最終的には正社員!ニートからフリーターになるには

最終的には正社員!ニートからフリーターになるにはの画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートになるきっかけは、就職の失敗や家庭の事情など、人によりさまざま
    ・「このままではいけない」と思いながらもニート生活を続けている人は多い
    ・ニートからいきなり正社員になるのはハードルが高いため、最初はアルバイトや契約社員から始めよう
    ・生活リズムを整える、資格を取得する、就職支援機関を利用するのもニート脱却の有効な方法

ニートになったきっかけは人によって違いますが、「このままだと不安…」という方は多いと思います。
これまでニート生活を続けていた理由にはどのようなものがあるのでしょうか。
また、一念発起して就職したいと考える方もいると思いますが、いきなり正社員に挑戦することに抵抗を感じる…という方もいるでしょう。
当コラムは、そのような方に向けて「ニートからフリーターになる方法」を紹介。
最終的に正規雇用を目指すための第一歩としてアルバイトから始めたい、とにかくニートを卒業したいと考えている方に向けた内容です。

◆ニートになったきっかけ

「家事、通学、通勤、就業訓練のいずれも行っていない15歳~34歳の人」がニートの定義とされていますが、どのようなことがきっかけでニートになるのでしょうか。

【新卒での就職に失敗した】

日本では大学卒業後に新卒で企業に入社するのが一般的。
新卒という肩書がないと就職することは難しいと言われています。
そのため、就職活動に失敗して新卒入社ができなかったことがきっかけでニートになった…という人もいるようです。

【病気や怪我】

病気や怪我が原因で学校や会社を休み、そのままニートに…というケースも。
回復したら復帰するつもりでいても、休んでいるうちに学校へ行ったり働いたりする気持ちが薄れてしまった、ということも考えられます。
また、精神的に辛いことを経験していると、「復帰してもまた同じ繰り返しになるのでは」という気持ちからニートになることもあるようです。

【家庭の事情】

親族の介護や、金銭的な事情で学校を退学した場合もニートになるきっかけの1つ。
また、親が生活の保障をしてくれるケースも、本人が働く意味や目的を見いだせずにニートになりやすいと言われています。

【仕事をしたくない】

働きたくないと考えながらも、生活のために仕事をする人は多いと思います。
しかし、中にはどうしても働きたくない、そもそも仕事をしたくないという理由からニートになる人もいるようです。

このように、ニートになる原因やきっかけは人によってさまざまです。

◆ニートを続ける理由

では、ニートになった人はどのような理由で今の状態を続けているのでしょうか。

【就活が思うようにいかない】

脱ニートを目指して就活をしているのに、なかなか内定が出ないためニートを続けている、という人も。
ニートに対する印象は良いとは言えないため、採用を躊躇する企業もあると言われています。
そのため、一度ニートになってしまうと就職することは困難なのが現状のようです。

【タイミングを逃した】

新卒の状態が一番就職しやすいと言われていますが、近年は既卒や第二新卒などの採用も積極的です。
しかし、それらの「就職しやすいタイミング」を逃してしまってニートを続けている…という人もいるでしょう。

【自身や周囲の環境が整わない】

病気や怪我から回復していない、親族の介護があるなど、自身や周囲の環境が原因でニートを続ける人もいるようです。

【楽だから】

ストレスやノルマがない、好きな生活を送れるなど、ニート生活が楽だから続ける…というケースも考えられます。

◆このままニートを続ける?

ストレスも少なく自由な生活を送れるニートですが、中にはニートを続けることに不安を感じる人もいるでしょう。
どのようなときにニートをやめようと考えるのでしょうか。

【同級生の活躍が気になるとき】

同級生が会社で昇進したり、結婚や子どもを持ったりしたときに、「このままニートを続けていいのか」と悩む人は多いようです。

【将来が不安になったとき】

親が病気になったり、貯金が減ったりすると将来に対して不安を感じ、脱ニートを検討する…という人もいるでしょう。

【家族に負担がかかると思ったとき】

親が定年退職すると定期的な収入は減るため、ニートを続けることが家族の負担になる可能性も。
「ニートを続けることが家族の負担になる」と考えて就職する人もいるようです。

始めのうちは学校や仕事のストレスから開放される、時間を自由に使えるといった理由でニート生活を満喫できていても、時間が経つにつれて将来に対して不安を感じたり、周囲から厳しい意見を言われたりして脱ニートを決意する、という人は多いようです。

◆ニートを脱却するには

前項で挙げた理由などから、ニートからの脱却を目指す人は多いと思います。
しかし、いきなり正社員として働くのはハードルが高い可能性も。
まずはアルバイトからスタートして、ニートからフリーターになるほうが現実的と言えるでしょう。

しかし、アルバイトは正社員に比べて仕事量や責任が少ないため、フリーターで満足してしまう可能性も。
アルバイト生活が馴染んでしまうと、正社員を目指す気持ちが少なくなることが懸念されます。

フリーターは正社員に比べて賃金も安く、雇用も安定していないため長く続けるのは危険。
最終的には正社員を目指すのが良いでしょう。
そのためには、正社員登用があるなど、正規雇用につながりやすいアルバイトや契約社員の求人を探すのがポイント。
仮に正規雇用にならなくても、経験やスキルは自己アピールになるので就活でも活用できるでしょう。

◆ニートを抜け出すために今すぐできること

では、ニートを抜け出すために今すぐできることはあるのでしょうか。

【生活リズムを整える】

ニートの人の多くは昼夜逆転の生活を送っているようです。
就職すれば規則正しい生活が必須になるため、ニートを卒業したいと思ったら生活リズムを整えることから始めましょう。
朝起きる、決まった時間に3食食べるといった生活を送っていると、心身ともに健康になるほか前向きな思考になる可能性もあるようです。

【資格の取得を目指す】

志望する業界や職種に資格が必要な場合は、資格取得を目指して勉強するのもおすすめ。
知識やスキルが身につくだけでなく、自信も得ることができるでしょう。
また、採用試験に受かりやすくなるというメリットも期待できます。

【就職支援機関に相談する】

ニートの方の中には、就活の方法がよく分からない…という人もいるかもしれません。
そのような方は、就活の方法をはじめ、カウンセリングや求人の紹介などを行っている就職支援機関に相談するのもおすすめです。
ハローワークを始めとする自治体の支援機関のほか、就職支援サービスを実施する民間企業も利用価値は高いと言われています。

就職は年齢が若ければ若いほど有利と言われているため、早めの行動が成功のカギになります。
就職支援機関を探している…という方は、若年層に特化したサービスを提供するハタラクティブを利用してみはいかがですか?
ハタラクティブは、これまで多くの就職希望者をサポートしてきた実績を持つ就職エージェント。
経験やスキルに自信がない、経歴に空白期間がある…という方でも利用可能です!
扱っている求人の多くは未経験者歓迎。また、100%現地調査を行った信頼できる企業を紹介しているので、会社の雰囲気や就業環境が不安…という方でも安心して利用していただけます。
ニートから卒業したいけど有効な方法が分からない、なかなか採用されなくて悩んでいる…という方はぜひご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION