1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. ニートからの就職
  4. >
  5. 高卒ニートからの就職
  6. >
  7. 高卒ニートは就職できる?就活を成功に導くコツやおすすめの職業を紹介!

高卒ニートは就職できる?就活を成功に導くコツやおすすめの職業を紹介!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・高卒ニートが就職するためには、早めに行動することが重要
    ・高卒ニートが就職しやすい職業には、学歴や経験が問われない介護職や接客業などがある
    ・脱ニートのためにまずは、生活リズムを整え、自己分析を徹底する

高卒ニートは就職できる?就活を成功に導くコツやおすすめの職業を紹介!の画像

高卒ニートから就職をしようとしても、「自分にできる仕事はあるのだろうか」と臆病になったり、学歴や経歴を不安に思ったりすることもあるでしょう。このコラムでは、就職を成功させるコツや採用されやすい職業を解説。おすすめの就活支援サービスもご紹介しています。ニートを卒業して正社員になりたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

高卒ニートは就職できない?

高卒ニートから就職することは可能です。ただし、ニート生活が長引くと就職できる可能性は低くなります。就職を目指すのであれば早めに行動しましょう。

 

早めに行動すれば就職のチャンスはある

若年層の人材を確保するため、現時点ではスキルがなくてもこれから育成していこうと考える企業は少なくありません。高卒ニートであっても、年齢が若ければポテンシャル採用をしてもらえる可能性があります。ポテンシャル採用とは、経験や実績より今後の可能性を重視して採用すること。ポテンシャル採用の対象は主に20代であるため、早めに行動することが重要です。

 

ニート生活が長引く原因

ニートになる理由は、「就活に失敗した」「自分の時間を自由に使いたい」など人それぞれです。時間が立つにつれてのんびりした生活に慣れてしまい、気がついたらニート生活が長くなっていた…ということもあるようです。また、以前仕事をしていた人の中には、就職先での人間関係が原因で仕事を辞めてから次に進めない人もいます。働くことへの恐怖心が強い場合、転職になかなか踏み出すことができず、ニート生活が長引く原因に。ニート生活から抜け出すには、ニートになってしまった原因と向き合うことが大切です。

高卒ニートが就職を成功させる5つのコツ

高卒ニートで就職を成功させるための5つのコツを紹介します。高卒ニートからの就職は不可能ではありませんが、しっかりと準備をしないとなかなか就活が順調に進まない場合もあります。就職したいと考えている方は以下のコツを参考にしてみてください。

 

1.アルバイトで経験を積む

ニート歴が長い人はまずは社会復帰の一環としてアルバイトをしてみるのがおすすめ。アルバイト先は就職後に活かせるスキルが身につくところ選ぶと、より良いでしょう。具体的に身につくスキルが想像できない場合でも、アルバイトをすることで新たに自分の強みや仕事の適性を発見できる可能性もあります。また、アルバイトをすることで敬語や身だしなみなど、基礎的なビジネスマナーを身につけられることもメリットの1つです。場合によっては、アルバイトから正社員になれる可能性もあります。

 

2.人とコミュニケーションをとる

ニートの人は、職場の人たちとの関わりがないことでコミュニケーション能力が低下しがちであるため、まずは人と会話する機会を増やしましょう。コミュニケーションに慣れていないと面接で効果的なアピールができなくなってしまう恐れがあります。また、仮に入職できたとしても、社員やお客様とコミュニケーションが上手くとれない場合、業務で評価を得ることが難しくなるでしょう。
コミュニケーションスキルを身につけるには、家族や友人など、身近な人との会話から増やしていくのがおすすめです。そのほかコミュニケーション訓練が受けられる、就職支援機関を利用する手段もあります。

 

3.職種に関連する資格をとる

希望する職種がある場合、その職種に関連する資格を取得するのも良いでしょう。経理であれば「日商簿記検定」や「ビジネス会計検定」など、不動産業界であれば「宅地建物取引主任者」や「不動産鑑定士」などがあります。
また、就職が有利になるだけではなく、「努力をして合格した」という達成感や自信が得られることもメリットです。自信がつくことで就職活動でも前向きにアピールできるでしょう。

 

4.専門学校や大学に入る

学歴を高めるために、高卒以上の学校に再入学するのも1つの手段です。進学によって学歴が高められると仕事探しの幅が広がります。また、資格や専門的なスキルが身につけられた場合は、ニートから専門職へと大きく飛躍できる可能性も。
なかには自宅にいながら授業が受けられる通信制の学校や夜間部を設けている学校もあるので、時間を理由に進学を諦めた人は調べてみると良いでしょう。

 

5.採用されやすい求人を選ぶ

「この職種は合わない」「大手企業でしか働きたくない」などと決めつけず、仕事の選択肢を広げてみましょう。シフト制の求人や未経験者を歓迎している企業などを選ぶと、内定の可能性が高くなります。就職やアルバイトの経験がある場合は、培ったスキルをアピールしましょう。

高卒ニートの就職先は?おすすめの職業6選

高卒ニートの就職先としておすすめの職業をご紹介します。昨今、学歴社会といわれていますが、学歴を重視しない企業・職業も多くあるので、必ずしも就活で不利であるとは限りません。高卒から目指しやすい正社員求人にはどんな職種があるのか見てみましょう。

 

1.介護職

介護職は慢性的な人手不足であることもあり、学歴や職歴を問わない求人が多くあります。仕事内容は施設によってさまざまで、介護を必要とする高齢者に対し、身体介護や生活援助を行うだけでなく、食事や入浴、レクリエーションの企画などを担当することも。介護に関する多くの経験が積める職業です。施設によっては資格取得のサポート制度を用意していることもあり、その場合は費用の負担をさほど感じることなくキャリアアップが可能です。介護職は、健康的で体力がある人や、人の気持ちを察することができる人が向いています。

 

2.営業

営業に必要なスキルはトーク力やコミュニケーション力のため、学歴関係なく活躍でき、未経験者でも応募可能な求人も多いです。営業職は、飲食料品販売営業や広告営業などさまざまな種類があり、商品のジャンルや単独制かチーム制かによって、仕事の進め方も異なります。営業職を考えている人は、自分がどのような商品を取り扱いたいのか、個人営業と法人営業どちらかなのかなど、自分に合った働き方に合った企業を探しましょう。人当たりが良く、他人に喜んでもらうのが好きな人におすすめの職業です。

 

3.工場系

工場は入社時に充実した研修が用意されていることが多いほか、業務をしながら覚えられる技術が多いため、未経験の人でも就職しやすい傾向にあります。経験の浅い人にも扱いやすい設備を導入している企業も。工場勤務は、食品や自動車、機械加工など扱う製品によって作業内容はさまざまであり、福利厚生や研修制度なども異なります。就職を考える際は、求人サイトや会社のWebサイトなどで、会社の情報をよく調べておきましょう。ものづくりが好きな人や1人で黙々と作業するのが好きな人におすすめです。

 

4.IT系

IT業界の代表的な職種といえば、システムエンジニアやプログラマーなどがあります。システムエンジアは顧客の希望をヒアリングし、最適なシステムを提案するのが仕事です。全くプログラミングをしたことがない人でも、社内の研修などによって業務に必要な知識を学べるのが特徴。IT企業は日々進化しているため、必要なスキルが備わっていることよりも、入社後も学んでいく姿勢があるかどうかを問われます。IT系の仕事は、より良くするための探究心や粘り強く取り組める忍耐力がある人が向いています。

 

5.接客業

接客業は、学歴や経験よりも人柄が重視される傾向があるため、未経験者でも挑戦しやすい職業です。接客業には、飲食店のホールスタッフやホテルのフロントスタッフなどさまざまな職種がああるので、興味のある業界に関する職場を選ぶと、よりやりがいを感じられるでしょう。接客業は、体力がある人や人と関わるのが好きな人におすすめです。また、アルバイトでの接客経験があれば、就活の面接でコミュニケーション能力や対応力がアピールできます。

 

6.警備員

警備員は資格が必要ないため、経験がなくても就職が可能です。警備員の仕事内容は交通誘導警備や施設警備など。立ちっぱなしの警備もあれば、警備室で座ってモニターを監視する仕事もあるので、自分が無理なく働ける業務内容かどうかしっかり確認しましょう。。また、勤務時間や給与は警備の種類によって異なるので、求人票の確認は欠かせません。責任感が強く、元気で体力がある人は警備員に向いています。

高卒ニートが就活のためにやっておきたい4つの準備

社会人として働くには、生活を見直したり、自分を見つめ直したりすることが大切です。脱ニートのために、しっかりと事前準備をしましょう。

 

1.ネガティブな考えを捨てる

「学歴が低いから」「職歴がないから」とためらわず前向きに行動しましょう。高卒ニートだと、学歴や職歴をネガティブに考えてしまう人も少なくありません。ニートだからと負い目を感じずに自分に自信を持って就活すると、採用担当者に意欲が伝わりやすくなるでしょう。

 

2.生活リズムを整える

脱ニートを目指す人の中で生活リズムが乱れていると感じる人は、まず規則正しい生活を送るところから始めましょう。出勤する必要がないと自由な時間が増えるため、生活リズムが乱れてしまう人も少なくありません。生活リズムを整えておくことで、入職後も無理なく働けるでしょう。就職目指すのであれば朝起きて夜寝るという一定のリズムを心掛けることが大切です。体をうごかし、1日3食の食事を心がけましょう。

 

3.自己分析を徹底的に行う

自己分析を行うことで、「自分にどのような仕事が向いているのか」などの適性がわかります。これまでの経験を振り返り、自分の長所や短所、考え方などを見つめ直してみましょう。自分を理解することで、やりたい仕事が見つかる可能性が高まります。

 

4.ニート期間について説明できるようにしておく

面接の際に必ずといっていいほど聞かれるのが、ニートをしていた空白期間についてです。ニートになる選択をした理由はもちろん、ニート期間中に何をしていたのかもきちんと説明する必要があります。採用者に納得してもらえるような説明ができるよう、あらかじめ考えておくことが大切です。

高卒ニートにおすすめの就職支援サービス4選

就職をしたくても何から始めていいのかわからない方に向け、おすすめの支援サービスをご紹介します。自分にあったサービスを活用し、脱ニートを目指しましょう。

 

1.ハローワーク

ハローワークは全国にあり、年齢や経験を問わず誰でも利用できる就職支援機関です。地域の情勢に応じた雇用対策をしていて、求人紹介のほかにも履歴書の添削や面接練習を行ってくれます。また、自分の学歴や経験に不安がある人は、職業訓練を利用して資格を取得することも可能です。訓練には、簿記や介護職員初任者研修など多様な種類があるので、気になったものがあれば、ハローワークの職員に詳しい情報を尋ねてみてください。「とりあえず求人を見てみたい」「就職について話を聞きたい」という方は足を運んでみましょう。

 

2.ジョブカフェ

ジョブカフェとは、都道府県が主体的に運営を行う就職支援施設です。
基本的なサービス内容は、個別カウンセリング、セミナー、イベントなどです。ハローワークを併設している所では職業紹介も受けることもできます。
ジョブカフェは、各地域の特色を活かしたサービスの提供を行っているので、利用できる上限年齢やサービス内容も地域によって若干異なります。利用する際は公式サイト等で情報を確認しておきましょう。

 

3.地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは、厚生労働省が委託した若者支援の実績があるNPO法人や株式会社が運営しています。引きこもりやニートと呼ばれる方々の職業的自立を促進している相談窓口で、働くことに悩みを抱えている15歳から39歳までがサポートの対象です。コミュニケーションスキル向上のための講座を受講したり、協力企業での職場体験をしたりすることができます。

 

4.就職エージェント

就職エージェントとは、専任のアドバイザーが就職活動のサポートをしてくれるサービスです。適性の判断から応募書類の添削、面接対策まで就活に関するあらゆるサポートを行っています。基本的にすべてのサービスを無料で利用できるようになっており、費用を支払うケースはほとんどありません。

 

「就活の進め方に自信がない」「高卒ニートから正社員を目指したい」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください!
若年層の就職や転職に特化した就職支援サービス・ハタラクティブでは、未経験歓迎の求人や学歴不問の求人を多数取り扱っています。
プロの就活アドバイザーがマンツーマンでサポートに当たるため、社会復帰に関する悩みなども相談しやすい環境が整っています。社会復帰へ踏み出すことを考えている方は、1人で悩まず、まずはお気軽にお問い合わせください。

高卒ニートの就職に関するQ&A

ここでは、高卒ニートの就職に関する疑問や悩みをQ&A形式で解決していきます。

履歴書の書き方がわかりません。

履歴書は空欄をつくらず、すべての項目を埋めることが大切です。学校名は「○○高等学校卒業」のように正式名称で書きましょう。志望動機の欄には、その企業でなくてはならない理由と熱意を記述します。履歴書の書き方の詳細は、「高卒者向け!履歴書の書き方とコツ」をご覧ください。

ニート期間が長いと就職できない?

ニートの期間が長いと、採用担当者にマイナスイメージを与えるのは事実です。20代であればポテンシャルを見てもらえるため、働く意欲があればその姿勢を評価してもらえる可能性があります。30代を超えると経験やスキルが重視されるため、正社員を目指すならなるべく早めに行動した方が良いでしょう。ニートから就職を目指したい方は「高卒ニートが不利な理由と、就職を成功させる方法!」を参考にしてみてください。

資格があれば就活を有利にできますか?

専門的な資格を有していれば、評価の対象になる場合もあります。しかし、就活のためだけに闇雲に資格を取得するのはおすすめしません。就職活動で有利になるのは、応募先の業務に関連する資格です。資格取得をする際は、自分の目指したい業界や企業で役立つものを選択しましょう。

自分に合った仕事がわかりません。

自分に合った仕事を探すには、自己分析が有効といえます。人には向き不向きがあるので、適性の見極めが大事です。自分の性格や能力に合った仕事探しができれば、やりがいをもって業務に携われるでしょう。適性を知る必要性や仕事を探す方法については、「自分の適性に合った仕事の探し方」をチェックしてみてください。

高卒ニートでも公務員を目指せますか?

年齢の条件を満たしていれば、学歴に関係なく公務員試験を受けられます。「高卒程度試験」は教養試験のみの場合が多いため、高校卒業後数年以内の方であれば受験しやすいでしょう。公務員試験の詳細は「条件はあるの?高卒のニートで公務員を目指すには」にまとめています。

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    高卒ニート3タイプ別!社会復帰への扉

  • image

    高卒ニートが就職するために本当に必要なこと

  • image

    高卒ニートが不利な理由と、就職を成功させる方法!

  • image

    高卒ニートという環境を変え、女性として輝く方法とは?

  • image

    高卒ニートが就職!就活前のポイント集

  • image

    条件はあるの?高卒のニートで公務員を目指すには

  • image

    28歳ニートでも就職できる?職歴なしでも大丈夫?就活のポイントをご紹介

  • image

    ニートが就職するには?現状から脱出する方法まとめ!

  • image

    大卒でニートになる割合は?就職できる?

  • image

    10代でも転職先はある?高卒でも成功するコツをご紹介!

  • image

    正社員を目指す!大卒ニートが就職する方法

  • image

    30代のニートは就職できる?現実や就活のコツを知ろう

  • image

    ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろう

  • image

    ニートから就職したい!専門学校に通うメリットは?

  • image

    ニート向けの就職支援サービスの活用法!おすすめの就職先もご紹介

  • image

    ニート・職歴なしから就職を目指す方法

  • image

    高卒フリーターは就職できない?正社員を目指す就活方法を解説!

  • image

    ニートを卒業したい人へ!派遣社員になる方法

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる