高卒ニートは就職したほうが良い?就活成功のコツやおすすめの職業をご紹介

高卒ニートは就職したほうが良い?就活成功のコツやおすすめの職業をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 高卒ニートから就職したい方は、早めに行動に移すことが大切
  • 高卒ニートでいきなり就職するのに抵抗があるなら、アルバイトから始めてみよう
  • 高卒ニートから就職を目指すなら、自己分析をしっかりしよう
  • 高卒ニートで一人での就活が不安な人は、就職エージェントに相談してみよう

高卒ニートの方で、「就職した方が良いのか分からない」「就職するか迷っている」という人は多いでしょう。高卒ニートの方も、早めに行動に移せば就職のチャンスはあります。このコラムでは、正社員になるメリットや就活を成功させるためのコツ、やっておきたい準備などを解説。また、おすすめの就職先もご紹介しています。高卒ニートで就職を迷っている人はぜひ読んでみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

高卒ニートは就職したほうが良いの?

高卒ニートは就職したほうが良いの?の画像

高卒ニートで就職するか迷っている方は、就職するメリットを考えてみると良いでしょう。就職するメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

・収入が得られる
・趣味にお金を使える
・人脈が広がる
・社会に貢献できる
・生活リズムが安定する

就職すると収入が得られるため、好きなものにお金を使う余裕ができます。また、社会に出ると人脈が広がり、たくさんの人と交流するなかで自分では思いつかない意見やアドバイスを得られることもあるでしょう。仕事をしていると勤務時間に合わせて行動するため、生活リズムが安定するのもメリットです。高卒ニートで就職したほうが良いか分からない方は、「19歳フリーターは就職したほうが良い?将来のために今できること」や「高卒の就職率はどのくらい?大卒との違いや都道府県別の内定率も紹介」のコラムをあわせて読んでみてください。

高卒ニートが正社員就職する3つのメリット

ここでは、高卒のニートが正社員として就職するメリットを解説します。

1.安定した収入が得られる

正社員は、ほとんどが月給制で毎月一定の収入が保障されているため、安定した収入を得ながら働けます。また、会社によっては賞与(ボーナス)や退職金が支給されることも正社員就職のメリットです。

2.キャリアアップできる

正社員として就職すると、「主任から課長へ」「課長から部長へ」といったように、昇進を目指すことが可能です。また、専門性を身につけることで、年収が上がったり、仕事の幅が広がったりすることもあります。キャリアアップについて詳しく知りたい方は、「キャリアアップとは?成功させるためのポイントなどを詳しく解説!」のコラムを参考にしてください。

3.職を失うリスクが低い

正社員は、会社と無期雇用契約を結んでいるため、基本的に定年を迎えるまで働き続けることが可能です。そのため、「欠勤があまりにも多い」「会社が倒産する」など、よほどの事情がない限り解雇されることはありません。

ハタラクティブがユーザー(主に20代)を対象に調査した「若者しごと白書2022」では、「正社員になりたい理由」が以下のような結果になりました。

5-3.正社員になりたい理由の棒グラフ画像

引用:ハタラクティブ「5-3.正社員になりたい理由

「今よりも多くの収入を得たい」という回答が最も多く、次いで「長期的に安定して働きたい」が挙がっています。以上の結果から、20代の多くは経験やスキルを得るよりも、収入や雇用を安定させたい気持ちが強いことが明らかです。
正社員就職のメリットをさらに知りたい方は、「正社員のメリット・デメリットとは?派遣や契約社員についても解説!」のコラムを読んでみてください。

参照元
ハタラクティブ
若者しごと白書2022

高卒ニートの就職ハードルは高い?

高卒ニートの就職ハードルは、コツをおさえて就活をすればそれほど高くないといえます。とはいえ、ニート生活が長引くと就職ハードルは徐々に上がるので、正社員就職を目指す方は早めに行動することが大切です。

早めに行動すれば就職のチャンスはある

高卒ニートの方も、年齢が若ければポテンシャル採用をしてもらえる可能性があります。ポテンシャル採用とは、経験や実績よりも今後の可能性を重視して採用することです。若年層の人材を確保するため、現時点ではスキルがなくてもこれから育成していこうと考える企業は少なくありません。ただし、ポテンシャル採用の対象は主に20代であるため、早めに行動することが重要です。

ニートになった理由と向き合うことが大切

ニート生活から抜け出すには、ニートになった理由と向き合うことが大切です。ニートになる理由は、「就活に失敗した」「自分の時間を自由に使いたい」など、人それぞれでしょう。ニートのなかには、のんびりした生活に慣れてしまい、気がついたらニート生活が長くなっていた…という人もいるようです。また、前の就職先での人間関係が原因で仕事を辞め、次の転職へなかなか進めない人もいます。働くことへの恐怖心が強い場合は、就職活動に踏み出すことが難しく、ニート生活が長引く原因になるでしょう。就職するのが怖い高卒ニートの方は、「『働くのが怖い』理由は人間関係やトラウマ?対処法を知って就職しよう!」のコラムを読んでみてください。

高卒ニートが就職を成功させる5つのコツ

高卒ニートが就職を成功させる5つのコツの画像

高卒ニートから正社員就職を成功させるためのコツを5つご紹介します。高卒ニートからの就職を成功させるためには、コツをおさえてしっかりと準備をすることが大切です。就職したいと考えている高卒ニートの方は、以下を参考にしてみてください。

1.アルバイトで経験を積む

ニート期間が長い人やいきなり正社員就職するのに抵抗がある方は、アルバイトから始めるのがおすすめです。アルバイトは、就職後に活かせるスキルが身につくものを選ぶと選考の際にアピールできます。身につくスキルが想像できない場合も、アルバイトをすることで自分の強みや仕事の適性を発見できることもあるでしょう。また、敬語や身だしなみなど、基礎的なビジネスマナーが身につくこともメリットの1つです。アルバイト先によっては、正社員登用制度を利用して就職できる可能性もあります。アルバイトから始めたい高卒ニートの方には、「ニートにおすすめのアルバイトとは?探すときのコツや面接のポイントも解説!」のコラムがおすすめです。

2.コミュニケーションの機会をたくさんつくる

ニートの人は、人との関わりが少ないことでコミュニケーション能力が低下しがちなため、まずは人と話す機会を増やしましょう。コミュニケーションに慣れていないと、面接で極度に緊張してしまい、本来の自分の強みをアピールできない恐れがあります。仮に入社できたとしても、社員や顧客とうまくコミュニケーションがとれないと、仕事をするのが難しくなるでしょう。
コミュニケーション能力を高めるには、家族や友人など、身近な人との会話を増やしてみるのがおすすめです。また、ハローワークやジョブカフェを利用し、コミュニケーションに関するセミナーを受けるのも良いでしょう。コミュニケーションを高めたい高卒ニートの方は、「コミュニケーション能力は誰にでも身につく!その高め方とは」のコラムを読んでみてください。

3.興味のある仕事に関連する資格をとる

希望する職種が決まっている高卒ニートの方は、その職種に関連する資格を取得するのがおすすめです。代表的なものとして、経理であれば「日商簿記検定」や「ビジネス会計検定」、不動産業界であれば「宅地建物取引主任者」や「不動産鑑定士」などが挙げられます。また、資格を取得することで就職が有利になるだけでなく、「努力をして合格した」という達成感や自信が得られることもメリットです。自信がつくことで就職活動も前向きに進められるでしょう。

4.インターンシップに参加して実績を積む

高卒ニートから就職を目指すのであれば、インターンシップに参加して実績を積むのも良いでしょう。インターンシップは学生向けの印象がありますが、一部のベンチャー企業や中小企業では、既卒を受け入れていることもあるようです。ただし、長期のインターンシップは短くても3ヶ月程度あるため、高卒ニートの方はブランクが長くなり過ぎないように、期間を考慮して選びましょう。インターンシップの詳細は、「インターンシップとは?参加のメリットや意味、募集時期について解説」のコラムでご確認ください。

5.採用されやすい求人を選ぶ

高卒ニートで希望の職種が決まっていない人は、「この職種は合わない」「大手企業でしか働きたくない」などと決めつけず、仕事の選択肢を広げてみましょう。人手不足の業界の求人や未経験者を歓迎している求人などを選ぶと、内定をもらえる可能性が高くなります。

「学歴不問」の求人にも注目しよう

高卒ニートで就職先を探している人は、「学歴不問」と記載のある求人にも注目してみましょう。
「学歴不問」とは、言葉のとおり、採用時に学歴を問わないという意味です。ここでいう「学歴」とは、通っていた学校の偏差値の高さや知名度などではなく、「高卒以上」「大卒以上」といった条件を問わないことを意味しています。

高卒ニートが就活のためにやっておきたい4つの準備

高卒ニートの方が就職するためには、生活リズムを整えたり、自己分析をしたりすることが大切です。以下を参考に、ニート脱出のためにしっかりと事前準備をしましょう。

1.前向きに考えて行動する

就職活動をする際は、「学歴が低いから」「職歴がないから」とためらわず、前向きに行動しましょう。高卒ニートの方は、学歴や職歴をネガティブに考えてしまう人も少なくありません。しかし、採用担当者に入社意欲を伝えるためには、自分に自信を持つことが大切です。就活を前向きに考えて進めたい方は、「就活はなんとかなる!前向きに進めるための方法を解説」のコラムを参考にしてください。

2.生活リズムを整える

正社員就職を目指す高卒ニートの方は、まず生活リズムを整えることから始めましょう。仕事がないと自由な時間が増えるため、生活リズムが乱れてしまう人も少なくありません。規則正しい生活を送ることで、就職後の生活リズムにも対応しやすくなります。正社員就職を目指すのであれば、朝起きて夜寝るという一定のリズムを身体に馴染ませることが大切です。また、適度に体を動かし、1日3食の食事をとることも心がけましょう。

3.自己分析を細かく行う

自己分析を行うことで、「自分にどのような仕事が向いているのか」といった適性を判断しやすくなります。これまでの経験を振り返り、自分の長所や短所、考え方などを見つめ直してみましょう。自分を理解することで、やりたい仕事が見つかる可能性が高まります。また、細かく自己分析を行うことで発言に一貫性を持たせられるため、面接の際に説得力のある自己アピールができるでしょう。

4.ニート期間について説明できるようにする

面接では、ニート期間の理由について聞かれることが多いため、「なぜニートになったのか」「ニート期間に何をしていたか」をきちんと答えられるようにしましょう。採用担当者に納得してもらえるような説明ができるよう、あらかじめ答えを考えておくことが大切です。

高卒で正社員就職した人の体験談

高卒から実際に正社員就職した人の体験談を知りたい方は、「高卒でエステティシャンへ就職した人」や「高卒で営業職へ就職した人」を読んでみてください。同じような境遇の人の体験談を読むことで、就職活動のモチベーションアップにつながるでしょう。

高卒ニートにおすすめな就職先は?

高卒ニートの就職先としておすすめな職業は、以下のとおりです。未経験者を歓迎していたり、学歴を重視しない会社を選んだりすれば、高卒ニートの方も就活で不利にならないでしょう。

・介護職員
・ITエンジニア
・営業職
・工場作業員
・接客スタッフ
・警備員

介護職やIT業界は、人手不足が懸念されている業界のため未経験者を歓迎する求人が多く、高卒ニートの方も就職しやすいでしょう。営業職は、コミュニケーション力や分析力、プレゼン力などが重視されるため、学歴に関係なく活躍できる仕事です。工場作業員や接客スタッフ、警備員は資格や学歴を重視されないので、高卒ニートの方におすすめな就職先といえます。

高卒ニートで就職したい方向けの

求人一覧はこちらから

高卒ニートにおすすめな就職先や、取得しやすい資格についてさらに知りたい方は、「高卒ニートの就職方法!職歴なしでも大丈夫?おすすめの資格と仕事」のコラムを参考にしてください。

高卒ニートにおすすめの就職支援サービス5選

高卒ニートにおすすめの就職支援サービス5選の画像

就職をしたくても何から始めて良いのか分からない高卒ニートの方に向けて、おすすめの支援サービスをご紹介します。自分にあったサービスを活用し、正社員就職を成功させましょう。

1.ハローワーク

ハローワークは全国にあり、年齢や就業経験を問わず誰でも利用できる就職支援機関です。地域の情勢に応じた雇用対策をしていて、求人紹介のほかにも応募書類の添削や面接練習を実施しています。ハローワークの窓口は予約なしで利用できるため、「とりあえず求人を見てみたい」「就職について話を聞きたい」という高卒ニートの方も足を運んでみましょう。予約相談も可能なので、待ち時間を作りたくない方は事前に問い合わせておくのがおすすめです。

ハローワークでは職業訓練を受けられる

自分の学歴やスキルに不安がある人は、職業訓練を利用して資格を取得することも可能です。職業訓練には、Web関連や簿記、医療事務などさまざまな種類があるので、気になったものがあればハローワークの窓口で相談してみましょう。職業訓練の詳細は、「職業訓練の種類はどれくらい?受講するメリットを解説!」のコラムでご紹介しています。

2.ジョブカフェ

ジョブカフェとは、都道府県によって設置された、若者の就職支援を全面的に行う施設です。基本的なサービス内容は、個別カウンセリングや就職セミナー、職場体験などです。また、ハローワークを併設しているジョブカフェでは、職業紹介もしてもらえます。ジョブカフェは、各地域の特色を活かしたサービスの提供を行っているので、利用できる年齢やサービス内容が地域によって若干異なります。ジョブカフェを利用する高卒ニートの方は、「ジョブカフェにおける支援」で情報を確認しておきましょう。

参照元
厚生労働省
厚生労働省ホームページ

3.地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは、 働くことに悩みを抱えている方の就職活動から職場定着までを全面的にサポートする支援機関です。対象年齢は、15歳から49歳までと定められています。地域若者サポートステーションでは、コミュニケーションスキル向上のための講座を受講したり、協力企業での職場体験をしたりすることが可能です。地域若者サポートステーション
について詳しく知りたい方は、「サポステとは?支援サービスの内容や利用方法を解説」のコラムをご覧ください。

4.就職サイト

就職サイトは、求人情報や就活に役立つ企業情報を掲載しているサイトです。就職サイトを通じて、企業への応募や説明会、セミナーの予約もできます。就職サイトは、スマホやパソコンからいつでも利用できるため、自分のペースで就職活動を進めたい高卒ニートの方におすすめです。

5.就職・転職エージェント

就職・転職エージェントとは、専任のアドバイザーが就活や転職活動のサポートをしてくれる民間のサービスです。求人紹介や職業適性の判断、応募書類の添削、面接対策など就活に関するさまざまなサポートを受けられます。期間を決めて行動するのに自信がない方や、自分に向いている仕事が分からない高卒ニートの方は、就職・転職エージェントを利用してみましょう。

若年層に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブでは、未経験歓迎の求人や学歴不問の求人を多数取り扱っています。プロのアドバイザーが細かく希望を聞き、多数の求人のなかから一人ひとりに合ったものをご紹介。マンツーマンでサポートするため、仕事に関する悩みも相談しやすい環境です。高卒ニートから就職を考えている方は、1人で悩まず、まずはお気軽にお問い合わせください。

高卒ニートの就職に関するQ&A

ここでは、高卒ニートの就職に関する疑問や悩みをQ&A形式で解決します。

高卒ニートで履歴書の書き方が分かりません

履歴書は空欄をつくらず、すべての項目を埋めることが大切です。学校名は、「○○高等学校卒業」のように略さず正式名称で書きましょう。志望動機の欄には、その企業でなくてはならない理由と仕事への熱意を記述します。履歴書の書き方を詳しく知りたい方は、「高卒の履歴書の悩みを例文で解決!魅力的な志望動機で選考を突破しよう!」のコラムを参考にしてください。もしくは、就職・転職エージェントを利用して履歴書の書き方を教わるのもおすすめです。20代のニートやフリーター、第二新卒に特化した就職・転職エージェントの「ハタラクティブ」では、一人ひとりに合わせて書類添削や面接練習を行います。履歴書の書き方で悩んでいる方は、ぜひご相談ください。

高卒でニート期間が長いと就職できない?

ニートの期間が長いと、採用担当者にマイナスイメージを与えやすくなります。しかし、20代はポテンシャルを重視して採用されやすいため、働く意欲があればその姿勢を評価してもらえる可能性があります。30代になると経験やスキルが重視されるため、正社員を目指す方はなるべく早めに行動しましょう。高卒ニートから就職を目指したい方は、「高卒ニートが不利な理由と、就職を成功させる方法!」を参考にしてみてください。

高卒ニートも資格があれば就活は有利になる?

専門的な資格を取得していれば、評価の対象になる場合もあります。しかし、就活のためだけにやみくもに資格を取得するのはおすすめしません。就職活動で有利になるのは、応募先の業務に関連する資格です。資格を取得する際は、自分の目指す業界や企業で役立つものを選びましょう。高卒のニートで資格に関して知りたい方は、「高卒でも高収入を目指せる?おすすめの仕事や資格を紹介!」のコラムをお読みください。

27歳で職歴なしの高卒は就職できない?

27歳で職歴がない高卒の方も、就職活動のポイントを押さえれば正社員を目指すことが可能です。また、少子高齢化により若手の人材が減っているため、20代を積極的に採用する会社が増えています。職歴がない27歳高卒の方は、「27歳で就職するには?職歴なしのニートやフリーターが正社員になる方法」のコラムをご一読ください。

高卒ニートの女性はどうすれば就職できる?

高卒ニートの女性が就職するには、仕事の意欲を明確にし、ニート期間のことを前向きに説明できるようにするのがポイントです。いきなり正社員として働くのに抵抗がある方は、アルバイトから始めるのも良いでしょう。高卒ニートの女性で就職したい方は、「高卒ニートから就職できる?正社員として就職するメリットと仕事の探し方」のコラムを参考にしてください。

この記事に関連するタグ