新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. ニートからの就職
  4. >
  5. ニートにおすすめの仕事
  6. >
  7. 「働くのが怖い」理由は人間関係やトラウマ?対処法を知って就職しよう!

「働くのが怖い」理由は人間関係やトラウマ?対処法を知って就職しよう!

公開日:

最終更新日:

「働くのが怖い」理由は人間関係やトラウマ?対処法を知って就職しよう!の画像

【このページのまとめ】

  • ・働くのが怖いと感じる理由には「過去のトラウマ」や「自信のなさ」が影響している
  • ・働くのが怖いと感じやすい状況に置かれているのは30~40代の主婦やニート
  • ・働くのが怖いという恐怖心をなくすためには、自分に自信をもつことが大切

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

 

「働くのが怖い」という理由で就職に踏み出せず、悩んでいる人は少なくないでしょう。
誰でも新しい場所に飛び込んだり、挑戦したりする際には不安になるもの。働くことに怖さを感じるのはおかしいことではありません。しかし、恐怖心を理由に働くことを拒み続けていると、ますます社会に出ることが怖くなってしまう可能性も。
このコラムでは、仕事が怖いという気持ちを和らげ、自信をもって働くための方法をご紹介します。

 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

働くのが怖い理由

働くのが怖いと感じる理由は、過去のトラウマなど外的要因によるものや、自分に自信が持てないといった内的要因によるものなど人によってさまざまです。なかには理由がわからないままに怖さを感じる人もいるでしょう。しかし、恐怖や不安を克服するためには、まずその原因を明らかにする必要があります。ここでは、働くのが怖い理由として比較的よく挙げられる例を紹介するので、自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

職場での人間関係が怖い

働くのが怖いと感じる理由としてよく挙がるのが、人間関係に対する不安です。
たとえば、「1度教えたことついての質問は受け付けてくれない」「仕事の進捗状況を必要以上に確認してくる」といったタイプの上司のもとで働いていると、常に強いプレッシャーにさらされる可能性があります。そのような状況にストレスを感じ、仕事をするのが怖くなるという人は少なくありません。また、1日の大半を一緒に過ごす同僚たちと打ち解けられず、職場に行くのを憂鬱に感じてしまう人もいるようです。人間関係は、職場の働きやすさに大きく影響するものといえるでしょう。

過去の仕事でトラウマがある

過去のトラウマが引き金となり、働くことに対する恐怖心が芽生えることがあります。
トラウマの原因として挙げられるのは、「職場の先輩からいじめを受けた」「上司が女性差別をする人だった」「過酷な労働で体調をくずした」などの経験です。
過去のトラウマを消すのはなかなか難しいもの。トラウマ体験による恐怖心が「仕事をしたい」という気持ちに勝ってしまい、思うように職に就けないという悩みを持つ人も少なくないようです。

無職期間が長い

無職の期間が長引くことで、働くことに恐怖を感じる人もいます。
ブランクが長い人は、「無職期間が長いと採用されないのでは」という不安を抱きやすくなるようです。また、「同世代の人と比べてスキルや経験が足りないのでは」といった考えから、自信をもって就職活動を行えないことも。無職の期間が長ければ長いほど、社会復帰への不安が大きくなる傾向があります。

働いた経験がない

これまでに働いた経験がない人は、社会に出ることに対して不安を抱えやすいようです。
このタイプの人は勤務経験がないことにコンプレックスを感じている場合が多く、働きたいという本人の意思に反して現状の生活から抜け出せないというパターンが見られます。新卒時の就職に失敗し、しかたなく無職や非正規雇用の生活を続けているという人も、このパターンに当てはまりやすいでしょう。
また、就職活動の面接時に「なぜ新卒時に就職をしなかったのか」といった質問をされることに嫌悪感や罪悪感をおぼえ、就職へのモチベーションが下がってしまう人もいます。

業務をこなせる自信がない

自分に自信がもてないことも、働くのが怖いと感じる原因の一つです。
自分に自信がもてない人は、「仕事で失敗してしまうのではないか」「同じ職場の人に迷惑を掛けたらどうしよう」といった不安が先行し、就職への一歩がなかなか踏み出せなくなってしまいます。常にそういった不安を抱えていることがストレスになり、いずれは仕事をすること自体に恐怖を感じてしまうようです。

発達障害である

働くことに怖さを感じるのには、発達障害が影響していることもあります。
発達障害者のなかには、対人コミュニケーションをあまり得意としない人が多いようです。コミュニケーション能力の問題から、人間関係のトラブルに発展してしまうことも。周囲に自分の障害を理解してくれる人がいない場合、職場で孤立してしまう可能性もあります。
このように、コミュニケーション上の理由で職場に行きたくなくなったり、人と一緒に働くことが怖いと感じたりすることがあるようです。

うつ病や適応障害などの疾患がある

うつ病や適応障害などの精神疾患により、働くことを怖いと思う人もいます。
精神疾患をもつ人は、「気分の浮き沈みが激しい」「自分を過小評価してしまう」などの症状が影響し、働くことに恐怖を感じてしまうようです。なかでも、過去の仕事が原因で病気を発症してしまった人は、社会復帰による症状の再発や悪化を恐れる傾向が強いとされています。

「働くのが怖い」と感じやすい3つのパターン

30~40代の主婦やニート、新卒の就活生などは、働くのが怖いと感じやすい状況下にいるといわれています。これらの立場に共通するのは、就職することで生活に大きな変化が表れやすいという点でしょう。それぞれの立場がなぜ働くことに恐怖を感じやすいのか解説します。

40代・30代の主婦

30~40代の主婦は「仕事と家事を両立できるか不安」という気持ちから、社会復帰することに怖さを感じることが多いようです。また、結婚や出産を機に一度仕事から離れたことで、「以前と同じように働けるのか」と、自分の能力面に不安を感じる人も。専業主婦歴が長い人ほど、働くことに対して怖さや不安を抱きやすい傾向があるといえます。

ニート

家の中に引きこもりがちなニートの場合、仕事に対してだけでなく、社会との接点を持つこと自体に怖さを感じやすいようです。このタイプの人は、「人と関わるのが怖い」「社会に出るのが怖い」という気持ちから、できる限り外の世界と関係をもたない生活を送ってしまいがち。社会と関わる機会が少なくなればなるほど、ますます外に出るのが怖くなるという悪循環に陥る恐れもあります。

新卒の就活生

新卒の就活生の場合、将来や就職への不安から働くことが怖いと感じやすいようです。新しいことに挑戦する際に不安はつきもの。しかし、「就職先の選択を間違っていないか」「仕事についていけるか」といった不安がつのり過ぎると、それがやがて恐怖心へと変わってしまうことがあります。また、先輩から仕事の難しさや厳しさを聞くことで、就職に対し必要以上の怖さを感じてしまう人もいるでしょう。

「働くのが怖い」を克服するには?

「働くのが怖い」という恐怖心をなくすために大切なのは、自分に自信をもつことや、働くことの楽しさを知ることです。また、働くことを重く捉え過ぎず、自分らしくいられることを優先に考えましょう。
ここでは働くことへの怖さを克服するために押さえておきたいポイントを紹介するので、今後、就職活動を行う際のヒントにしてみてください。

人との関わりが少ない仕事を選ぶ

コミュニケーションに不安を感じる人は、在宅ワークなど人とあまり関わらずに済む仕事を選ぶと良いでしょう。プログラマーやWebライター、翻訳など、在宅ワーク可能な仕事の選択肢は多岐にわたります。これらの仕事は、クライアントとのやり取りをメールやチャットでほぼ完結できるため、対人コミュニケーションが少なく済むのが魅力です。人付き合いに悩みをもつ人も、比較的ストレスを感じることなく働けるでしょう。

働くことをポジティブに考える

働くことを辛いと思い込まず、ポジティブな見方に変換することも大切です。
働くというのは本来楽しいこと。人の役に立ち、感謝され、収入を得ることで自分自身にプラスに作用するのが本来あるべき仕事の姿です。働くことで得られる達成感や充実感はほかに代用が効きません。そのため、ポジティブな気持ちで働くことは、自分の生活の質向上にも大きく作用します。自分に適した仕事に就き、楽しみを見いだせれば、それが働くことの原動力となるでしょう。

就職エージェントのキャリアカウンセリングを受ける

「就職活動のやりかたがわからない」「自分がどんな仕事に合っているのか知りたい」という人は、就職エージェントを利用してみるのも一つの手です。就職エージェントに登録すると、あなたの希望や性格に合った求人紹介や履歴書作成のアドバイスなど、さまざまな就職活動のサポートを行ってくれます。
転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けると、今まで知らなかった自分自身の強みや弱みに気づかされることも。プロのアドバイザーからの意見は、就職活動をスムーズに進めるためのヒントとなり得ます。特に、周りに就職の相談をする相手がいないという人は、一度エージェントの利用を検討してみると良いでしょう。

ハローワークの職業訓練を受ける

自分の能力に不安を感じている人は、ハローワークの職業訓練(ハロートレーニング)を利用するのがおすすめです。職業訓練とは、求職者に向けてハローワークが行っている支援の一つ。ビジネスマナー講座や各種資格取得を目指すコースなどさまざまな訓練内容があります。自分が身につけたいスキルに合ったものを見つけ、受講してみると良いでしょう。

就労移行支援を利用する

精神疾患などが理由で働くことに怖さ感じる人は、就労移行支援を利用してみると良いでしょう。
就労移行支援とは、障害をもちながら一般企業への就職を目指す人を対象に、必要な知識の習得やスキルアップを目的とした支援を行うこと。就労移行支援事業所によって、就職準備や企業でのインターン、就職活動など、各ステップごとのプログラムが提供されています。就職後の面談などアフターケアも充実しており、職場定着の支援が受けられるのも特徴です。
体調管理と仕事を両立したいと考えている人は、利用してみると良いでしょう。

開き直りも必要?一歩踏み出すためのマインドセット

就職活動には開き直りも大切です。新しい場所で働く際は、誰でも少なからず不安や心配を抱えています。一歩踏み出すことを必要以上に恐れずに、気楽に考えてみましょう。
ポイントとなるのは、恐怖を感じたときに「怖いと思うだめな人間」だと自分自身を追い詰めたり、責めたりしないこと。物事をネガティブに捉えてしまいがちな人は、「自分が進もうとしている道は間違っていない」「なんとかなる」など、少しでもポジティブに考える工夫をしてみてください。

とはいえ、そう簡単に気持ちの切り替えができない人もいるでしょう。「どうすれば気楽に考えられるの?」という人に向けて、考え方を変えるヒントを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

面接は怖いものではない

面接を怖いと思う感覚をなくしましょう。
「面接で自分を否定されたらどうしよう」と不安に思う人は少なくありません。しかし、本来求職者と会社側は対等の関係です。企業側があなたの人格を否定するようであれば、その会社がいわゆるブラック企業である可能性も。もし、必要以上に批判的なコメントをしてくるような圧迫面接をする会社であれば、こちらからお断りするのも選択肢の一つです。
面接は人を落とす場ではなく、採用する場。このように考えるだけでもだいぶ気持ちが楽になるでしょう。

ブラック企業の基準は人によって違う

「志望先がブラック企業だったらどうしよう」という不安を抱く人もいますが、悪い会社だと感じる基準は人それぞれ違います。人によってはブラックな会社でも、自分にとってはメリットの多い職場であることも。たとえば、先輩からの細かな指示がないことを「周りが助けてくれない」と感じる人もいれば、「頼りにされている」とポジティブに捉える人もいます。
働き方改革が叫ばれ、仕事とプライベートのバランスを取ることが重要視されている昨今、時代に逆行するブラックな体制をもつ企業は減少傾向にあるといわれています。世の中には悪い会社ばかりではありません。あなたらしく働ける企業が必ずあると信じ、前向きに仕事を探してみましょう。

仕事はいつ辞めても良い

思いきって「仕事はいつ辞めても良い!」と開き直ることも、働くことへの恐怖心を和らげる方法の一つです。仕事を辞めることは決して悪いことではありません。近年、「一度入った会社には定年まで勤めるべき」といった考え方をもつ人は少なくなってきています。自分の好きな働き方を選択する人が増えてきているともいえるでしょう。
合わない会社で我慢を続け、精神的や体力的に無理を強いられるのであれば、辞めたほうが自分のためになることもあります。真面目な人ほど「周りに迷惑をかけないように…」「批判されないように…」と踏ん張ってしまいがちですが、限界を感じたときには辞めるという選択肢があることも頭に入れておきましょう。

働くことのメリット

働くことのメリットに目を向けてみるのも、恐怖心を和らげるための一つの手です。
メリットを知っておくことで、就職へのモチベーションも高まりやすくなるでしょう。

収入を得られる

安定した収入を得ることで、趣味や余暇の時間に使うお金を増やしやすくなります。
一生懸命働いて得た給料は大切に使おうと考えるもの。家計のやりくり次第では、将来に備えた貯蓄も可能です。金銭面に余裕がもてるようになれば、精神面でも安心を得られるでしょう。

生活にメリハリがつく

働き始めると自由に使える時間に制限がつくため、メリハリのある生活を心掛けるようになる人も。目的に合わせた効率の良い行動が習慣づくと、仕事と私生活のどちらにも役立ちます。時間を有効活用する術が身につけば、自由時間を使った資格の勉強などもはかどり、自分のスキルアップにもつなげられるでしょう。

視野が広がる

仕事をするメリットの一つとして挙げられるのが、視野の拡大です。
社会に出て働くと、人との出会いやさまざまな考え方に触れる機会が増えます。そういった経験を積むことで、ものごとを新たな視点から見られるようになるでしょう。
また、仕事では自分を客観視しながら周りとの協調に努めることも大切。働くなかで周りから受けるアドバイスは、自分を別視点から見直すためのヒントとなり得ます。

人から感謝される

人を喜ばせられるのも、働くことのメリットです。
たとえば、接客スタッフとしてお客さまに良質のサービスを提供すれば、お褒めの言葉や感謝のメッセージをもらえることがあります。お客さまと直接接することがない仕事でも、同僚から「助かったよ、ありがとう」と感謝される機会があるでしょう。
誰かの役に立ち、感謝されるのは嬉しいもの。「人の役に立った」という実感を得ることで、仕事に対するモチベーションアップや自信にも繋がります。

「働くのが怖い」を克服するのに効果的な方法は働くこと

仕事に対する考え方を変えようと努力することも大切ですが、働くのが怖い気持ちを消すためにより効果的なのは働くことです。
一度仕事に対する恐怖心が芽生えてしまうと、完全に取り除くのはなかなか難しいもの。しかし、仕事で失った自信は仕事で取り戻すのが効果的だとされています。恐怖心を克服するための近道は、「仕事は怖くない」と感じる体験をすることで、「怖い」気持ちを上書きしていくことだといえるでしょう。
また、仕事をせずに過ごす時間が長引くと、余計なことを考える時間も増えてしまい、自信を喪失しやすくなるというデメリットも。そのため、少しでも働く環境に身を置こうと試みるのが大切です。もしすぐに就職するのはハードルが高いと感じるならば、アルバイトやパートといった働き方で、短時間勤務から挑戦してみるのが良いでしょう。無理せず自分のペースで働きながら、少しでも成功体験を増やしていくことが自信回復へとつながります。

就職したいという気持ちをもちながらも、不安が多く、何から始めるべきかわからないという人は就職エージェントへの登録がおすすめです。
ハタラクティブは若年層の就職・転職サポートに特化し、カウンセリングから入職後のフォローまで一貫したサービスを無料で提供しています。未経験歓迎の求人も多数ご用意していますので、社会人経験がない方も安心して利用できるのがうれしいポイント。豊富な求人の中から、あなたにぴったりのお仕事をご提案します。
仕事や就活に関する悩み・不安を一つひとつ解消へと導きますので、何でもお気軽にご相談ください。
就職成功に向けて、私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか?スタッフ一同、あなたと出会えるのを楽しみにしています。

こんなときどうする?働くのが怖いときのお悩みQ&A

前職のトラウマや就活の失敗など、さまざまな原因で働くのが怖いと感じている方もいるのではないでしょうか。ここでは、働くのが怖い方のお悩みをQ&A方式で解決していきます。

働くのが怖いと感じるのはなぜですか?

働くのが怖いと感じるのは、社会経験の少なさや前職で受けたトラウマ、職場での人間関係など、さまざまな原因があります。ニートやフリーターなどの社会に出た経験がない、あるいは少ない人は、働くことに対してマイナスイメージを抱きやすい傾向にあるようです。詳しくは、このコラムの「働くのが怖い理由」をご一読ください。

働くのが怖いと思うのは甘えですか?

働くのが怖いと思うことは、決して甘えではありません。先述したように、働くのが怖いと感じるのはさまざまな原因があります。特に現在所属している会社、あるいは前職でパワハラやセクハラ、人間関係のトラブルなどがあった場合、働くのが怖いと感じても仕方がないといえるでしょう。また、ニートやフリーターの場合、就職活動で不採用が続いて自信をなくしてしまうことも。働くのが怖いと思う自分に対して「甘え」「メンタルが弱い」などと必要以上に追い込まず、どうすれば克服できるか考えることが大切です。

働くことへの恐怖心を克服するための対処法は?

働くことへの恐怖心を克服する方法は、原因や状況によって異なります。現職に原因がある場合は、異動の希望を出す、仕事仲間と積極的にコミュニケーションを取る、信頼できる上司に相談するなどの方法を試してみるのがおすすめ。もし一向に改善が問題の見られない場合は、退職を検討したほうが良いでしょう。働いた経験がない・浅い方の場合は、自分と人を比較しない、資格取得などのスキルアップに取り組むといった方法があります。

働くための一歩を踏み出すにはどうすれば良いですか?

退職を決心した、あるいは就活を始めようと考えている方は、物事をポジティブに考えることを心がけましょう。自分を追い詰めるようなことは考えず、「これで良い」「なんとかなる」という精神を持つことが大切です。どうしても不安が解消できない場合は、エージェントを利用してプロからの支援を受けるのがおすすめ。ハタラクティブは、ニートやフリーター、第二新卒の方の転職・就職をサポートします。
 

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

適職診断
twitter
  • arrow
  • youtubeIcon

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

floatingEF__appeal

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

floatingEF_img-pc
floatingEF_img
ページトップへ
floatingEF__appeal

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

floatingEF_img-pc
floatingEF_img
ページトップへ