1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートの定義と社会へもたらす影響について

ニートの定義と社会へもたらす影響について

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートとは現在無職で、働く意思が希薄な15から34歳までの人物を指す
    ・ニートの割合が増えるのは、社会経済にとってデメリット要素が多い
    ・アルバイトから始めよう…とすると、フリーター生活に慣れてしまい正規雇用は遠のきがち
    ・就職を考える場合は、人材を欲している業界や職業を狙うのが効率的

ニートという言葉自体は、ずいぶんと世間一般化してきているようです。
しかし、ニートの詳しい定義が分からない、という方が多いのではないでしょうか。
果たして何歳くらいの人物を指すのか、無職の人全員があてはまるのか?
このコラムでは、ニートの定義、フリーターや無職との違い、社会における立ち位置などを確認つつ考察していきます。

◆ニートとは

ニート、という言葉はイギリスで生まれました。
元々の語源は、「Not in Education, Employment or Training」で、学校に行かず就職もせず、職業訓練なども受けない人を指しています。
この英単語の頭文字をつないだものが「NEET」。つまり、ニートということです。

イギリスにおけるニートは、16歳から19歳までの若者と定義づけられています。一方、日本では若干違いがあるようです。
一緒に確認していきましょう。

【日本におけるニートの定義】

・年齢)15から34歳までの男女
・状態)学校へ行かず就職もしていない、職業訓練も行っていない

上記のように、日本におけるニートの定義には年齢に幅があることが特徴です。

【世間一般のイメージ】

定義付けの内容には含まれていませんが、世間一般的にニートは親の世話になりながら生活している人、というイメージがあるようです。
親の脛をかじりながら…という印象は、残念ながらあまり良いものではないでしょう。

気にしないよ、という方にとっては取るに足らないことかもしれません。しかし、フリーター生活を見直そうと考えている人や、就職をお考えの人にとっては、世間の評価が気になるところでしょう。

◆フリーターとは

ニートと混同しがちなものに、フリーターという言葉があります。無職であるニートに対し、フリーターとはアルバイトで生計を立てている人のこと。労働による収入を得ている、という点が大きな違いです。

しかしながら、フリーターは正規雇用ではありません。非正規雇用という面から、ニートと間違えられやすいのでしょう。

また、アルバイトの切れ目で、次の仕事を探している人のこともニートではなくフリーターと呼びます。働く意思があるか否かが、ニートとフリーターとの境界線だと言えるでしょう。

◆ニートが社会に与える影響とは

ニートの人口推移は横ばいとの報告がされています。しかし、高齢化かつ少子化に突入している日本において、数は横ばいであったとしても割合は軽視できないものでしょう。
ニートの割合が増えることは、社会にどのような影響を及ぼすのでしょうか。予測されることがらを考察していきます。

【未婚と少子化】

ニートという状態では、おそらく結婚を考えることはないと思われます。すると若者の未婚率は増加し、それに伴い少子化は加速するでしょう。
少子化が深刻になると、大学経営や地域の活性化が危ぶまれるかもしれません。

【労働人口の減少】

ニートの割合が多いと、国民総生産が減少する恐れがあります。乗じて経済が停滞するため、就職難やリストラなどが懸念として挙げられるでしょう。

【納税の問題】

経済が停滞すると、納税額も少なくなると思われます。それにより国家の財源が不足するという事態を招いた場合、福祉や教育面での国民への還元が困難になるかもしれません。

【生活保護受給】

ニートによる生活保護受給の増加が懸念されますが、前述を踏まえると財源が不足する恐れもあります。福祉の受容と供給のバランスが心配されるところです。

このように見てくると、ニートという状態は非生産的だと言えるでしょう。巡り巡って自身の生活を逼迫させることにもなりかねません。
少しでも働く意思があるのであれば、早いうちに行動するほうが得策でしょう。

◆ニートを脱出するには

ニートのなかには、そろそろ仕事に就きたいと考えている人がいるかもしれません。そのような人はまず、下記のように日常生活を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか。

【生活リズムを整える】

朝日と共に起床、昼間は少し体を動かし、夜は早めに就寝することを心がけてください。実際に仕事に就いてからの体への負担が軽くて済むかもしれません。

【外に出る機会を増やす】

外気に触れることで、心身ともにリフレッシュできるでしょう。気持ちが新しくなると、物事を見る目が変わってくるかもしれません。外出する、ということは、ニートからの脱出にも繋がりそうです。

【友人と会う】

人付き合いが苦手でなければ、友人と会うのも良いでしょう。楽しい時間を過ごすことで、気持ちが前向きになれそうです。

上記のことはほんの一例です。はじめのうちは慣れないことに疲れるかもしれません。気持ちに負担がかかりすぎない程度に行うのが大切なポイントだと言えます。

◆アルバイトか正規雇用か?

いきなり就職は無理かも...慣れないうちはアルバイトをしてみようかな、とお考えの方もいるでしょう。たしかに、それも賢明です。
しかし、フリーター生活に慣れてしまうと、いたずらに時間がすぎるだけで正社員への道に近づくことは少ないと思われます。
そこで、先々に正社員として働けそうなお仕事を探してみてはいかがでしょうか。契約社員であれば、その可能性が高いようです。
また、福祉や建設業界など、常に人材を欲している業界を狙うのも効率的。さらに、業界で役に立ちそうな資格を取得しておくと、自身のアピールに繋がります。

【資格取得に挑戦】

資格や免許取得にチャレンジするのもメリットが大きいと思われます。勉強を通して多くの知識を得られるうえ、合格した際には自分のスキルとして履歴書に記載することが可能です。
ただし、資格や免許取得の場合、やみくもに挑戦するのは避けたほうが良いでしょう。自分が志望する業界で役に立つ資格をピックアップし、取得に挑戦するほうが賢明です。

【家族や周囲に宣言】

就職したい気持ちを家族や周囲の人に話してみてはいかがでしょうか。自分の気持ちを明言することで、現実味を帯びてくると思われます。
また、思わぬ地縁血縁から、仕事の声がかかるかもしれません。

【就活支援機関への相談】

就職を希望する気持ちはあるものの、なにから行えばよいのか分からない…という方がいらっしゃるでしょう。そのような方は、下記のような就職支援機関を利用するのもひとつの方法です。

・ハローワーク
・ジョブカフェ
・若者就職支援センター

これらはほんの一例です。地域によって名称が違いますが、ほとんどの都道府県に設置してある機関なので利用しやすいと思われます。

もっと効率よく就職活動をしたいという方は、民間の就活エージェントに相談するのも良いでしょう。
ハタラクティブでは、お仕事の紹介から面接のアポイント取り、就職後のアフターフォローまでしっかりと行っています。また、就活の最中は、履歴書の書き方、面接の服装や応答などについてもきめ細やかなアドバイスをもらうことが可能です。
まずは、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる