。

ただし、卒業後の経過期間に上限を設けていた企業はそのうちの57%。半数以上が「2年を超え3年以内」としているものの、なかには1~2年としている企業もあるようです。

大学卒業後にニートになった方が正社員就職を目指す場合は、「学校卒業後3年以内」に行動するのが得策といえます。
 

参照元
政府の統計窓口 (e-Stat)
トップページ

ニートから就職して正社員になる3つのメリット

ニートから就職して正社員になるメリットは、安定して働けたり、アルバイトより良い待遇が期待できたりすることです。メリットを具体的に知れば、ニートから正社員への就職を前向きに捉えられますよ。

1.安定した雇用と収入を得られる

ニートから就職するメリットの一つは、収入や社会的地位が安定することです。
正社員は「無期雇用」のため、会社が倒産したり、自己都合で退職したりしない限りは基本的に定年まで勤め上げられます。時給制のアルバイトとは異なり、給与も一定額が支払われるので、安定した収入を得られることもメリットといえるでしょう。

また、正社員として就職することで社会的信用も得られるので、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりする際もスムーズになります。

2.昇給や福利厚生などの好待遇が受けられる

ニートから就職すると、福利厚生が充実したり昇格・昇給の機会があったりと、手厚い待遇を受けられるでしょう。会社によるものの、正社員として就職すると勤続年数や勤務評価によって昇給制度が設けられている場合があります。

さらに、毎月の給与に加えてボーナスや各種手当、プライベートでも使用できる福利厚生などが用意されていることも。非正規社員の待遇は限られているため、正社員ならではのメリットでしょう。

3.キャリアアップのチャンスが豊富にある

正社員は責任のある仕事を任されることが多いため、働くなかでスキルや経験を積みキャリアアップを目指せる点がメリットといえます。妊娠や出産といったライフイベントや家庭の事情でキャリアが途切れた場合も、実績とスキルがあれば復帰や転職を叶えやすいでしょう。

また、社内でスキルアップセミナーを実施したり、資格取得を支援したりとキャリアアップを支援する企業もあるようです。制度が充実している企業を選べば、ニートから就職した場合もスキルアップのチャンスは豊富といえます。

「ニートから就職するのが難しい」と感じる4つの理由

「ニートから就職するのが難しい」と感じる4つの理由の画像

ニートから就職するのが難しいといわれる主な理由は、「スキル不足」「働く意欲に対する考え方」といった点を不安視されやすいためです。
以下で詳しく説明します。

1.スキルや経験不足を懸念されている

企業がニートの採用を不安視する理由の一つとして、スキルと経験の不足が挙げられます。社会経験が不足しがちなニートの方に対して、基本的なビジネスマナーやスキルに不安を抱く企業は多いもの。

「せっかく採用するなら基本ができている人」「働いた経験があれば安心」という考えから、就活で不利になってしまうこともあるようです。

就職活動では、将来性や意欲といったポテンシャルを評価してくれる企業を探すと良いでしょう。

2.働く意欲を懸念されている

就職しておらず、アルバイトも職業訓練もしていない状態だと、その間は空白期間となってしまいます。空白期間が長ければ長いほど、企業側に「働く意欲がない」と見なされる可能性は高まるでしょう。企業は仕事に対して意欲的な人材を求めています。

ニートから就職を目指すなら、「働きたい」という気持ちを積極的にアピールすることが重要です。

3.ストレス耐性を懸念されている

ニートから就職活動をする際、「仕事のストレスに耐えられるのか」と懸念される可能性もあるでしょう。就職後は、毎日決まった時間に起きて仕事に向かうことになります。また、同僚や取引先とコミュニケーションを取るのは当たり前で、仕事の質や納期など守るべきことも多くあります。

そのため、ニートから就職を希望する人は、意欲や忍耐力をアピールしてストレス耐性への懸念を払拭する必要があるでしょう。

4.就活方法が間違っている

ニートから就職を考えているものの、就活の経験がないために正しい方法を知らないという方もいるでしょう。新卒とニートの方では会社へのアプローチ方法が異なり、年齢や社会経験によって伝え方を工夫する必要があります。

資格があれば就職しやすくなる?

資格の有無のみで採用の結果が決まることは少ないでしょう。とはいえ、資格があれば保有スキルの証明やアピールになるのと同時に、「資格取得の目標に向けて取り組める人」「向上心のある人」という印象を採用担当者に与えられる可能性もあります。

将来性のある資格はコレ!キャリアアップも望めるスキル」では、仕事に役立てやすい資格をご紹介しています。資格を取得するか迷っている方は、ぜひご参照ください。

ニートから就職するための3つの行動

ニートから就職するための3つの行動の画像

ニートから就職活動を始めて内定を取るためには、自分自身と向き合って行動する必要があります。なかなか結果につながらない人は、就職を叶えるための3つの行動を確認し、就職活動を見直してみましょう。

1.自分自身や将来と向き合う

ニートから就職を目指すなら、「なぜニートになったのか」「将来についてどのように考えているか」にしっかりと向き合う必要があります。理由や考え方について分析することで、就職活動の指標になったり、自身の強みや反省点を客観的に把握できるでしょう。

これらの質問は面接でも聞かれる可能性が高いため、ニートになった理由や就職後のビジョンを明確にし、論理的に伝えられるようにしておくのがおすすめです。

2.積極的に行動する

ニートから就職を目指して就活を行うときは、積極的に行動することを意識しましょう。ニートから就職を目指す場合、学生のように学校でのサポートを受けることはできません。そのため、積極的に仕事を探したり就職支援機関を活用したりするなど、自ら行動する力があると内定に一歩近づけます。

また、たとえ不採用になってしまっても、気持ちを切り替えて次に踏み切る行動力も重要です。積極的かつ前向きな行動を心掛ければ、就職活動を進めやすくなるでしょう。

3.広い視野をもつ

やりたい仕事を目指すのはモチベーションアップにつながる一方で、特定の分野にこだわり過ぎてしまうと視野が狭まり、良い求人を見逃してしまうこともあります。ニートから就職を目指して就活を行う際は、広い視野をもって求人を探すことが大切です。

「絶対に譲れない」という条件以外は妥協し、視野を広げて仕事を探すと、思わぬところから自分に合った仕事が見つかることもあります。ときには、別の視点から就職先を考えてみましょう。

ニートから就職を叶えるための6つのコツ

ニートから就職を叶えるための6つのコツの画像

ニートから卒業して就職を叶えるためには、「現実を受け止める」「早めに行動を起こす」「規則正しい生活を送る」といった考え方のコツをつかむ必要があります。この項では、ニートから就職を実現するために意識したい項目をまとめました。

1.ニートになったことを受け止める

「就活がうまくいかなかった」「最初の就職先が合わなくて休息のつもりがニートになってしまった」「なぜ働くのかが分からない」など、ニートになる理由は人によって異なります。

ニートから就職を叶えるには、なぜ自分がニートになったのかを正しく理解して受け入れることが大切です。理由を正しく知れば、対処法や解決法が見つかるはずですよ。

2.自己分析を徹底する

ニートから就職を目指すなら、自己分析を徹底的に行うことが大切です。自己分析を行うことで、自分の現状と向き合い、ニートから就職したいと思ったきっかけや、就職してからやりたいことを明確にできます

また、これらを掘り下げておくことで、仕事に何を求めているか、働くことで成し遂げたいかを見つけられる可能性があります。

「早くニートを脱却したい」という思いから気持ちが焦ってしまう方もいるかもしれませんが、自分に合った仕事を見つけるためにも、自己分析は念入りに行いましょう。

3.ニート期間は長引かせない

ニートから就職を目指す方は、ニート期間を長引かせないよう早めの行動を心掛けましょう。年齢が上がればその分マネジメント経験や専門性など、即戦力となる要素が求められます。

そのため、社会経験がないニートのまま年齢を重ねると、応募できる求人が減ってしまいます。ニート期間を長引かせないためにも、すぐに行動に移すのがベターです。

4.生活習慣を改善する

ニートになると、出勤や通学をしなくなるため、生活が不規則になる方が多いようです。運動不足や昼夜逆転が習慣になっていると、せっかく就職できても生活リズムについていけず、辛く感じることも。ニートから就職したことを後悔しないためにも、これまでの生活習慣とリズムを見直し、支障なく労働できる体力を身につけていきましょう

5.「正社員」以外も視野に入れる

社会経験が少ないなかで、いきなりニートから就職して正社員を目指すのはハードルが高いと感じる人もいるでしょう。その場合、まずは正社員以外の働き方で仕事を経験してから、段階を踏んで正社員を目指すのも一つの手です。

無理のない働き方から仕事に慣れれば、就職に対して前向きになれるかもしれません。正社員以外では、アルバイトや契約社員、派遣社員といった働き方があります。

アルバイト

アルバイトとして会社に直接雇ってもらう働き方で、働いた分だけ給与が発生する時給制が多いようです。仕事に対しての責任範囲が限定されており、シフトに融通が利きやすいため、できる範囲から仕事を始められるのがメリットでしょう

契約社員

契約社員とは、雇用期間が定められている社員のこと。アルバイトと比べ、より正社員に近い業務を担当することが多いようです。給与形態は月給制が一般的ですが、正社員のような昇給やボーナスの機会がないのが基本となります。

派遣社員

派遣会社に登録し、勤務先に派遣される働き方です。契約は派遣会社と結ぶため、勤務先と直接契約できる訳ではありません。

ただし、紹介予定派遣という制度を利用すれば、正社員登用前提で雇ってもらえることも。給与形態は時給制が基本で、昇給やボーナスはありません。

なお、どの雇用形態も「有期契約」であることに注意しましょう。正社員と異なり、契約期間に限りがあるため、契約が更新されずに雇い止めとなる可能性はゼロではありません。

また、どれも正社員に比べて責任や業務量が少ないため、人によっては「働きやすい」「このままで良いかな」と思うこともあるでしょう。しかし、非正規雇用は安定性や給与の面で不安が残ります。

あくまでもニートから就職することを見据えて、「正社員になるためのステップ」と捉えましょう

ニートから就職しやすい仕事とは?

ニートからの就職を叶えるには、仕事の選び方もポイントになります。ここでは、ニートから就職しやすい仕事の特徴を解説します。就職活動を成功させるためにも、ぜひご確認ください。

未経験から始められる仕事

「未経験歓迎」と記載がある求人は、特別なスキルや経験が必要なく、ニートから就職しやすい仕事といえます。未経験であることを前提に募集しているため、研修や勉強会といった、スキルを習得できる機会が設けられているようです。

1人で進められる仕事

コミュニケーションの苦手な方がニートから就職を検討する際、一人で黙々と作業できる仕事を探すのが良いでしょう。たとえば、清掃員や工場の軽作業、ドライバー、プログラマーなどです。

完全にコミュニケーションを避けられるわけではありませんが、基本的な業務は一人で行うことが多い仕事といえます。

人手不足の業界の仕事

経験やスキルを問わず人材を募集していることが多い、人手不足の業界に絞って探すのもおすすめです。具体的には、ネット通販の普及に伴って業務量が増えている運送業界や、働き手が減っている飲食業界、高齢化により需要が高まっている介護業界などが当てはまるでしょう。

女性・男性の比率も確認するのがおすすめ

ニートの方が就職先を選ぶ際は、仕事内容だけでなく、職場の女性・男性比率も確認しておくと良いでしょう。たとえば、男性中心の職場だと、女性にとって働きやすい環境が整っていない可能性もあります。すべての職場が当てはまるわけではありませんが、気になる方はチェックしておくのがおすすめです。

企業のWebサイトを確認したり、先輩社員から話を聞いたりするなど、職場の環境が自分に合うかどうか事前に確認しておくとミスマッチを防げるでしょう。

ニートから就職する際に面接で注意すること

ニートの方が採用面接で注意すべきなのは、「空白期間の説明」と「基本的なマナー」です。下記で解説することを参考に、面接対策をしてみてください。

面接でニート期間について質問されたら正直に説明する

ニートから就職活動を行う際、面接では高い確率で「ニート期間・空白期間は何をしていましたか」と聞かれます。回答するときは嘘をついたりごまかしたりせず、ニートになった理由や反省を正直に示したうえで、働くことへの意欲を伝えることが大切です

「マイナスになるから」と空白期間を短く申請したり、していないアルバイトについて語ったりするのは経歴詐称に該当するため避けましょう。

面接では今後についての回答は前向きな内容を心掛ける

面接で今後について質問された際は、ポジティブな回答を心掛けましょう。ニート期間が長いと、面接官に「すぐに辞めてしまうのでは?」と不安を与えてしまう可能性があります。

空白期間については正直に回答し、今後のことについては「今まではニートだったが、今後は正社員として長く働いていきたい」と熱意をアピールするのが効果的です。

面接では基本的なマナーに注意する

面接を受ける際は、言葉遣いや姿勢、服装といった基本的なマナーを守りましょう。どれだけ面接での受け答えが良くても、基本的なマナーができていないと「会社の一員として恥ずかしい」「取引先で失礼を働きそう」とマイナス評価を受ける恐れがあります。

面接のマナーについては、「面接のマナーは転職でも重要!受付から退室までの流れとふさわしい服装」で詳しく解説しています。コラムを参考にしながら面接対策を行い、万全の状態で面接に臨みましょう。

ニートからの就職におすすめの支援サービス

ニートからの就職におすすめの支援サービスの画像

ニートから就職を目指して就活をする際は、基本的に一人ですべて行わなければなりません。進め方や仕事の選び方に不安を感じるなら、以下の就職支援サービスも活用してみましょう。

ハローワーク

ハローワークは、厚生労働省が運営する公的な就職支援機関です。ニートからの就職に限らず、仕事を探すすべての人が利用でき、職業相談や求人紹介、職業訓練といったサービスを受けられます

若者を利用対象とした「わかものハローワーク」を開設しているところもあるので、ニーズに合わせて活用しましょう。

ジョブカフェ

ジョブカフェとは、都道府県が主導する、「若年者のためのワンストップサービスセンター」の通称です。職場体験や就職セミナー、求人紹介など地域ごとの特色を活かしたサービスを展開しています

地元で就職したいニートの方におすすめです。

公的な支援サービスは年齢制限に注意

公的な就職支援サービスのなかには、年齢制限がかかっているものもあるので注意しましょう。

たとえば、働くことに悩みを抱えている方を対象とした「地域若者サポートステーション」は、15歳~49歳を対象としています。

また、「わかものハローワーク」はおおむね35歳未満の求職者が対象です。支援サービスを利用して就活する場合は、利用条件を満たしているかどうかを事前に確認しておきましょう。

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントとは、民間企業が運営する就職・転職支援機関のこと。サービスごとに得意分野が異なり、「若者向け」や「ITエンジニア向け」のように、特定の層に特化した支援を受けられるのが特徴です

ニートからの就職を目指している方は、ハタラクティブのご利用を検討してみてください。ハタラクティブは若年層に特化した就職・転職エージェントで、ニートの方の就職支援にも力を入れています。

知識豊富なキャリアアドバイザーがカウンセリングを行い、ご希望や適性に合った求人をご提案いたします。ご紹介する求人の多くは、訪問調査を実施している企業なので、社内の雰囲気や実際の業務内容を細かくお伝えできますよ。未経験歓迎の求人も多いため、ニートから就職を目指す方も、複数の選択肢から自分に合った仕事を選べるでしょう。

また、応募書類の添削や面接対策などの支援サービスも実施しており、経験が少なくても安心して就職活動を進められるのがポイントです。サービスはすべて無料で受けられます。ぜひお気軽にご相談ください。

ニートから正社員就職を目指す方に向けたお悩みQ&A

ニートから就職して正社員になれると分かっても、不安や疑問は尽きないでしょう。以下に、想定される質問とその回答をまとめました。

ニートからの就職におすすめの仕事はありますか?

未経験者も積極的に募集している仕事や、人手不足の業界の仕事がおすすめです。具体的には、介護業界やIT業界、運送業界などが挙げられます。

未経験であることを前提に募集している求人は、入社後の教育制度が整っている可能性が高いでしょう。また、より多くの人材を集めるため、応募や採用のハードルを低くしている傾向にあります。

詳しくは、このコラムの「ニートから就職しやすい仕事とは?」をご覧ください。

ニートから就活を始めるのが怖いです…何から始めるべき?

まずは自己分析を行い、自分自身の適性や強みを把握しましょう。自己分析を行うことで、自分に合った仕事を探しやすくなります。

また、就職後の生活を見据えて、生活リズムを整えたり人と話す機会を増やしたりして、身体を慣らしておくことも大切です。

正社員の目指し方に関しては、「ニートから正社員を目指そう!受かるための方法やおすすめの仕事を紹介」を参考にしてください。

正社員は大変そう…フリーターを続けたいです。

フリーターを続けた場合、将来的に選べる求人数が減ったり、体力の低下や急病などによって収入が安定しなくなったりといったリスクがあります。

正社員になれば、収入や社会的地位が安定するメリットがあります。

31歳フリーターは就職できる?今すぐ行動するべき理由と就活のコツ」で就職のコツを解説しているので、ぜひご一読ください。

資格さえあれば実務経験がなくても就職できますか?

有利になる可能性はありますが、必ず就職できるとは限りません。企業のなかには、資格の有無よりも、即戦力となる実務経験や将来性を重視しているところもあります。

詳しくは、「未経験者にとっての資格の有用性」をご覧ください。

「今から就職できるか不安…」とお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。丁寧なカウンセリングをもとに、キャリアアドバイザーが希望や適性に合った求人をご紹介いたします。

未経験歓迎の求人を多くそろえているので、ニートからの就職に不安のある方も安心です。

この記事に関連するタグ